フラストレーションの意味を知っていますか?

フラストレーションとは、欲求が何らかの障害によって妨げられ、満たされない状態にあることを言います。

その緊張によって攻撃的になりやすくなったり、欲求不満になったり、要求阻止になり、自分自身がコントロールできないことがあるのです。

フラストレーションは主にストレスが溜まっている状態の時に起こります。

自分の中では計画を立てて、こうあって欲しいと思ってる時にうまくいかない、その気持ちをフラストレーションとなり湧き上がる感情です。

フラストレーションと上手に処理して、上手く付き合って行くことで、恋愛問題や仕事、生活環境に影響していきます。

世の中にストレスを感じない人は誰ヒトリとしていないと思います。

その中で湧き上がるフラストレートを処理できないと、様々な病気に追い込まれてしまうことも。。。

イライラ「フラストレーション」、解消しなきゃ!

フラストレーションが溜まると、まずイライラとした感情が起こります。

その感情が周囲に八つ当たりをしたり、自分自身の自律神経を乱して体調まで崩してしまいます。

フラストレーションが溜まるということは絶対に良くないことです。

フラストレーションが溜まることで良いことは一つもないと思ってくださいね。

自分の意に反した気持ちが先に進んでしまい、仕事や家庭、学校にあらゆるシーンに悪影響を及ぼします。

でも、フラストレーションをどう解決するればいいか分からないものですよね。

それはフラストレーションとストレスが混合してしまっているからです。

フラストレーションを解消したいのであれば、フラストレーションを理解することが大事になってきます。

ストレスとフラストレーションはどう違うの?

ストレスとフラストレーションは、よく間違われる感情ですよね。

ストレスが溜まっていると「あぁ~フラストレーションが高まっている」と言う方もいます。

でも、実はストレスとフラストレーションは少し違う意味を持つのです。

ストレスは主に、負担になるものや状況の事を言います。

例えば職場の人間関係、 家族が亡くなった、金銭面で困難な状況にいるとか、家庭での問題とか、自分の感情がコントロールできない出来事のときに、なんとかしようと考えるからストレスという感情は起こります。

精神的、体力的に負担になる物、事、圧力とかの意味もあります。

一方、フラストレーションはストレスを感じている状態のときに起こり、

ストレスで欲求不満の感情のときに精神的な反応してしまいます。

「こうなれば上手く行くのに!うまくいかない」その感情がストレスを感じながらも、フラストレートします。

どちらかと言えば、ストレスは全て悪いこととは言い切れないところがあります。

ストレスを感じつつも、改善することができますが、フラストレーションは常に気分的に良くない感情であり悪いことが多い。

フラストレーションはどうして溜まる?

フラストレーションが溜まるときは、日常で感じる仕事や家庭や恋愛感情です。

これらの状況で物事がうまく進まないときに湧き上がる感情がフラストレーション。

ストレスの後にフラストレーションが溜まると思って良いでしょう。

ですから感情をダブルパンチされたような最悪な状態です。

単純にストレスだけであれば、なんとかしようと改善法を見つけることができますが、

ストレスにフラストレーションが加わると物事が余計に面倒な方向に進んでしまいます。

ストレスは音楽やスポーツ、趣味等で取り除くことができすが、

フラストレーションが溜まると単純に音楽やスポーツ、趣味で物欲で簡単に取り除くことができないことも。

だからこそ、フラストレーションを処理していくことが大事になるのです。

仕事

仕事関係でもフラストレーションは溜まりやすいですね。

例えば取引先から価格交渉をされたときに「お願いしますよ」と無理難題を頼まれる、

そして取引先が提示した金額じゃないと取引を断ると言われます。

そうすると、なんとか取引先と良い関係を保つ為に上司に掛け合って金額を相談しますよね、でも上司は「バカ言うな!そこを上手く進めるのが営業だろう」と応じてくれない。

取引先と上司の板ばさみになりながらも、取引先にお願いを再度すすめますが、結局、取引は決別してしまい、その後も取引がない。

そうなると上司から、あなたはかなり怒られてしまいます。

あげくの果てに「無能」「仕事ができない」呼ばわりされることもあるかも。

このときにあなたのフラストレーションは最高潮に高まります。

「自分は無能なのかもしれない」「この仕事に向いてないのかも知れない」

その他にも、職場で新人の教育を頼まれたときに、あらゆることを教えて行こうと思いますが、新人は、あなたが思うように学んではくれないまま、新人は職場を辞めてしまいます。

新人が辞めてしまったことで上司からは、あなたの教育の仕方に関して怒られてしまいます。

全て自分の責任のように感じてしまう方こそ、フラストレーションは溜めやすい方。

フラストレーションはマジメに仕事に取り組めば取り組むほど、結果が異なることで自分が追い詰められてしまう。

その全てが自分だと思ってしまうのです。

家庭

家庭でもフラストレーションは溜まります。

旦那さんや奥さんとの付き合い方や子供への接し方、姑など親戚関係の付き合い方で悩むことがフラストレーションを溜まりやすくするのです。

夫婦ケンカをしたときに相手に攻撃されるとコトバを返すことができない。

相手に批判され続けたり、暴力を振るわれると日に日に自分自身に責任があるのでは?と自分自身を責め始めてしまいます。

また、子供が思春期に入り親に逆らいはじめて反抗期になることでも、自分自身の教育の仕方が間違っていたのでは?と自分を責めることになるでしょう。

赤ちゃんが電車内で泣き、周囲からイヤな目線で見られることや、

体調を崩しやすいことも親としての管理がなってないからと周囲に見られているような気になり自分自身を責めてしまいます。

姑や親戚など身内と良い関係を築くことができないと旦那さんから「もう少し、トラブルなく上手く付き合ってくれよ」と責められてしまいます。

そうすると自分自身の態度が原因で姑や親戚と上手く付き合えないと思ってしまいます。

一番、分かってくれるはずの家族や安心できる場所の家庭が原因で、フラストレーションは溜まってしまうのです。

恋人とのすれ違い

恋人とのすれ違いも寂しさゆえに自分を責めてフラストレーションを溜めてしまいます。

例えば学生と社会人の恋人関係や遠距離恋愛などは恋人としてコミニュケーションをとる時間も限られてしまいますよね。

コミュニケーション不足はフラストレーションを溜めてしまいます。

お互い事情は会えない事情は分かっているはずですが、すれ違いが続くことで付き合いはじめたときの強い絆が弱くなってしまうのです。

恋人同士も長く付き合っていれば夫婦と同じで新鮮な気持ちは弱くなります。

そうすると「このまま付き合っていて幸せなのかな」と感じはじめます。

恋人とのすれ違うは相手を信用できなくなってしまうのです。

例えば学生と社会人であれば立場が違うので時間もバラバラです。

どちらかが妥協して付き合うからこそ、恋人関係として成立するものですが、恋人とすれ違うことで相手が浮気しているのじゃないか?と悪い方向に考えだします。

結局、立場が一緒じゃないと上手く行かない。と自分の中で決断をしてしまうのです。

遠距離恋愛も同じで「上手く行くはずない」と努力するよりも諦めてしまいます。

そのほか、物事がうまくいかないとき

その他で言えば、近所付き合いなどもフラストレーションを溜めてしまいます。

近所付き合いはストレスが非常にたまりやすいですよね。

距離感が近すぎれば問題ですし、遠すぎても「付き合いが悪い」という印象になりやすい。

そうすると周囲の目線がとても気になります。

たまたま、御近所さん同士が集まり話をしていても「自分のことを言っているのでは?」

「私、周囲を不愉快にさせてしまうことをしてしまったかな?」と自問自答。

自分に責任があると思ってしまい、外出することが怖くなります。

人生では、うまく物事が進むよりも、どちらかと言えば物事はうまく進まないものです。

ですが、フラストレーションを溜めてしまうと、物事がうまくいかないときに「毎回、うまくいかない」「私は運がもともとない」と自分の中で決め付けてしまうのです。

そこから先にどう頑張って行こう!というよりも、反省ばかりしてしまいます。

要するにネガティブにしか考えられなくなってしまいます。

フラストレーションが溜まるとこんなに悪いことが

フラストレーションが溜まることは絶対に良くないこと、フラストレーションが溜まったことで様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

例えば人間関係が最悪になってしまう、自分の気持ちをコントロールできずに、感情を抑えることができない為です。

その、どうしようもない感情をどうのように処理すれば良いか分からなくなります。

その結果、八つ当たりをしてしまうこともあるでしょう。

また、感情がコントロールできないということは感情の起伏が激しくなり、集中力もなくっていき、仕事や勉強などに影響を及ぼしてしまいます。

このような状態では当然、精神的に休まることはありませんよね、それは体力的にも限界を感じはじめることでパワーも低下してしまいます。

常にフラストレーションが溜まる原因の問題が頭にある存在。

起きていても、寝ていても悩みは消えることはありません。

その結果、自分自身のペースは乱されて体調にも変化がでてきてしまいます。

それが負のスパイラル。

フラストレーションが溜まるということは負のスパイラルがはじまるということです。

八つ当たりで人間関係にヒビ

フラストレーションが溜まると感情を抑えることが難しくなります。

フラストレーションが溜まりやすい原因は人間関係です。

例えば、ママ友同士の付き合いで説明すればママ友同士も最初は仲良くなる為にお互いネコをかぶり社交辞令をします。

一定のラインを超すと急激に仲良くなりLINE交換をしたりママ会をしたりしますよね。

ここまでは良かったのですが、人間同士集まれば愚痴もでてきます。

そんな関係にストレスがたまり、なんとも言えない気持ちになって苦痛に感じてくる。

それでも子供同士の関係もあり、近隣だから関係も壊したくない。

悶々としたまま付き合い続けているとフラストレーションもピークになってきます。

そこにきて違うママ友に相談して、「気にすることないよ、適当に付き合っていればいいじゃない」と軽くアドバイス的に言われると思わず八つ当たりをしてしまう。

物事を簡単に考えるママ友に対してイライラとした感情が押さえることができない。

結果、空気を読まない人になって行くのです。

マジメすぎるからこそ、納得ができないことに妥協することができない。

それもフラストレーションが溜まりやすい方の特徴ですね。

仕事に集中できない

仕事や勉強でも、かかげた目標を達成できないことに悩む、その結果、自分に能力がないという答えになってしまう。

しかしフラストレーションが溜まってしまっている状態では前向きに考えることが難しいですよね。

ストレスであれば考え方を変えることもできます。

ストレスも考え方ヒトツでプラスに向かうことができます。

しかしフラストレーションは基本的にネガティブなことしか頭に浮かびません。

「このまま結果がでなかったら」「たぶん周囲も自分が無能なヤツと思っている」

「不景気な時期だし、リストラの話もでている」「多分、リストラになるのは自分だ」

「だったら、先に辞めてしまった方がいいのだろうか」

とことん、マイナスでネガティブなことを考えてしまいます。

こんなことを考えていると肝心な仕事は手につけることができません。

問題は仕事で失敗してしまっただけですが、次々に自分自身を追い詰めてしまうのです。

仕事に失敗してしまったなら、本来であれば仕事に集中して気持ちを入れ替えればいいだけのことですよね。

ですが、フラストレーションを溜めやすい人は気持ちの切り替えができません、仕事に集中できないといことは第ニのミスを作る可能性があります。

疲れがたまりやすくなる

フラストレーションが溜まると、常にマイナスなことばかり考えている。

自分自身ストレスが溜まっているな・・・と思えば、

「たまには音楽でも聴いてゆっくりするかなぁ」「温泉でも行ってくるかなぁ」「スポーツに集中しようかな」など色々とストレス発散法方を考えますよね。

ですが、フラストレーションが溜まっているときはネガティブ。

自分自身でフラストレーションが溜まっている・・・とは思っていません。