CoCoSiA(ココシア)

恫喝された時に注意したい4個のことと対処法


恫喝されるのは誰でも嫌ですよね。

しかし自分はそんなことないから大丈夫だと安心している人も多いのではないでしょうか?

この記事では、恫喝と恐喝の違いや恫喝された場合の対処方法、他にもなぜ人は恫喝してしまうのかまでご紹介させて頂きます。

他人事と思わず、いざという時のために備えておきましょう!

️恫喝されたらどうしよう…!

普通に生活しているだけなのに思いもよらない時に恫喝をされてしまう場合がどうしてもあります。

自分が恫喝されるかも?なんて思って生活はしていませんよね。

しかし何気なく過ぎていく日常にも突然マサカのタイミングで恫喝されてしまう場合もあります。

そんな時にはどうしたら良いのでしょうか?

そんな疑問や対処方法などをこれから詳しくご説明していきます。

️恫喝とは

まずは恫喝とはいったいどういう事なのかを知らなければいけませんね。

恫喝とは相手に対して脅すことや怯えさせることです。

ここでよく間違えられるのが恐喝なのです。

恫喝と恐喝は大きな意味では同じような内容で相手を脅しておびえさせるのですが、恐喝は人の弱みに付け込んで執拗に脅しておびえさせて自分に利益のあるように金品などを相手から巻き上げる行為のことです。

恫喝はその字の如く「恫」はりっしん偏の心と板に穴をあけるという意味の同とで構成された漢字です。

相手の心の穴を見つける心に穴をあけるという意味となりますね。

喝は口偏ですので、カツと大声で怒鳴るという意味ですね。

恫喝の意味として大声で怒鳴って心に穴をあけるということです。

言葉によって相手を威嚇する事です。

例えば刃物などの凶器によって脅すことは恫喝ではなく恐喝(脅し)ですね。

さらに金品を奪うためならば強盗などにもなります。

恫喝とはあくまでも言葉の暴力によってあいてをおびえさせることになります。

力による怯えは恫喝では無くて恐喝や威喝などになります。

おどしておびえさせること


恫喝は相手に対して言葉による暴力でおびえさせることなのですが、もう1つ大きな特徴があります。

恫喝はたの脅しとは少し異質な脅しで、相手が誰であれ全く構わず罵声を浴びせておびえさせることなのです。

相手ありきでその人の弱みにつけこんで金品をせしめる行為やスキャンダルなどをタネにして相手を脅すこととは違い相手が誰なのか分かっていない初対面の相手でも恫喝は罵声を浴びせて脅すのです。

恫喝は知らない人でも誰かれかまわずに脅しておびえさせる行為となります。

いつどんな時、誰にでも恫喝にあってしまう危険性はあるのです。

罵倒や怒声で恐れさせること

恫喝は言葉による暴力です。

大きな声で罵声を浴びせる行為で誰でも標的になってしまう危険性があります。

自分は大丈夫と思っていても突然全然面識のない知らない人に大声で罵声を浴びせられてしまうのです。

誰かれかまわずに脅しておびえさせてくる恫喝にはどう対処したら良いのか恫喝されてしまった際の注意点をご紹介します。

️恫喝されたら注意したい4個のこと


もし、恫喝されてしまった場合には注意したい事が沢山あります。

これ以上相手を怒らせない為や色々と気を付けたいことはありますがその中から特に注意したい事についてご説明をしていきますね。

原因は何か探る

基本的には恫喝は誰かれかまわずに大声で怒鳴りつけてきますが、得てして何か付け入るスキがあるのは事実なのです。

何かしらの恫喝するに値する原因はあります。

しかしその原因は理不尽極まりない事が原因となる場合も多々あります。

恫喝するためのスキを狙っておびえさせようとしているのです。

ただこの原因は何も自分自身が原因でない場合もあります。

理不尽な原因が理由での恫喝の場合には毅然とした態度で対応することが望ましいのですが、場合によっては危害を加えられる危険性もあります。

この見極めが出来る場合は毅然とした態度で対応したら良いのですがなかなか難しいですよね。

そんな場合には基本的には無視して下さい。

相手が何の反応も示さなければ恫喝は成立しないです。

ただのヤジや罵声となるだけなのです。