ギブアンドテイクと聞いたら、あなたはどう感じますか?

なんだか上辺だけの関係の匂いがする?計算高そう?マイナスなイメージ?いえいえ、ちょっと違います。

ギブアンドテイクとは円滑でバランスのとれた豊かな人間関係を築く、とても簡単なコミュニケーション法です。

ちょっとした心がけでこんなに変わるんですよ☆

ギブアンドテイクは社会に出て必要!

社会に出る前の子供のころを思い出してみましょう。

あなたが産まれて、両親から大事に育てられてきた間、衣食住、教育やしつけ、様々なものを与えられることがほとんどだったはずです。

これらは子供という小さくてか弱い、守られるべき者だったからこそでした。

しかし、社会に成人として出ていくと、そこは公平な場。

自分で自分を守りながら、人間関係を構築する必要があります。

そこにギブアンドテイクが必要になってくるのです。

ギブアンドテイクってなに?

ギブアンドテイクという言葉、あなたはどういう時に使いますか?

例えばやりたくないけどやらなければならない仕事、職場の雇用関係、友人関係や、あるいは恋人同士。

メリットが発生する関係あるいは打算的な関係性?

直訳のまま「与える、もらう」とすると日常生活や周囲でどんなものがあてはまるでしょうか?

あなたの毎日の生活や周囲を取り巻く人々を思い浮かべて考えてみましょう。

意味

「ギブアンドテイク」という英単語はほぼ和製英語のように扱われることも多くなりました。

ただ、英語本来の意味と世間一般的に使われている意味のニュアンスはかなり違うような気がします。

英和辞典を引くとその意味は「公平なやりとりをする」「互いを譲り合う」「妥協をする」「持ちつ持たれつ」などポジティブでかつ思いやりに溢れたイメージがあります。

和製英語で使用する「ギブアンドテイク」はメリットで成り立つようなやや冷たいイメージを感じさせますね。

英語本来の意味の「互いに持ちつもたれつ」という関係性であれば、互いに有益でかつ友好的、有意義な関係が築けそうですよね。

give=与える

ではこの言葉を直訳した「与える」について考えてみましょう。

あなたは何を周りに「与えて」いますか?「え、私なにも与えてなんてない」と謙遜した答えを耳にするかもしれませんね。

そんなことは全くありえません。

例えばあなたが観葉植物を育てています。

週に1回でも枯れないように水やりをしています。

自宅でペットを飼っている人も毎度のエサをあげなければ、ペットは亡くなってしまいますから、エサやりを欠かせませんね。

スーパーやコンビニで普段の食材などの買い物をすることも、お金を与えています。

生きるためには身体には食物が必要です。

こう考えていくと、自分の周囲との関係では「与える」ということが頻繁にでてきます。

それにはもちろん理由があります。

take=もらう

その理由とは「もらう」ためです。

周囲に何かを与えたら「もらう」ことができる場合が圧倒的に多いでしょう。

前述でいえば、観葉植物に水をあげれば植物が元気に潤っている、美しい姿をみせてくれます。

ペットに餌をあげれば、その愛らしい姿をみせてくれて癒されますね。

スーパーやコンビニで食材を買うという行為も、人間の生命維持に不可欠な栄養を接種するためです。

これら「与える」という行動をすれば「もらう」ということができて、その「もらう」為に「与える」という行動をしていることが、理解できると思います。

小さく「与えた」のに大きく「もらえる」こともあるでしょう。

そうするとそれは嬉しく満足感や喜びといった感情が生まれるかもしれません。

ギブアンドテイクの使い方

では日常生活の中で特に人間関係においてこの「ギブアンドテイク」をどう使っていけば良いでしょうか?

そもそも何にギブアンドテイクは必要なのでしょうか?

「私の人生にはギブアンドテイクなんか必要ない」と考える人も実は、的が外れています。

前述のように生きていく上で日常生活のあらゆるところで、ギブアンドテイクを活用しています。

そして誰でもその日常生活は、仕事先の同僚や上司、友人や親兄弟、知人などあなたを取り巻く人々抜きには語れないはずです。

誰でもどんな人でも、日常生活において全く人間関係が絡まないことはないはずです。

その人間関係を円滑に価値あるものにできるのなら、その手段としてギブアンドテイクを大いに活用することをおすすめします。

ビジネスの場で

では実際にどう人間関係で利用するかみていきましょう。

あなたの日常を思いだしてみてください。

平日の朝のスタートは勤め先に外出します。

なぜ仕事をするのかといえば、大きな理由は賃金を得るためです。

そのために「労働」という与えるにあたる作業をします。

その労働の中でいろいろな面に遭遇します。

例えば他者への営業活動をするのなら、交渉が必要です。

交渉には公平なやりとり、譲り合い、妥協が必要です。

そこにギブアンドテイクを織り込みましょう。

「欲しいものをもらうために、こちらはこれを打診する」というやり方です。

要求を掲げるだけでは失敗しますので、譲り合いや妥協も取り入れつつ、両者が折れ合う解決点を導きましょう。

相手への尊敬は忘れずに。

恋人同士で

もちろん恋愛関係でもギブアンドテイクはあります。

ギブアンドテイクは与えられてもらうことを基本としていますから「平等な関係」とも言えます。

例えば恋人同士でディナーデートをするとします。

彼が彼女が喜ぶであろうレストランを予約し、最後は彼が食事代を払い二人でレストランを後にする。

どこにでも見られる光景ですが、これもギブアンドテイクです。

彼は彼女の喜ぶ笑顔を見たいですから、彼女が気に入るであろうレストランを予約し、支払いもスマートに済ませます。

そして彼女はとびきりの笑顔と美しい姿で彼を出迎え、彼女は会話に花を咲かせます。

男性としては、彼女に喜んでもらうためにステキなレストランを探しだし、

高い食事代も払ったのに彼女の明らかに手抜きしたメイクや普段着、機嫌の悪い態度や乗り気でない会話を目の当たりにしたら、彼は落胆し憤慨するでしょう。

恋愛こそ利害や感情など、言葉にするのは難しい様々な思惑が絡むものはありません。

恋愛にこそギブアンドテイクの重要性が潜んでいるはずです。

友達同士で

友人関係でのギブアンドテイクを考えてみましょう。

友人同士のギブアンドテイクは非常にわかりやすいかもしれません。

友人関係では「助け合う」ということが頻繁にでてくると思います。

学生時代を振り返ってみましょう。

例えば友人同士のお誕生日会は、自分が祝ってもらったなら今度は相手を祝うことが当たり前ですし、お誕生日プレゼントもいただいたら返すのは常識です。

常識を外した行動をすると、友人関係ではうまくいかなくなることが多いでしょう。

このように友人関係では「返す返される」ことの繰り返しが多く見られます。

例えば試験勉強のためのノートの貸し借りや合コンに呼ばれた際など、借りを作ったら返すことが前提です。

実は人間関係の中で一番パワーバランスが均等なのがこの友人同士の関係です。

ビジネスの場や恋愛の場、家族でもパワーバランスは決して平等ではありませんよね。

力関係が平等な間でキャッチボールのようなお互い「助け合う」関係を訓練できるのは友人関係だけかもしれません。

家族で

家族間のギブアンドテイクを考えてみましょう。

家族間にギブアンドテイクなんてあるの?と思う方もいるかもしれませんね。

夫婦間のギブアンドテイクであれば、夫がサラリーマン、妻が専業主婦であれば夫が会社で働いて稼いでくる代わりに、妻は夫が会社に行っている間、家事や育児など家庭を支えています。

夫は受け取った賃金を妻に与え、妻は家庭という団らんその他を返している関係です。

親と子に関しては親が子に「衣食住」を与えれば子は自身の「成長」を親に見せる形で返しています。

家族間も夫婦、親子間でも相互扶助関係で成り立っているのです。

本当のギブアンドテイク

先ほどはいろいろな人間関係においてのギブアンドテイクを見ていきました。

人間関係のいたる所に「ギブアンドテイク」があって、無意識に私たちは行っています。

そして「ギブアンドテイク」を効果的に使うことで人間関係を良好な状態にします。

そして最も大事なことは言葉どおり「ギブ」「与える」ことから始めなければいけないのです。

「テイク」「もらう」ことが先立ってはならないのです。

その理由をみていきましょう。

ギブアンドギブギブギブ、、、

言葉の通り与え続ける関係のことです。

実はギブアンドテイクは「ギブ」がないと成り立ちません。

なのでこの「ギブ」を続けることで「テイク」があるという考え方はとても理にかなっているといえます。

自己啓発や目標設定の考え方にも望むものを手に入れるために「先出し」をするというやり方があります。

何を先出しするのかというと、それはお金・時間・エネルギーやパワーといった自分の持てるもの全てのことです。

それらを結集させて手に入れたいあるいは欲しいもののために与え続けます。

与え続けることが大事

しかし、この与え続けることに不安を感じる方もいるでしょう。

与え続けるだけで終わるのでは?与え続けてもらえなかったら結局どうするの?と考える方も多いでしょう。

確かにこの「ギブ」を続けること、与え続けることはとても心身ともに大変厳しいともいえるでしょう。

しかし、これがプラスに作用することもあります。

この与え続けることはいわば「代償」ともいえるわけですが、この代償を払うことによって、より自らが欲したいものを手に入れようという集中力や願望を強固にすることができます。

脳は実際に起きていることと願望の区別ができず、いくらでも騙すことができると言われますので、潜在意識の中に取り込み実際にその願望を叶えてしまうことができると言われています。

与えることで利益を得ようとしない

このように与え続けると、その先には利益が必ずあると考えてしまいますね。

普段の生活でも与えることで何かをもらうということに慣れているため、与えたら何かが返ってくることは当たり前に感じてしまいます。

だけどこの与えることで利益を得ようとしない行為はとても尊いこととされています。

例えば、キリスト教では愛されるより愛することが尊いとさ れていますし、親子関係でいえば、子供を育てる親は子供から利益を得ようとは思っていないはずです。

むしろ、利益を得ようとしないからこそ無償の愛が湧き水のごとく溢れ出てくるのでしょう。

人間として徳のある理想的な姿ですが、これを全ての関係にあてはめられるかというと難しいのかもしれません。

ギブアンドギブギブギブテイク

与え続けるといつか欲しいものが手に入るまたは見返りがある。

これが一番道徳的で理想的です。

「努力すればいつか報われる」という言葉を聞いたことがありますよね。

例えば受験勉強はまさにこのことです。

「合格」という見返りのために苦しい忍耐のいる勉強を続けるのです。

大学や高校などの学校に入るための受験も、国家資格などの受験も長期間、勉強という時間を「与える」ことを続けるわけですが、