毎年、年末年始や会社の年度末決算の時期になってくると必ずと言っていい程開催されるのが「慰労会」という名目の飲み会です。

一種の忘年会でもあり新年会でもあるこの「慰労会」、一体どのような意味合いのものなのでしょうか?

これから社会人として世の中へデビューしていく人にとったらどのような準備をしておけばいいものなのでしょうか。

今回はこの「慰労会」についてしっかりと見ていく事に致しましょう。

慰労会とは?

それではまず「慰労会」についての定義づけからみていきましょう。

何げなく自然と口から出たり聞こえてきたりする「慰労会」。

実態はどのようなものなのでしょうか?

成果や業績、苦労をねぎらう会

慰労会の意味の最も一般的に馴染みのある説明は「成果や業績、苦労をねぎらう会」という意味合いです。

最も聞いて納得のいくのが、会社の期末ごとの打ち上げ会でしょう。

会社というところは1年に1回、必ずその年度の業績を一旦切って会社の成績を1年単位で終了させます。

そして翌日からまた新しい年度をスタートさせます。

そのタイミングを見計らって全社員を対象に慰労会を行う段取りとなるのです。

その場ではその1年の成果を挙げるために足を棒のようにして頑張った皆の苦労を労う目的で、美味しい食事やお酒がふんだんに用意され、参加者一同が心を一つにして来る来期も頑張るぞ、といったムードを作り出すのを演出するべく上も下も関係ない和気あいあいの空間となるわけなのです。

これを開催してもらえるか否かによって社員さんたちの働くモチベーションが上がるかどうかが決すると言っても大袈裟ではないくらい、慰労会というのは特別な催しと皆から認識されているのです。

慰労会が開かれるのはどんな時?


それでは慰労会というものがいつ、どんな時に開催されやすいのか。

それを少々、ご紹介して参りましょう。

大型プロジェクトを完遂したとき

慰労会が開かれる時の最初の1つ目は「大型プロジェクトが完遂したとき」です。

大型プロジェクトというものは、そう簡単に仕事のケリをつけられる規模のものではありません。

それに人数も個人ではできません。

複数名がチームを構成して長ければ1年や2年はざらにかかってしまう事もあり得ます。

また時には予期せぬ仕事の難航も起り得ます。

それによって仕事の完了予定が大幅に遅れてしまう事も起ります。

また仲間同士のはずの人間関係にひびが入ってしまう事も考えられます。

そのために組織の関係がギクシャクしてしまいプロジェクトチームが途中で解体という憂き目にあう事もあり得るのです。

それくらい一つのプロジェクトを完遂させるには個人で行う仕事の時よりも何十倍もの気苦労と労力とを必要とされるのです。

それだけの苦難と労力とを要求されるのがプロジェクトです。

それが一大プロジェクトともなれば仕事が完遂できた時の喜びと達成感は他の仕事で比ではないかも分かりません。

よってその大型プロジェクトの完遂のためのそれまでの労をねぎらう意味で慰労会を盛大に開催してあげる、という図式になるわけなのです。

参加者はそれまでの困難の数々を綺麗に水に流して美酒に酔いしれる事でしょう。

出張や長期滞在を終えたとき

慰労会が開かれる時の2つ目は「出張や長期滞在を終えた時」です。

ただ、仕事の性質上、出張が日常茶飯事になっていらっしゃる方ならば、そう度々出張から帰ってきて慰労会を開催してもらう、という展開にはなりにくいでしょう。

出張で慰労会を開催してもらえるケースは身内で小さく行うか、家庭を持っているならば帰宅してから奥さんから(あるいは旦那さんから)ささやかな慰労を込めた食事を開催してもらえるぐらいでしょう。

ただ、長期滞在ともなれば日を改めて慰労会を行ってもらえるかもしれません。

まあこのケースはそれぞれの職場や組織の慣例といいますか、タイミングの問題もあるでしょう。

いずれにしても出張や長期滞在から帰ってきた時、もしそれが海外出張だったならば尚更、慰労会を開催してもらえる頻度は高まるでしょう。

仕事で成果を上げたとき


慰労会が開かれる時の3つ目は「仕事で成果を上げたとき」です。

その人が特に目立つような成果を仕事で上げたり、所属する部全体が今期の目標を達成した時などは慰労会を開催する可能性がグーンと上がるでしょう。

慰労会というものは仕事で結果が出た時が最も開催しやすい名目が立ちます。

特にそれが部全体の成果だったらば最も開催しやすくなります。

慰労会を開く事によってそこまでの1年間の苦労をねぎらい共に楽しむのです。

これによって部の士気はますます高まり来期に向けて全員が一致団結して更に目標を達成し続けようという意欲が漲ることでしょう。

あとは開催するタイミングを逸しない事でしょうね。

期の切り替わりから余りに時間が経過すると皆、気持ちの持ちように困ってしまいますからね。

一大イベントを終えたとき

慰労会が開かれる時の4つ目は「一大イベントを終えたとき」です。

この場合の「一大イベント」は仕事の事であっても趣味の事であっても構いません。

何日間にも及ぶ準備期間があってその段階から従事し、イベント開催当日は勿論、皆と一緒に開始から終了まで携わる。

その全過程に関わった関係者が無事にイベントを終了させた後に慰労を込めて行う、というケースです。

恐らく一大イベントを決行していった仲間は固い絆に結ばれていくことでしょう。

それほど何かを成し遂げるということは人生において非常に有意義で尊い経験になるからです。

そしてその時のイベント仲間と一緒に行う慰労会。

俗にいう「打ち上げ」というやつですね。

これを開催することによって名実共に参加者の距離は縮まり「絆」と呼ばれる目に見えない強力な縁に結ばれる事になるわけです。

そういった意味では、慰労会の開催は抜きにしてでもこういった一大イベントの実行に関わっていただきたいものですね。

定年退職のとき

慰労会が開かれる時の5つ目は「定年退職のとき」です。

定年退職の日。

会社員としてサラリーマンを続けた身の者ならば必ずや訪れるときです。

避ける事はできません。

本人にまだまだ働きたい意志があろうとも、まずは一旦、ここで人生の一時的な終止符を打ちます。

それが定年退職なのです。

定年退職制というのはわが国独自の発展を遂げてきたようですね。

この制度のおかげで会社員としてその会社にある一定の年齢が到達するまでその会社に在籍する権利を得ることが出来たのです。

これによって従業員は脇目もふらずに自分の職務に没頭できた、という事になっていました。

しかしながら、ここ20年の間で私たちを取り巻く働く環境は大きく様変わりしたようですね。

一つの会社に最後までお世話になるのではなく転職を繰り返して己のスキルを磨きどんどんキャリアアップしていく生き方も現れてきました。

そういった生き方が増えてくれば定年退職という概念もいつしか消えていってしまうかもしれません。

もしそうなれば定年だからという理由でわざわざ慰労会を開いてもらう事も大幅に減ってしまうかも分かりませんね。

ただ、今の時代にあっては定年退職の日は、それまで長年勤めてきた会社を、今日でお別れするという感傷的な雰囲気が漂うものであることに変わりはないようです。

そういう意味では定年退職の日に慰労会を開催してもらえる人はまだまだ今後も多い事でしょう。

慰労会を開催する時に注意すること

さてそれでは次に、慰労会を開催するときにあたって、いくつかの注意点をみていくことにしましょう。

あくまで内内の個人的なレベルのものであれば注意することもあまりないかもしれませんが、中には規模も参加者も大々的になる場合もあります。

慰労会開催でご自身の株を上げることにもつながりかねませんね。

しっかりと注意すべき点をみていきましょう。

開催する規模によって案内状を考える

慰労会を開催するときに注意したいことの最初の1つ目は、「開催する規模によって案内状を考える」という作業を行う事です。

慰労会というものは、職場単位で開催されるものや地域のコミュニティーに則った関係で開催されるものなど実に様々です。

そしてその慰労会への参加者は誰かを通して連絡をもらわない事には始まりません。

中には学校の同窓会のように十年以上も全く連絡していなかったところから突然、招待状が届く、といったケースも考えられます。

よってこの出席の有無を確認する「案内状」の存在をじっくりと考える必要があるといわけなのです。

会社全体などの大規模の場合

会社全体などの大規模な慰労会開催の場合の案内状ではどのような点に注意したらいいのでしょうか?

まず念頭においておきたいのは、その慰労会が内輪で行うような砕けたものではない、という事です。

よって幹事の役割を司る人は、

・開催の日時、場所、開始時間
・参加人数の把握
・開催場所の予約、仮押さえ
・当日の会費

といった事項をしっかり明記した案内状を関係各所に速やかに送付しなければなりません。

会社単位ともなれば参加者は会社内の人物にとどまらず、お得先や取引先などの外部の方たちにもお声がけを行わなければなりません。

それだけに「仕事の一環」としての意識と自覚・責任感が問われることとなるでしょう。

例文

では、仮にある会社の「創立30年記念パーティー」という名目で関係各所に慰労会実施の案内状を送付すると仮定して例文をご紹介しておきましょう。

例文

平成〇年〇月〇日

社員各位(あるいはお得意先の会社名)

〇〇株式会社 創立30周年記念パーティー開催のお知らせ

〇〇株式会社
〇部◯◯

新春の候 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、わたくしども◯◯株式会社も来る〇月〇日をもちまして創業30年という月日を無事に迎えることができました。

これも一重に皆さまがたの心強いお付き合いの賜物と感謝いたします所存でございます。

つきましては当社30周年を皆様方と一緒に日頃の慰労を兼ねまして慰労会を兼ねましたささやかなパーティーを開催いたしたく存じております。

ご多忙の折と思いますが、皆様方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

日時  〇月〇日
場所  ◯◯(地図参照)
会費  ◯◯円

尚、恐れ入りますが〇月〇日までにご参加の有無をご連絡いただけますよう、何卒お願い申し上げます。

敬具

という感じでしょうか。

とにかく社外に向けて案内状を発送する場合は、くれぐれも誤字脱字に気をつけ特別な配慮と感謝の意味を込めた文面に仕上げることです。

そして発送する前には必ず上司に目を通してもらい最終確認を済ませましょう。

部署内や課内での場合

部署内や課内で使われる慰労会用の案内状はどうでしょうか?

こちらも同じ会社内とはいえ身内同士の集まりの場ではありません。

いくら同じ会社内とはいえ、部署が違えば当然、一緒に仕事をやった事のない人もいる事でしょう。

そういった初対面の人にも失礼のない文面を考えなくてはいけませんね。

まあ、社外の人宛に出すほどの緊張感はいりませんが、それでもくだけすぎた文面は禁物です。

ちょっとご参考程度の例文をご紹介しておきましょうね。

例文

〇月〇日

◯◯部ご一同様

◯◯部第11期終了慰労会開催のお知らせ

◯◯部 担当◯◯

~ここからは砕け過ぎずかしこまり過ぎない程度の冒頭の文書と慰労会開催についての始まりの文章を書いておけばいいでしょう。

文面については特に定型文のような気まりはありませんが、読んだ人に不快感を与えるような文面はご法度ですよ。~

日時  〇月〇日
場所  ◯◯(地図参照)
会費  ◯◯円

皆様の振るってのご参加、お待ち申し上げております。

という感じでどうでしょうか?

勿論、この書き方が全てではありません。

いろんな例文を参考にしながらご自身のオリジナリティあふれる案内文を考案してくださいね。

参加者と対象者には別の案内状を送る

慰労会を開催するときに注意することの2つ目は、「参加者と対象者には別々の案内状を送る」という事です。

これを守らず対象者にまで参加者用を送ってしまうと、とんだ大恥をかくことになってしまうでしょう。

参加費用など対象者には伝えない

このケースは送別会や新入社員歓迎会、もしくは定年退職の日の慰労会などがそれに該当します。

そして対象者というのは勿論、その部を去ってゆく人と新たに加わる人の事をいいます。

去ってゆく人、加わる人。

この両名がその慰労会の主賓といいますか主役です。

主役に当たる人からは普通、会費は徴収しません。

その他の参加者の頭数で割って参加費用を決めます。

ここのところを間違えずに案内状を作り、そして正しく発送しましょうね。

間違ってもその慰労会の主役対象となる人に会費徴収用の案内状を送らない事です。

送ってしまった人の社会的常識を疑われる事態になってしまいかねませんからね。

言葉遣いや言い回しなどに注意する

慰労会を開催するときに注意したいことの3つ目は「言葉遣いや言い回しなどに注意する」ことです。

慰労会というものは同輩同士で行うものではありません。

参加者には当然ながら先輩もいるでしょうし目上の人も多数参加されているはずです。

いくらお酒が出る場とはいえ、慰労会は一種の仕事の延長とも考えられます。

くれぐれも言葉遣いや言い回しに十分、注意を払わなければならないのです。

くだけた言葉などは使わない

慰労会の中身にもよりますが、自分よりも先輩の方や目上の方が参加しているのはほぼ確実でしょう。

よってそのような場でもし友達言葉のような言い方をしてしまったらどうなるか。

場の雰囲気にもよりますが、くだけすぎた言葉を使った人は間違いなく翌日から違った目で上司や同僚から見られてしまうでしょう。

それほど慰労会という場はただの軽い飲み会の場ではない、という事なのです。

昔からお酒の席での失敗は後々、尾をひきます。

くれぐれも言葉遣いや言い回しには気をつけましょうね。

会の進行内容を決めておく

慰労会を開催するときに注意したいことの4つ目は「会の進行内容を決めておく」という事です。

これは使用している会場の問題が絡んでくるからです。

ほとんどの場合、居酒屋さんやホテル、宴会場の一室を時間制で貸し切って切るのがホトンだと思います。

よって時間に無頓着になってダラダラとただの学生の飲み会のような雰囲気にはしてはいけないのです。

幹事を仰せつかった人は時間管理を自分なりにしっかり行い、慰労会の進行をコントロールする役目を負う必要があるのです。

最低限、主役となる対象者さんの挨拶は必要となりますし、それに伴う来賓からの祝辞の時間なども設定しておかなければなりません。

このあたりが、ただ時間をダラダラ使う普通の飲み会と慰労会が違う部分なのです。

時間調整や段取りをしっかりと行う

幹事さんが時間をコントロールしなければならないのは、借りている会場の時間をしっかり把握しておかなければならないからです。

借りている会場をいつまでもダラダラ使ってしまい、次のお客様の使用に差し障るような事をしてはいけません。

お開きの時間は幹事さんが厳格に管理して実行しなければならないのです。

でないと、その会場に迷惑をかけてしまい次回からそこを使わせてもらえない事態を作ってしまうかもしれません。

せっかくの慰労会、終わりよければすべてよし、という感じでいきたいものですね。

慰労会を開催される時に注意すること

では次に、実際に自分自身が慰労会を開催してもらっている立場になって考えてみましょう。

慰労会をやってもらっている間、一体自分自身はどのような振る舞いを行うべきなのか。

全部で4つのご紹介です。

感謝の気持ちを忘れない

慰労会を開催される時に注意することの1つ目は「感謝の気持ちを忘れない」という事です。

慰労会というのは誰のためにやってくれているのか。

そしてそれに集まってくれた人たちは自分にとってどういう人たちなのか。

その事をじっくりと心に思い直しておいてから慰労会に参加するようにしてもらいたいものです。

開催してくれることに感謝

まずあなたが真っ先に行わなければならない事は、慰労会を開催してくれた全ての人たちに対する感謝の気持ちの表現です。

まさかあなたが主賓だからといって上座でふんぞり返っているような事はないとは思います。

まあ、会の中身がどのようなものかにもよるとは思いますが、例えあなたが何かの表彰を受ける催しであったとしても大きくふんぞり返って壇上に上がって一席ぶつ、なんてことはくれぐれもないようにお願いしますよ。

慰労会というのはそのようにして自身の功績を自慢するための場では決してありませんからね。

一度でもそのような態度を見せてしまったら、もう取り返しのつかない事態になってしまう事も覚悟しておいてもらいたいぐらいのものです。

お互いの労をねぎらう気持ち

慰労会という場は、いくらあなたがノーベル賞を受賞した人間であったとしても集まってくれた多くの人たち、一人一人の労をねぎらうための場なのです。

よってあなたが本当に晴れ晴れしい主役の立場であったとしても決してそれを前面に押し出してはいけません。

むしろ主役は参加してくださった多くの方たちの方なのです。

だから、あなたは真っ先に慰労会の始まりに言わなければなりません。

「本日はお忙しい中をわざわざ時間を割いていただきまして、わたくしごときのためにたくさんお集まりいただきまして、本当に感謝の気持ちで一杯でございます」と。

その一言が冒頭に出たならばその慰労会は半ば大成功も同じでしょう。

参加してくださった方たちはあなたの事を慰労する目的で来てくれているのですが、あなたのその一言を聞けば、ますますあなたのことを忘れられない人間の一人として頭の中に記憶しておいてくれるはずです。

お互いの気持ちをねぎらう意識がなくて何が慰労会といえるでしょうか。

全ては相互理解の気持ちがベースにあってこそなのです。

お世話になった方への挨拶

慰労会を開催される時に注意することの2つ目は「お世話になった方への挨拶」です。

慰労会ではあなたが主役である事に変わりはないのですが、だからといって上座にデンとずっと座りっぱなしというのも芸がありません。

ここは積極的に動き回って、これまでお世話になった方たちへの挨拶を自分の方から行っていきたいものです。

これが次からの人生のステップともなるべき弾みをつけてくれる行動になるのですよ。

ご迷惑をかけた相手への挨拶は忘れない

慰労会の場ではお世話になった人の席に積極的に行ってビールをつぐなりの行動をして挨拶を行いましょう。

そしてこの慰労会という場は、これまであまりできなかったことを一気に行える絶好の機会でもあるのです。

それがこれまで仕事においていろいろとお世話になった人やご迷惑をかけてしまった人への挨拶周りなのです。

特に何らかの事柄でご迷惑をかけてしまった方への挨拶というのは、何かのきっかけがないとやりにくい部分もあろうかと思います。

だからこそ、この慰労会の場を使って遠慮なく挨拶を行ってしまうのです。

このようなお酒を注がれる席で挨拶されたら誰だって恐縮してしまい過去の事も何もかもご破算にしてしまうムードになってしまうものです。

そこをうまく利用しるのです。

よって慰労会の場だからといって、ひたすらお酒を飲んで食事を楽しんでばかりいたら、せっかくのいい機会を逃してしまうことになってしまいかねません。

先手必勝、慰労会の場を大いに有効に活用してしまいましょう。

新天地や次の仕事への意気込みを伝える

慰労会を開催される時に注意することの3つ目は「新天地や次の仕事への意気込みを伝える」です。

あなたは心機一転、これから新しい職場へと旅立ちます。

その意気込みをこの場を借りて挨拶と共に語っておくのです。

あなたがどのようなタイミングで今回の辞令が発令されたのかは分かりません。

しかし、旅立ちに当たって慰労会までをも開催してもらえるのは会社や組織にとったら重要な人材である事の証明です。

出来ればその期待にしっかりと応えたいものです。

そのためにも慰労会という場を使って所信表明を行っておけば、送り出す側の組織としても安心して見守っていけるのではないでしょうか。

気持ちを切り替える

とにかく気持ちを切り替えて、次なる職場において更なる飛躍が出来るよう、力を蓄えておくことです。

慰労会の場が気持ちの切り替えになるかどうかは分かりませんが、とりあえずのきっかけ作りとはなるでしょう。

ただ、ここのところの気持ちの切り替えというのは、案外難しいものなのです。

次の新天地が自分の望む異動であったのかそうでなかったのかによっても気持ちの持ちようは大きく変わってくるでしょう。

もしかしたら、全く不本意な移動を強制されたのかも分かりません。

はらわたが煮えくり返っているのかも分かりません。

それでも慰労会の場においてそのような負の感情を皆の前で言ってしまうことは厳密に戒めなければならないのです。

組織の人事というものは所属する従業員には抗えるものではありません。

どのような人事に対しても甘んじて受け入れるのが社員や組織人の務めです。

くれぐれも慰労会の場で湿っぽい顔をしたり不満たらたらの表情をすることのないよう、配慮してあげてくださいね。

自慢話や苦労話を控える

慰労会を開催される時に注意することの4つ目は「自慢話や苦労話を控える」です。

いくら自分自身が今宵の主賓であり主役であったとしても、自慢話や苦労話ばかりを長々と語られては、参加した人たちは閉口してしまい、慰労会そのもの趣旨が根底から覆されてしまうでしょう。

人間というものは基本的に自分の事が大好きです。

だからいかに自分が偉いか、賢いか、優れているかなどの特徴について話し始めたら真実10%、虚言90%の割合になろうとも平気で語り続けられる生き物なのです。

また日頃から第三者を装い、客観的な意見を言う立場だった人が、タガがはずれるからか自身の慰労会になると人が変わったようになる、というかそれが本心だったのか分かりませんが、自慢話や苦労話、果ては会社や同僚の悪口をこれでもか、と言わんばかりに喋り続けてしまう人も中にはいるかも分かりません。

皆さん、ご存知のように自分の自慢話や苦労話、人の悪口や噂話を聞かされ続ける事ほど苦痛なものはありません。

その場は適度に相槌を打ちながら聞いていますが、その人に対する評価は一気に最悪なものに変わってしまうでしょう。

飛ぶ鳥跡を濁さず、という諺もある通り、せっかくこれまでその職場で築き上げたキャリアや人望も一遍に失くなってしまう可能性すらあり得ます。

慰労会での自慢話や苦労話。

少しぐらいなら愛嬌があっていいでしょうが、悪口なども織り交ぜて語りだしたらもう本当に最悪です。

厳に慎むべきでしょうね。

面白エピソードなどを話そう

慰労会において周囲の人たちと和気あいあいになって語れるテーマといえば、自身の過去の「失敗談」や「やってしまった談」などを面白おかしく多少なりとも膨らませて話すことです。

勿論、あなたは三枚目の役柄としてです。

そうすることによって、もしかしたら普段は強面で通っていたあなたのイメージがいい方向に崩れて、人気度が一気にアップするという事も考えられますからね。

大体において人は自分以外の人の失敗談やミスをしたあとの「アッチャー」といった話を聞くことについては誰でも喜んで聞いてくれるものです。

お笑い芸人さんたちのネタがそのような構成で成り立っているのも、そうやって人の気を引く戦術を心がけているからなのかも知れませんね。

とにかく慰労会はあなたにとってその職場での最後の宴になるかも分かりません。

「日頃の恨みや溜まったうっぷんを晴らしてやる」と考えるよりもいかにして周りの人たちの心をほぐして笑いを取るか。

そっちの方に気持ちを傾けた方が、今後の第2のスタートに向けて晴れ晴れしい気分で出発できると思いますよ。

まとめ

如何だったでしょうか?
日本の社会は、様々な会社や組織で成り立っています。

従業員が1万人を超えるメガ企業もあれば総勢10人にも満たない零細企業まで実に様々です。

しかし、どのような組織であれ、人がそこに所属して任務を全うした暁には何らかの名目の慰労会というものは行ってもらえるようです。

慰労会はただの飲み会ではありません。

その組織で功績のあった人のそれまでの労を皆で労う場なのです。

招待される方も主賓の方も、大きく常識のラインを逸脱することなく楽しいひと時を過ごしたいものですね。