CoCoSiA(ココシア)

LINEが未読無視で既読がつかないままもう一回送るべき?そのメリット・デメリットを解説します


今の世の中では、携帯電話を持っている事が当たり前の世の中になりつつあります。

その普及率は高く、約人口の9割とも言われて居ます。

世界には、勿論赤ちゃんも居る分けですから人口の9割と言えば殆ど100%と言っても過言では無い程多くの方が携帯電話を所持しています。

昔はとても大きな、まるでカバンのような携帯電話が主流でした。

ですが、今ではカバンの中に入れて持ち運ぶ事が出来る程小さくなり、場所も取らず重さも軽減されました。

その為、いつでもどこにでも気軽に持って出かける事が出来るようになったのです。

昔は、どの家庭でも必ずあった家の固定回線ですが、今は固定回線を引かずに携帯電話だけで全てを済ませてしまう方も居ます。

それだけ多くの人が、携帯電話を日常的に使用していると言う事が分かるでしょう。

携帯電話と言っても、実は2種類の携帯電話が存在しています。

それは『ガラケー』と呼ばれるものと『スマートフォン』と呼ばれるものです。

これら二つの携帯電話は、通信方法などが違っています。

その為、よりパソコンのようなスキルを求めていった結果多くの方がガラケーからスマートフォンへと移行する形となりました。

スマートフォンを使用する事により、携帯電話の可能性は無限に広がりました。

以前は、携帯電話はあくまでも電話であり、その他の昨日としてはメールやカメラ程度が使われておりそれ以上は特に用途がありませんでした。

ですが、スマートフォンになった事によって、パソコンと同様に多くの昨日を追加出来るようになったんです。

『アプリ』と呼ばれるソフトを使用する事によって、自分の携帯の中をドンドンとカスタマイズしていく事が出来ます。

ゲームを充実させ、まるでゲーム機のようにする事も出来れば、より実用的なアプリを追加して自分好みの携帯を作り出す事も出来るでしょう。

SNSとして話題のTwitterやFacebook・Instagramなどを追加して、多くの人とコミュニケーションを取るのもいいかもしれません。

そんななかで、ダントツの人気を誇るのがLINEです。lineは相手が読むと既読になり、読んでいないとlineは未読のままです。

lineを使用することによって、特定の人とチャットルームを開設する事が出来ます。

それは一対一では無く何十人も参加する事も可能です。

だからこそ、より気軽にコミュニケーションを取る事が出来るアイテムとして、ここ数年で爆発的な人気となっています。

しかし、余りにも人気となったせいでそれによる悪影響も出ています。

学生などの間では、lineが一つのいじめの原因になる場合もあり、使用方法に関しては個人個人がモラルをもって考える事が重要となるでしょう。

未読なままだと不安になる!

lineはとても便利なアプリです。

これを使用する事によって、より気軽に会話を楽しむ事が出来るようになりました。

メールする程でも無い事でも、lineであれば気軽に送る事が出来る場合もあるでしょう。

いちいち多くの人に転送しなくとも、一度に多くの人と連絡を取る事が出来、お互いの返事を随時見る事が出来るという利点もあります。

だからこそ、今の時代にとてもマッチしてよりよい方法を取る事が出来て居るのです。

ですが、物事にはいい面もあれば悪い面もあるのです。

それは、lineでも同じ事です。

とても便利な通信手段ではあるものの、便利過ぎるあまり連絡が取れる事が当たり前のように感じてしまう傾向があります。

昔は、手紙や家にしか電話が無い時代がありました。

その為、相手と連絡を取る事にも時間さがあり約束もしっかりと行っていたように思います。

ですが、携帯電話が普及しいつでも連絡が取れる事が当たり前になりました。

そればかりか、lineを使用する事によって、今相手がメッセージをみたかどうかを確認する事が出来る昨日までついたのです。

lineは、相手がメッセージを開く事によって『既読』という表示になります。

その為、相手から返事が無かったとしても相手がメッセージを見てくれたかどうかを確認する事が出来るようになったのです。

その為、メッセージを送った人は相手が既読になったかどうかを確認するでしょう。

とても便利な機能ではあるものの、それに頼ってしまう事によって相手の行動を詮索してしまう傾向にあります。

さっきまで既読がついていたのにも関わらずいきなり『未読』のまま既読にならなければ『何かあったのか?』『どうしたんだろう』と不安になってしまう物なのです。

「嫌われたんじゃ…」とモヤモヤ


人間同士の付き合いは、難しい部分が多々あります。

自分がどんなに相手の事を気にしていたとしても時に怒らせてしまう事もあるのです。

悪気が無かったとしても、一度壊れた関係性を修復することは難しいのです。

だからこそ、ついつい相手の気持ちが読めないと不安になってまうのです。

もしかしたら相手を怒らせてしまったのかも知れない。

何か悪い事を言ったかもしれない。