皆様は、「妥協」についてどんな印象を持っていますか?

妥協と言う一言は、良い意味にも悪い意味にも取れます。

良く言えば「柔軟性がある」、悪く言えば「打算的」と言えなくもないでしょう。

とは言え、妥協をすることで、その場を丸く収めると言う利点があることも否めません。

自分の意見をゴリ押しするなどして意固地になって、相手との状況を悪化させてしまうよりも、ある意味スマートな対応かもしれません。

そんな「妥協」について、見ていきましょう!

決断に妥協はつきもの?!

何かを決断するにあたって、ある意味「妥協」はつきものと言えます!

決断すると言うのは、自分に合った条件のうえで成り立つものです!

しかし、全てのことに関してそれがまかり通ることばかりではありません。

「何かを得るためには、何かを捨てなければならない」ことがあります。

つまり、自分が許せる上限を可能な限り下げる、それが「妥協」と言えますね。

自分の意見を押し通せば浮いてしまいますし、かと言って自分の意見を封印してしまうと自分でなくなってしまいます。

そうなってしまわないための打開策とも言えるもの、それが「妥協」ではないでしょうか?

結婚には妥協がつきもの?!妥協していい部分とそうでない部分


では、結婚には妥協がつきものなのでしょうか?

結婚とは、人生の一大イベントと言っても過言ではありません。

そんな結婚に対して妥協するなんてことは、できればしたくないところです。

誰かや何かのせいにして妥協してしまったら、それは「緩慢(かんまん)」や「惰性」となって、結婚生活を蝕(むしば)みます。

しかし、全てに対して完璧を求めることもありません。

どこかで緩む「余裕」がなければ、続くものも続きません。

そこで、妥協をして「いい部分」と「いけないポイント」をそれぞれ見ていきましょう!

あくまで1つの意見として見ていただければ、幸いです。

妥協していい部分

ここでは、「妥協していい部分」をご紹介します。

人それぞれの価値観がありますので一概には言えませんが、これらは優先順位が低い方ではないかと考えられます。

確かに、どんな理由で相手を選んだとしても、それは本人の自由です。

が、こうした表面や数字にばかりとらわれてしまうのは、一種の偏見とも受け取れますね。

こうした一面にのみ目を向けることがないようにするためにも、一度「妥協していい部分」をご覧になってみてください。

イケメンかどうか


イケメンかどうかと言うのは、「イケメン!」と思うか思わないかにより、個人の好みなどもありますので、一概には言えません。

確かに、人は見た目から入ります。

それが初対面であれば、尚更です。

イケメンや美人に目が向くのも自然と言えば、そうかもしれません。

なぜなら、イケメンや美人は目を引く存在だからです。

自分の好みのタイプである、会った瞬間に直感でグッときた、などなど、判断基準はたくさんあります。

とは言え、イケメンや美人は「見た目」と言う1つの特徴にしか過ぎません。

持って生まれたものであっても、それを維持していくには努力が必要でしょう。

イケメンだからOK!、イケメンでないからお断り!と言うのは、相手の表面しか見ていないと言うことです。

それは、もったいないことではないでしょうか?

「心持ち」によって、人の表情は変化するものです。

たとえイケメンや美人であっても、その時々の心の状態によっては、表情が歪んでしまうこともあるでしょう。

どんなにイケメンや美人であったとしても、性格などの中身が悪かったら、目も当てられません。

容姿で相手を篩(ふる)いにかけることは、やめましょう。

年の差

年の差の許容範囲もまた、人それぞれです。

同い年の方が良いと言う人もいれば、年上の方が頼りがいがあって良いと言う人もいます。

「誰かを好きになるのに、年齢は関係ありません。」なんてセリフは綺麗ごとに聞こえるかもしれません。

確かに、年齢が離れていることで、物の好み、価値観、流行った言葉、などなどに対して違いを感じることも多々あるでしょう。

周囲からも驚かれることも少なからずあるかもしれません。

が、全てが年齢の違いのせいであるとは言えません。

どんなに年齢が近くても、全く違う考え方を持っている人もいるわけです。

どんなに同じ時代を生きても、好みの違いや価値観は人それぞれです。

どれだけの年齢差があっても、実際に相手を好きになって、一緒に生きるのは自分本人です。

相手との居心地が良くて幸せに感じられる、相手を愛おしく思う、それ以上に必要なことがあるでしょうか?

相手との年齢差と言うのは、ほんの些細なことです。

好きになることへの障壁とは成り得ません。

年収

年収の上限・下限は、固執し過ぎない方が良いでしょう。

確かに生きていくうえで、お金は必要です。

もちろん、「愛があれば、どんなに貧しくても質素でも良い」と言う気持ちはないわけではないでしょう。

が、お金はあって困るものではないのも事実です。

しかし、その年収がいつまでも続くと言う絶対的な保証はないわけです。

極端な話しですが、明日突然借金を背負うかもしれません。

勤め先が倒産して、路頭に迷うかもしれません。

今まで当たり前にあった生活を失うこともあるかもしれません。

それに、相手はお金を稼ぐ道具ではありません。

相手の稼ぐお金と結婚するわけでもありません。

必要最低限な収入を得られ、それをもとに生活し、その中でもたまに贅沢ができるように節約できる、そんな環境があれば十分ではないでしょうか?

もちろん、贅沢そのものを否定するつもりは毛頭ございません。

たまに贅沢できる「回数」や「お金」を増やす、そんなやりくりの手腕を鍛えることにも楽しみを見出していけたら良いのではないでしょうか?

いちばん好きだった相手じゃないこと

いちばん好きだった相手じゃないこともまた、妥協していい部分と言えます。

人は一番好きな人と恋愛し、結婚できることが幸せであり、一種の理想とされています。

が、恋愛をしていく中で、自分の思いが成就できないことが残念ながらあります。

どんなに想い合った2人であっても、どんなに長く付き合った相手であっても、別れてしまうこともあります。

自分が思った人でなく、自分のことを好きになった人が相手になる、なんてことも少なからず実際にあるケースと言えます。

相手から思われることも決して悪いわけではありませんし、それが結果として幸せになるケースもあります。

が、自分を好きになってくれたことに嬉しさを感じると同時に、だからその人を好きになろうと思うことに対して複雑な気持ちになることもあります。

相手に対して失礼なのではないか、相手が自分を思ってくれるのと同じように相手のことを思う自信がない、など様々な気持ちがあるでしょう。

あるいは、2番目に好きだった人、友達以上恋人未満の異性、なども挙げられます。

相手のことを思うほうが幸せなのか、相手から思われるほうが幸せなのか、それはその人次第で、どちらも幸せなことだと思います。

いちばん好きだった相手を無理に忘れる必要はありません。

しかし、「いちばん好きだった人」にこだわるあまり、目の前の幸せを見逃すことのないようにしたいですね。

妥協してはいけないポイント

続いて、「妥協してはいけないポイント」をご紹介します。

これらは、付け焼き刃で改善されるものではありません。

初めから分かっていれば問題ないのでしょうが、中には付き合いを深めてから発覚したり、さらに悪化している場合もあるでしょう。

結婚とは、生涯を共にするものです。

以下に挙げるものは、最低条件とも言えるチェック項目です。

参考までにご覧になってみてください。

金銭感覚

金銭感覚がきちんとしていなければ、生活をしていくことができません。

倹約家、浪費家と言う枠にとどまらず、お金の使い方もまた人それぞれです。

きちんと家計簿をつけて金銭管理をする人もいれば、豪快にお金を使う人もいるわけです。

結婚に限ったことではありませんが、生活は毎日のことであり、生きている限り続くものです。

それにはお金が必要不可欠です。

何に対していくら使うのかの上限や下限は、ピンからキリまであります。

とは言え、あまりにも相手との金銭感覚にずれが生じてしまっては、大きな問題です。

2人が共有するお金だからこそ、2人の金銭感覚はできるだけ近いに越したことはありません。

最初からきちんと一致することができなくても良いのです。

少しずつでも良いので、お互い歩み寄れるところは歩み寄っていけたら良いのではないでしょうか?

浮気癖

本当に結婚したいなら、浮気癖のない人は必須条件です。

わざわざ言うまでもないことですが、浮気をしないことは当たり前のことです。

まして、結婚して家庭がある人、特定の恋人がいる人は尚更です。

どこからが浮気のグレーゾーンなのかレッドゾーンなのかは、人それぞれの価値観によります。

が、共通して言えることがあります。

それは、「自分が裏切られたと感じた」ことは、浮気に値すると言うことです。

自分に非があろうとなかろうと、それで浮気をして良いと言う正論には成り得ません。

たとえどんな理由があろうと、衝動的であろうと、浮気なんてもってのほかです!

相手のことを思う気持ちが片隅にでもあるのなら、浮気に走ることはあり得ないことです。

誰かを裏切り、傷つけることに対して、相手への罪悪感や浮気をした自分への嫌悪感を微塵も感じることができないのはあり得ないことです。

そんな人は特定の人や家庭を持つに値しないでしょう。

「人の気持ちは移ろいやすい」としても、それは意志が弱い、自分に甘い、相手に対する気持ちが朧気(おぼろげ)なだけです。

そんな人と結婚して、後で苦労しないためにも、浮気癖の有無はきちんと確認しましょう。

虚言癖

虚言癖とは、嘘をつく癖があることです。

1つの嘘をつくと、その嘘に上塗りする形で更に嘘を重ねていく、そんな悪循環に陥ってしまいます。

人は少なからず自分を良く見せたいと思う生きものです。

なので、つい話しを盛ってしまうなんてこともあるでしょう。

ただし、それが現実ではないことを一番よく分かっているのもまた自分自身なのです。

ところが、虚言癖は嘘さえも現実のように捉えて、それを堂々と人に話したりします。

自分の都合の良いようにと言うと聞こえが悪いですが、人に注目されたい、すごい!と思われたいゆえの行動とされています。

あまりにも自然に嘘をつくので、最初は違和感を感じることは少ないでしょう。

が、嘘には当然「綻(ほころ)び」が生じます。

ドイツの哲学者ニーチェさんの言葉にこんなものがあります。

「日常生活で、人々が概(おおむ)ね正直なことを言うのはなぜか。神様が嘘をつくことを禁じたからではない。それは第一に、嘘をつかないほうが気楽だからである。」

人は、嘘をつかないほうが楽に生きられると言うことですね。

自分にも相手にも、いつまでも正直でありたいですね。

嘘は決して、自分のためにも相手のためにもならないことを、頭の隅っこでも良いので心得ておきましょう。

【虚言癖がある人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

性格

「三つ子の魂百まで」と言うことわざがあるように、人の性格は幼い頃に基盤が形成されます。

それは成長してからも、ほぼ変わることがありません。

もちろん意識次第で、良くも悪くも変わることもあるでしょう。

が、人は思ったことは言葉として発し、発した言葉が行動や仕草に表れ、それが価値観として形成されます。

つまり、思ったこと次第で、如何様にも変化すると言うことです。

自分の性格なので、主観が筆頭に来るのも自然ではありますが、あまりにも自己中心的な性格では結婚には不向きに近いでしょう。

中には、そんな人を陰になり日向になり支える素晴らしい人もいるでしょうが、それだけではあまりにもバランスが悪く、いつかヒビが入って壊れてしまいかねません。

どんなに良い人の中にも1点の悪があり、どんなに悪い人の中にも1点の善があります。

「元々の性格なんだから、仕方ない」と諦めるのは早いです。

相手にしっかりと向き合って、相手の性格を見極めましょう!

と同時に、自分の性格とも向き合ってみてはいかがでしょうか?

自分が変われば、周りも変わってくるはずです。

たとえわずかな変化でも、自ずと大きな変化に成長していくことができるでしょう。

価値観

価値観が合わないと、一緒に生活を送ることは難しいです。

最初は物珍しいと感じて、新鮮に思うことがあるかもしれませんが、テンポが合わなくなる時が遅かれ早かれ訪れるでしょう。

とは言え、何にどんな価値を見出すも見出さないも、その人次第です。

結婚するのであれば、生活だけでなく、金銭管理、子供の育て方や教育方針など、様々な課題に直面するでしょう。

そんな時、あまりに価値観が合わない相手であると、議論をする以前の問題です。

平行線どころか、取り付く島もない状態に陥ってしまうでしょう。

価値観が全て一緒でなければいけない、なんてことはありません。

結婚するまでは他人だったこと、それぞれの生まれ育った環境も違うことを鑑(かんが)みれば、価値観が合わないところがあるのも当然と言えば当然です。

お互いを自分の思う正しい路線に乗せようとする必要はありません。

お互いの価値観をお互いに尊重すること、それが結婚に必要不可欠ではないでしょうか?

【価値観の違いについては、こちらの記事もチェック!】

思いやり

相手に対する思いやりがなければ、相手は心身ともに自分から離れていってしまいます。

思いやりとは、相手のことを思うことから始まります。

相手を慈しむ心がなければ、思いやりは成立しません。

それは決して相手の顔色を伺ってばかりのことではありません。

本当に相手のことを思うのであれば、正しいことは正しい、悪いことは悪いと相手に示すことができる、これが思いやりではないでしょうか?

つまり、思いやりは「相手に見返りを求めない」「相手にとって何が良いのか悪いのか」を自分自身の損得勘定無しでできることと言えますね。

そうした思いやりから表れる行いや言動は、受ける側の相手にもきちんと伝わるはずです。

そうした連鎖が、良い方向に働いて、良い環境を作ることができるでしょう。

結婚で妥協した理由とは?

上記で、「妥協していい部分」と「妥協してはいけないポイント」をそれぞれご紹介しました。

それでも、妥協して結婚した人が少なからずいます。

なぜ妥協して結婚に至ったのか、それにはどんな理由があるのでしょうか?

早速見ていきましょう!

人柄が好き

まず、相手の人柄が好きであることが挙げられます。

優しい、頼もしい、面白い、可愛い、などなど、内面にある魅力に惹かれたものです。

人柄はその人自身を表すものであり、長い年月をかけて積み上げられた結果です。

その基盤は、そう簡単に変わるものではありません。

相手の持つ人柄とは、他の要素を妥協したとしても、それ以上の価値がある項目ではないでしょうか?

妥協しないと結婚できない

妥協しないと結婚できない、これは無きにしも非ずと言えますね。

昔は、「3高(高身長・高学歴・高収入)」がもてはやされたこともありました。

それは一種のステータスであり、結婚を引き立てるアクセサリーともとられるものでもありました。

しかし、時代は流れ、現在は「安定重視」が条件に挙げられます。

収入、相手との関係の安定によって、「普通で穏やかな家庭」を築き上げることを求めているのではないでしょうか?

それでも理想を掲げているだけでは思ったような結婚ができないので、妥協できるところを妥協すると言うことなのでしょう。

妥協するのは普通

上記の「妥協しないと結婚できない」と同じように、「妥協するのは普通」と言う理由です。

小説やドラマのように、憧れる結婚と言うのは夢のまた夢とも言えます。

どこかで妥協しなければ結婚はできない、そう悟っているのでしょう。

「3高」や「安定重視」のように、できれば譲りたくない条件があるのは確かでしょうが、何かを我慢すれば思ったほど苦ではないこともあるでしょう。

妥協するのは普通と言う考え方も、あながち間違いとは言い切れません。

「妥協」を意識し過ぎなければ、そこまで特別なことではなくなることができるでしょう。

妊娠したから

「妊娠したから」と言う理由も、今では特に珍しいことではありません。

いわゆる「できちゃった婚」と言うものですね。

「授かり婚」とも言われますが、おめでたいことです。

とは言え、予期せぬ妊娠に戸惑うなどして、悩みを抱えることもあるでしょう。

それでも、だからこそ結婚に踏み切れたのではないでしょうか?

宿した命に対して、2人で責任を全うすることは、当たり前のようでとてもすごいことです。

頭が下がります。

結婚の機会を逃したくなかった

「結婚の機会を逃したくなかった」と言うのも、現実的な理由です。

年齢を重ねるほど、人は慎重になり、その慎重さゆえに結婚が遠のいてしまうこともあります。

「傷つきたくない」「失敗したくない」「もっと良いご縁があるかもしれない」などと思ってしまうこともあるでしょう。

が、結婚もタイミングが重要です。

右往左往しているうちに、せっかくのご縁が遠のいてしまったり、周りが次々に結婚していくなどして、焦りを感じることも確かです。

そうなってしまわないように、「今だ!」と思った時に結婚に飛び込んだのでしょう。

先延ばしにして、目の前の良縁を手放してしまうことがないように、思い立ったらすぐに行動に移しましょう!

子供が欲しかったから

「子供が欲しかったから」と言う理由もまた、男女問わず永遠のテーマと言うべきものです。

自分の血を引いた子供と言うのは、何にも勝る存在です。

今までは自分が優先だったことが、子供ができると優先順位は大きく変化します。

守るべき存在ができると、人はどんなことにも立ち向かっていくことができます。

それが愛した人との間に授かる子供であれば、尚更です。

その子供は、自分たちが生きた証そのものです。

なので、早く結婚して子供がほしいと思うのも自然なことと言えますね。

100人に聞いた!結婚で妥協したところ

ここで更に、「100人に聞いた!結婚で妥協したところ」をご紹介します。

「これ、私にも当てはまる!」と思うこともあるかもしれません。

それでは、見ていきましょう!

結婚式を挙げること

まず、「結婚式を挙げること」です。

結婚式は人生の一大イベントであり、幸せの象徴と言えます。

愛する人と永遠の愛を誓う神聖な儀式であり、それを皆に祝福してもらえる場でもあります。

とは言え、結婚式にかかる費用面の負担などから、結婚式を断念する人がいるのも事実です。

それ以外にも、様々な事情から結婚式をすぐに挙げることができないこともあるでしょう。

結婚式は形ばかりのものではありません。

2人の人生の新たな門出を祝うにふさわしいイベントです。

仕事

次に、「仕事」です。

今でこそ、共働きは珍しいことではなくなりましたが、全員が全員結婚後も働いているわけではありません。

それまで続けてきた仕事を、結婚と同時に手放すことがあります。

また、手放すまでいかなくても、パートやアルバイトに転身することもあるでしょう。

それは性別を問いません。

女性は結婚をすれば、妊娠・出産・子育てのために仕事を離れる期間が少なからずありますし、それを機会に専業主婦になるケースもあります。

男性にしても、育児休暇がありますし、自身が専業主夫になって奥さんが働くケースもあります。

また、妊娠~子育てだけでなく、双方の親の介護などによって、やむなく仕事を中断するケースもあるでしょう。

2人で相談したうえで、自分たちにとって必要かつ無理のない範囲で仕事ができる環境が整うと良いですね。

住む場所

最後に、「住む場所」です。

「住み慣れた場所から離れたくない」「一新して、遠くに行きたい」「好きな人と一緒ならどこでも良い!」など様々な意見があるでしょう。

相手の仕事の都合から今住んでいる場所から引っ越した、相手の親と同居することになった、など現実的な理由も少なからずあるはずです。

「住めば都」と言う言葉があるとは言え、住み慣れた場所から離れることは辛いものがあります。

が、逆に何もないところから交友関係や順応性を構築していくことで、自分たちの自立心がより一層高まるとも言えますね。

たとえどんなに離れた場所に住むことになったとしても、そこが自分にとって新たな「故郷」になるはずです。

そもそも妥協って何?

ここまで、様々な「妥協」について見てきましたね。

そもそも「妥協」とは何でしょうか?

ここで「妥協」について、今一度おさらいをしたいと思います。

「妥協」の意味や使い方などについて見ていきましょう!

意味

「妥協」の意味とは、何かをする時、互いの意見が対立してしまった場合に、片方あるいは両方の意見を譲歩することで、打開策を打ち出すことを表します。

たとえ正しいことを提案していたとしても、お互いに平行線のままでは進むものも進まなくなってしまいます。

この難局を乗り越えるためにも、「妥協」は必要なのです。

そこで、お互いが譲れるところまで意見の内容を緩和することで、目的の達成を図るものと言えますね。

使い方

妥協をすると言うことは、決して「やせ我慢」でも「諦め」でもありません。

1つのことに目をつぶることで、相手との摩擦を解消することができ、自分の許容範囲を広める、引いては心の余裕ができることで、器の大きさにつながります。

ここで、妥協が持つ2つの意味を例文を交えながら紹介していきます。

相手に歩み寄り譲ることで意見をまとめる

妥協とは、すなわち「歩み寄り」です。

お互いが自分の意見だけを押し通そうとしてしまうと、まとまるものもまとまりません。

自分にはない意見や発想を持てるのは、相手の意見が持つ特権とも言えます。

例えば、「結婚式の段取りについて相手と意見が食い違い、妥協するに至った」と言う例文を見ていきましょう。

お色直しの回数、食事のコースのランク、招待する人の選出、など話し合うことは多々あるでしょう。

妥協とは、シーソーや天秤でバランスを取るように、相手に歩み寄ることでバランスを取るものではないでしょうか?

広い心と視野を持って、現状の打開を図るものと考えます。

完全に満足のいくものではないがそれに決める

妥協をすることで、自分の望むものが欠けた状態、すなわち、完全に満足のいくものではないがそれに決めることになります。

人は何かしら「妥協」をすることで、現状維持をしたり、ステップアップをして少しずつでも前に進んだりしています。

例えば、「物件の条件を妥協する」ことがあったとしましょう。

一戸建て、マンションやアパート、それぞれ掲げる条件が違ってくるでしょうが、大きな買い物なだけに妥協しかねるところもあるでしょう。

が、全ての条件をクリアするには費用がかかってしまいますし、何かは妥協せざるを得ないことが無きにしも非ずでしょう。

しかし、足りないところがあるからこそ、他のことに対して満たされていたり、有難みを感じることができるのではないでしょうか?

結婚には妥協が必要!大きな心を持とう(まとめ)

ここまで、結婚に妥協が必要と言われる理由などを見てきましたが、いかがでしたか?

結婚とは、お互いの人生を一緒に歩んでいくことです。

「この人しかいない」「理想の人と理想の結婚をしたい」など、結婚を視野に考えた時、様々な思いが巡るでしょう。

とは言え、相手を自分の理想の形に当てはめようとするのは、いかがなものでしょうか?

「天は二物を与えず」と言う言葉があります。

人は長所だけでなく、短所も同時に持ち合わせているものです。

至らないところもあるからこそ、人は親近感を覚えたり、自分の態度を改めようと思ったり、人情や礼儀の尊さを感じることができるのです。

相手だけでなく、自分にも至らないところはあるはずです。

それは、まさにお互い様なことです。

結婚に限ったことではありませんが、大きな心を持って相手に接することはとても重要なことです。

「至らないところや妥協するところがあるのは、当たり前なことである」と、どっしりと構えましょう。

結婚とは、その後にも妥協を要することがあるものです。

結婚する時の妥協は、これからの結婚生活で発生するであろう「妥協」の予行演習と思ってみたらいかがでしょうか?

人はそうした積み重ねを繰り返すことで、妥協に対する耐性もできるようになり、そこから余裕ができて、良い循環ができるようになるのです。

1つの妥協をクリアすることで、自分をひと回りも二回りも大きく成長させることができ、相手にも寛容になれるでしょう。

大きな心で、妥協を乗り越えていきましょう!