冷やご飯を使って、美味しい夜食って作れないかな・・・。

夜お腹が減ったけど、あるのは冷やご飯。

冷やご飯をチンするだけじゃ味気ないし、「どうにかして美味しく食べたい」と考えているそこのあなた!
冷やご飯でも満足できる、絶品レシピはたくさんあるんです。

今回は、夜食に悩むあなたのために、『冷やご飯を使った、夜食にオススメの美味しいレシピ』を集めました。

簡単に出来るものから、ちょっと手をかけるものまで、どれも夜食に満足できるメニューばかりです。

今日の夜食にいかがですか?

️夜食に美味しいものを食べたい!

夜「お腹が減ったな~」と思うことって、よくありますよね。

我慢した方がいいかなと思いつつ、一度「何か食べたい」と思ってしまったら、もう我慢できません。

お腹を満たすだけじゃなく、気持ちも満足できる美味しいものが食べたくなります。

夜ご飯を食べたのなら、本当は食べなくても大丈夫なはずです。

でも何か食べたくなる。

それは、心が満たされていないからだったりするんですよね。

疲れやストレスが溜まっていると、何かを食べて気持ちを満たしたくなるのです。

そういう時は、ちょっとつまむ程度じゃ満足出来るはずもありません。

思い切って満腹感と満足感を得られる夜食を食べて、幸せに浸るのが一番です。

でも「冷蔵庫の中に何もない・・・」となるとガッカリ。

美味しいものが食べたいのに! という欲求はどんどん高まってしまいます。

そんな時のお助けアイテムとなるのが、余りがちな冷やご飯を使ったレシピです。

簡単に作れるレシピもたくさんあって、余り食材や調味料だけでも絶品メニューになります。

満足感を得たい時は、やっぱり炭水化物ですよね。

というわけで今回は、覚えていて損はない! 冷やご飯を使った絶品レシピをご紹介します。

️夜食におすすめ!冷やご飯を使った絶品レシピ13選


冷やご飯があれば、作れるメニューはたくさんあります。

夜食に困った時にも、きっとあなたを満足させてくれるはず! 簡単に作れるスピードメニューも多いので、「今すぐ食べたい!」という願いも叶えてくれます。

ぜひ、あなたの夜食メニューのレパートリーに加えて下さいね♪

雑炊

冷やご飯を使って作る夜食には、雑炊がおすすめです!
雑炊は、冷やご飯を使えば簡単に作れるし、ヘルシーなのも嬉しいポイントです。

夜食は夜寝る前の、小腹を満たす目的で食べるものですよね。

ですから、カロリーは控えめのほうがいいでしょう。

さらに雑炊は、消化が良いという点でも夜食向き。

飲んで帰ってきたときの夜食としてもぴったりです。

身体の負担にならずに、小腹だけ満たせますよ!

実は雑炊は、冷やご飯を使えばレンジで作れちゃいます。

少量だけ食べたい人は、マグカップで作ったりもしているそうです。

もちろんお鍋で作ってもいいですが、手軽なレンジを活用しない手はありませんね。

というわけで、レンジでできる冷やご飯雑炊のレシピをご紹介いたします。

『マグカップで一人分!卵雑炊』
【材料】
・冷やご飯 1/3膳
・卵 1個
・乾燥わかめ 一つまみ
・ほんだし 小さじ2/1
・しょうゆ 4~5滴

【作り方】
1.キャベツは千切り。

耐熱容器に入れてラップをかけ、レンジで50秒ほど加熱。

2.マグカップに冷やご飯を入れ、ほんだし投入。

キャベツも乗せます。

3.お湯を注いでしょう油も入れて、卵を溶き入れます。

4.卵は混ぜずに、レンジで1~2分!最後に軽くかき混ぜたら完成です。

※ほんだしを中華用のダシに変えれば、中華雑炊になります。

その時は、ごま油を軽くまわしかけると風味がアップ!あれば小ねぎをのせると彩りも完璧です。

手軽に作れて、ほっこり温まる優しい卵雑炊。

常備食材で作れるので、急に「食べたい!」となった時のお助けアイテムにもなりますね。

ぜひ、夜食のレパートリーに加えてください!

焼きおにぎり


冷やご飯で作る夜食に、焼きおにぎりはいかがでしょうか?
手早くチャチャッと作れるのに、香ばしい香りで満足感もたっぷりです! 材料は、まさに冷やご飯のみ。

調味料で味をつけるだけなので、とにかく「冷やご飯しかない!!」というときに便利です。

炭水化物なので食べ過ぎに気をつけたいですが、止まらなくなってしまうかも!?

というわけで、冷やご飯で作れる焼きおにぎりのレシピをご紹介します。

『フライパンで簡単!冷やご飯の焼きおにぎり】
【材料】おにぎり2個分
・冷やご飯 2膳
・めんつゆ 小さじ1
・しょう油 大さじ1
・ごま油 少々

【作り方】
1.冷やご飯にめんつゆをかけ、ご飯全体に味をなじませます。

2.型崩れしないようにギュッと固めに、おにぎりのカタチに整えて・・・
3.フライパンを熱してごま油をひき、両面と側面を焦げ目が付くように焼きましょう。

4.さらに、しょう油をハケやスプーンの背を使って塗り、焼きます。

両面カリッと、香ばしい香りがたちこめてきたら完成です!

※焼きおにぎりのレシピは、他にも沢山公開されています! タレをマヨしょう油にしてみたりと、それぞれオリジナル焼きおにぎりを作っています。

ピリ辛が好きな人は、コチュジャンなんかもいいかもしれませんね♪

冷やご飯と調味料だけで満足の一品になる、焼きおにぎり。

ぜひ、自分なりのレシピで夜食に作ってみて下さい♡

ポタージュ

冷やご飯を使ったポタージュも、密かに人気を集めている夜食メニューです。

ポタージュにごはん? と思った人も多いかもしれませんが、簡易リゾットだと思えば、納得できるのではないでしょうか。

作っている人も沢山いて、夜食に関わらず冷やご飯入りポタージュを料理のレパートリーに加えている人もいるようです。

ポタージュに冷やご飯を入れることで、トロミを出す効果もあり、腹持ちも良くなります。

当然夜食メニューとしても、ポタージュのほっこり優しい甘みと、お腹にたまる満足感はもってこい! 寒い夜には、心も身体も温めてくれるメニューになりそうですね。

それでは、冷やご飯を使ったポタージュのレシピをご紹介しましょう。

『冷やご飯とポタージュで♡リゾット風』
【材料】1人前
・冷やご飯 半膳
・粉末ポタージュスープの素 1袋
・粉チーズ 適量
・ブラックペッパー 適量

【作り方】
1.マグカップなどの耐熱容器にご飯を入れて、ポタージュスープの素も入れちゃいます。

2.お湯を注いでかき混ぜて、お好みで粉チーズやブラックペッパーをトッピング!
3.レンジで約3分! ポタージュリゾットの完成です。

※お湯ではなく牛乳にすると、より濃厚でクリーミーな味わいが楽しめます。

あればとろけるチーズもいいかもしれませんね♪

雑炊やリゾット系のメニューは、冷やご飯が水分を吸うので、かさましにもなります。

ですから、量を控えたい夜食メニューに、ポタージュのリゾットは最適!
ポタージュスープの素と、冷やご飯があるのなら、夜食はリゾットに決定ですね♡

煎餅

冷やご飯を使った夜食メニューに、煎餅もおすすめです。

バリバリとした歯ごたえが、「食べた!」という満足感を満たしてくれる煎餅は、小腹が減って我慢できない夜食にもぴったり。

おつまみにもいいですよ♡

冷やご飯で煎餅? と疑問に思う方もいるかもしれませんが、お煎餅はお米が原料となっているものも多いんです。

最近では材料に、小麦が使われているものも多いそうですが、米菓といわれるおかきやあられ、焼き煎餅などは、もち米やうるち米が使われています。

日本ならではの昔ながらのおやつですね。

そんなお米で作るお煎餅は、冷やご飯でも代用ができるんです。

市販されているものとはちょっと違う仕上がりになりますが、手作りならではの不揃い感や独特の食感が楽しめますよ。

冷やご飯で作る煎餅も、それぞれのアレンジで楽しんでいる方がたくさんいます!
ここではレンジを使って簡単にできる、冷やご飯の煎餅レシピをご紹介します。

『レンジでパリッと!冷やご飯煎餅』
【材料】
・冷やご飯 お好みの量
・しょう油 風味づけ程度に

【作り方】
1.しょう油をよく混ぜた冷やご飯を、クッキングペーパーに挟んで麺棒などで平たく押し伸ばします。

麺棒がなければ手で押し広げましょう。

2.上のクッキングペーパーを剥がして、レンジで約3分。

裏返して2分程。

3.さらに様子を見ながら、焦げがつきパリッとなるまで30秒ずつ加熱します。

4.出来上がったら、包丁や手で食べやすい大きさに割って完成です!

※しょう油以外にふりかけを混ぜてみたり、チーズを加えてみたりと、アレンジも無限大!

「焼きおにぎりは作り飽きたな~」という人の、新たなレパートリーとしていかがでしょうか? レンジで簡単に出来るし、ノンオイルなのも夜食には嬉しいところです。

余りご飯活用レシピとしても、覚えておいて損はありません!

リゾット

冷やご飯を使った夜食メニューで、リゾットは王道と言ってもいいでしょう。

雑炊かリゾットかと、人気を2分するアイテムですよね。

先程はポタージュスープを使ったリゾットをご紹介しましたが、もう少し本格的に作りたいという方は、お鍋でコトコト煮込んで作るリゾットがおすすめです。

彼や旦那様に夜食をねだられた時にも、作った感があって喜んでもらえるかもしれません。

とはいっても、冷やご飯を使ったリゾットは難しくありません。

調理器具がレンジか鍋かの違いです。

あとは、少し材料にこだわるくらい! 絶品のリゾットができちゃいますよ♡

冷やご飯を使ったリゾットのレシピも、たくさんの方が公開しています。

その中でもここでは、簡単に作れるチーズリゾットをご紹介します。

『たっぷりチーズでリッチ♡冷やご飯のチーズリゾット』
【材料】
・冷やご飯 1膳
・牛乳 200cc
・玉ねぎ 4/1個
・ベーコン 1枚
・バター 小さじ1/2
・コンソメキューブ 1粒
・とろけるチーズ 50g
・塩こしょう 適量

【作り方】
1.玉ねぎはみじん切り、ベーコンも程よくカットしておきましょう。

2.鍋にバターを溶かし、玉ねぎとベーコンを炒めます。

3.玉ねぎが透き通ってきたら、牛乳とコンソメを加えて煮立たせます。

吹きこぼれないように注意しましょう。

4.コンソメが溶けたら温めたご飯をいれて、2~3分混ぜます。

5.そこにチーズを投入!トロッと溶けてきたら、塩こしょうで味を整えて完成です。

お好みで、ブラックペッパーや粉チーズを加えてみてください。

※牛乳ではなくトマト缶で煮込めば、トマトリゾットが作れます。

材料を少しずつ変えてみたりと、アレンジすればオリジナルレシピが楽しめますよ!

冷やご飯を使った夜食メニューとして、リゾットは押えておきたいアイテムです。

ストックしてある材料や、あまった材料を活用できるお手軽リゾットなので、いざという時に重宝します。

さっぱり雑炊よりもコックリリゾットの満足感が欲しい! という夜に、ぜひ作ってみてくださいね!

スンドゥブ

冷やご飯を使った夜食には、スンドゥブもおすすめです!

特に辛いもの好きな人には、たまらない夜食となるでしょう。

夜食にしてはちょっとパンチがありますが、もうひと頑張りしたい時などにはもってこいです。

身体が冷えてしまって温まりたい時にもいいですね!
スンドゥブの素があれば、手間なしであっという間にできますが、意外にも冷蔵庫の余った野菜でも作れます。

ちょっと手間はかかっても、ちゃんと手をかけた具だくさんの夜食も、満足感が高いものです。

というわけでここでは、冷やご飯で作るスンドゥブ風の中華雑炊のレシピをご紹介します。

『キムチの辛さが美味しい!スンドゥブ風雑炊』
【材料】1人分
・冷やご飯 1膳
・キムチ 50g
・ネギ 10cm
・豆腐 半丁
・豚肉 20g
・卵1個
・中華スープの素 大さじ1/2
・塩こしょう 適量
・ごま油 適量

【作り方】
1.ネギを斜め薄切りに、豚肉は食べやすい大きさにカット。

2.鍋に水250ccと温めた冷やご飯・ネギ・豚肉・キムチ・中華スープの素をいれて火にかけます。

3.塩こしょうで味を整えたら、豆腐を崩し入れ、さらに卵を割り入れて煮込みます。

4.最後に風味づけのごま油を回しかけて完成です!

※具材は冷蔵庫のあまり食材でOKです。

お好みの食材でお楽しみください。

とはいえ最低でも、キムチと豚肉は必要ですね。

ピリ辛のスンドゥブは、夜食としては味は濃いかもしれません。

でも、材料をみれば、意外とヘルシーなことが分かりますよね。

味がしっかりとしているわりにヘルシーなスンドゥブは、夜食としても優秀なのでは?

お茶漬け

冷やご飯と夜食。

このキーワードで誰もが思い浮かぶのが、お茶漬けですね!
日本の夜食の定番メニューです。

お茶漬けは、なんといってもサラッといけちゃう、喉越しの良さが魅力です。

日本人の舌に馴染む、ホッする味わいなのも、お茶漬けの良いところ。

夜食に食べるメニューとして、お茶漬けのサッパリ感に叶うものはないのでは?飲んで帰ってきた旦那様にも、うれしい夜食メニューですよね。

お茶漬けふりかけを使えば、簡単なスピード夜食としてもナンバー1です。

「今すぐ食べたい!」という欲求を、あっという間に満たしてくれます。

暑い日は冷やし茶漬け、寒い日は温かいお茶漬けと、いつでも美味しく味わえる万能夜食です!

ここでは常備食材で簡単に作れる、梅茶漬けのレシピをご紹介します!

『塩こんぶと梅のテッパンコラボ!冷やご飯で梅茶漬け』
【材料】
・冷やご飯 1膳
・梅干し 2個
・塩こんぶ 10g
・白ごま 適量

【作り方】
1.お茶碗に冷やご飯を盛って、塩こんぶと梅干をトッピング。

2.白ごまを振りかけたら、お湯を注いで出来上がり!

※梅干しも塩こんぶも白ごまも、ご家庭の常備食材ですよね!とにかくあっという間に出来ちゃう、日本人好みの味です。

塩こんぶがダシとなり、梅のクエン酸効果は疲れた身体にも優しい♡

お茶漬けは、メニューも豊富! 鮭の瓶詰めでもあれば、簡単に鮭茶漬けができちゃいます。

味わい深い、ダシ茶漬けもいいですよね。

冷蔵庫を覗いてみれば、今すぐお茶漬けが作れるのでは?

卵かけご飯

冷やご飯を使って、今すぐ夜食を食べたいなら、卵かけご飯がおすすめです。

卵をかけるだけの、作る手間も無い卵かけごはんは、スピード感でいったらナンバー1。

栄養満点だし、何より美味しいですよね! 日本のソウルフードのひとつです。

最近だと、卵かけご飯用のお醤油が販売されていたりと、より美味しく味わえるようなアイテムもたくさんあるんですよね。

それに、卵かけご飯は相性の良いトッピングも豊富で、いろんなレシピを試せるのも嬉しいところです。

筆者は卵と納豆を混ぜ合わせるのが大好きですが、みなさんは?

因みに、納豆に卵を混ぜる時は、黄身だけのほうがいいそうです。

卵の白身には「アビシン」というたんぱく質が含まれていて、納豆や卵黄に含まれる「ビオチン」というビタミンとくっついて、身体への吸収の妨げになってしまうのだとか。

女性の方は特に、せっかくのビオチンは摂っておきたいところですよね。

これ、先日テレビでベッキーさんが話していました。

納豆を食べるという時点で意外でしたが、卵黄だけを混ぜるという点では「美容の知識がさすがだな~」と思ってしまいましたね。

話しは脱線しましたが・・・ここでは、専用しょう油を使わなくても自宅で美味しくできる、卵かけご飯のレシピをご紹介します!

『混ぜるだけ!温めるだけ!たまごかけ冷やご飯』
【材料】
・冷やご飯 1膳
・たまご 1個
・めんつゆ 大さじ2
・鰹節 お好みで
・天かす お好みで
・青のり お好みで

【作り方】
1.冷やご飯を温めて、材料を乗せて、めんつゆをかけて完成です!

※卵かけご飯に鰹節は、みんながやってるレシピです! 他にも、白ごまやのりをトッピングしても美味しいのだとか。

あるもの全部乗せちゃえば、栄養満点の夜食になりますね。

冷やご飯を使って卵かけごはんを作る場合、ご飯はレンジで軽くチンするのがポイントです。

卵が固まらない程度の温かさで!
あとはお好みの材料を乗せてしまえば、手間なしで今すぐ食べられます。

冷やご飯と卵があったら、夜食は卵かけごはんですね♪

ねこまんま

冷やご飯を使った夜食に、ねこまんまもオススメです!

簡単だし美味しいし、自分好みでアレンジも可能なねこまんまは、夜食にしても満足な一品になりますよ。

ちなみにねこまんまって、皆さんはどんなイメージがありますか? 筆者は小さいころ近所のおばちゃんが飼い猫にあげてた、ご飯に鰹節と、余ったおかずなんかを乗っけて作った猫まんまを思い出します。

時には味噌汁をぶっかけたりもしていましたね。

今じゃ、猫にはキャットフード以外考えられないけど、ねこまんまが定番の時代もあったんですよね。

そんなねこまんまが、今は人間の食べ物に(笑)でも、結局のことろ美味しいからなんですよね♪

そして、このねこまんま、どうやら関東と関西で作り方が違うそうです。

関東は鰹節・関西は味噌汁なんですって! 筆者はどっちも見てたけど、地域によって違うんですね。

味噌汁を入れるのも確かに美味しいと思うけど、ここでは味噌汁がなくても出来る、鰹節のねこまんまをご紹介したいと思います。

『鰹節のダシと香りが食欲そそる!冷やご飯のねこまんま』
【材料】
・冷やご飯 1膳
・鰹節 1/2パック
・しょう油 小さじ2
・お好みのトッピング

【作り方】
1.ボールなどに鰹節とトッピング、しょう油を入れて混ぜ、チンした冷やご飯と混ぜて完成!

※ねこまんまのトッピングは無限大! ネギ・みょうがなどの薬味で、好みの味を作っている人が多いです。

あれば、しらすも相性がいいそうですよ♪ また、おしょう油をダシしょう油にしても美味しいです。

ぶっかけご飯なイメージのあるねこまんまですが、人間用にきれいに盛り付けすれば、食欲をそそる一品に。

味も間違いありません! 中には、鰹のたたきを乗せた、贅沢なねこまんまを作っている人もいます。

そうなれば、もはや簡易メニューではありませんね。

皆さんも、自分なりのねこまんまを作ってみて下さい!

チャーハン

冷やご飯を使った夜食には、チャーハンもいいですよね!

夜食が食べたい時って、「食べた!」という満足感が欲しかったりもします。

軽い食事じゃ満足出来ない時は、いっそのことガッツリ食べちゃった方が良いですよね。

そんな時のメニューとして、冷やご飯で作れるチャーハンは外せません。

食べ過ぎには注意だけど、毎晩じゃなければいいですよね♪ 徹夜で頑張る受験生の夜食にも、喜ばれるのではないでしょうか。

というわけでここでは、冷やご飯で作れるチャーハンのレシピをご紹介します!

『パラッパラで絶品!冷やご飯で作るチャーハン』
【材料】1人分
・冷やご飯 1膳強
・たまご 1個
・にんにくチューブ 0.5cm
・生姜チューブ 0.5cm
・粉末中華スープの素適量
・しょう油適量
・ネギ 適量
・ウィンナーやベーコン、チャーシュー 適量
・こしょう 適量
・ごま油 適量

【作り方】
1.長ネギはみじん切り、ウィンナーなどのお肉素材を食べやすい大きさにカット。

2.卵を溶いて、軽く温めた冷やご飯と混ぜます。

3.フライパンでごま油を温めて、ウィンナーとネギ、生姜・にんにくを入れて炒めます。

4.卵と混ぜた冷やご飯も投入して、火力強めでフライパンをふってパラパラに!
5.中華スープの素をふり入れてさらに混ぜて、しょう油を鍋肌から回し入れましょう。

6.最後にこしょうで味を整えて完成です。

※冷やご飯と卵を事前に絡ませておくことで、パラパラチャーハンが簡単に作れます!具材はあるものをお好みでどうぞ。

冷やご飯と卵があれば、具無しの卵チャーハンもアリです。

満腹になれる夜食メニューも、レパートリーに加えてくださいね!

ガーリックライス

冷やご飯を炒めて作るメニューには、ガーリックライスもあります!

ガッツリ系夜食メニューとして、チャーハンに負けず劣らず人気のガーリックライス。

スタミナ抜群で満足度も高いので、夜はまだまだこれから! という時に、嬉しいアイテムです。

徹夜の勉強も仕事も、これでもうひと頑張り出来ちゃいますよ♪
ガーリックライスは、チャーハンを作りたいけど卵が無い・・・という時におすすめです。

要領はチャーハンと変わらないので、材料が少ない時のお助けメニューにもなります。

ではここで、冷やご飯で作れるガーリックライスのレシピをご紹介します。

『スタミナ抜群!冷やご飯でガーリックライス』
【材料】
・冷やご飯 1膳
・にんにく 1かけ
・バター 10g
・しょう油 適量
・塩こしょう 適量
・パセリのみじん切り 適量

【作り方】
1.にんにくをみじん切りに!
2.フライパンでバターを溶かし、にんにくを投入!焦げやすいので弱火で。

3.にんにくの香りが立ってきたら、冷やご飯を入れて火を強めて炒めます。

4.ご飯がパラパラになったら、鍋肌からしょう油を回し入れて炒め完成です!

※ガーリックライスを作るなら、にんにくはチューブではないほうがオススメです。

みじん切りにしたにんにくは、香りも立って香ばしく、食欲をそそりますよ! パセリがあるほうが、彩りもきれいです。

冷やご飯で作れるガーリックライスは、何もない時に便利なメニュー! にんにくのストックがあるご家庭は多いと思うので、ぜひ夜食に作ってみて下さいね。

ライスグラタン

冷やご飯を使って作るライスグラタンも、夜食におすすめです。

夜食には、簡単なスピードメニューもいいけれど、遅い時間に手をかけて作るメニューも贅沢ですよね!手をかけると言っても、ライスグラタンはそんなに難しくありません。

グラタンの定番マカロニを冷やご飯にすることで、マカロニを茹でる時間が省けます。

フライパンひとつで作れちゃうわりに、満足度の高い料理が出来上がりますよ。

寒い日の夜食にこっそり♡心もお腹も温めてくれます!

ここでは、冷やご飯で作れるライスグラタンのレシピをご紹介いたします。

『意外と簡単!だけど絶品!冷やご飯で作るライスグラタン』
【材料】3人分
・冷やご飯 3膳
・ベーコンスライス 2枚
・玉ねぎ 1/2個
・にんじん 1/3本
・キャベツ 2枚
・バター 大さじ2
・小麦粉 大さじ2
・牛乳 400cc
・塩こしょう 適量
・とろけるチーズ

【作り方】
1.材料をお好みの大きさにカットします。

2.フライパンにバターを溶かし、玉ねぎとにんじんを炒め、玉ねぎが透き通ってきたらベーコンを加えます。

さらにキャベツも入れて炒めましょう。

3.材料がしんなりとしたら小麦粉をふり入れ、全体に満遍なく馴染ませます。

4.牛乳を少しずつ入れながら混ぜていくと、ホワイトソースが出来上がります。

仕上げに塩こしょうで味を整えましょう。

5.グラタン皿に冷やご飯を敷いて、作ったソースをかけ、とろけるチーズをタップリ! あとはオーブンで焼き上げて完成です。

※パセリがあると、彩りがアップします!具材はお好みで作ってみて下さいね♪ 難しいイメージがあるホワイトソースも、具材と一緒に混ぜていくことで失敗がありません。

「作った!」と胸を張れるライスグラタンは、夜食に作れば褒められメニューになるのでは? 大満足間違いなしの、贅沢夜食をどうぞ♡

納豆丼

冷やご飯を使った夜食には、納豆丼もいいのでは?

栄養も豊富な納豆は、どんぶり飯にすればもっと豪華に変身します。

アレンジも自由自在で、意外な組み合わせに驚くこともある納豆。

夜食として食べるにも、健康的でいいですよね!組合せにもよりますが、簡単でヘルシーなメニューになるので、カロリーがきになる人にもおすすめです。

冷やご飯も、レンジでチンすれば普通のごはん。

炊き立てじゃなくても、納豆の粘り気が手伝って、ツルッと美味しくいけちゃいますよ。

ここでは間違いなく美味しくて、栄養も満点の納豆丼レシピをご紹介します。

『満腹で満足!冷やご飯を使って納豆丼』
【材料】1人分
・冷やご飯 1膳
・キムチ お好みで
・納豆 1パック
・刻み海苔 お好みで
・刻みネギ お好みで
・ごま油 適量
・しょう油 適量
・生姜チューブ 適量

【作り方】
1.ボウルにキムチとネギ、調味料を入れて混ぜます。

さらにフワフワに混ぜた納豆を加えて絡めましょう。

2.冷やご飯はレンジでチン! 混ぜ合わせた納豆をかけて、刻み海苔を乗せて完成です!

※納豆は別で混ぜたほうが、フワフワになりますよ! フワフワになっていた方が、調味料ともよく味が馴染みます。

冷蔵庫に常備してある納豆があれば、簡単に納豆丼ができちゃいます。

卵やトロロも相性が良いので、自分好みの納豆丼を作ってみて下さい!

️冷やご飯で簡単に美味しくお腹いっぱい

今回は、冷やご飯を使った夜食におすすめのレシピをご紹介しました。

冷蔵庫を覗いてみれば、冷やご飯を美味しくする食材がきっとあるはず! 想像力を働かせれば、オリジナルレシピとの出会いもあるかもしれません。

夜食のレパートリーを増やして、夜のお腹と心を満たしてくださいね♪

ただ、炭水化物なので食べ過ぎには注意したいところですね。

適量で止められるように、食べる分だけを作りましょう!