CoCoSiA(ココシア)

恫喝された時に注意したい4個のこと...(続き5)

使えるものは使って自分の身を守って下さい。

警察に行くのは苦手な人は無料のカウンセラーなど相談する場所は意外と多くありますのでそういった場所を利用するのも良いです。

️恫喝されないための対処方法

そもそも恫喝されなくしたら良いのです。

恫喝をされてしまう人にはある共通点があります。

という事は恫喝されないようにすることも可能なのです。

恫喝されないためにはいったいどうしたら良いのかご紹介をしていきます。

自信を持って堂々とする

恫喝されてしまう人はおどおどしていて自信なさげな人が恫喝のターゲットになってしまうことがあります。

自身を持って堂々としている人と自信なくオドオドしている人とがいたらどちらが簡単に脅せるのか明白ですね。

自身を持って堂々と胸を張って自分の行動に自信を持って下さい。

それだけで恫喝されてしまうリスクを回避することができます。

自分の行動に責任を持つことです。

怖がる態度を見せない

怖がる態度を見せないとなると、すでに恫喝をされている状況ですね。

恫喝されないためにも常日頃からあまり怖がるそぶりを見せないことが重要です。

いつ何時誰が見ているのかも分かりません。

しかし人間誰にでも苦手なことやどうしても怖いことはあります。

例えば人間はその進化の過程で暗闇を極端に怖がるのは必然です。

その為暗闇のままではなく電気などを使用して照明などで明るく暗闇を照らすのです。

夜型人間といっても真っ暗闇の中で何かを行動する人はほとんどいません。

夜と言っても照明などがある明るい夜での行動ですね。

この様に怖い事はあるのは普通なのですが、何もかもを怖がっている人は恫喝をしたらすぐに怖がって自分の思い通りになると思われてしまうのです。

本当は怖く無くても怖がったそぶりをしているだけでも相手にスキを見せていることになります。

怖がるそぶりを見せると男性は守ってあげたいな、可愛いななんて思う反面恫喝して悪さをしてやろうとたくらんでいる人のターゲットとしても見られてしまうのです。

彼氏などがいる時にはそれでも良いのかもしれませんが、ずっと一緒なわけではありませんよね。

守ってくれる彼氏と離れたとたんにあなたをターゲットとして狙っている人が恫喝して悪さをしようとしてくるのかも知れません。

必要以上に怖がるそぶりは人に見せない方が無難ですね。

彼にだけ分かるようにこっそりと怖いねなんて裾をギュッとするだけの甘えにして下さい。

その方が可愛いですよ。

オドオドしている人はターゲットになりやすい

オドオドしている人は恫喝のターゲットになりやすいのは恫喝する前から何かにおびえているのでそのまま更におびえさせることが容易な状態だからなのです。

例え恫喝ではおびえなくても周りの人からは恫喝によっておびえていると思われるため恫喝が成功したと思えるのです。

恫喝をした人は相手がおびえていることに優越感を感じるのです。

恫喝する人も恫喝した相手が強くて逆にやられてしまうことを恐れています。

自分よりも確実に弱い相手を狙っているのです。

必ず成功する恫喝を考えて行動をしています。

思っている以上に恫喝している人も考えて行動しているんですよ。

誰かれかまわずターゲットにして恫喝しているようにも見えるのですが、冷静に判断がで観察してみると自分よりも弱い人に対してしか恫喝をしていないことに気が付くと思います。

そのターゲットにならないためには堂々と毅然とした態度でいましょう。

泣かない

泣かない…当然ですね。

しかし、急に全く面識のない知らない人から的を得た罵声を大勢の前で浴びさせられてしまった場合には我慢ができなくなってしまい泣けてきてしまう場合もあります。

感情のコントロールは意外と難しく容易にはできません。

そんな時には我慢をしないで感情に任せて泣いて下さい。

多くのアドバイスでは相手にスキを見せることになるので泣かないで我慢して下さいとされているかと思いますが、無くことを我慢していると相手は自分が優位に立っているとの優越感から更に罵声を浴びせてきます。

耐えがたい恫喝にさらに耐えなければいけなくなってしまいます。

下手したら立ち直れないぐらいショックを受けてしまうことだってあります。

そうならないためには感情に任せて泣いてしまえば良いんです。

我慢しないで泣けてしまう場合は泣いて下さい。