今の世の中では、携帯電話を持っている事が当たり前の世の中になりつつあります。

その普及率は高く、約人口の9割とも言われて居ます。

世界には、勿論赤ちゃんも居る分けですから人口の9割と言えば殆ど100%と言っても過言では無い程多くの方が携帯電話を所持しています。

昔はとても大きな、まるでカバンのような携帯電話が主流でした。

ですが、今ではカバンの中に入れて持ち運ぶ事が出来る程小さくなり、場所も取らず重さも軽減されました。

その為、いつでもどこにでも気軽に持って出かける事が出来るようになったのです。

昔は、どの家庭でも必ずあった家の固定回線ですが、今は固定回線を引かずに携帯電話だけで全てを済ませてしまう方も居ます。

それだけ多くの人が、携帯電話を日常的に使用していると言う事が分かるでしょう。

携帯電話と言っても、実は2種類の携帯電話が存在しています。

それは『ガラケー』と呼ばれるものと『スマートフォン』と呼ばれるものです。

これら二つの携帯電話は、通信方法などが違っています。

その為、よりパソコンのようなスキルを求めていった結果多くの方がガラケーからスマートフォンへと移行する形となりました。

スマートフォンを使用する事により、携帯電話の可能性は無限に広がりました。

以前は、携帯電話はあくまでも電話であり、その他の昨日としてはメールやカメラ程度が使われておりそれ以上は特に用途がありませんでした。

ですが、スマートフォンになった事によって、パソコンと同様に多くの昨日を追加出来るようになったんです。

『アプリ』と呼ばれるソフトを使用する事によって、自分の携帯の中をドンドンとカスタマイズしていく事が出来ます。

ゲームを充実させ、まるでゲーム機のようにする事も出来れば、より実用的なアプリを追加して自分好みの携帯を作り出す事も出来るでしょう。

SNSとして話題のTwitterやFacebook・Instagramなどを追加して、多くの人とコミュニケーションを取るのもいいかもしれません。

そんななかで、ダントツの人気を誇るのがLINEです。lineは相手が読むと既読になり、読んでいないとlineは未読のままです。

lineを使用することによって、特定の人とチャットルームを開設する事が出来ます。

それは一対一では無く何十人も参加する事も可能です。

だからこそ、より気軽にコミュニケーションを取る事が出来るアイテムとして、ここ数年で爆発的な人気となっています。

しかし、余りにも人気となったせいでそれによる悪影響も出ています。

学生などの間では、lineが一つのいじめの原因になる場合もあり、使用方法に関しては個人個人がモラルをもって考える事が重要となるでしょう。

未読なままだと不安になる!

lineはとても便利なアプリです。

これを使用する事によって、より気軽に会話を楽しむ事が出来るようになりました。

メールする程でも無い事でも、lineであれば気軽に送る事が出来る場合もあるでしょう。

いちいち多くの人に転送しなくとも、一度に多くの人と連絡を取る事が出来、お互いの返事を随時見る事が出来るという利点もあります。

だからこそ、今の時代にとてもマッチしてよりよい方法を取る事が出来て居るのです。

ですが、物事にはいい面もあれば悪い面もあるのです。

それは、lineでも同じ事です。

とても便利な通信手段ではあるものの、便利過ぎるあまり連絡が取れる事が当たり前のように感じてしまう傾向があります。

昔は、手紙や家にしか電話が無い時代がありました。

その為、相手と連絡を取る事にも時間さがあり約束もしっかりと行っていたように思います。

ですが、携帯電話が普及しいつでも連絡が取れる事が当たり前になりました。

そればかりか、lineを使用する事によって、今相手がメッセージをみたかどうかを確認する事が出来る昨日までついたのです。

lineは、相手がメッセージを開く事によって『既読』という表示になります。

その為、相手から返事が無かったとしても相手がメッセージを見てくれたかどうかを確認する事が出来るようになったのです。

その為、メッセージを送った人は相手が既読になったかどうかを確認するでしょう。

とても便利な機能ではあるものの、それに頼ってしまう事によって相手の行動を詮索してしまう傾向にあります。

さっきまで既読がついていたのにも関わらずいきなり『未読』のまま既読にならなければ『何かあったのか?』『どうしたんだろう』と不安になってしまう物なのです。

「嫌われたんじゃ…」とモヤモヤ


人間同士の付き合いは、難しい部分が多々あります。

自分がどんなに相手の事を気にしていたとしても時に怒らせてしまう事もあるのです。

悪気が無かったとしても、一度壊れた関係性を修復することは難しいのです。

だからこそ、ついつい相手の気持ちが読めないと不安になってまうのです。

もしかしたら相手を怒らせてしまったのかも知れない。

何か悪い事を言ったかもしれない。

ついついそんな風に考えてしまうのです。

また、lineの場合は『未読』のまま、何も反応が無いという事もあるかもしれません。

その場合、相手に何かあったのかもしれないと事故まで考えてしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、lineの未読は人を不安にさせてしまうのでしょう。

なぜ未読になるのか

lineが未読になるという事は、そのままの意味である通り相手がそのメッセージを読んでいないという事になります。

ただし、ただ単純に読んでいないという時もあれば何らかの理由によって読んでいない場合もあります。

だからこそ、多くの方は不安になるのです。

その為、まずlineが未読になる原因についていくつかご紹介させていただきます。

もしかしたら、あなたが全く想像もしていないような理由があるかもしれません。

LINEを見れる状況じゃない

『既読』が付かず、『未読』のままの状態として、もっとも考えられる原因のひとつがそもそもlineを、見ることができる状況では無いという事です。

今の時代、携帯が常に身近にある状態が当たり前となっています。

だからこそ、ついつい直ぐに返事が来る事に慣れてしまっているのです。

ですが、勿論そんな時ばかりではありません。

仕事をしていれば見れない時もあるでしょう。

学生の場合には、授業中は使用禁止のところだってあります。

例え家に居たとしても、見ることが出来ない時だってあるのです。

人はついつい楽な方に慣れてしまいます。

昔はなかなか連絡がつかない事が当たり前だったはずなのに、つい今の便利な状況が当たり前だと感じてしまうのです。

相手には相手の都合があります。

その事を忘れてはいけないのです。

スマホの充電切れ


現在、殆どの方が使用している携帯電話の多くはスマートフォンと呼ばれる種類のものでしょう。

従来の携帯電話に比べて、出来ることが沢山あります。

だからこそ、より自分の好みに合わせて様々な事を体験することができるでしょう。

しかしながら、多くのことが出来るようになった事によって、通信量が膨大な数になってしまいました。

だからこそ、多くのキャリアでは値上げやデータ通信量による規制が行われています。

それと同じように、電池の減りスマートフォンはとても多くなりました。

多くのデータ通信を行えば行うほど、それだけ多くの電池が使用されまうのです。

その為まだ早い時間帯なのにも関わらず、電池が切れてしまう場合もあるあるかもしれません。

電池が切れてしまえばどんなに優秀なスマートフォンも、単なる塊です。

どうする事も出来ません。

その為、人によっては携帯用の電池を持ち歩く方も居るかもしれません。

ですが、全員が全員持っているわけではありません。

勿論無い場合も想像出来るのです。

相手から返事を待っているときは、ついつい急かしたくなる気持ちを持ってしまう事もあるでしょう。

ですが、相手も悪気がある訳では無い場合も多々あります。

最速する事によって、相手に不快な思いをさせてしまう事もあるかもしれません。

そうならないためにも少し余裕をもって行動しましょう。

ブロックしている

lineが未読にならず、不安になる理由の1つに『ブロックされている』という現象があります。

lineには、自分がメッセージを受け取りたく無い相手をブロックする事が出来ます。

そうする事によって、メッセージの受診を止める事が出来るのです。

ですが、ブロックされたかどうかは本人には分かりません。

その為、急に既読が付かなくなってしまうと、『もしかしたらブロックされたのでは無いか』と相手を疑ってしまうのです。

相手からブロックされる事は悲しいことです。

自分が友達だと思っていればいるほど、『なんで?』『どうして?』という疑問が大きくなるなる事も分かります。

ですが、まだメッセージを送信してさほど時間が経っていない場合は焦りは禁物です。

メッセージを送信して、一カ月も二カ月もそのままなので、あればブロックを疑う事もあるかもしれません。

ですが、まだ1日や2日の場合には様子を見てましょう。

たまたまメッセージを見ることが出来なかっただけなのにあなたが急に焦ったり戸惑ったりしメッセージを送ってしまえばそれによって、相手が困る事もあるかもしれません。

かえって、それが面倒だと言われてしまう原因になる事も。

そうならない為にも、様子を見てみましょう。

既読を付けずに読んでいる

lineを見ても返さないことを『既読スルー』と言いかたをします。

一般的に考えれば、例えメッセージを見たとしても直ぐにメッセージを返せない事もあるかもしれません。

後で返そうと思って時間が経ってしまう事だってあるでしょう。

それは、それほど大事にすることではありません。

そんな時もあるでしょう。

しかしながら、今の便利な時代に慣れてしまっている人々の中にはそれが許せない人達も居るのです。

そのせいで既読スルーがいじめの原因となる事だってあるのです。

だからこそ、あえて既読をつけずにメッセージを、読む場合もあります。

既読をつけずにメッセージを読む方法は、正式に利用されているものではありません。

いわゆる、裏技的な方法です。

その為、その存在を知らない人はどうして既読にならないのかと不思議に思ってしまう事もあるかもしれません。

今の世の中はどんどん進化しています。

今直ぐ出来なかったとしても、明日には出来るようになっている事もあるでしょう。

だからこそ、不安に思った事は一度調べて見てもいいかもしれませんね。

返信が面倒くさい

いつの時代も、筆まめな人もいればそうで無い人もいます。

悪気がなかったとしてとついつい返事が遅くなってしまう事もあるかもしれません。

lineでのやり取りも、楽しいと思う人もいれば面倒だと感じる人だって居るのです。

それは、男女の差がある訳ではありません。

一般的に、女性の方が筆まめだと言われては居るものの男性であっても筆まめな人が居るように女性でも、lineがめんどくさいと感じる人だって居るのです。

だからこそ、lineを送る際にも相手の性格を考慮しなければなりません。

自分は楽しいと思っていても、相手には重荷になってしまっている事だってあるのです。

必要な連絡は、勿論するべきですがそれ以外の事は出来る範囲で行って見てはいかがでしょうか。

LINEに気付いていない

人は、いつもいつも携帯を見ている訳ではありません。

人によっては、依存症のように常に自分携帯を持っていないと落ち着かないという事もあるかもしれません。

しかしながら、そうで無い方と沢山いるのです。

家にいる時しか携帯を見ない人もいれば、1、2時間は平気で放置してしまう事だってあるでしょう。

その為、その間既読が付かなかったとしても何らおかしな事では無いのです。

そんな時だってあるでしょう。

それなのにも関わらず、そこを責めれば相手があなたを鬱陶しく感じる事だってあります。

必ずしも誰もがみんなで携帯を直ぐに見る事が出来る訳では無いという認識を忘れてはいけません。

駆け引きをしている

恋は駆け引きの連続です。

それは、lineの使い方でも言える事なのです。

例えば、好きな人から連絡がが来た時、つい嬉しくなって相手のメッセージに直ぐ反応してしまいたくなってしまうものです。

ですが、送った後に直ぐ既読がつけば相手にもそれが直ぐに伝わってしまいます。

待っていたかのようにとらえられてしまうのです。

それではなんだか恥ずかしい部分もあり、相手を調子に乗らせてしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、ついついそうならないように既読が付かないようにしてしまう傾向があるのです。

ですが、駆け引きも程々にしなければなりません。

余りにもやり過ぎると、相手に誤解を与えてしまうケースもあるでしょう。

大人になればなるほど、ついつい恋には臆病にらなってしまうケースもあるでしょう。

ですが、そんな時こそ真正面から勝負する事が大切なのです。

もともと返事が遅い

人にはそれぞれ違った速度があります。

走ることが早い人もいれば、遅い人もいます。

食べる事が早い人もいれば遅い人だって居るのです。

lineもまた同じです。

人はつい、相手に対して自分と同じだけの物を求めてしまう傾向があります。

ですが、それが出来る人も居れば出来ない人だって居るのです。

相手としてはわ普通に返しているつもりでも、あなたにとっては遅いと感じる事だってあるのでしょう。

全ての人を自分と同じペースにする事は不可能です。

時には相手に合わせる事もおぼて行きましょう。

それが出来るようになる事によって、より気軽に生活する事が出来るようになるでしょう。

ポップアップ画面で読んでいる

lineの機能の1つに、ポップアップ機能と言うものがあります。

これは、メッセージがどんな画面でも表示されます。

短い文章であれば、内容も全て確認する事ができるでしょう。

その為既読を付けなくとも、相手のメッセージを読む事が出来るのです。

忙しい時や、既読スルーなどの問題が面倒な方の中にはこの機能を利用している場合もあります。

その為、既読が付かなかったとしても相手にはメッセージが届いている場合もあります。

ですが、ポップアップにしていると自分が席を離れている場合にも携帯に勝手にメッセージが表示されてしまう恐れがあります。

そのせいで読まれたく無いメッセージを読まれてしまう事だってあるかもしれません。

その危険性が心配なのであれば、ポップアップにはしない事をお勧めいたします。

未読の時、もう一回送るメリット・デメリット

色々な理由があるとしても、lineの返信が来なければ多くの方が不安に感じる事でしょう。

ついつい相手の行動が気になり、催促の連絡をしてしまう事もあるかもしれません。

気になり、モヤモヤする事があるのであれば相手に直接聞いてみるのも良いでしょう。

ですが、それをする事によっていい面もあれば悪い面もあるのです。

世の中で起こる事の全ては、良い事もあれば悪い事もありあります。

その点を意識していなければ後になって後悔してしまう事もあるかもしれません。

ついつい一つの事に夢中になると、周りが見えなくなる事もあるかもしれません。

ですが、そんな時こそ冷静な判断が必要となるのです。

焦りは良くありません。

まず、一度状況を冷静に考えて見ましょう。

得に、人間関係は一度間違えると状況がドンドンと悪化してしまう事でしょう。

こんなはずでは無かったと思っても、起きてしまった出来事を変える事は出来ません。

後から後悔しないようにする為にも、落ち着いて行動しましょう。

LINEが来ている事に気付いて貰える

lineの返事が来ない時、もう一度メッセ―ジを送る事による利点もあります。

それは、相手にlineの存在に気が付いて貰う事が出来るという点です。

忙しくしている時や、外出している時などはついうっかりメールを見ていない時もあるかもしれません。

そのせいで、lineに気が付かず長時間放置してしまっている場合もあるでしょう。

そんな時は、もう一度メッセ―ジを送る事によって、相手の意識を携帯に向かせることが出来ます。

この方法は、普段あまり携帯を見ない人に対して行う事によってより効果を発揮します。

携帯電話を携帯して歩かない人も居るので、そういった方々に対して携帯電話の存在を思い出して貰うのです。

うざい・しつこいと思われる

lineの返事が来ない時に、再度メッセ―ジを送る時にいい面もあれば悪い面もあるとご紹介させて頂きました。

悪い面の最も大きな問題は相手からうっとおしいと思われてしまう事でしょう。

既読にならないのは、何か理由があるからなのです。

その理由が何なのかは、人によって違います。

単なる忙しさのせいの人も居れば意識的に既読を付けて居ない場合もあります。

どちらにしても、こちらが見ていないのにも関わらず再度メッセ―ジを送ってくる事に対して『うざい・しつこい』と思われてしまう事もあるでしょう。

人の気持ちは難しい物です。

自分は何も悪い事をしていないと思って居ても、相手に嫌われてしまっている事もあるかもしれません。

そんな時に、無理に連絡を取ろうとすれば相手の気持ちを逆なでしてしまう事になるかもしれません。

そうならない為には、自分の感情だけでは無く相手がどう考えるのかをきちんと考える事も必要でしょう。

少し時間を置く事によって、解決する事が出来る事も沢山あります。

つい自分の気持ちを優先して、既読にならない事ばかりに意識を向けてしまう事もあるかもしれませんが、それよりももっと先の事を考え、時には我慢したりするなどの行動を取る事も必要な事なのかもしれません。

既読にならない時の対処法

lineを送ったのにも関わらず、既読にならなければどうしたって気になります。

ついつい相手の気持ちを詮索してしまったり、何かあったのでは無いかと心配になる事もあるでしょう。

ですが、それによって催促のlineをしてしまえば関係をより悪化させてしまう事に繋がる事もあるかもしれません。

その為、連絡したい気持ちをぐっとこらえ、我慢する事も必要です。

我慢する事によって、関係をより良い物に改善する事が出来る可能性もあるからです。

ですが、相手に催促のlineをする事は我慢するとしてもどうしても落ち着かずソワソワしてしまう事もあるでしょう。

lineをしては行けないと意識すればするほどそちらにばかり気持ちが向いてしまいなんとも落ち着かなくなってしまいます。

昔は、連絡がつかない事が当たり前でありそんな時間もまた楽しむ事が出来ていました。

しかし、今ではすぐに連絡を取る事が出来るのが当たり前の世界になってしまって居るのです。

その為、その時間をどう過ごしたら良いのか分からなくなってしまう人も多々居ます。

そこでここからは、lineが既読にならない時の過ごしかたについてご紹介させて頂きます。

とにかく冷静に相手の行動を待つ為にも、よりよい時間の潰し方を意識して見ましょう。

スマホを遠ざける

携帯電話が近くにあるだけで、その存在が気になる物です。

相手が既読を付けたかどうか逐一チェックしたくなってしまうでしょう。

それによって、既読がついて居なければ催促のメールを送りたくなる気持ちも分かります。

だからこそ、そうならないようにする為に、携帯電話を遠くの場所に置くのです。

目の前から離れる事によって、他の物に意識を向けることが出来ます。

そうする事によって、lineに向けた気持ちを少し分散させることが出来るようになるかもしれません。

趣味や仕事等に集中する

lineの返信を待つ時間は、とても無駄な時間です。

ですが、ついつい気になってしまい意識をそこに向けてしまう事もあるでしょう。

だからこそ、自分の意識を他に向ける努力をする事が大切なのです。

意識を他に向けることが出来るのであれば、内容はなんだって構いません。

趣味や仕事など自分が一番集中出来る物に向けて行えば良いのです。

人によっては本を読む事もあれば、テレにを見る事だってあるでしょう。

lineの事を忘れる事が出来るの出れば何だって良いのです。

lineの事ばかり考えていても、どうする事も出来ません。

相手がメッセ―ジを呼んでくれない限りこちらとしてはどうする事も出来ないからです。

メッセ―ジを読まない理由は様々なです。

意識的に読まないことだってあるかもしれません。

ですが、そこを考えた所でこちらからどうする事も出来ないのです。

なのであれば、自分の気持ちを切り替えて他の事に集中してみましょう。

そうする事によって意外と簡単に時間を消費し気が付いたら返事が来ているなんて事もあるかもしれません。

既読にならない理由を考えるのをやめる

先ほども説明させて頂いた通り、既読にならない事に関してはいくつかの理由を考える事が出来ます。

忙しくするあまり、携帯を見る暇が無い人も居れば意識的に既読を付けない事もあるかもしれません。

人によっては、メッセ―ジを読んでいるのにも関わらず既読を付けていないという特殊な方法を使っていることだって考えられるでしょう。

それらの理由は、メッセ―ジを送った相手にしか分からない事です。

その為、こちらがいくら詮索した所で本当の気持ちを知る事は出来ません。

だからこそ、考えても
答えが出ません。

その為、無駄だと言えるでしょう。

相手の気持ちを知る為にも、相手の考えを想像し自分の考えを改めたりお互いの考えを擦り合わせる事は大切な事です。

そうする事によって、よりお互いに分かりあう事が出来るようになる事でしょう。

しかしながら、lineに関してはそうはいきません。

余りにもしつこく連絡を取ろうとすればするほど、相手からうっとおしいと思われてしまう可能性もあるからです。

そうならない為にも、イチイチ理由を考えない事も大事な事です。

考えてもどうにもならない事に、時間を使う事は無駄だと言う事です。

少々乱暴な考え方かもしれませんが、実はお互いに負担にならないようにする為にはこれが最も適した方法なのです。

既読マークを気にし過ぎない

既読マークがある事によって、ついつい『どうして返事をくれないんだろう』と心配になってしまいます。

色々な理由を詮索して、気持ちが落ち込む事もあるでしょう。

ですが、以前主流だったメールには既読などという機能はありませんでした。

その為、相手から返事が来なければもう一度送ってみると言う事は当たり前の事でした。

だからこそ、『既読』というメッセ―ジにあまり意識を向ける必要は無いのかもしれません。

勿論、相手の気持ちを考える意味でも既読の存在を意識する事は悪い事ではありません。

ですが、それによってあなた自身が振り回されてしまうのであれば、それは決して良い事とは言えないでしょう。

自分の気持ちが振り回されると分っているの出れば既読マークを気にせずに過ごしてみてはいかがでしょうか。

相手はさほど意識せずに、見ていないだけなのかもしれません。

もしブロックされていたとしても、こちらからは解除する事は出来ずどうする事も出来ないのです。

どうする事も出来ない事を、考えるのは止めにしましょう。

既読に囚われ過ぎない事が重要

lineはとても便利な物です。

今後も、多くの方が長年に渡って使用し続ける、通信ツールになる事でしょう。

ですが、便利な物には必ず難点があります。

それはlineもまた同じ事です。

lineがある事によって、いつでも気軽に連絡を取る事が出来るようになりました。

相手がメッセ―ジを呼んだかどうかも確認する事が出来るようになったので、相手の状況を垣間見る事も出来るようになったと言えるでしょう。

ですが、余りにも便利になったからこそ連絡が付かない事にとても大きな不安を感じるようになってしまいました。

自分が送ったメッセ―ジに対して既読が付かなければ『ブロックされたのかもしれない』『嫌われたのかもしれない』『事故にでもあったのではないか』と様々な心配事が、頭の中で大きくなってしまう事でしょう。

勿論、それらの可能性はゼロではありません。

もしかしたら、本当にそうなのかもしれません。

ですが、そうでない可能性もあるのです。

今、相手がどんな状況に居るのかは離れている位置では確認する事が出来ません。

自分の中で、何かあったと思い大騒ぎをしたとしても相手からすれば全く意味が分からない事もあるでしょう。

そうならない為にも、今のいつでも連絡がつく状況は特殊な状況なんだと言う事を忘れないようにしてください。

lineの普及によって、メッセ―ジがくればすぐに返信しなければ行けないという暗黙のルールのようなものが出来つつあります。

そのせいで『既読スルー』などという言葉も出来、大きな社会問題となって居ます。

ですが、携帯電話はあくまでも携帯電話です。

自分の生活を犠牲にしてまで使うものではありません。

その為、その存在に意識を向けすぎては行けません。

例え、相手がすぐに既読を付けてくれなかったとしても気にしない鈍感力を身に付けましょう。

そうする事によって、lineという一つのツールによって上がったり下がったりする気持ちをコントロールする事が出来るようになるからです。

便利な物は、使い方によってはとても大変な存在になってしまう場合もあります。

存在に振り回されないようにする為にも、しっかりと向き合う事が大切でしょう。