出会いと別れというのは必ずしもあるものです。

例えば卒業式の日なんていうのはとても悲しいと同時に未来への1歩を歩むものですよね。

どんな時にでも出会いと別れというのは必ずくるものだと思います。

そんな際に送別メッセージというものを贈るなんていう人もいるのではないでしょうか?

送別メッセージを連想させるものに「寄せ書き」という言葉がありますよね?それと似たようなものなのです。

寄せ書きは学生時代の時に誰もが経験をしたことがあるものだと思います。

お互いにメッセージを卒業アルバムの後ろなどに書いて応援や祝いのメッセージを送るというものが寄せ書きですよね。

送別メッセージの場合も同じことを言います。

例えばこれは同級生や後輩達に送るのはもちろんのこと、会社に出ると上司や同期が移動になった際にメッセージを贈るなんていう人も多いのではないかと思います。

送別メッセージとはこの様に、相手のお祝いごとで送ったり部署などの異動になった時に贈るようなことを言うのです。

送別メッセージは子供臭いなんて思う人もいるかもしれませんね。

ですがメッセージを送るというのはそれほど相手のことを思って送るものであり、仮に相手のことを思わなければそのまま何も会話せずに終わってしまうでしょう。

ですが日頃上についてくれた上司、いつも一緒に仕事をしてきた同期に対してエールを送るというのはとても重要なことだと思いませんか?

そのお世話になった人達が異動をするというのは、この場所から離れるということになりますよね。

仮にその上司がとても尊敬する人であればそれはとても悲しいことだと思います。

ですがその上司が異動をしたとしても「教わったことを活かして頑張る、貢献する」というようなメッセージを送るだけでも上司からすると凄い喜ばれるのです。

今回はそんな送別メッセージに送る6つの感動できるポイントをお教えしたいと思います。

いつもどの様にメッセージを贈っていますか?人により様々あると思いますが出会いと別れというのは誰もが悲しい時でもあります。

そんな人に感謝の気持ちを込めて送るメッセージというのはどの様なものがあるのでしょうか?なるべく相手に印象残るようなメッセージを送りたいですよね。

ではどの様なものが感動できるポイントなのか、印象が良いメッセージなのかを詳しく見てみたいと思います。

心に残るメッセージを送りたい

例えばお世話になった上司に送る言葉というのはどの様なものがあるでしょうか?「今までありがとうございました!」というのはとてもベターな発言だと思いますよね。

ですがこの他にも様々なことを書くと思います。

相手に残るような発言、メッセージというのはとても考えますよね。

送別メッセージというのは相手を感動させるのではなく、素直な気持ちをメッセージにすることも重要です。

難しい言葉などを下手に使わず、過去のエピソードも交えながら自分の心境を書くことが相手に残るメッセージなのではないかと思います。

今、貴方が誰かにメッセージを送りたいと思った際に、誰を思い浮かべましたか?その思い浮かんだ相手にどの様な言葉を書くのでしょうか?その時は様々なことを思い浮かべますよね。

過去にこんな嬉しいことがあった、今ではこれが気がかりだ、という様な「メッセージ」を手紙に添えて送るかと思います。

メールなどで送るというのも良いでしょう。

心に残るメッセージというのは自分のありのままの気持ちを伝えることが相手に印象を大きく与えるものなのです。

いざ書くとなると思いつかない


いざ書くと思いつかないなんていう人もいるでしょう。

その人とあまり関わりが無いのに書くことになったとなれば尚更だと思います。

ですが自分から見た相手というのはどの様な人に思えたのか、どの様なところを頑張っていたのかなど、正直な気持ちを書くことが重要になるのです。

相手がいざそのメッセージを見た時に笑いなどが出たり少し感動をして涙が出たりすることができれば印象に残るという意味になるのです。

ですが上司などに対して送るメッセージとなれば話が変わってきたりしますよね。

同期であれば気軽に送ることができるものの、上司になれば他のことを気にしなくてはいけません。

例えば「マナー」というものが1つあるのではないかと思います。

マナーというのは常識であり相手に失礼のないようにすることが重要ですよね。

ですがそのマナーを弁えることができず、メールで送るのはどうなのだろうと思う人もいるかもしれません。

ですが上司に直接言うことができないという状況の時はメールをこっそりと送るのも1つの方法なのではないかと思います。

メールというのはどんな時にでも履歴に残ってしまえば何時でも見れるものですよね。

インパクトが強いものはそのままメッセージを書いて渡したりすることですが、今の時代では電子化などが進むのでメールの方が「残る」ということになります。

どんなに印象の残るメッセージでも読むものにより印象というのが変わるということを覚えておくようにしましょう。

いざ書くとなると中々思いつかないものですが、大事なのは素直な気持ちです。

相手にどの様な思いで送別メッセージを送ることができるのかが重要になるでしょう。

書き方も分からない

書き方も解らないなんていう人もいると思います。

書き方というのは上司に対して送るのであれば敬語などですよね。

いつも普段通りに会話をしているのであればその通りの言葉で送るのも良いでしょう。

相手に「お前らしい」と思わせることができるので良い方法かと思います。

ですがあまり関わりが無いという時に、どの様な形で送れば良いのか解らない、どの様に書けば良いのか解らないという人もいると思います。

送別メッセージを送る際には手紙で送るという人もいると思います。

書き方も解らない状態というのは何を書くにしてもあまり上手くいかないものですよね。

気をつけるべきところは様々あると思いますが、まずは字などが下手でも良いので自分の一生懸命な字を書いて相手に伝えるということが重要になるのです。

そして見落としがちなものは「敬語」です。

敬語というのは態度を表す際に使う言葉の1つですよね。

相手が上の人であれば特に正しい敬語を使わなくてはいけないと思います。

そこに気を取られてしまい、逆に文章が雑になってしまったなんていう人もいるのではないでしょうか?

他にも様々ありますが書き方も解らないという人はまず気をつけるべき事から覚えるようにして取り掛かると良いでしょう。

どの様に書けば良いのか、どの様な内容にすれば良いのか、その事についても詳しく見てみたいと思います。

喜ばれる6個の感動ポイント


では喜ばれる6個の感動ポイントというのはどの様なことがあると思いますか?自分がメッセージを貰った際に喜ぶもの、感動できることというのはどの様なことがあると思いますか?考えてみると直ぐに思い浮かぶものもあるでしょう。

その1つにはお互いのエピソードを入れるという事です。

お互い様々なことがあって時には叱り、時には褒めて、時には一緒に飲みに行くなんていうような人もいたのではないかと思います。

そんなお世話になった上司が異動をするとなれば寂しいですよね。

どんな事があったのか、相手とのエピソードを盛り込むというのは感動ポイントの代表的なものです。

他にも感謝し労いの言葉を入れるというのもあるでしょう。

特に感動させるポイント、印象に残るポイントというのは素直な自分の気持ちを書き出すことです。

素直にどの様に思ったのかを書くことが相手を喜ばせるものにも繋がります。

相手に対してどの様に思うのか、相手と接してみてこの様に思ったなどエピソードを混ぜながら自分の気持ちを書き出すというのは相手を感動させるポイントであり、武器にもなるのです!

喜ばれるポイントは他にも様々ありますが、今回はその6つのポイントについて見てみたいと思います。

普段あなたが送別メッセージや寄せ書きを送る際には、この6つのポイントが入っていますか?詳しく見てみましょう。

1、相手とのエピソードを盛り込む

相手とのエピソードを盛り込むというのは1つの感動ポイントです。

相手とのエピソードとはこの様なことがあったというような昔話をするという感覚です。

そうする事で相手もこの様なことがあったと思い出すことができるでしょう。

何故この様なことが感動に繋がるのかというと過去の出来事と今を比べるからなのです。

過去にはこの様なことがあった、でも今はこんなにも成長をしたということを魅せるものでもあり、相手もそのことを実感できるようになるというものだからです。

「昔はこんなにも忙しいという状態なのに、今では平和的だ」なんていうような人もいるかもしれません。

過去を思い出す、相手との過去のやり取りというのはその事を書くだけで相手を一気に過去へと連れていってくれることでしょう。

相手とのエピソードが無いという人はどの様な些細なことでも良いです。

例えば「この様にしていたけれど、この様なこともありましたよね。」という様な事でも良いです。

自分と相手がその場にいて過去のことを盛り込む、エピソードを盛り込むというのは相手も思い出すようになるのでより一層感動できるものへと変わるのです。

2、感謝し労いの言葉を入れる

感謝し労いの言葉を入れるのも良いでしょう。

送別メッセージを送る際には感謝をする言葉を入れると効果的とも言われています。

また労いの言葉というのも良いでしょう。

労いとはどの様なことかと言うと苦労をしていることをしていた、社員のために苦労をしたという人に対して「お疲れ様」という意味を込めて送るような言葉のことを言います。

相手の人が会社で貢献をしていた事だったり、部活動などで活躍をしたということでも労いの言葉を入れることで好感などを持たれるようになります。

感謝や労いの言葉というのは自然と使うものでもありますが、送別メッセージにちゃんと入れることでより相手のことを思うことができ、心よく送ることもできると思います!

【労いの言葉は、こちらの記事もチェック!】

3、名残惜しむ感じを書き出す

名残惜しむ感じを書き出すというのも1つの感動ポイントになります。

名残惜しむ感じというのはいなくなると寂しいという気持ちを書くということです。

仲の良い人との別れというのはとても辛いですよね。

その事をそのまま書けば良いということになります。

「いなくなると寂しくなる」という言葉はストレートすぎますが、名残惜しむ感じを書き出すというのも相手を感動させるポイントになるのです。

また、過去のことを書きながら少し寂しく思うというような表現でも良いでしょう。

つい最近までの事や、昔のことなどを混ぜながら寂しい気持ちを書くことでより相手を感動させることができるようになります。

相手と離れるというのはこちらが寂しいと思えば相手も寂しいと思ってくれるのです。

送り出す際にそのまま言うのも良いでしょうが、メッセージとして送る方が残るので効果的ですよね。

名残惜しむというのはずっと心に残るものでもあります。

相手との関係が深ければ深いほど、名残惜しむ感じを書き出すことで効果を発揮するでしょう!

4、思い出がない場合は事実を膨らまして感謝を伝える

思い出がないという人もいると思います。

ですがその人の活躍を見た、その人にこの様なことをしてもらったというような様々な事があると思います。

そんな事実を膨らまして感謝を伝えることが大事になるのです。

いざ書こうと思っていてもどの様な人なのか、思い出もあまりないなんていう人もいるでしょう。

そんな時はその人の貢献やどの様なことをしてきたのかを周りから聞くというのも良いでしょう。

それを期に話すなんていうような事をしてどの様な人だと思ったということを書くのも良いです。

5、エピソードは具体的に書く

エピソードは具体的に書くことも大切です。

仮にこの様なことがあったとあっても覚えていないなんていうことがありますよね?簡易な文章ではその昔の思い出というのは鮮明に思い出すことはできないでしょう。

ですがエピソードなどを具体的に書くことで昔はこういう事があったと正確に思い出すことができるのではないかと思います。

感動することというのは昔この様な苦労もあった、嬉しいことがあったというような事は1人の場合もありますが、多人数でいる時にも思えることが多いです。

例えば同じプロジェクトであったり、いつも教えてくれた上司というような人であればより多くの思い出というものがあるのです。

しかしながらその思い出を正確に思い出すということは難しいことだと思います。

ふとこの様なことがありましたよね?と言われても忘れているなんていうこともあるのです。

それほど仕事などに関しては業務内容も多く他のことを忘れるような事もあるということになるのです。

その際にエピソードを具体的に書くことにより、忘れていることを思い出させるようなこともできるのではないかと思います。

エピソードは具体的に書くようにして感動をさせることで更に相手の思い出となるのではないでしょうか?

6、素直な自分の気持ちを書き出す

何よりも大事なことがあります。

それは素直な自分の気持ちを書き出すという点です。

例えば、好きな人に告白をする際には遠まわしに言うのではなくストレートに「好きです」と伝えた方が好感が持てますよね?自分はこう思っているというのを素直に相手に伝えることで相手も自分の気持ちに応えてくれると思います。

これは送別メッセージでも同じことなのです。

相手に対してどの様に思っていたのか、いつも尊敬をしていたり、手本となってくれた人なのか、競い合う人だったのかなど、その素直な気持ちを書くことで相手の感動ポイントを刺激することができるのです。

どんな事であれ異動をするとなれば一緒に仕事をする機会というのは少ないですよね。

それは相手も同じことを思っているはずです。

自分の気持ちを素直に伝えるというのは「メッセージ」を送る側としてとても大事なことになるのです。

嘘の気持ちを書いたりしても仕方ありません。

相手を感動させたりするために嘘のことを言っても仕方ありませんよね?素直な気持ちというのはイコールで言うと、自分自身がその手紙を貰った時に嬉しいと思えるような内容ということになります。

素直でないという人も、どこかで素直になるというような人もいますよね。

恋愛などではよくあることだと思います。

ですがこの様な相手を送るようなメッセージでも同じようなことが言えるのです。

メッセージを書く際に気を付ける事

メッセージを書く際に気を付ける事があります。

例えば相手がどの様な人かで敬語を使うのかどうかというのもありますし、手紙として送るのであれば丁寧な字で書く必要がありますよね。

特に最近ではメールなどで送る人もいますが、実は手書きの方が相手により伝わることができます。

ただしそのデメリットとなるものもあるので、選択肢の幅も広がるのではないかと思います。

また、全員が書くような寄せ書きの様なものなのか1人1人がメッセージを送るのかでもまた違ってくるのです。

メッセージを書くというのは相手に対して失礼のないような表現や敬語を使うように気をつけましょう。

ではどの様な点に気をつければ良いのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

正しい敬語を使う

まず正しい敬語を使うということがあります。

正しい敬語というのは、相手が上司である、同期である、後輩なのかどうかで変わると思いますが、送別メッセージは基本的に上司などに宛てることが多いです。

その際に敬語などを使わずに話し言葉で伝えるというのはとても失礼ですよね。

「どの様な言葉で言うのか迷う」なんていうこともあるでしょう。

敬語というのは未だに上手く使われていない人も多いですよね。

上司に対して失礼のないように敬語を使うように気をつけましょう。

迷ったら調べる

迷ったら調べるようにすると良いです。

1つの方法としてはまず、自分の言葉でメッセージを作ります。

その時の感覚は友達に宛てるような言葉で良いです。

例えば「凄く寂しい」「こんな思い出があったね」といったような文章をまずは作ります。

その後にその1つ1つを全て敬語に直すというような方法があります。

この方法は文章は思い浮かぶものの敬語にするとどう伝えるのか解らない人にオススメの方法です。

敬語を使い送るというのはとても大事なことなので、迷ったら調べるという風にすること、仮に文章が思い浮かんでいるのであればその文章を作りその後に敬語に直すということをするとスムーズに書き上げることができるでしょう。

丁寧な字で書く

丁寧な字で書くというのもあります。

基本的に送別メッセージというのは手紙形式や寄せ書きなどで書くことが多いですよね。

卒業などに関してはその様なことで相手にメッセージを伝えるなんていうこともあったでしょう。

その際には必ず相手を見送るという意味を込めて丁寧な字で書くことが必要になります。

今回の場合は上司などに向けてということを考えて書くと良いでしょう。

流し書きなどで書くような人もいますが、手紙というものは残るものです。

なので丁寧な字で書くように心がけるようにしましょう。

またその人がその内容を見ても解るような字だとより良い印象を持つことができます。

字が下手でも思いが伝わる

個人差により字の上手さや下手さというものがあると思います。

ですが字というのはその人の丁寧さで変わるのです。

例えばどんなに下手に見えても自分が一生懸命書いた字であればその思いは相手に伝わることができるはずです。

大人になるにつれて字というものは書かなくなりますよね。

今ではパソコンなどがあるので字を書くということがあまりない時代にもなっています。

しかしながら字というのは契約書を書いたり書類を書く際には必ず書かなければいけないものになりますよね。

字というのはどんなにが下手でも自分なりの丁寧さで書くことが大事になるのです。

誤字脱字に気を付ける

手紙に書く場合に気になるのは誤字脱字ですよね。

普段の書類などを書く時、パソコンで打ち込む時にも多いのがこの誤字脱字です。

例えば手紙をボールペンなどで書くとなった場合は一発勝負ということになりますよね。

修正をするというのは恥ずかしくその様なことがあまりできないと思います。

相手が見ても恥ずかしくないようによく確認をすることが大切になるでしょう。

下書きがおすすめ

そんな時におすすめなことは下書きです。

下書きを書くことで誤字脱字を防ぐことができます。

例えばよく小学生の頃などに鉛筆で書いた下書きの上にボールペンで書くなんていうことがありましたが、それと同じような要領で書くことができると良いでしょう。

下書きをするということは一度その文章を見返すということになります。

その際におかしな所や、誤字脱字というのを細かく見ることができるので下書きをするというのはとてもおすすめな事なのです。

身内ネタになり過ぎない様にする

相手とどんなに仲が良くても身内ネタになりすぎないことが大切です。

例えば皆が見るものであるのであれば他の人にも解るようなネタを書くことが大切になるでしょう。

個人に宛てた手紙のような形で送別メッセージを出すのであれば身内ネタなども良いと思います。

ですが寄せ書きなどの様な形式の場合は身内ネタになりすぎてしまうと他が見た際に「何のことだろう?」と思われてしまうので身内ネタになりすぎないようにするということはとても大事なことになるのです。

大勢と共有出来るネタを書く

情報の共有というのはとても大切なことです。

例えば大勢と共有できるネタを書くことで他の人が見ても「あのことか!」という風に昔を思い出すことができますよね?

身内のみであれば不信に思われるかもしれませんが、共有できるネタがあればそのネタを書くことで他の人達が見ても送る本人が見ても楽しいものになるのではないかと思います。

なるべく身内ネタは避けるように気をつけましょう!

NGワードは使わない

NGワードは使わないというのもあります。

例えばこの人に対してこの様な言葉は使わないでおこうというような事はありませんか?例えばその人の体系のことを書くというのはとても失礼なことですよね。

「痩せていきましょう!」という言葉もあると思いますがその言葉もNGワードの1つです。

相手に指摘をするというようなことは送別メッセージでは基本的に使わないように気をつけることが大事です。

NGワードを使うと相手に不快感を思わさせてしまうので絶対にその様なことはしないようにしましょう。

若者言葉も使わない

上司などを送り出すということは敬語を使わなくてはいけませんよね?その際に若者言葉なんていうようなこともあると思います。

若者だけが通じる、社会では「どういう意味だ?」というような言葉というのはたくさんあるのです。

その1つの例が「~なう」です。

この言葉はTwitterからきた言葉であり、「今◯◯をしている」という意味になります。

若者言葉というのはこの様な言葉なので、この様な言葉を送別メッセージに書くということはしないようにしましょう!意外とこの言葉は若者言葉であるというようなものが多いです。

自然と皆が使っている言葉ももしかすると若者言葉かもしれませんよ?

好印象を持たれるメッセージ

好印象を持たれるメッセージというのはどの様なものがあると思いますか?

自分が仮にメッセージを貰う際にどの様な内容のメッセージだと喜んだり好印象を持つことができるのでしょうか?

人により様々だと思いますが「◯◯さんを目標に頑張りたい」というような言葉はとても好印象を持ちますよね。

後輩が自分のことを目標として頑張っているというようなことはとても嬉しいことだと思います。

他にも様々な言葉があると思いますが、どの様な言葉があるのかその例を見てみたいと思います。

「〇〇さんを目標に頑張ります」

先ほど言ったように「◯◯さんを目標に頑張る」というような言葉があると嬉しく思いますよね?よく教えていた後輩であったり同期であったりと様々な人がいると思います。

その際に「あなたのような人になりたい」ということを送るということは自分自身の活力にも繋がると思いませんか?

自分はいつの間にか手本になっていたのかもしれない、自分はこんなにも慕われていたのかというような考えが出てくると思います。

この様なことを言われると感動をしてしまいますよね。

この様な言葉をふと言われるととても嬉しい気持ちになり好印象を持つようになるでしょう!

「また、御一緒に仕事したいです」

この言葉もとても好印象を持つことができます。

「また一緒に仕事がしたい」というような文章があるということは自分にとって相手は「一緒に仕事をすることが楽しい、充実していた」という事になりますよね。

異動をするという事は先ほども言ったように今後一緒に仕事をする機会というものがなくなるということになります。

そんな時でもまた一緒に仕事がしたいと思う人がいるとなると離れ難くなりますよね。

「本当にありがとうごぜいました」

「本当にありがとうございました」という言葉は一番ベタな言葉だと思いませんか?ですがこの言葉も実は好印象を持つことができる言葉の1つです。

感謝の気持ちを相手に表すというのはとても難しいですよね。

ですがこの言葉こそその表す方法の1つであり、相手を感動させることもできるのです。

「〇〇へ行っても頑張ってください」

「他の部署へ行っても頑張ってください」というような言葉もありますよね?この様な言葉も実は好感が持てる言葉の1つになるのです。

他のところへ行くということは不安などもあると思います。

ですがそこでも頑張れというようなエールはとても相手に響くことができるのです。

「仕事に対する姿勢を尊敬していました」

仕事に対する姿勢というのはその人が相手を見ないと解らないことですよね。

もし仮にこの様な言葉を言われたのであれば、それは後輩が自分自身を見ていたということになります。

ふとした時でも後輩のお手本になっていたのです。

この言葉も好感が持てるメッセージの1つになりますよね。

「今後の活躍に期待しています」

「今後の活躍に期待しています」というような言葉もベタなようで実は好印象を持たれる言葉の1つです。

期待されているということはその人にとってはプラスになるような事なのです。

期待されて不安になるというような事もあると思いますが、成果を出している人であれば更なる自信へと繋がるようになるのです。

「大変お世話になりました」

「大変お世話になりました」というのも好印象を持たれるメッセージの1つです。

例えばよく教わっていた、参考になり注意などをされていたと言うような事があればこのメッセージは欠かせないですよね。

相手の指導があったからこそ今の自分がいるというようなメッセージもつけるとより相手に好印象を持たれるようになるでしょう。

送別メッセジーは気持ちを込めて書く事が重要

いかがでしたか?送別メッセージというのは相手のことを思って書くのではなく、自分の気持ちを込めて書くことが重要になるのです。

相手によく思われようとして嘘の言葉を書くのではなく、正直に書くことでより一層相手を感動できるようになるでしょう。

また、何よりも重要なことは個別での送別メッセージを送る場合は相手に感謝の気持ちを忘れないということです。

この様なことがあったというような過去の出来事というのは相手も思い出したり、また一緒に仕事したいという気持ちを湧かせてくれます。

送別メッセージを書く機会というのは少ないかもしれません。

ですが書くことになった際には自分の素直な気持ちを相手に伝えることが重要になるのです。

覚えておくようにしましょう!