私たちは人生の中で誰かとの縁を切るという選択をしなければいけない場合がでてきます。

その人が自分にとって悪い影響しかもたらないとすれば、自分が幸せになるということは難しいからです。

あなたの周りには良い友人ばかりでしょうか?

こう聞かれた場合にちょっと考えてしまうようであれば、縁切りということが必要になってきているかもしれません。

人との出会いは素晴らしいものだけではなく、悪縁というものも引き寄せることがあります。

これは男女の関係でもそうですよね?せっかく恋人になっても相手が浮気ばかりしているようでは自分には幸せなど訪れません。

相手のいいように使われてしまう道具のような存在になってしまいます。

それはあなたが望んでいるような関係ではありませんよね。

本来であれば一緒に笑い共に人生を歩んでいきたいと願っているはずですが、相手にその気がなければ自分が振り回されるだけの結果になってしまいます。

悪縁との関係を断ち切らないうちは自分にも幸せの風など吹いてくれません。

人との縁を切るということは怖い事と思ってしますかもしれませんが、そういった事でもないということをわかってもらいたいと思います。

人には続けていけば幸せになれる縁もあれば自分の幸せを吸い取られてしまうパワーを持っている悪い縁とに分かれていて、そういった縁を選んでしまうと自分が不幸になってしまう確率がかなり高いのです。

自分の人生をそのような縁で台無しにはしたくありませんよね?誰にでも幸せになる権利があって当り前です。

その権利を悪縁は容赦なく持ち去ろうとしてしまい、その相手だけが幸せになってしまう結果にもなりかねません。

そこで今回のテーマになります。

悪縁を持っている人は自分にとっては幸せを奪っていく者になってしまいます。

あなたがその人とのことを考えてみて幸せではないと思うのであれば縁切りというものを考えることが大事になってきます。

なぜならば、それはあなたの幸せが奪われているからになります。

人の邪気のようなものは目には見えませんが存在することは確かです。

その邪気は相手の幸せを吸い取ってしまうということを始めてしまい、いつしか自分には幸せの風が吹くのが止んでしまいます。

そうした状態になってしまえば生きているのでさえ辛くなってくるはずです。

そのような状態になる前にきちんと解決の道を見つけなくてはいけませんよね。

自分には不幸しかもたらさない悪縁を切る、縁切りをするために方法で自分のための幸福をつかみ取るようにして下さい。

縁切りとは?

縁切りというとちょっと怖いイメージを持っている方も多いと思います。

最近ではテレビなどでも縁切り神社などが紹介されるようになり、人との縁を切るということは呪いの一種のように感じる人も多いのではないでしょうか。

確かにあのような神社の絵馬などには少し過激とも言える内容が書いてあったりと、相当の恨みを持っていることがわかりますよね。

そのような状態になってしまった人の心は相当荒んでしまい普通の状態ではありません。

人に対する信用なども持てなくなってしまい、心が壊れてしまう寸前の状態になるのが悪縁との関わりあいになります。

これは性格が優しかったり、人からの頼まれごとを断れないような人は誰にでもなりうることになってきます。

気持ち的には断りたいという考えが、どうしてもとお願いをされれば結局やってしまう。

その目的がだんだんとエスカレートしてくれば、どのようなことを要求されるかわかりませんよね。

ああいった縁切り神社にまで来る人は、私たちが想像も出来ないような酷い仕打ちを受けてきた人たちだということを認識して下さい。

もしも、自分の身に同じようなことが起ってくれば心が崩壊寸前にまで追い込まれてしまうのは自分だということも自覚するようにしましょう。

そういった状態にまでならない為にも縁切りは必要になってきます。

出来れば初期の段階で切るということが一番望ましいと言えます。

それでは、具体的にどのような人たちとの縁を切っていくのかを考えてみましょう。

交友関係を断つこと


自分の交友関係というものを考えてみたときに、いつも損をする相手はいないでしょうか?それは多少のお金でも構いません。

会えばいつも何かしら奢らされてしまうといった内容でもいいです。

金額にすれば一回千円未満だとしてもそのような相手がいたら縁切りの必要性が出てきます。

お金というのは自分の生活にとってなくてはならない物ですよね。

相手にもそれは理解出来ているはずですが、毎回のように奢らされるという人には将来的に見ても良い影響は出てきません。

このような小さいと思われることから考えていかないと、知らないうちに自分ではどうすることも出来ない状態になってしまいますので注意するようにして下さい。

絶縁

そして縁切りをしたあとは当然ですが絶縁することになります。

相手の連絡先も自分の携帯などから消してしまい、相手からの連絡も全てブロックして下さい。

縁切りと行う際には二度とその相手とは繋がりを持つことのないようにすう事が大切です。

メールくらいはというような甘い気持ちになってしまうと、その優しい気持ちにつけこまれてしまうので悪縁を切るときには非情な気持ちになることが大切になってきます。

このように相手との関係を絶縁してしまえば、また新しい縁を自分に呼び込める状態になってきます。

悪縁がある場合には自分には良い縁には巡り会えないということを知っておいて下さいね。

それでは縁というものについても少し考えていきたいと思います。

私たちが普段から言う「人との縁」とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

縁とは目に見えない霊的なエネルギー


人の縁というのはとても不思議な力を持っています。

そこには霊的なエネルギーというものも存在していて目には見えない何かの繋がりが相手を引き寄せることになります。

こう考えると自分にとっては良い縁ではないのかという疑問も出てきますが、引き寄せるのは良い縁ばかりではありません。

良い縁に見せかけた悪い縁も引き寄せることになるのです。

人は見た目では判断できませんよね?どんなに良い人物を演じていても心が悪に染まっている人は実際に存在します。

縁の場合も同じで自分が引き寄せる縁でも悪にまみれているようなものも引き寄せてしまうのです。

こうした悪いものとは繋がりを絶たなければいけませんよね。

自分で引き寄せたものでも間違った選択ですので縁を切る必要が出てきます。

ですが、一度でも縁を持ってしまった人とは中々切ることも難しくなりきっかけがなければ実行することもためらってしまうでしょう。

なぜ人は縁を切ることをためらってしまうのかということになりますが、一種の呪いというような感じがある人はいませんか?

縁切りは呪いではない

よく縁切りをする人は自分にも呪いが降りかかるなどということが言われますが、そもそも縁切り事態に呪いの効果などありません。

当然呪い返しのようなものも起こりませんので安心して下さい。

呪いというのは基本的に相手に対しての恨みの念を送り続けていくことです。

それによって相手の精神を壊していくという術になるので縁切りとは全くの別になります。

縁切り神社などの絵馬にそのような事を書いてしまう人がいるので誤解されやすいのですが、ああいったものに相手への復讐の気持ちなどは書かないようにして下さい。

そのような気持ちを持ち続けていくと本当に相手を呪ってしまうかもしれませんし、呪いは自分にも返ってきます。

結果として自分も呪われるということになりますので絶対に書くようなことはやめましょう。

縁切りについて一通りお話ししましたがどういったことなのか認識されたでしょうか?

簡潔に言えば、自分にとっての悪い縁を切り、人生をより良い方向へ向かわせるということになります。

次からは悪い縁との切り方についてお話しします。

あの人との縁を切りたいと思った人はきちんと読んでから実行していくようにして下さい。

縁切りするための10個の方法

ここからは自分でも簡単にできる縁切りの方法についてお話ししていきます。

悪縁とは一日も早く関係を切っていくことが大事になりますので自分にあった方法で行うようにして下さい。

最初の方法は自分の身の周りを綺麗にするおまじないです。

1.身の回りを浄化するおまじないをする

悪いものというものは同じ場所にとどまるという性質を持ってきます。

水も流れている川であれば淀みもなく綺麗ですが流れが止まってしまうとゴミであったりと汚いものが集まってきますよね。

人の縁でも悪い縁が自分の中に入ってくれば流れは止まってしまいます。

そして自分にとって悪影響しかないものがどんどん増えていくことになるのです。

こうした場合には自分の身の周りを浄化していくことで流れも変わってきます。

悪い縁を取り去ることが出来れば良い縁が自分に入ってくるようになるからですよね。

それでは具体的なやり方になります。

まず用意するものはハガキと青いボールペンです。

これならどこでも買えますからすぐに実行することができますよね。

最初に縁を切りたい人の名前をフルネームで書いて下さい。

その後はその悪縁をもたらした人物へ向けて次のことを唱えるようにして下さい。

「〇〇さん、今までのいやなお役目をしてくださりありがとうございました。

私もきちんと成長することが出来ましたので、次は笑顔で会いましょう」このように唱えながら相手の名前を塗りつぶしていって下さい。

その後は燃えるごみとして捨ててしまえばおまじないは終了です。

ここで気をつけたいのがボールペンの色です。

必ず青いボールペンで行うようにして下さい。

ハガキはあっても黒のボールペンしかないからといって黒いものは使わないで下さいね。

コンビニでも売っていますから必ず青いものを使いましょう。

青い色の理由ですが風水というものをご存知ですよね?

この風水では青は浄化の意味を持っています。

昔から伝わるものを利用して自分の身の周りを綺麗にすれば新しい縁も出てきますので実行してみて下さい。

次方法ですが料理で浄化をしていくという方法になります。

2.にんじんのおまじない

ここでは浄化するのに「にんじん」を利用します。

このにんじんも風水などで使われるアイテムになるのですが、本来は結婚に関するものに使われています。

これは女性が結婚したいときの人との結びつきに使われるのですが浄化ということにも使用される時があります。

やり方としてはにんじんに縁を切りたい人の名前を針などを使い彫り込むようにして下さい。

相手の名前がわかるくらいになれば大丈夫ですのでそのにんじんを食べるのですが、調理が必要になります。

まず相手の名前を刻んだにんじんにの名前の溝部分にイカのスミを塗っていきます。

そのにんじんをすりおろしてジュース状にして下さい。

そのジュース状になったにんじんをパクチーと一緒に煮込みのですが、パクチーを入れる時に「ありがとう。さようなら。」と3回唱えます。

出来上がったスープを全て飲み干せば浄化の完了となります。

3.粗塩のパワーで縁切り

塩は色々な魔除けとしても昔から使われてきました。

こういったものは自分の周りをきちんと浄化してくれるので利用していきたいですよね。

この縁切りの方法ですがとても簡単です。

半紙を用意しその中心に粗塩を入れて包みます。

それを机などの一番上の段の引き出しなどへしまっておくだけです。

これだけで悪い縁が近寄れなくなりますのですぐに実行することをおすすめします。

その際ですが必ず粗塩を使用して下さいね。

一般に売られている粒が細かくなったものは効果がありません。

海の恵みたっぷりと含んだ粒の粗い塩でなければ縁切りが出来なくなってしまうので注意して下さい。

4.水を使ったおまじない

この水を使ったものも風水に関係してくるものになります。

陰陽道ではよく人の形をした紙を使っていますよね。

あれを人形(ひとがた)という呼ぶのですが自分の身代わりとして使用しています。

この場合は自分の身代わりではなく相手を水に流すことになるので、トイレットペーパーに悪縁をもたらす人物の名前を書きます、そしてそのまま流してしまえば完了となります。

水というのは気を集めてきます。

それは悪いものも良いものも全てを集めるのでこのおまじないを実行する場合は家の水回りに関する掃除はきちんとやるようにしましょう。

トイレや洗面所、お風呂場に台所といった水に関係する場所全てです。

この部分の掃除が行き届いていないと次の縁が来ませんので注意が必要となります。

5.別れの手紙を書く

次の浄化方法ですが炎の力で浄化していきます。

昔から火には浄化をする力が宿っており、火のゆらぎを見ているだけでも心が落ち着くという効果が言われていますよね。

この場合はその火の力を使い、縁を切る人へ別れの手紙を書くことになります。

白の便箋に黒いボールペンを使って別れの言葉を書いていって下さい。

その際は相手へありがとうという言葉も書いた方が良いですし、綺麗な別れを意識した文章で書くようにして下さい。

あまり本音を書きすぎてしまってもいけませんから言葉の選び方には注意が必要です。

手紙を書き終えたならば、灰皿などの安全な所で燃やして下さい。

全てが灰になるまで燃やすようにしましょう。

そして、その灰ですが外の土にきちんと埋めて下さい。

6.思い出を残さない

縁を切る時の心構えとして覚えておいてほしい事になります。

その人との写真・写メ・メールやSNS・電話番号などの全てを処分して下さい。

写真などは燃やして土へ埋めるようにするとさらに浄化できますので行うようにして下さい。

その際は白の封筒を用意してその中で写真を入れるようにして下さい。

燃やす時は十字を切るように破って火の中で入れるようにして下さい。

写メの場合は縁を切る相手とのものを別なフォルダなど作って完全に分けるようにして下さい。

そして黒い紐を用意して十字の形ようになるように携帯やスマホに紐をかけていき一晩そのままの状態にしておきます。

次の日にそのフォルダごと削除すれば完了となります。

そして黒い紐は写真と一緒に燃やすようにして下さい。

写真や写メは処分する

写真などには念などつきやすくいつまでも持っていると浄化が出来ません。

きちんと処分しないと縁を切ったことになりませんので必ず処分するようにして下さい。

7.ハサミのおまじない

次の縁切りはハサミを使っていきます。

縁を切るのですからハサミというのものはとても有効なアイテムになりますので使うようにしましょう。

具体的なやり方になりますが、縁を切りたい人の名前を紙書きます。

その紙を切っていくだけですが、名前が読めなくなるように細かく切っていくことが大切です。

ハサミではもう切れないまでになったら、次にカッターを用意します。

そしてカッターを使って再度紙を切っていって下さい。

もう切る場所がなくなるまでになりましたらその紙を燃やして下さい。

そして灰になったものを土へ埋めてしまえば完了となります。

ハサミやカッターは縁切りの強力アイテム

この切るという行為ですがハサミやカッターは縁を切る上での強力なアイテムになってきます。

本当に自分にとっての悪縁と思う人でなければいけませんので、いたずらなどで使うことはしないで下さい。

それによって良い縁までも失ってしまったら意味がなくなってしまいます。

ここまでは縁を切るための方法などをお話ししてきましたが、自分が実際に行う行動についても理解する必要があります。

せっかく縁を切るおまじないなどをしても関わりをもってしまったら意味がありません。

8.物理的に離れる

悪縁を断ち切るには物理的なことも実行していく必要があります。

相手と住む位置などが近い場合などにはその土地からも離れるようにすることが大切です。

連絡を絶っても相手が家にくるということも考えられますよね?そういったことのないように引っ越しということも視野におくようにして下さい。

そういった事が無理な状況であれば、とにかく相手には近づかないことです。

近くにくるのを見かけたら自分から離れるような行動も必要になってきます。

相手は最初は問いかけてくるかもしれませんが、必要な事以外は喋らないということも大事になってきます。

話しかけられても必要最低限の返事だけで相手から離れるようにしましょう。

最終的に相手が自分を見かけても近づいて来なくなれば完全に切れた状態になりますので、それまでの期間は物理的にも関わりを避ける行動をとって下さい。

なるべく関わらない

悪縁をもつ相手は最初こそ自分が無視されているようで問い詰めてくるかもしれません。

そういった時は、なるべく相手を怒らせないような言葉を選んで避けるようにして下さい。

はっきり言ってしまうと逆恨みの対象にもなってしまいます。

自分で出来ることをしたならば最終的に解決してくれるのは時間になってきます。

相手が完全に諦めるまで待つことも必要ですし、自分も相手に流されないようにしていくことが大事になってきますので自分から関わったりすることはやめて下さい。

相手から話しかけられても話し込んだり理由を言ったりすれば面倒な事にもなりかねませんので最低限の返事だけで避けるようにして下さい。

9.神社を参拝する

悪縁を切る際には神社への参拝というものも有効になってきます。

但し、相手を不幸にするようなことを願ってはいけません。

縁を切るということは呪いではないということをお話ししました。

せっかくの縁切りを相手の不幸を願うような参拝であれば自分の中にも悪の心が出来てしまいます。

そういった参拝は全く意味はありませんのでやらないようにして下さい。

神社へ参拝するという目的は自分が幸せになることを願うためです。

神様もあなたの幸せになる手助けはしてくれるかもしれませんが、人を不幸にする願いであれば手は貸してくれません。

ですから相手のフルネーム書いた絵馬や罵倒の言葉などは絶対にしないようにしましょう。

書いてしまった瞬間から自分の中には悪の心が棲みついてしまいます。

そのような心はまた悪縁を引き寄せてしまいどんどん幸せからは遠くなってしまうのです。

あくまでも神社参拝では自分のことだけ考えるようにして下さい。

10.人差し指と小指を立てるおまじない

縁切りのおまじないなどを実行してもその相手を会う場合はどうしても出てくるかもしれません。

そのような時には相手には見えないように隠しながら握りこぶしを作り、人差し指と小指を立てて心の中でこのように念じて下さい「この場所から消えて下さい」というふうに相手を遠ざけるような言葉を念じるようにしましょう。

もともとヨーロッパのコルヌというおまじない

このおまじないの意味ですがコルヌというもので古くからヨーロッパで使われてきたものです。

これは病気なども悪霊などが関係しているとされてきましたので魔除けの意味を持っています。

縁を切りたい相手以外にも嫌いな人が近づいてきた場合にも有効ですので使ってみても良さそうですよね。

ここまで10個の縁切りの方法をお伝えしてきましたがすぐに実行できるものが多いと感じたのではないでしょうか。

このようなことは自分の幸せのためには今日にでもやってみるということも大切になってきます。

悪縁とは長くなればなるほど自分を幸せから遠ざけてしまい、良い縁なども自分にはこなくなります。

このような淀んだ状態が続いてしまうと自分の心にも大きな影響が出てきてしまい精神的にも良いとは言えません。

できるだけ早い段階でこれらの方法を取り相手との悪縁を切るようにしていって下さい。

縁を切ることは悪いことではありませんし、何度も言うように呪いという類のものでもありませんので安心して下さい。

それでは縁切りに有効なアイテムについてもお話ししいきたいと思います。

これは身に着けるだけや置いておくようなものですので自分では何もする必要はありません。

縁切りアイテム

縁を切るということに対して今まで抵抗を持っていたような方でも自分の幸せがその相手のせいでこないとすればどうでしょうか?

そのままの関係を続けていれば確実に自分は不幸になってしまいますよね。

良い縁というものは、悪縁を持っている人へは引かれません。

これは自然なことであり悪縁は悪縁を引き寄せるということも言えます。

自分が悪縁を持っているばかりに寄ってくる縁も悪いものばかりだとすれば変えていかなければいけません。

その為にも悪い縁が来ないようにしておくという事も必要なのです。

これからご紹介するのはそういった悪い縁から身を守ってくれるアイテムなどになります。

悪い縁を持ってしまうと同じような縁が引き寄せられやすくなっていますので、悪縁が来ないような対策というのも大切になります。

1.パワーストーン

最初のアイテムですが、パワーストーンのブレスレットように普段から身につけるものは非常に便利ですよね。

仕事の上でも邪魔になることはありませんし洋服にもマッチするものであればオシャレにも見えます。

パワーストーンはそれほど高いものでもありませんので石の力を借りながら生活するというのも選択肢の一つになってきます。

この石の中でもおすすめできるものがホワイトメノウというパワーストーンになります。

この石の効果ですが邪気を払う力がありますので悪縁などを寄せ付けなくします。

ブレスレットを選ぶ際ですがホワイトメノウを中心としたもので探せば自分の気に入る色なども見つかりやすいですし縁切りの効果もありますので、生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

【パワーストーンについては、こちらの記事もチェック!】

2.待ち受け画像

今はスマホをいつも持ち歩く生活の人がほとんどだと思います。

そしてスマホという身近なものでも縁切りを助けてくれるものを活用してみてはいかがですか?

先ほど粗塩での縁切りのお話しをしましたが盛り塩の画像をスマホなどの待ち受けとして設定して下さい。

先ほどもいったように塩には魔除けの効果があります。

塩を直接に持ち歩くよりはスマホの待ち受けにした方が楽ですし荷物にもなりません。

縁を切りたい相手に限らず、自分にとっては悪い影響のある人物を遠ざけてくれる意味でもこのような便利なことはするようにして下さい。

但し、この待ち受け画面ですが人には見られないようにすることが大切です。

あまり良い噂は立ちませんし他人には見えないようにして下さい。

それと自分の気持ち的な部分でも悪い縁が来ないというように信じることが大切です。

半信半疑のままでは悪縁は自分にくるということを理解するようにして、絶対に悪い縁は入ってこないと強く思うようにすることが大切です。

3.玄関マット

自分の家でも悪縁などに対して対策をする必要が出てきます。

主に玄関は悪いをはじき返す役割がありますので玄関マットを変えるということが効果的になります。

自分にとって良い気を集めて悪い気は家の中に入れないようにしていきましょう。

まとめ

あなたは縁を切りたいと思う人はいないでしょうか?

縁切りということを今まで考えてこなかったという人は、幸せから遠ざかっているかもしれません。

自分のとって人との縁というものは良いものだけを選んでいく必要があり、悪いものは引き寄せないということが幸せになるためには必要になります。

もしも縁切りに対して怖いイメージなどを持っていたとすればそれは誤った認識になります。

この縁切りは人に対して呪うというようなことはしませんし、自分に悪い影響を与える人物を避けるという行為になります。

誰かしら自分にとっては良い影響をもたらさないような人物はいると思います。

そういった人が縁になっていれば自分に集まるのは同じようなものばかりです。

一方、良い縁を持っている人は良い影響を与える人しか集まってきません。

そういった良い気というものは良いものしか受け付けないように出来てるからです。

同じように悪い縁がある人は悪い気をもった人ばかりを周りに集めてしまいます。

こうしたことが自分の運も下げることになり幸せから遠ざかるという結果になっているのです。

悪縁は直接相手に言ってもなかなか切れるものではありませんよね?ですから自分から縁を切ってやる必要性が出てくるのです。

今まで色々な事に対して悪縁というものはあなた自身の幸せを奪っていたとも言えますよね。

そのような淀みきった縁の中にいれば自分も悪い気を持った人間になってしまいすし、精神的にも良いとは言えなくなります。

自分の周りでそのような人物がいたのであれば思い切って縁を切ってはいかがでしょう。

この行為は決して恥ずかしいようなものではありません。

むしろ自分を守るものとして捉えて下さい。

悪縁が及ぼすことはあなたにとって悪いことだらけになり、いつか取り返しのつかないような事を引き起こすかもしれません。

自分の幸せを考えるのであれば一刻も早く取り除いたほうがよいのです。

今、あなた自身は幸せを感じているでしょうか?

もしも幸福ではないとしたら自分の周りにいる悪縁をもたらす相手がいるかもしれません。

その縁を切ることが自分を守る手段でもあり幸せを運ぶきっかけにもなってくれます。

自分にとって悪い影響を与える人物がいたとすれば勇気を持って縁切りをしてみて下さい。

その行動があなたの今後の人生を大きく変えてくれるはずです。