CoCoSiA(ココシア)

出会いがない人が恋人を作る28個の方法


今はパートナーがいない。

そう言うと「恋人作らないの?」なんて友達に気軽に言われてしまったりして。

作らないわけじゃないし、モテないというわけでもなくて、そもそもの出会い自体がないんだから仕方ないじゃない……。

でもそんなことを言っていたらいつまでもパートナーを作る機会がやってこないかもしれません。

一体どうしたらいいのでしょうか。

そんな方の為に今回は、出会いがない人が恋人を作る方法を紹介しますよ!

この記事の目次

恋人がいないのは出会いがないせい?


出会いさえあれば恋人を作ることもできるだろうけれど、そもそも出会いがないのだから、好きだな思える人も出てこない。

どうしたら出会いがあるのでしょうか。

学生時代まではクラスメートや塾、習い事、部活やサークル、ゼミなどで出会うきっかけも多かったけれど、社会人になってからはめっきり出会いなくなってしまった。

そう感じる人はかなり多いようです。

学生の頃は自分から能動的に動かなくても、ある程度は受け身の状態でもクラスの振り分けや委員会、必須の部活動などがあって新しい出会いの機会も振り分けられたものです。

でも社会人になってしまうと、仕事に追われて自分の時間が学生時代に比べると少なくなってしまいます。

仕事が忙しいと、平日は家と職場の往復だけ。

残業で夜遅くなってからやっと家に帰り着いてあとは眠るだけ。

休みもなかなか取れなくて、たまの休みには家で一日中寝てしまうなんていうこともあるでしょう。

それなら職場に出会いを求めようにも、職場によっては同性ばかりだったり年代が離れすぎていたりで、自分の守備範囲の対象相手がいないということも多いかもしれません。

出会いがなければ恋愛もできない


やっぱりどんなに自分を磨こうとも、恋愛をしたいと思おうとも、相手がいないのであれば話が始まりません。

出会いがなければ、良いなと思える人ともそもそも出会えません。

受け身で待っていてもいつか出会える、こともあるでしょうが、積極的に出会いを求める姿勢というのも時には必要です。

出会いがない、と嘆いているのなら、出会うために自分から動いてみましょう。

犬も歩けば棒に当たる。

出会えるのがいい人とは限りませんが、それでもなにかには出会えるはず。

まずは出会いを増やすことから始めよう


とにかくまずは、出会いを増やすということを考えてみましょう。

たとえば自宅と職場の往復しかいつもしていない。

おやすみの日はほとんど家からでない。

今までの生活で出会いがなかったのなら、今までとは違う生活パターンを作ってみましょう。

自宅と職場だけでなく、仕事の前や後にどこかへ行ってみる。

おやすみの日にどこかへ出掛けてみる。

今までいったことない場所に行き、したことがないことをしてみましょう。

そうすることで、きっとなにか今まで見たことがないことに出会えるはず。

その中に、未来のパートナーとの出会いもあるかもしれません。

出会いのない人が恋人をつくる28個の方法


出会いがないけれど恋人は欲しい。

そんなあなたが出会いをつくるためには、新しいことをいくつか試してみましょう。

1.周りの異性をよく見る


周りの異性をまずはよく見てみましょう。

実はあなたが気がついていなかっただけで、よくよく見ればいい人だった、なんてこともあるかもしれません。

いつもちょっとださいなと思っていた同期が、メガネを外したらイケメンだった!

オフィスビルのセキュリティルームにいる警備員さんに、おじさんたちばかりだと思っていたらいつの間にか若い人も入っていた!

オフィス清掃のおばちゃんたちに可愛がられている、新人の可愛い女の子がいた!

よくよく見てみると、実は自分で気がついていないだけで、周りに素敵な出会いが転がっているかもしれません。

2.人に興味を持つ

周りの異性をよく見る、ということと同じです。

人に興味を持つと、見え方が変わってきます。

今までなんとも思っていなくて流していたけれど、この人昨日とつけていた腕時計が違うな。

よく見ると毎日違うのつけているかも。