CoCoSiA(ココシア)

くびれ美人の10個の特徴と影でやっている努力とは?


女性のスタイルの悩みは尽きないものですよね。

女性にとって、いちばん理想的なスタイルってどんなスタイルのことを言うのでしょうか?

実は、きれいで女性らしいメリハリのあるスタイルを目指したり、維持するためには、「あるポイント」が欠かせません。

それは「くびれ」です。

では、理想的な「くびれ美人」を目指すためには、どんなスタイルを維持すればよいのでしょうか。

この記事では、くびれ美人の10個の特徴と影でやっている努力について見ていきたいと思います。

️くびれ美人とは

よく「くびれ美人」なんて言葉を聞くことがありますが、どんな人のことを言うんでしょうか。

「くびれ」というのは、ウェスト部分がくびれている人のことを言います。

じゃあ、ウェストが細くあればそれでいいの?と言うと、そうではないんですね。

ただウェストが細いだけでは「くびれ美人」とは言いません。

ウェストがくびれているだけではなく、バストやヒップなど、付くべきところには適度に肉がついている人、出ているところはちゃんと出ている人がくびれ美人に必要な条件となります。

いわゆる「ボン・キュッ・ボン」てやつです☆ このスタイルができていることが、女性らしいボディ作りには欠かせませんし、くびれ美人の特徴となります。

ですから、「痩せている人=くびれ美人」というわけではないということです。

キュッと引き締まった美しいくびれ


「くびれ」は男性にはありません。

女性だけが持っている、あるいは持てるスタイルです。

それで、男性は自分にないものを求めるのか、あるいは健康的な子孫を残したいという本能によるものなのか、理由は諸説ありますが、女性のくびれを好む傾向があるようです。

ほっそりした人が好きとか、ぽっちゃりでグラマーな人が好き♪など、男性によってもこのみはそれぞれ違うと思いますが、どんなスタイルの女性であっても「くびれがあること」を共通に求める男性が多いのです。

確かに、ウェスト部分はキュッと引き締まっていている女性を見ると、同性でもとてもセクシーに感じますし、女性らしいボディに見えますよね。

くびれがないと、どうしても「ずん胴体型」になってしまいますから、子どものようなボディに見えてしまいます。

ですから、くびれ美人を目指すためには、とにかく食事制限などでダイエットをして全体の脂肪を減らせばいい!というわけにはいかないようです。

むしろそういった食事を抜くだけダイエットは、ウェストだけでなく、バストやヒップといった無くしてはいけない部分の脂肪まで落としてしまうことになりません。

では、みんなから憧れられる理想的なくびれスタイルを作るために、正しいやり方を学んでいくようにしましょう。

️理想的なくびれとは

くびれ美人といっても、基本となるサイズや、目安となるスタイルというものがきちんとあります。

人によって身長や体重も違いますし、バストやウェスト、ヒップのサイズも違いがあります。

ですから、その人のボディの全体的なバランスを考えて、くびれを作らないといけないということです。

そうしないと、やたらウェストだけ細すぎて、くびれが異様に目立って逆にアンバランスなスタイルに見える、なんてことを避けられるでしょう。

つまり、大切なのは“サイズ”ではなく、“バランス”だということになります。

理想的なくびれのサイズ


では実際に目安にすると良い、全体のバランスを考えたサイズの比率があるでしょうか。

ある学者が、男性が好む女性の体型を元に生み出した比率によれば、「ヒップ:ウェスト=1:0,7」という計算方式で、自分の理想のスタイルを出すことができます。

いまの自分のウェストとヒップのサイズを測ってみてください。

ウェストサイズをヒップサイズで割ってみて、その数値が0,7になればちょうど良いバランスになるということです。

0,7よりも数値が少し上がるということは、ウェストが理想のくびれにはなっていない、ということになります。

ウエスト÷ヒップ=0.7

この「ウェスト÷ヒップ=0,7」で計算して見ると、たとえばこんな数字が出てきます。

ヒップ80センチの女性は、ウえストが56センチが理想的です。

ヒップ90センチの人であれば、ウェストは63センチということになりますし、ヒップ100センチならばウェストは70センチが、理想的なバランスの良いくびれということができます。

これと非常に似ていますが、下着メーカーで有名なワコールが発表した、スリーサイズの黄金比率を出すための計算もちょっとご紹介しますと、

・バスト→身長×0,5
・ウェスト→身長×0,38
・ヒップ→身長×0,54

こちらはバストも出ているので、さらに参考になるかもしれません。

この計算方法でもやはり、ヒップとウェストのバランスは、おおむね「1:0,7」になっています。

たとえばこうなります。

<身長150センチの女性>  
・バスト:75センチ
・ウェスト:57センチ
・ヒップ:81センチ