CoCoSiA(ココシア)

送別メッセージに入れると喜ばれる6個の感動ポイント

送別メッセージに入れると喜ばれる6個の感動ポイントのイメージ写真
出会いと別れというのは必ずしもあるものです。

例えば卒業式の日なんていうのはとても悲しいと同時に未来への1歩を歩むものですよね。

どんな時にでも出会いと別れというのは必ずくるものだと思います。

そんな際に送別メッセージというものを贈るなんていう人もいるのではないでしょうか?

送別メッセージを連想させるものに「寄せ書き」という言葉がありますよね?それと似たようなものなのです。

寄せ書きは学生時代の時に誰もが経験をしたことがあるものだと思います。

お互いにメッセージを卒業アルバムの後ろなどに書いて応援や祝いのメッセージを送るというものが寄せ書きですよね。

送別メッセージの場合も同じことを言います。

例えばこれは同級生や後輩達に送るのはもちろんのこと、会社に出ると上司や同期が移動になった際にメッセージを贈るなんていう人も多いのではないかと思います。

送別メッセージとはこの様に、相手のお祝いごとで送ったり部署などの異動になった時に贈るようなことを言うのです。

送別メッセージは子供臭いなんて思う人もいるかもしれませんね。

ですがメッセージを送るというのはそれほど相手のことを思って送るものであり、仮に相手のことを思わなければそのまま何も会話せずに終わってしまうでしょう。

ですが日頃上についてくれた上司、いつも一緒に仕事をしてきた同期に対してエールを送るというのはとても重要なことだと思いませんか?

そのお世話になった人達が異動をするというのは、この場所から離れるということになりますよね。

仮にその上司がとても尊敬する人であればそれはとても悲しいことだと思います。

ですがその上司が異動をしたとしても「教わったことを活かして頑張る、貢献する」というようなメッセージを送るだけでも上司からすると凄い喜ばれるのです。

今回はそんな送別メッセージに送る6つの感動できるポイントをお教えしたいと思います。

いつもどの様にメッセージを贈っていますか?人により様々あると思いますが出会いと別れというのは誰もが悲しい時でもあります。

そんな人に感謝の気持ちを込めて送るメッセージというのはどの様なものがあるのでしょうか?なるべく相手に印象残るようなメッセージを送りたいですよね。

ではどの様なものが感動できるポイントなのか、印象が良いメッセージなのかを詳しく見てみたいと思います。

この記事の目次

心に残るメッセージを送りたい

例えばお世話になった上司に送る言葉というのはどの様なものがあるでしょうか?「今までありがとうございました!」というのはとてもベターな発言だと思いますよね。

ですがこの他にも様々なことを書くと思います。

相手に残るような発言、メッセージというのはとても考えますよね。

送別メッセージというのは相手を感動させるのではなく、素直な気持ちをメッセージにすることも重要です。

難しい言葉などを下手に使わず、過去のエピソードも交えながら自分の心境を書くことが相手に残るメッセージなのではないかと思います。

今、貴方が誰かにメッセージを送りたいと思った際に、誰を思い浮かべましたか?その思い浮かんだ相手にどの様な言葉を書くのでしょうか?その時は様々なことを思い浮かべますよね。

過去にこんな嬉しいことがあった、今ではこれが気がかりだ、という様な「メッセージ」を手紙に添えて送るかと思います。

メールなどで送るというのも良いでしょう。

心に残るメッセージというのは自分のありのままの気持ちを伝えることが相手に印象を大きく与えるものなのです。

いざ書くとなると思いつかない

送別メッセージをいざ書くとなると思いつかない女子
いざ書くと思いつかないなんていう人もいるでしょう。

その人とあまり関わりが無いのに書くことになったとなれば尚更だと思います。

ですが自分から見た相手というのはどの様な人に思えたのか、どの様なところを頑張っていたのかなど、正直な気持ちを書くことが重要になるのです。

相手がいざそのメッセージを見た時に笑いなどが出たり少し感動をして涙が出たりすることができれば印象に残るという意味になるのです。

ですが上司などに対して送るメッセージとなれば話が変わってきたりしますよね。

同期であれば気軽に送ることができるものの、上司になれば他のことを気にしなくてはいけません。

例えば「マナー」というものが1つあるのではないかと思います。

マナーというのは常識であり相手に失礼のないようにすることが重要ですよね。

ですがそのマナーを弁えることができず、メールで送るのはどうなのだろうと思う人もいるかもしれません。

ですが上司に直接言うことができないという状況の時はメールをこっそりと送るのも1つの方法なのではないかと思います。

メールというのはどんな時にでも履歴に残ってしまえば何時でも見れるものですよね。

インパクトが強いものはそのままメッセージを書いて渡したりすることですが、今の時代では電子化などが進むのでメールの方が「残る」ということになります。

どんなに印象の残るメッセージでも読むものにより印象というのが変わるということを覚えておくようにしましょう。

いざ書くとなると中々思いつかないものですが、大事なのは素直な気持ちです。

相手にどの様な思いで送別メッセージを送ることができるのかが重要になるでしょう。

書き方も分からない

書き方も解らないなんていう人もいると思います。

書き方というのは上司に対して送るのであれば敬語などですよね。