CoCoSiA(ココシア)

何もしたくない時の原因と10個の解消法。これは絶対やりたくなるはず!


何もしたくない時は誰にでもあると思います。

疲れが溜まっている時や失恋した時など原因は人それぞれですが、無気力状態で「もう何もしたくない…」とひたすらボーっとして過ごす日もあるでしょう。

しかし大人であれば、いつまでも何もしないわけにはいきません。

どうにかして「何もしたくない」状況から脱出するために解消法をご紹介します。

何もしたくない時は誰にでもある!


そもそも人間の脳には休もうとする性質があります。

私たち人間はあまり「無」になる状態がありませんよね。

朝から晩まで何かを考えたり作業をしているので、休まる時間がほとんどありません。

人によっては、寝ている間も脳を使っている事もあるようです。

それでは脳が疲れてしまうのも当然で、休みたくなって何もしたくなくなるのも当然かもしれません。

何もしたくない時の原因とは?


何もしたくなくなる原因は1つとは限りません。

人間関係や体力的な問題、精神的な苦痛など人それぞれ違う原因がありますし、時と場合にもよります。

ではどのような原因が考えられるのでしょうか?早速見ていきましょう。

1.疲れて体力がない


仕事が忙し過ぎたりやる事が多過ぎるなど休む暇がない時は、いつか体力が限界に達して、一息ついたらその瞬間から何もしたくなくなるものです。

体力は人によって差があります。

周りの人を見て大丈夫そうだと判断しても、自分の体力では無理な場合もあるでしょう。

しかしそれに気が付かず頑張り過ぎてしまうと、体力の限界を超えて疲れ果ててしまい、その結果何もしたくなくなってしまいます。

体力が追い付かないケース以外にも疲れやすい原因は沢山あります。

例えば1日中パソコンに向かう仕事をしていると、血流が悪くなり筋肉が固まってしまいます。

その結果慢性的な肩こりや腰痛などを引き起こし、疲れの原因となります。

また、スマホやパソコンなどの画面を見続けることによる眼精疲労や運動不足も、疲労の原因になります。

2.忙し過ぎて頭が混乱してしまった


「過労死」という言葉が存在するように、人は忙し過ぎて亡くなることもあるのです。

特に責任感が強く真面目な人は、自分に与えられていることを完璧にこなすだけではなく、それ以上の成果をあげようとする傾向がありますが、それが頭が混乱するひとつの原因にもなるようです。

例えば、やらなければいけない仕事が山積みで、もはや何から始めて良いのかわからなくなると、頭の中に詰め込む情報量が許容量を越えてしまい、その結果パンクしてしまい、何もしたくなくなってしまいます。

まだやらなきゃいけないことがあるにもかかわらず、他の事が気になって集中できない時は、「もうどうなっても良い!」と全てを投げ出したくなってしまいたくなるものです。

中には忙しくしていないと不安だという人もいます。

忙しさを楽しんでいるなら問題はありませんが、苦痛に感じているなら要注意です。

3.人といざこざがあった


家族、友人、パートナー、仕事仲間など、周りの人とのいざこざは精神的な疲労につながります。

解決しないまま時が過ぎると、心の中で常に消化不良な感じが続くので、脳や神経が休まる時がありません。

自分は間違っていない!という確固たる自信があれば無気力になるほどのダメージはありませんが、自分にも非があるという思いが少しでもある場合は、常に頭の中から消えず、疲労感につながってしまいます。

人それぞれ意見があり、全く一緒の考え方の人など世の中にはいません。

意見が食い違ってもどちらかが譲ることができればいざこざには発展しませんが、特に真面目でこだわりの強い人は自分の意見を曲げることが難しいので、対人関係では苦労することが多いかもしれませんす。

4.風邪など病気にかかった


風邪をひくと全身の倦怠感や、鼻やのどの違和感、節々の痛みなど身体の異常が起り、体力の消耗と共に気力も失われていきます。。

特に普段健康な人ほど少し熱が出ただけでも「死ぬかもしれない」と思うほど精神的にも参ってしまいます。

特に季節の変わり目は、激しい温度差に身体がついていけずに体調を崩すことが多いです。

これは体温調節しようと頑張り過ぎて自律神経のバランスが乱れてしまうからなのですが、エアコンによる室内と外の温度差でも同じ現象が起こります。

また体調が悪くてしばらく休んだ後は、その環境に慣れてしまい復帰するのが億劫になる場合もあります。

特にストレスにさらされている毎日を過ごしている場合は、休んでいる時の快適さが癖になり元に戻り辛くなります。

無事に治って復帰した場合は「健康って素晴らしい!」と実感するのですが、すぐに忘れて無理をしてしまい、ぶり返してしまう人もいます。

5.人間不信になった


自分が信用していた人に裏切られた時は、相手だけではなく全ての人のことを信用できなくなってしまう場合もあります。

裏切られた人は、不信感から相手の言葉の裏を探ってしまったり、約束をしても再三確認しないと不安になったりしますが、ダメージが大きい場合はそれで済まないかもしれません。

家族関係がうまくいかなかったり、友人やパートナーに裏切られたりすればショックを受けるのは当然です。

二度と同じ思いをしたくないという気持ちから、人と深くかかわること自体ができなくなり孤独を選ぶような人間不信に陥りますが、さらにエスカレートすると引きこもりなどに繋がる場合もあるようです。