恫喝されるのは誰でも嫌ですよね。

しかしこの恫喝の事を実際あまり分かっていない人も多いです。

恫喝と恐喝の違いや恫喝された場合の対象方法、他にもなぜ人は恫喝してしまうのかまでご紹介させて頂きます。

恫喝されない為にも恫喝しない為にもぜひ恫喝について理解して下さいね。

️恫喝されたらどうしよう…!

普通に生活しているだけなのに思いもよらない時に恫喝をされてしまう場合がどうしてもあります。

自分が恫喝されるかも?なんて思って生活はしていませんよね。

しかし何気なく過ぎていく日常にも突然マサカのタイミングで恫喝されてしまう場合もあります。

そんな時にはどうしたら良いのでしょうか?

そんな疑問や対処方法などをこれから詳しくご説明していきます。

️恫喝とは

まずは恫喝とはいったいどういう事なのかを知らなければいけませんね。

恫喝とは相手に対して脅すことや怯えさせることです。

ここでよく間違えられるのが恐喝なのです。

恫喝と恐喝は大きな意味では同じような内容で相手を脅しておびえさせるのですが、恐喝は人の弱みに付け込んで執拗に脅しておびえさせて自分に利益のあるように金品などを相手から巻き上げる行為のことです。

恫喝はその字の如く「恫」はりっしん偏の心と板に穴をあけるという意味の同とで構成された漢字です。

相手の心の穴を見つける心に穴をあけるという意味となりますね。

喝は口偏ですので、カツと大声で怒鳴るという意味ですね。

恫喝の意味として大声で怒鳴って心に穴をあけるということです。

言葉によって相手を威嚇する事です。

例えば刃物などの凶器によって脅すことは恫喝ではなく恐喝(脅し)ですね。

さらに金品を奪うためならば強盗などにもなります。

恫喝とはあくまでも言葉の暴力によってあいてをおびえさせることになります。

力による怯えは恫喝では無くて恐喝や威喝などになります。

おどしておびえさせること


恫喝は相手に対して言葉による暴力でおびえさせることなのですが、もう1つ大きな特徴があります。

恫喝はたの脅しとは少し異質な脅しで、相手が誰であれ全く構わず罵声を浴びせておびえさせることなのです。

相手ありきでその人の弱みにつけこんで金品をせしめる行為やスキャンダルなどをタネにして相手を脅すこととは違い相手が誰なのか分かっていない初対面の相手でも恫喝は罵声を浴びせて脅すのです。

恫喝は知らない人でも誰かれかまわずに脅しておびえさせる行為となります。

いつどんな時、誰にでも恫喝にあってしまう危険性はあるのです。

罵倒や怒声で恐れさせること

恫喝は言葉による暴力です。

大きな声で罵声を浴びせる行為で誰でも標的になってしまう危険性があります。

自分は大丈夫と思っていても突然全然面識のない知らない人に大声で罵声を浴びせられてしまうのです。

誰かれかまわずに脅しておびえさせてくる恫喝にはどう対処したら良いのか恫喝されてしまった際の注意点をご紹介します。

️恫喝されたら注意したい4個のこと


もし、恫喝されてしまった場合には注意したい事が沢山あります。

これ以上相手を怒らせない為や色々と気を付けたいことはありますがその中から特に注意したい事についてご説明をしていきますね。

原因は何か探る

基本的には恫喝は誰かれかまわずに大声で怒鳴りつけてきますが、得てして何か付け入るスキがあるのは事実なのです。

何かしらの恫喝するに値する原因はあります。

しかしその原因は理不尽極まりない事が原因となる場合も多々あります。

恫喝するためのスキを狙っておびえさせようとしているのです。

ただこの原因は何も自分自身が原因でない場合もあります。

理不尽な原因が理由での恫喝の場合には毅然とした態度で対応することが望ましいのですが、場合によっては危害を加えられる危険性もあります。

この見極めが出来る場合は毅然とした態度で対応したら良いのですがなかなか難しいですよね。

そんな場合には基本的には無視して下さい。

相手が何の反応も示さなければ恫喝は成立しないです。

ただのヤジや罵声となるだけなのです。

周りの人も変な人がいるって思うだけであなた自身も安全です。

基本的には相手に対してのアクションは起こさないで無視をして下さい。

自分に落ち度はないか確認

基本的には誰かれかまわずに手当たり次第怒鳴り散らしてしまう恫喝なのですが、恫喝されるのには必ず恫喝されてしまう要因があります。

その要因は理不尽なものから案外的を得たものまであります。

今まで言い難いだけで誰もが思っていた事を恫喝によって知る機会になっているのかもしれません。

恫喝をしてくる人は何もない人には何も言えませんが何か言われるスキや言われてしまう要因がある人にはこれ見よがしに痛い所をついてきます。

例えば容姿について罵倒されてしまう場合やあなたのとっている行動が実は世間からしたら非常識だったなんてこともあります。

そんなことはしていないっていう人でも案外迷惑な所に何かを置いていたり、駐車禁止ではないにしても迷惑な場所に車や自転車などを止めていたり大勢人がいる場所で大きな声でとまってお話をしていたりしていませんか?

法律的には問題の無い行動で、自分たちは誰にも迷惑をかけていないつもりだったとしても、周りの人からしたら迷惑行為になっていたのかもしれませんよ。

理不尽な罵倒かと思いきや案外的を得ていたりするのも恫喝の厄介な所ではあります。

罵倒されて際に言い返せない場合の多くは委縮しているのが原因なのですが委縮していないのに言い返せないのには自分にも原因があったなと思っているのです。

その場合には一度自分の行動をあらためて見るのも良いかもしれませんね。

ちなみに言い返せないのと言い返さないのは違います。

最善の対処方法は言い返さないことです。

基本的には恫喝にあった場合は無視をしてできるだけ早くその場から離れるようにしたいですね。

こちらが応じなければ恫喝も成立しません。

冷静に判断して必要の無いトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

相手を心配する

恫喝してくる相手を心配してあげるのは心理学的にも良いことですが、誰でも出来る訳ではありません。

基本的にはその人のことを理解できる知識や語彙力など様々な場面で対処できる対応能力が無いと焼け石に水となりヘタをするとバカにしているのかと逆上させて手の付けられない状態となってしまいます。

専門的知識などが無い人でも心配するケースはあります。

それは恫喝をしている人の近しい人ですね。

身内や家族友人や職場の同僚などがそれにあたります。

近しい人が心配をしてくれると自分のことを分かってくれていると安心して敵では無いと理解してくれます。

相手にとって敵では無いと理解させることが重要なのです。

味方をあえて攻撃する事はしません。

恫喝された場合はあなたの敵ではないですよと冷静に対処して味方であると分からせる方法も有効です。

他には絶対的地位のある人や恫喝した人が認めている憧れている人からの心配やアドバイスには素直に従います。

例えば日本で言うと警察関係などですね。

恫喝している人は警察を相手にしても恫喝することは大いにありますが、その際に警察関係の人が「なんだと!」などと一緒になって怒鳴ってしまっては逆効果ですね。

貴方の敵ですよアピールとなってしまいます。

そこで多くの警察官などは「お兄さん大丈夫?どうしたの?心配するよ?」「なんか嫌な事でもあったの?お話聞くよ」などと言ってあなたの味方ですよとアピールします。

味方と認識することが出来たら罵声を浴びせることが無くなり冷静に対処ができます。

売り言葉に買い言葉とありますが、基本的には買ってはいけません。

無視してその場を離れるか味方だと相手にわからせる方法が危害をくわえられない方法となります。

不安や悩みをためている場合

恫喝をしてくる人は他人に対して自分の方が上だとアピールしたい認められたいという思いが強い傾向にあります。

自分のことを認めてもらうために不器用な方法をとってしまっただけなのです。

様々な劣等感から不安に押しつぶされそう(押しつぶされてしまい)他人を自分よりも不安にさせて自分の方がマシ、自分の方がこの人よりも上だと認識したいがために他人を罵倒するのです。

恫喝する人の多くは他人よりも自分が上であると認識したいがために他人を恫喝するのです。

この為何か目的があって他人を陥れたり蔑んだりをする事はしなく誰かれかまわず恫喝してしまうのです。

何かも目的があるのではなく逆に目的が無く今を脱却したいと思っているだけなのです。

目的があるのであればそれを達成したら終わりなのですが目的が無い為常にだれかを恫喝してしまい永遠とも思われる恫喝を繰り返してしまうのです。

冷静に対処ができて何が原因でそうなってしまったのか本人も分からなくなってしまっているのです。

その為終わり方が分からずに恫喝を繰り返してしまうんですね。

まずは何が原因で人を恫喝するようになってしまったのかを知る必要があります。

この先は恫喝をしてしまった人の救い方となりますので今回は割愛させて頂きます。

精神的に追い詰められていないか

恫喝している人を心配する方法として精神的に何かに追い詰められているの?と新アピしてあげることも有効です。

あなたの味方ですよとアピールすると同時に相手に自分のことを考えさせて冷静にさせる時間を作ることができます。

売り言葉に買い言葉でお互いが荒々しい口調で話していては解決する事も解決なんて出来ません。

一度冷静になって考える時間を与えてあげることが対象方法の一つになります。

知らない相手の場合にはこの間にその場から立ち去ってしまっても良いですね。

危害を加えられない為の対処を自分も冷静になって判断する必要があります。

恫喝してきた人は当然非常識な人となりますがそれに受け事耐えてしまい同じように罵声を浴びせていたら、まわりの人からはあなたも相手に対して恫喝をしている言わば同類と見られてしまいます。

いつの間にか恫喝されている人から恫喝している人になってしまうのです。

そうならないためにも冷静に対応をして下さい。

罪になる可能性を確認

恫喝をしている人は法的に罪になってしまう場合もあります。

相手がどう受け止めるのかによって犯罪行為として扱われます。

例えばこの様なケースも御座います。

恫喝の際に何かものを投げつけて仮に投げつけられたものが当たらなかった場合でも怖かったなどと訴えると傷害罪として立証されてしまうケースも御座います。

恫喝以外でも様々なケースで意外な罪になることも世の中には多いです。

常に冷静になって感情に任せての行動ではなく大人として毅然とした対応で対処して下さい。

恫喝による犯罪として多い物をいくつかご紹介していきます。

強要罪

強要罪とは相手に対して何か理不尽な要求を無理やりやらせることによる罪です。

一時期話題にもなりました相手に対して土下座を無理やりさせる行為。

この行為が強要罪となります。

相手はしたくてしているわけでは無く相手に対して無理矢理させられたことに対しての罪です。

話題になったケースではお店の店員と客という立場上お客様に対して店員さんは基本的には何も言い返すことは出来ません。

相手の理不尽な要求に対してできるだけ答えなくてはいけないのです。

本当はしたくなくてもその弱みにつけこんで強要をすることです。

恫喝では相手を罵倒して大きな声で怒鳴りつけることでおびえさせて相手に不利な事でもしないとひどい目に合あってしまうと強要させることです。

恐怖による支配によって相手に様々な要求を強要する事ですね。

恫喝の場合には基本的には金品要求ではなく自分の立場が上だと分からせたい為の強要となります。

先のケースの土下座なども自分の方が立場が上だと思い知らせたいと思う要求ですね。

他にも相手に対して恥ずかしい思いをさせることで自分の地位が上だとアピールしたりもします。

精神的苦痛を相手に与えるための強要が恫喝の場合には多いです。

恐喝罪

恐喝とは相手に対して言葉による恐怖を与えて自分に利益がある要求を無理やりさせることです。

例えば相手に対して大きな声などで脅して金品を巻き上げる行為が恐喝となります。

基本的には言葉だけで恐怖を与えて自分に利益のある要求をすることなのですが、場合によっては更なる罪も追加される場合も多いのが恐喝です。

それは暴行罪や傷害罪などですね。

恐喝(言葉による暴力)だけでは相手が自分の要求に応じない場合には力による暴力によって相手を屈服させて要求に応じさせようとするのです。

この際に相手を傷つけてしまったり実際に殴りかかってしまうと恐喝罪及び暴行、傷害の罪となってしまうのです。

恫喝によって様々な犯罪に巻き込まれてしまう場合もあります。

その場限りの対応で同じように感情的になってしまってはとんでもないトラブルになってしまうことが分かりますよね。

冷静になって大人な対応がとれるように今から少しだけ心構えを作っておいて下さい。

何も考えていない状態で恫喝にあってしまう場合と今恫喝されたらどうしようと考えてから受けてしまう恫喝ではその場の対応にはかなりの差が出ます。

しかも今ある程度考えているだけで実際に恫喝にあった際には冷静な自分に驚くぐらい冷静な対応が出来るのです。

基本的には関わらないで無視して下さい。

脅迫罪

脅迫は恐喝などと混同しがちなのですが明確な違いとして脅迫段階ではなんの危害も加えられていなところなのです。

脅迫とは相手に不利な状況を伝えることで自分に利益をもたらす要求をすることです。

例えば実際にはまだ何も危害は加えられてはいないのですが要求を聞かないとこんなひどい目にあうよと言うのが脅迫なのです。

ひどい目にあうよというだけで脅迫段階ではひどい目にあっていないのが恐喝などとの違いです。

恐喝は実際にひどい目にあってから利益のある要求をします。

脅迫は要求をのまないとひどい目にあうよと先に自分の利益を求める方法です。

という事は恫喝による脅迫罪は無いということですね。

恫喝からの罪としては恐喝罪になりますね。

実際に恫喝(言葉の暴力)によるひどい目にあっていますので。

脅迫は相手の対処の仕方によって理不尽な要求はさせなく出来るますので万が一脅迫された場合には相手の対処の仕方を学んでおくと良いですね。

ネゴシエーターなどがその代表です。

どの犯罪にも共通するのは敵ではなく味方だよと認識させることがスムーズにことを運ぶカギとなります。

周りの人に相談する

恫喝は基本的にはその場限りの事で一人の人に対して執拗に長く続く物ではありません。

一人に対して長く続く場合には恫喝ではなく恐喝などの罪となる場合がほとんどです。

自分に対して利益がある人だと思うため一人に対して執拗に罵声を浴びせるのです。

恫喝は基本的にはある人に対してではなく不特定多数の誰でも良い状況で誰かれかまわず罵声を浴びせることなのです。

稀なケースではありますが同じ人に対しての恫喝も実際あるにはあるのです。

その様な場合には精神的にも肉体的にも多くの負担がのしかかりますよね。

そんな時には周りの人に相談してみるのも良い方法です。

同じ人から恫喝されるという事は同じ職場など近しい場所の人かと思います。

そんな場合には共通の知り合いに相談するのも手ですね。

上司や先生

同じ人から頻繁に恫喝されている場合には同じ職場や同じ学校など頻繁に会う機会があるということですね。

という事は同じ職場であればお互いを知っている上司に相談する事も良い方法です。

逢いあに入って解決してくれるケースもあります。

しかし何の計算も無く急に間に入ってしまうと逆に悪化してしまうケースもあります。

間に入ってお話をしてくれるとなった場合には事前にどう対処してくれるのか具体的にお話(打ち合わせ)をしましょう。

他にも相談するメリットはあります。

自分でも築かない内に相手に対して罵倒しているケースです。

恫喝されていると思っていたら周りの人からしたら自分が恫喝をしているように見えるなんてことや自分が恫喝されてしまうスキや原因が分かるかもしれません。

となればその原因を無くしたらもう恫喝されることは無くなりますね。

学校でも同様で先生に相談すると解決する場合があります。

しかし、日本の学校は全ての生徒に対して先生は平等であるべきとの考えがあります。

誰かに肩入れをして一方の味方になるなんて事はほとんどしません。

あくまでも中立の立場なのです。

この為自分の味方に待ってくれると思って相談をすると意外な答えに戸惑ってしまう場合もあります。

中立という立場を考えて事前に相談する内容やどうして欲しいのかをまとめてから相談する方がスムーズで自分がクズつくことは無くなります。

何もしてくれなくてもただ、話すだけでも心が晴れる場合もありますよ。

親や旦那さん

頻繁に恫喝される場合でお仕事や学校も行っていないっていう人は自分の親御さんや旦那さんに相談することが良いです。

身内に相談をすると「あなたにも原因がある」や場合によっては喧嘩となってしまう場合もありますが、身内はなんだかんだ言っても絶対的味方であることには変わりありません。

あなたが欲しい答えでなくてもあなたのことを思って言ってくれているのであまり感情的にならずに冷静に言葉を受け止めて今後の対応について一緒に考えて下さい。

必ず最良の方法が見つかるはずです。

基本的には相手にしないで無視をすることが良いのですが実被害がある場合には一緒に対応策を考えることが必要ですね。

それでも対処に困った際には警察に相談して下さい。

警察

恫喝された場合に相談する人があまりいない場合には一人で悩まずに警察に相談する事も良い方法です。

しかし、日本の警察は実被害が出ないと実際には動いてはくれません。

被害が出てからでは遅いとは思うのですがその全てに対応をしていては今の警察官の人数では対処しきれない現状がありますので仕方ないのかなとも思います…が、実際に悩んでいる人の立場からしたら、相手に対しての注意喚起など何か出来ることはあるのではないのかなとも思ってしまいます。

この為実被害がない場合にはあくまでも恫喝による悩み相談となってしまうのですが、内容によっては被害届として受理してもらうことができます。

被害届を出すことで警察官は動いてくれます。

恫喝により実際に困っている人は実際に何があって何が行われたか明確に記録しておくことが重要です。

最近ではスマートフォンを常に持ち歩いている人も多いと思います。

恫喝の様子を動画や音声だけでも記録しておくことで実被害として立証することができます。

使えるものは使って自分の身を守って下さい。

警察に行くのは苦手な人は無料のカウンセラーなど相談する場所は意外と多くありますのでそういった場所を利用するのも良いです。

️恫喝されないための対処方法

そもそも恫喝されなくしたら良いのです。

恫喝をされてしまう人にはある共通点があります。

という事は恫喝されないようにすることも可能なのです。

恫喝されないためにはいったいどうしたら良いのかご紹介をしていきます。

自信を持って堂々とする

恫喝されてしまう人はおどおどしていて自信なさげな人が恫喝のターゲットになってしまうことがあります。

自身を持って堂々としている人と自信なくオドオドしている人とがいたらどちらが簡単に脅せるのか明白ですね。

自身を持って堂々と胸を張って自分の行動に自信を持って下さい。

それだけで恫喝されてしまうリスクを回避することができます。

自分の行動に責任を持つことです。

怖がる態度を見せない

怖がる態度を見せないとなると、すでに恫喝をされている状況ですね。

恫喝されないためにも常日頃からあまり怖がるそぶりを見せないことが重要です。

いつ何時誰が見ているのかも分かりません。

しかし人間誰にでも苦手なことやどうしても怖いことはあります。

例えば人間はその進化の過程で暗闇を極端に怖がるのは必然です。

その為暗闇のままではなく電気などを使用して照明などで明るく暗闇を照らすのです。

夜型人間といっても真っ暗闇の中で何かを行動する人はほとんどいません。

夜と言っても照明などがある明るい夜での行動ですね。

この様に怖い事はあるのは普通なのですが、何もかもを怖がっている人は恫喝をしたらすぐに怖がって自分の思い通りになると思われてしまうのです。

本当は怖く無くても怖がったそぶりをしているだけでも相手にスキを見せていることになります。

怖がるそぶりを見せると男性は守ってあげたいな、可愛いななんて思う反面恫喝して悪さをしてやろうとたくらんでいる人のターゲットとしても見られてしまうのです。

彼氏などがいる時にはそれでも良いのかもしれませんが、ずっと一緒なわけではありませんよね。

守ってくれる彼氏と離れたとたんにあなたをターゲットとして狙っている人が恫喝して悪さをしようとしてくるのかも知れません。

必要以上に怖がるそぶりは人に見せない方が無難ですね。

彼にだけ分かるようにこっそりと怖いねなんて裾をギュッとするだけの甘えにして下さい。

その方が可愛いですよ。

オドオドしている人はターゲットになりやすい

オドオドしている人は恫喝のターゲットになりやすいのは恫喝する前から何かにおびえているのでそのまま更におびえさせることが容易な状態だからなのです。

例え恫喝ではおびえなくても周りの人からは恫喝によっておびえていると思われるため恫喝が成功したと思えるのです。

恫喝をした人は相手がおびえていることに優越感を感じるのです。

恫喝する人も恫喝した相手が強くて逆にやられてしまうことを恐れています。

自分よりも確実に弱い相手を狙っているのです。

必ず成功する恫喝を考えて行動をしています。

思っている以上に恫喝している人も考えて行動しているんですよ。

誰かれかまわずターゲットにして恫喝しているようにも見えるのですが、冷静に判断がで観察してみると自分よりも弱い人に対してしか恫喝をしていないことに気が付くと思います。

そのターゲットにならないためには堂々と毅然とした態度でいましょう。

泣かない

泣かない…当然ですね。

しかし、急に全く面識のない知らない人から的を得た罵声を大勢の前で浴びさせられてしまった場合には我慢ができなくなってしまい泣けてきてしまう場合もあります。

感情のコントロールは意外と難しく容易にはできません。

そんな時には我慢をしないで感情に任せて泣いて下さい。

多くのアドバイスでは相手にスキを見せることになるので泣かないで我慢して下さいとされているかと思いますが、無くことを我慢していると相手は自分が優位に立っているとの優越感から更に罵声を浴びせてきます。

耐えがたい恫喝にさらに耐えなければいけなくなってしまいます。

下手したら立ち直れないぐらいショックを受けてしまうことだってあります。

そうならないためには感情に任せて泣いてしまえば良いんです。

我慢しないで泣けてしまう場合は泣いて下さい。

大勢の前で罵倒されている時にはあなたも何かしてしまったから怒られているんだなと思ってどちらが正しいのか判断しかねている状況となります。

そんな時にあなたが泣いてしまえば周りのほとんどの人はあなたの味方になってくれます。

そうすることで更なる恫喝を避ける事ができます。

恫喝をしている人も相手が泣いてしまった場合にはそれ以上執拗に罵声を浴びせることはなくなります。

自分の敵が多くなったためその場から出来るだけ離れようと考えるのです。

自分が優位な状況では強気で行動できるのですが自分よりも強い相手や立場が弱くなった途端にスッとその場から離れるのです。

この行動からすると恫喝している人は意外と考えて行動しているのが分かりますね。

という事は冷静に対応することで相手も分かってくれるのです。

しかし第一声から大声の罵倒で来るとなかなか冷静に対処しきれない状況になってしまうので恫喝されてしまった場合にはどう対処しようかなと事前に考えておくと良いです。

自分を認めてもらおうと必死なだけな不器用な人が多いのです。

認めてもらうための方法を間違えてしまっているだけなのです。

そんな理由で罵倒されては理不尽なのは分かりますが、もしかしたら自分自身がそうなっているのかもしれません。

自分では気づかない内に誰かを罵倒して恫喝しているのかもしれませんよ。

お互いに冷静になって行動することが大切な事なのです。

反発心を見せる

罵倒してきた相手に対して反発心を見せることは有効な手段ではありますが、間違った反発心や中途半端な反発心ではかえって相手を逆上させてしまうケースもあります。

恫喝に対して冷静な判断で反発心を見せることは非常に有効なのですが、感情任せの反発心では売り言葉に買い言葉となりただの喧嘩になってしまいます。

同レベルの争うでは解決はできません。

簡単な例をあげますと、中学生同士の喧嘩ではお互いの知識や力にそこまでの差が無い為喧嘩となってしまいますが、大人と中学生では知識や力の差が大きく簡単に論破することができます。

相手の発した罵倒に対して同じように罵倒するのではなく冷静にその言葉の意味に対して明確な反論をすることで罵倒のしあいの喧嘩ではなく論理的に解決することが可能となるのです。

反発心を持つことは同時に相手よりも高い知識や力などを示す必要があるのです。

自分よりも明らかに力の剛仁に対して戦いを挑もうとはしませんよね。

相手に対して自分の方が明らかに上だと示すことが出来たらそれだけで恫喝されることは無くなります。

反発心を持つためにはただ反発するのは逆効果で中途半端にするぐらいなら無視して相手にしない方法をとって下さい。

自分の知識力やその他さまざまな力に対して明確な自信があり相手を論破するだけの力がある場合のみ反発はして下さい。

中途半端が一番危険です。

強い口調で対応する

強い口調で対応することが良いとされた時期もありましたがこれも先ほどと同様であきらかに罵倒してきた相手よりも強い場合には強い口調での対応も良いのですが、相手よりも明らかに強いわけでなく同レベルかヘタをしたら下の可能性がある場合には強い口調での対応は逆効果です。

罵声などがさらに強くなり恫喝がエスカレートしてしまいます。

罵声の浴びせあいでは周りの人からしてもどちらが恫喝しているのか分からなくなってしまいます。

あなたが恫喝しているように見えてしまいます。

強い口調で相手に対応することはやめましょう。

冷静に強い口調では無く逆にいつもにもまして丁寧な口調で対応しましょう。

よそよそしく相手に対して懸念を持っていることをまわりの人にもアピールすることができます。

強い口調ではなく冷静な丁寧語口調で対応が一番相手に対して効果があります。

毅然とした態度をとる

毅然とした態度をとることで恫喝してきた相手からすると恫喝におびえていないと思います。

そうなると逆に相手のことを恐れてそれ以上恫喝されることなく恫喝するターゲットを変えようと考えます。

毅然とした態度でおびえないことが恫喝に対しては最良の態度となります。

毅然とした態度と冷静な口調で対応できるようにして下さい。

【毅然とした態度については、こちらの記事もチェック!】

相手を褒める

相手を褒めることも良いとされていますが、実際には逆効果となるケースが多いです。

罵倒を浴びせている状態とは言わば怒っている状態です。

怒っている状態の時にスゴイねそんな言葉も知っているんだぁ~なんてほめても逆効果ですよね。

それに罵倒した相手を褒めるのはなかなか難しいです感情が素直に相手を褒めようと動きません。

逆に懸念的な感情などが強くなっています。

この為相手を褒める行為は安易にしない方が良いです。

聞き流す

聞き流す対応はとても良い対応方法です。

聞き流すとは自分からの意見などは言わずに相手の言いたいように言わせている状態です。

という事は、無視している状態と同じ事ですね。

罵倒している相手が無反応であると分かった場合にはそれ以上罵倒することはしなくなります。

無視または聞き流す対応が簡単で最良の方法です。

忠告する

忠告する対応は相手を逆に威嚇する方法となります。

但し、この方法にはそれ相当のリスクも伴います。

忠告することで被ってしまうかもしれまいリスクを分かったうえで相手に対して忠告をして下さい。

それ相応の対応をしますと警告する

それ相応の対応をしますというのはよく聞きますよね。

それ相応の対応とは具体的なに?と聞かれた際に明確に答えられる場合はこの方法で大丈夫なのですが何となくで言ってみたでは逆効果でしかありません。

反抗的な態度をとってしまうと罵倒だけでは済まなくなり更に被害がエスカレートする危険が高い方法です。

確実にそれ相応の対応が出来る場合や本当にしようと思っている場合は良いのですがその場限りでの対応は絶対にしないで下さい。

あなたがさらに傷ついてしまいます。

️恫喝されたら落ち着いて対処を

恫喝について言われている様々な事に対して本当の対処方法などと間違った方法をする事の危険性が分かったかと思います。

基本的には毅然とした態度で生活をしていたら恫喝のターゲットにはなり難いです。

万が一恫喝にあってしまった場合には基本的には無視(聞き流し)言い返す場合には冷静な口調で理路騒然と話してください。

おびえた態度や威勢を張るとかえって相手の罵倒がひどくなってしまいます。

誰にでも恫喝される危険性はあります。

今からほんの少しでも心構えを作っておくと万が一の際に冷静に対処することができます。