よく巷では、男性の恋愛は新規保存、女性の恋愛は上書き保存なんて言われています。

これがどういう事かと言いますと、男性は別れた彼女との思い出も一つの人生と考え、歴代の元カノ達と今の彼女を別の人間として、それぞれの記憶を残します。

ですので、元カノであろうと一度は恋に落ちた相手、心の切り替えも遅いです。

一方、女性は恋愛において今現在だけを重要視する生き物です。

過去の男はただの他人、思い出も捨てて何もかも忘れ、今の彼氏だけを記憶にインプットします。

男性とは違い、過去の恋愛に未練が残ることは少なく、1ヶ月もすればどうでもよくなっている事がほとんどです。

最近彼女と別れた人、別れたいけれど別れられない人、この記事を読んで、傷ついた心を癒しましょう。

共感できる部分がきっとありますよ。

️どうして別れたの?彼女と別れた理由を詳しく解説

恋人と別れるとき、大きく分けて二つのパターンがあります。

彼女を振った場合、彼女に振られた場合、そしてお互いが離れていき自然消滅したパターンです。

カップルが別れるとき、男女どちらが振ったかというのはおおよそ半々かと思います。

しかし、両者の意見は少し異なります。

統計的には、男性が別れたいと感じた時は、相手から「振られたい」と感じることが多いようです。

逆に、女性は別れるなら自分が「振りたい」と感じているようです。

この結果を見ると、女性から別れを切り出すことが多いのかもしれませんね。

では、そんな両者の意見も踏まえて、別れのパターンを見ていきましょう。

我慢できなくて自分から別れたパターン


男性が別れたいと感じていて、ついに我慢できずに別れを切り出す場合。

この場合、復縁はほぼ0パーセントと言って間違いないでしょう。

男性は、彼女に対して愛が冷め別れたいと思い始めても、相手を傷つけたくないと考えます。

何を言っても、一度は好きになって共に過ごした相手です。

情だけが残りズルズルと関係を長引かせてしまうのですね。

ですので、相手が別れを切り出してくれるよう連絡を減らしたり、冷たくしたり、色々な方法を試すようです。

そんな男性が自分から振った場合、これは本当に彼女と一緒にいることが辛くなったということです。

頑張って我慢していけれど、ついに情にも勝る「離れたい」という感情が出てしまったのです。

こうなると、復縁などはもってのほか。

たまにこの場合で復縁したカップルもいますが、戻っても結局また男性が我慢できなくなり、別れる結果になることでしょう。

理解できない!彼女に振られた…パターン

一方、男性が別れたくないにも関わらず、彼女に振られてしまうパターン。

こちらも、復縁の可能性は限りなくゼロに近いです。

女性は一度離れるとあっという間に心が離れてしまう生き物です。

もちろん、ずっと元彼を思い続けているような方もいますが、ほとんどの女性は振った振られた関係なく切り替えが早いのです。

また、女性が別れたいと思う瞬間は様々ですが、一気に気持ちがなくなった場合が多いです。

そして、女性の場合は一度冷めるとその後愛が復活することは無いに等しいのです。

男性は女性の別れに納得できない人が多い

男性には残酷な現実ですが、女性は昨日までラブラブだったのに、急に冷めるなんてことはよくあるのです。

男性へ理想を重ねることが多い性格上、大好きな彼氏をふと冷静に見た時、自分のこの好きという感情は、恋に盲目になっていただけではないか感じ始めます。

すると、彼氏に対して突如「気持ち悪い」や「生理的に無理」という感情が生まれ、次の日には別れを決意してしまうのですね。

冷たいようですが、女性の心はこれほど正直でサバサバしているのです。

彼女に振られてしまった人は、前を向いて次の恋を探せるように祈っています。

️よくある12個の理由を解説します


では、別れるに至った理由はなんだったのでしょうか?
もちろん、気持ちが冷めたということは立派な別れの理由です。

しかし、一度好きになった人に対して、気持ちが冷めるということは本人からしても悲しいことです。

ここでは愛が冷めてしまう原因をご紹介致します。

もしご自身に当てはまっていたら、ここをどうにか改善すればまたチャンスはあるかもしれません。

喧嘩してしまった

別れの原因として、一番多い理由は喧嘩です。

喧嘩するほど仲が良いとは言いますが、度を超えた失言は相手との仲を壊し修復不可能にしてしまいます。

例えば、「他の女性の方が良い」「あの子の方が優しい」など、彼女と他の人を比較して否定するような言葉はよくありません。

仲直りしても、彼女の心には傷が残りますし、どんどん自分を見せるのが怖くなって結局別れに至ってしまう可能性があります。

喧嘩そのものより、そこでの発言が問題になって別れることが多いのですね。

小さな喧嘩でも別れることも

また、ほんの些細な喧嘩で別れてしまうカップルもいます。

些細な喧嘩とは、言い方が気に食わない、忘れ物をした、少し遅刻したなど、本当に小さなことで起こる喧嘩です。

こういった喧嘩が原因で別れてしまった場合、大抵は他に原因があることが多いです。

カップルのどちらかが日頃よりストレスを抱えており、喧嘩を別れる良いきっかけだと思って別れを切り出すのです。

この場合、喧嘩自体はそこまで重要ではないです。

ですので、そこを改善しても復縁は不可能でしょう。

相手が何を不満に思っていたかをはっきりさせ、自分がそこを改善していくという姿勢を見せない限り関係を修復することは難しそうです。

欠点が我慢できなくなった

たとえ喧嘩が起きなくとも、我慢の限界が来れば別れる事となります。

人間ですので、欠点はいくらでもあります。

そんなことは世界中の人が分かっている事実ですよね。

しかし、愛する恋人と言えど、どうしても許せない欠点があるのも事実です。

例えば、人に挨拶が出来ない、ご飯の食べ方が汚い、短気など、人によっては受け入れ難い相手の欠点は人の数だけあるのです。

酒癖の悪さなど

中でも、最も相手に冷めてしまう欠点とは、ズバリ酒癖の悪さです。

酒癖が悪くて良いことは一つもありません。

大学時代のサークルなどで、最低な酔い方をする人はいませんでしたか?そのような飲み会で、お笑い要員として呼んでもらえるという点では、プラスなのかもしれません。

しかし、恋人の酒癖の悪さはまさに悪夢です。

暴言を吐く、暴力を振るうなどの他、最悪なのは女、男たらしになる人です。

酒癖の悪い人に多いのは、酔ったら人肌が恋しくなるということ。

お酒の席では恋人のことなんか頭から消えて、浮気に走る人も少なくないのです。

いくら浮気していなくても、恋人がよって自分以外の異性と仲良くしたり過度なボディタッチをしているのは気持ちが良いものではありません。

積もった不満が爆発して、別れに至ってしまうのですね。

好きかどうかわからなくなった

好きかどうかわからないという台詞は、男性が女性に別れを告げる時によく言う言葉です。

相手を傷つけることに抵抗がある男性は、嫌いとは言わずに曖昧な言い方をして別れを告げます。

別れた後も、自分に好意を持っていてほしいという欲望もあるのかもしれません。

しかし、別れの言葉だけではなく、実際に好きかどうかわからないということはよくあります。

一番分かりやすいのが、倦怠期の時期ですね。

倦怠期とは、簡単に言ってしまうと相手に対する気持ちが薄れてしまう時期の事です。

3ヵ月、半年、9ヵ月、、など、3の倍数の時期にこの倦怠期に陥りやすいそうです。

倦怠期とは全てのカップルに来る訳ではありませんし、来ても一定期間のみですぐに関係が復活するのが通常です。

長続きしているカップルは、仮に倦怠期が来たとしても、相手に伝わらないように上手い事会う頻度などを調整して、この時期を乗り越えているのです。

しかし、倦怠期を経験したことがない人や、決断が速い女性の場合は非常に危険です。

このような人は、熱が少し冷めてしまったことを、倦怠期と知らずにすぐ別れを選んでしまうのです。

そして別れた後にやはり好きだったと後悔してしまう、なんてことはよくあります。

別れるときは慎重に考えなければいけませんね。

将来に不安を感じた

ある程度の歳になって来ると、結婚なんかも視野に入れ始めます。

そこで頭に浮かぶのが、お付き合いしている恋人との将来ですよね。

相手との将来を考えたとき、この人と本当にこの先何十年もやっていけるのか、子どものしつけはできるか、真面目に働くか、など色々な要素に目を向けるようになります。

そうなったとき、少しでも不安要素があれば「この人と付き合っていて良いのかな?」という考えを持ち始めます。

そこでダメな方向に進んでしまえばもう別れは免れません。

逆に、この人だ!と思えばそのまま結婚まで一直線間違いなしです。

ただし、将来に不安を感じるのは誰でもぶつかる壁ですし、相手がどんな人でも最初は悩むものです。

そこで振った&振られたからといってそこまで悩む必要もないでしょう。

ときめかなくなった

ときめかなくなってしまった場合も、別れの原因となります。

冷めたわけでもなく大切な存在に変わりはないはず。

しかし何か足りないと感じるときがありますよね。

それはきっと、近い存在になりすぎて、ときめく感情も忘れてしまっているのです。

マンネリ化という言葉がぴったりです。

最初の頃は全てにドキドキしたり、些細なことにときめいたりしていたはず。

それも慣れてくると徐々に飽きてしまい、感謝はするもののときめきはなくなってしまうのです。

家族のような感覚になってしまった

こういう感覚は、いわば家族に対する愛情と同じだと言えます。

大切で傷つけたくない相手ですが、居て当たり前だという感情。

もう結婚直前の長いカップルであれば、これは申し分ない良い関係です。

しかし、まだ結婚の予定もなくただの恋人同士の場合は、このマンネリ化は別れに繋がってしまうのですね。

いくら熟年カップルと言えど、男女の関係です。

ある程度のときめきは必要なのかもしれません。

価値観の違い

価値観の違いとは最近よく聞く言葉ですよね。

特に、離婚する夫婦の最も多い離婚理由が、この価値観の違いだそうです。

価値観とは言っても、ピンとこない人もいるかもしれません。

一体何に対しての価値観なのか、何の価値観が違うと別れに直結するのか、など。

ここで言う価値観とは、何を自分にとって大切と思うかどうかということです。

ですので、価値観の違いとは「大切に考えるものが違う」「物事の優先順位が違う」ということになります。

一緒に過ごしていく中で、大切にするものや優先することが違えば、間違いなくすれ違いも多くなりますよね。

初めはデートの場所や食事など小さい好みの違いから始まっても、徐々にそれは考え方に現れ、喧嘩の元となっていきます。

しかし、価値観が違うわけですから、どちらが悪いという話でもないのです。

そして、解決策が見当たらず別れに至ってしまうのです。

【価値観の違いを乗り越えるためには、こちらの記事もチェック!】

他に好きな人ができた

他に好きな人ができた、というのは定番の別れる理由です。

最も、他に好きな人が出来たと言えば、相手も諦めて別れてくれると考え、あえて嘘を言う人もいます。

これは比較的男性に多いです。

男性は彼女が別れたくないと泣けば振り払うことが難しいのです。

ですので、絶対に諦めるしかない理由を伝えようとするのです。

また、本当に他に好きな人ができた場合も、非常に多いパターンです。

倦怠期のときに他の人と良い関係になる、環境が変わって出会いが増えた、など他の人を好きになるタイミングはそこら中に転がっています。

新しい職場やアルバイトなどは特に多いです。

振られた側は、自分の知らないところで相手に好きな人ができたわけですから、何も出来ず相当辛いですよね。

また、片方が別れたいとずっと思いながらも理由がなくて別れを決意できなかった場合。

この場合も、他に良い人がいればすぐ別れを選んでしまいます。

浮気

今も芸能人の不倫が取り沙汰されていますが、浮気は問答無用で別れに直結します。

どこからが浮気かというのはそれぞれ違います。

二人で食事に行ったら浮気と言う人もいれば、身体の関係がなければ大丈夫と言う人もいます。

しかし、どちらにしろ相手を裏切るという行為は、その後の信頼を一切失うということです。

一度裏切ってしまうと、その場を何とか持ちこたえたとしても、その後信用されるようになるまで長い月日を要します。

また、裏切られた方は深い傷を負いますので、その後完全に信用することはできなくなります。

浮気が原因の別れは、一番どうしようもなくバッドエンドかもしれません。

金銭感覚が違いすぎる

金銭感覚の違いは、すぐには別れに繋がらないとしても後々必ずぶつかる壁となるでしょう。

お金とは、何をするにも必要なものです。

物を買うときも、食事も移動も全てにお金がかかりますよね。

人によっては何にお金をかけたいかは少しずつ違ってきます。

しかし、カップルともなれば一緒にいることは当然多くなり、デートのたびにお金の価値観が露わになります。

どちらかだけが節約家、またはどちらかが浪費グセがあれば当然不満の元となりますよね。

また、男性が出すのが当たり前だという女性が彼女の場合も、男性側に不満が溜まる元です。

どちらかが負担を感じる関係は必ず長続きしません。

結婚後のことも考え、金銭感覚は誰しも重要視するものなのでしょう。

趣味が理解できない

相手の趣味が理解できないというのは、相手も本人も辛いことです。

趣味とはその人自身、人柄、人間性、好みなど全てを表していると言っても過言ではありません。

読書や書き物が趣味な人は、集中力や読解力、人の言いたいことを把握する力に長けています。

また、人の考えを知るのが好きな人も多いでしょう。

音楽が趣味な人は感性豊かでiPodやヘッドホンなどにお金を使いますし、スポーツが趣味な人は身体を動かすのが好きな活発な人でしょう。

団体スポーツなどはコミュニケーション能力も養われます。

このように、人間性と密接に繋がる趣味を理解できないということは、その人自身を否定することにも繋がります。

ただし、理解できないことが悪いわけではありません。

合コンが趣味な男性には彼女は不満を抱くでしょうし、ダンスが好きな彼女が夜中のイベントに行くことは彼氏も許可したくない気分になると思います。

要は、どれだけ相手の趣味を理解するよう努力できるかが肝心なのです。

もう無理だ、理解できないと諦めたときに別れという道を選ぶのです。

お互いの両親・身内が仲が悪い

お互いの家族が上手くいかない時は案外よくあります。

そして、別れるきっかけにもなりやすいのです。

本人同士がどれほど愛し合っていても、親は子が心配なものです。

つい余計なことを詮索してしまいます。

その代表的例として、お相手のご両親は何の仕事をしているか、どのようなしつけをしてきたか、家系はどうなのか、などなど。

いくら本人同士が親を説得しても、中には聞く耳を持たず相手の親を批判する人はたくさんいます。

しかし、何を言っても愛する家族です。

最も大切な人たちが批判するとなれば、徐々に恋人同士の本人たちも洗脳されてしまいます。

そうなると、恋人同士の当事者たちも、相手の家族に不安を抱き、喧嘩へ発展して別れてしまう、ということなのです。

暴力を振るわれた

最後の別れの原因、暴力です。

これは論外で別れるべき内容ですよね。

昔は「ラストフレンズ」なんていう長澤まさみさんと錦戸亮さんのドラマが大ヒットしました。

題材はズバリ彼氏のDVです。

暴力をふるう人と振るわれる人、このカップルがなぜか続いているのをよく見ます。

それは、暴力をふるう本人はそれが暴力やDVだと気づいてないからです。

DVは意外と気づかない人が多い

気づかないというのはどういうことか。

つまり、手は出しているが相手を愛しているのには変わりないので、その後に優しく接して心から謝るのです。

本人たちは普段の喧嘩と同じだと感じているのです。

そして、振るわれた側もまた、なんども同じ事をされると感覚が麻痺してしまい、それが普通だと考えてしまうのです。

さらに、その後の優しい面を見ると、この人は本当は悪い人じゃないと感じ、離れられなくなるのです。

完全に依存状態ですが、実際この日本で頻繁に起こっていることなのです。

そんな中でも、もう限界だと感じて依存から抜け出せた人は別れを選択するのですね。

️彼女と別れた時はどうすればいい?

彼女と別れる原因は様々ですね。

共感してしまうものはありましたでしょうか?
カップルにはカップルの数だけ在り方が存在します。

自分の別れた原因が無かったからといって、自分の判断を疑わないようにしましょう。

では、彼女と別れて傷心のあなた、これからご紹介する方法で自分を慰めてあげましょう。

リフレッシュする

まずは、しっかりとリフレッシュしましょう。

リフレッシュとは、気持ちを新たにすることです。

自分が振った振られた関わらず、あなたの心は傷ついています。

男性は、別れたすぐは解放感に溢れ幸せいっぱいだと思います。

今もそうかもしれません。

それは悪いことではなく、むしろ素晴らしいことです。

自分のことは自分で幸せにするべきです。

しかし、1ヶ月、2ヶ月、、と過ぎていけば、徐々に苦しい感情が芽生えてくるかもしれません。

そんな時は、心を一旦休めてあげて、新たな気持ちで前進できるようにしましょう。

とりあえず心を休ませよう

心の休養は身体に直に伝わります。

好きの度合いに関係なく、一緒にいて自分を認めてくれていた人が急に一番遠い存在になったのです。

気づかないところで心は疲れていて、あなたにSOSを送り始めます。

ですので、心が落ち込み切ってしまわないためにも、あまり無理をせず、自分の素直な気持ちを受け入れてゆっくり前を向きましょう。

時間が解決するという言葉は無責任ですが、私の長い経験上、確実に時間は解決してくれます。

彼女ことは忘れる

そして、難しいことかもしれませんが前の彼女のことは忘れてしまいましょう。

振られた人は、別れたすぐなんて絶対に彼女以外愛せないと思いますよね。

それは女性も同じです。

あんなに好きだった人、好きになってくれる人はもういない、なんて思ってしまいいつまでもやりきれない気持ちに苛まれます。

また、忘れよう忘れようと思っても逆効果になります。

彼女のことを忘れようと思っている時点で、彼女のことを考えてしまっているのですから。

では、彼女を忘れるためには何ができるでしょうか?

仕事や趣味を楽しもう

定番ですが、今の仕事や自分の好きなことに全力を注ぎ込んでください。

仕事なら今よりいい成績を出す、新規案件をたくさんとる、提案資料をいつもより多く作る、場合によっては副業を始めてみるなどです。

仕事は頭を使いますので、知らないうちに、彼女のことを考えない時間が増えていきます。

また、趣味に没頭することもおすすめです。

最初は手につかないかもしれませんが、読書や映画などは特に、物語に引き込まれついそっちで頭がいっぱいになります。

また、スポーツの場合は逆に何も考えずにすみます。

がむしゃらに体を動かしているうちに、汗と共に彼女への思いも流れていくはずです。

そして、そんな熱心なあなたのことを素敵だと思う女性もきっと現れます。

新しい恋を見つける!

彼女への思いを消す究極の方法、それは次の恋です。

女性の間でよく言われている言葉に「男の傷は男で癒せ」というものがあります。

これは、「愛する男の人を失ってしまったなら、それ以上に愛する男性を見つけてその人を忘れてしまおう」という意味です。

これは男性にももちろん当てはまることです。

彼女との別れで傷ついた心は、違う女性に恋をすることで自然と気にならないものになります。

そして、次第にその女性のことで頭がいっぱいになり、前の彼女のことなんて全く考えないようになるのです。

出会いを求めて出かけよう

そんなことは言っても、なかなか出会いなんてないですよね。

出会いは作るものです。

自然に運命の人が現れるのは、悲しいですが漫画の中だけの話です。

しかし、現実には漫画よりも多くの出会いの場があります。

新しい職場、新しいアルバイトなど新しいコミュニティはもちろん、合コン、相席屋、街コンなど今は婚活を支援するサービスもたくさんあります。

最初は少し抵抗があるかもしれません。

そんな時は、合コンに参加することから始めて、出会えたらラッキーぐらいの気持ちでゆったり構えましょう。

友達に紹介してもらうのも◎

一番安心で手っ取り早いのは、信頼できる友達に紹介してもらうパターンです。

自分から求めなくとも、周りの友達が「別れたなら紹介してやる!」という風にバトンを振ってくれるかもしれませんね。

また、友達に少人数の飲み会や遊びを開いてもらうのも手です。

彼女はできないかもしれませんが、それだけで心が紛れますし、みんなでいると楽しいことも間違いありません。

今述べたような色々な方法で、自分自身を癒してあげるようにしてくださいね。

️彼女と別れた時にとってはいけないNG行動

では、大好きな彼女と別れた男性がやりがちな、しかしやってはいけない行動とはどのようなものでしょうか?
もし復縁を望むのであれば、このような行動は必ずやらないようにしましょう。

連絡を取り続ける

一つ目、別れた彼女に連絡を取り続けること。

これは相手からするとただのストーカーです。

別れたのに頻繁に「何してるの?」や「会いたい」など連絡来ると、女性も恐怖を感じてしまいます。

そもそも、女性は好きな人ができたから男性と別れた可能性もありますので、もし新しい恋人がいればトラブルに発展してしまいます。

もしどうしても連絡を取りたいのであれば、別れたすぐではなく数ヶ月後など少し時間を空けてから連絡してみましょう。

その頃には、もしかすると相手の女性も寂しくなってきた頃かもしれません。

そして、また会いましょうという話に持っていける可能性はグンと高くなるでしょう。

軽い気持ちで他の女性と遊ぶ

別れたからと言って、女遊びに溺れてはいけません。

前の彼女からだけでなく、他の女性からも印象を悪くしてしまいます。

別れた後に、女遊びに走る人は少なくありません。

お金を払って夜のお店に行く分には、個人の自由ですのでそこまで女性も気にしません。

しかし、自分のコミュニティ内や狭い仲間内で女性を遊び散らかす人をたまに見かけます。

彼女と別れて辛いのはわかりますが、見ていてこちらが痛々しくなるほどです。

また、辛いからだけではなく、今まで彼女と長く付き合っていたために、女遊びをした事がない人も、急に遊び出す傾向にあります。

突然自由になってしまった男性は、手持ち無沙汰でとりあえず欲求を埋めようとするのですね。

しかし、せっかく出会いを求めているのに、周りの女性から遊び人だと思われてしまったら、新しい彼女をつくるなんて不可能に等しいです。

とはいっても、少し羽を伸ばしたい男性もいるかと思います。

そんな人は、合コンやキャバクラに行くにしても、そんなにがっついていない、自分は人数合わせだ程度の態度で臨むのが無難でしょう。

めんどくさいですが、女性は男性の女遊びに敏感です。

初めから恋愛対象外にされないよう、その辺りは気をつけるようにしましょう。

お酒やタバコなど奇行に走る

最後は、過度の飲酒や喫煙、その他社会的に良くない行動をとることです。

お酒やタバコは個人の自由ですので、限度を超えなければ良いストレス発散になるので良いかもしれません。

しかし、ストレスのあまり限度を超えてしまえば、身体はみるみる不健康になりお金も使ってしまいます。

タバコなんかは、あまりにも吸いすぎると歯も黄色くなり、口臭の原因にもなりますので良い事がありません。

こうなると、前の彼女も余計遠くに行ってしまい、いよいよ復縁は不可能となるでしょう。

何事もほどほどが良いのです。

また、警察のお世話になるような奇行は必ずやめましょう。

例えば、暴力沙汰を起こす、飲酒運転を繰り返すなどが代表的です。

世間の迷惑になる男性は、女性からすれば素敵な人ではありません。

今一度自分が自暴自棄になっていないか考えてみましょう。

️彼女と別れた理由…男性はもう一度考えてみて!(まとめ)

いかがでしたでしょうか?
彼女と別れる原因はここに書いただけでも本当に様々でしたよね。

よく聞くものから意外なもの、自分に当てはまるものはありましたか?
そして、彼女と別れた後の対処法。

傷ついた男性陣には是非オススメです。

是非、この記事を参考に別れのショックから立ち直り、次の素敵な恋愛に向けて自分磨きを怠らず前を向いてくださいね!