CoCoSiA(ココシア)

頭の悪い人がやりがちな26個のミスややらかし事件。こんなに頭が良い人と違うとは!


世の中の人間は種々雑多。

スタイルのいい人もいればそうじゃない人もいる。

顔のいい人もいればそうじゃない人もいますね。

まあ、外見はちょっと見るだけで相手のレベルが一目瞭然なので問題ないのですが、頭がいい悪いとなるとパッと見の判断では全くつかないので厄介なのです。

ハッキリ言って世の中を渡っていくためにはスタイルや顔ではなく頭の中の良さ加減が大きなウエイトを占めることは誰の目からも明らかでしょう。

今回はそんな頭の悪い人について考えてみたいと思います。

ただ、この問題は決して知能や学力テストの問題ではありませんので、そこのところは注意してみていく事に致しますね。

️頭の悪い人はミスが多い

世間一般の目でみた「頭の悪さ」というのは一体どういうものなのでしょうか?

別に深く考えることもないですね。

答えは簡単です。

一度、注意されたことを何度も同じ内容でミスしたり失敗できる人の事です。

つまり一度言われた事と同じ事を平気で何度でもミス出来る人。

これが俗に言う「頭の悪い人」という定義づけで考えていいのだと思います。

事実、いくら学歴が素晴らしくても初歩的なミスを何度も繰り返す人は案外、たくさんいます。

そういった人は周囲の人から「頭が悪いなあ」と言うように思われているのかもしれないのです。

いつもイライラさせられる…


また頭の悪い人というのは周囲の人の事を全く気にかけていません。

よって周りの人をいつもイライラさせるのが当たり前のようになっています。

またその事について注意されたりすると、いかにも分かったような顔つきでもう二度と同じ過ちはしません、というような態度を取ってくれるのですが、やはり同じ事を繰り返します。

要するに学力テストの成績が良い悪いで人の頭の良さを判断できない、という事になってくるわけですね。

️頭の悪い人がやりがちな26個のミスややらかし事件

それではここからは、頭の悪い人がやりがちなミスややらかし事件について紹介してく事に致しましょう。

あなたの周囲でもこれと同じようなミスややらかしをやっている人、いるかもしれませんね。

全部で26個の紹介になりなす。

日程間違い

頭の悪い人がやりがちなミスややらかし事件の最初の1つ目は「日程間違い」です。

仕事においても日常生活においても、予定や約束の日時というのは間違えてはいけません。

それはその用事や仕事などが自分一人だけの責任範疇ではなく少なくとも最低1人の他者を巻き込む可能性があるからです。

つまり大切な日程を間違えてしまったら、仕事上の付き合いには重大な支障を来す恐れが出てくるという事になるからです。

そしてその支障はあなた個人の問題だけでは片付きません。

あなたが所属する組織にまで多大なる被害を与える可能性が出るからなのです。

家庭においても大切な行事や約束の日程を度々忘れるようでは、夫婦間の絆にヒビが入らないとも言い切れません。

それほど日程間違いというのは何度もやってしまったら深刻な問題にまで発展しかねない危険性をはらむのです。

頭の良い人ならば重要な約束の日程なら手帳や携帯のスケジュール機能を使って管理するでしょう。

こういった工夫次第で日程を間違えるというミスはなくなるはずだと思いますよ。

名前間違い


頭の悪い人がやりがちなミスややらかし事件の2つ目は「名前間違い」です。

人の名前というのは人間同士が付き合っていく上で非常に重要な意味を持っています。

それはどんな人でも自分の名前に誇りとプライドを持っているからです。

名は体を表す、というくらいその名前の通りの生き様を私たちは行ってきているのです。

だから自分の名前を間違って呼ばれたりしたら、大抵の人間は不快感を覚えます。

勿論、初対面の時や久しぶりに会った人、というシーンならば記憶違いや完全にど忘れしていたり、で正確に相手の名前を呼べない時もあるでしょう。

だから聞き直しは使えるのですが、使えても1回までです。

同じ相手に2度以上、名前を聞き直したらあなたは間違いなく失礼な奴、というレッテルを貼られ、やがてそのレッテルはあなたの事を頭の悪い奴、という風に切り替えていくでしょう。

とにかく人の名前は間違えてはいけません。

初対面の時に真剣に覚えましょう。

頭で記憶出来ないのならメモをして何度も復唱してでも覚えましょう。

また名前間違いは相手の苗字だけでなく相手の所有する車などの見え張り品についても同じ事が言えます。