よくあることですが、何かを決めてもらう時に、なかなか結論を出してもらえない時があります。

ちゃんと決定権を持った上司がいるのですが、その上司がもったいぶってOKを出さないのです。

何か重大な問題やら欠点がある訳ではないのですが、判を押してくれないことがあるものです。

こちらが急いでいる時にはイライラしてきますが、やはり了解を貰わないと組織的に次のステップに進まないからです。

理由を聞いてみると、その上司の片腕と言われているキーパーソンが出張で不在で、彼の意見を聞くまでは承諾できないという、大人げない返事だったのです。

そのキーパーソンというのは、まあ簡単に言うと得意先の社長の御曹司で、経験を積むためにしばらくの間雇われているということなのです。

こんな事例に当てはまらなくても、それぞれの仕事の関係先で、キーパーソンと言われる重要人物がいるものです。

肩書だけでなく、能力的・経験的に知識や実績が豊富で、何かを判断する時に貴重な存在となっているのです。

一番頼りになることは、大きな失敗に通じる経験を持っていることです。

新しいことにチャレンジする時には、このようなキーパーソンの助言が大いに役立つのです。

大きなトラブルの予兆を見つけ出す能力が高いのです。

安全に着実に進めていきたい時には、キーパーソンとなる人のゴーサインが欲しいのです。

キーパーソンの肩書は様々ですが、どんな分野でも必ず見つかる存在でもあります。

キーパーソンの意味は?

キーパーソン(key person)とは、その字の通りカギとなる人物のことです。

会社の組織や何かのコミュニティの集団の中で、何かを判断したリ取り決めたりするときに、重要な働きをする人物のことです。

企業では、事業を着実に推進していくために、組織内で活躍できるキーパーソンを育成しているところもあります。

大手企業でもそうですが、中小企業においては仕事の中核になる人物にキーパーソンと言われる人が多いようです。

個人で事業を興した人物こそ、事業の中核となるキーパーソンそのものなのです。

大手企業でも、いわゆるその部署のプロデューサータイプの人材は、ここでいうキーパーソンであると言われています。

重要人物


キーパーソンと言われる人材に期待されることは、個人的な能力が高いことはもちろんですが、その業界での人脈も太くて業界の中でも信頼が厚い人物であることです。

中小企業であれば、その企業の特殊な技術力や商品を開発し、それを活かしたグローバルな展開を企画できる幅広い知識も重要です。

社長も一目置くような存在なのです。

場合によっては、そのキーパーソンが会社の命運を握っていると言っても過言ではないようです。

ある経営コンサルタントの会社が、中小企業でのキーパーソンの存在する割合を調査したところ、従業員が101~300人規模では平均5人ぐらいの割合であったそうです。

10人以下の企業では0人の企業も多かったのですが、この場合は社長自らキーパーソンの場合が多いそうです。

このように重要視されているキーパーソンですが、実際にどのような業務を行っているかというと、一般的な企業では営業や財務、経理、製造など企業の中核の業務が多いようです。

業種別では、製造業では生産・製造や研究開発に、運輸業・卸売業・小売業・サービス業では人事・教育の業務に重要なキーパーソンを置いているようです。

大きな影響を及ぼす人物

個人商店では、社長自らキーパーソンである場合が多く、その会社の経営全般を統括していると言えます。

個人商店では、もちろん大きな影響力を持っているのです。

大手企業や中小企業ではどうでしょうか。

どのような影響力をもっているのでしょうか。

そのあたりを考えてみます。

周りの誰もが認めるキーパーソンの強みである能力とは、実行力、判断力、リーダーシップの3点があげられます。

これらを並べると、その企業の経営者の能力と酷似していますが、それ以外にも経営者にはない専門的な知識や技術力も兼ね備えている場合が多いようです。

リーダーシップをとってみんなを引っ張っていく時には、実行力や判断力だけでなく、技術的な最新のトレンドや専門的な技術開発に関する知識も持っていることが不可欠なのです。

社内でも社外でも、堂々と技術論や経営論議ができる能力が必要なのです。

これがあって、みんなからキーパーソンとして認められるのです。

キーパーソンの特徴

キーパーソンに期待されることは、もちろん企業が発展して行くことを支える役割です。

いろいろな部署に散らばっていますが、企業の事業の推進には不可欠の存在なのです。

それらの様々なキーパーソンの特徴としては、
①所属している事業部全体を束ねることができること
②社長の信頼が厚く、社長の側近として相談相手にもなれること
③その事業部の収益向上に貢献できること
④新規の事業の提案ができること
⑤その事業部の市場拡大ができること
⑥財務・経理・人事にも精通していること
などがあげられます。

もちろん上記のことを推進していく上では、人間的な信頼が厚いことも必要です。

次には、それぞれのキーパーソンの性格的なことも考えてみました。

人を惹きつける


どことは言えませんが、何故かあの人は人を引きつける魅力があると言う時があります。

キーパーソンと言われる人には、こんな魅力も兼ね備えているようなのです。

とにかく優しくて話がしやすいという人や、思いやりがあって親切という人もいます。

分からないことがあって聞きに行っても、「こんなことは自分で調べろ!」と怒鳴られることはありません。

難しいことも分かりやすく、わたしの能力に合わせて簡潔に説明してくれるのです。

そのたびに、「なるほど、そういうことか」と一発で理解できるのです。

複雑な推理小説の謎が解けたように嬉しい気分になるのです。

所属している組織の何かのパーティーが会った時に、雑談をしても話題が豊富でいろんな興味あることを、ユーモアを混ぜて話してくれるのです。

話を聞いていても飽きないのです。

仕事の成功談だけでなく、失敗談や失恋のことも隠さずに披露してくれるのです。

自分の弱点や欠点も堂々と明らかにするのです。

そういうことを話していても、キーパーソンの人に共通なことは、何かの目標に向かって一生懸命であることです。

若い時の受験勉強や資格を取ること、入社したころに壁にぶつかってそれを上手く乗り越えてきたことなど、決して諦めることをしない意思の強さと実行力なのです。

決してネガティブな考えは持たなくて、常に前を向いて行動するポジティブさがあることです。

このあたりの性格が、みんなを引きつける要素だと思えました。

聞き上手

2~3人で立ち話をしていても、何かの話題になったとたんに一気にまくしたてるように話を奪い取る人がいます。

他の人の迷惑を考慮せずに、大きな声で感情と身振りを加えて長々と一方的に話をするのです。

まあ一般的には。

あの人は話し好きだと表現しますが、わたしたちの話も聞いてよ!と言いたくなるものです。

人間というのは、孤独に耐えられないようになっています。

誰かと話したいという欲求は強いのです。

ましてや、しばらく会っていない人に出会うと、話したいという欲求が前に出てくるのです。

そして、誰かに話したいと思っていたことがあって、それに関連した話題になると堰を切ったように話し出すのが一般的なのです。

しかし、キーパーソンと言われるような知識や能力の高い人というのは、いろんな情報を知りたいという潜在的な欲求を持っているのです。

だから、いろんな人からいろんな情報を聞き出したいのです。

つまらないことでも、何かのヒントになるのではという興味があるのです。

だから、決して人の話をさえぎりません。

ただ、間違った情報の場合はやさしく訂正します。

何かの相談とか疑問をぶつけてきた時には、一生懸命聞いてあげるのです。

分かりにくいところでは、逆に細かく聞き直したリしますが、相手が話したいことは全て聞いてあげるのです。

そのうえで、必要なことを簡潔に回答するのです。

キーパーソンは、聞き上手なのです。

観察眼が優れている

キーパーソンは、たとえ雑談をしている時でも、相手の話をよく聞いているということを書きました。

聞き上手であることは、キーパーソンの特徴なのです。

なぜこんなにも聞き上手であるかというと、話をしている人に対する興味と、何か新しいことを知ることができるかもという興味からです。

ただ、私たちのように淡々と聞いているのでは内容です。

というのも、キーパーソンは観察眼が優れているのです。

単なる現象と思っていたことでも、実は何かの新しい現象の予兆で会ったり、トラブルが起こる寸前かも知れないということを見極める能力を持っているのです。

何かのトラブルが起こった時に、その現場にいち早く出かけて行って現場を観察するのです。

普通の人が気にしないところでも、詳しく観察するのです。

そこにはトラブルが起こる間接的な原因となったことが発見できることがあるのです。

目に見える範囲を観察することで、原因を探るキッカケを見つけることができる観察眼を持っているのです。

褒め上手

キーパーソンと言われる人は、褒め上手でもあります。

小さい頃から何かをすると「良くできたね」と褒めてもらうと嬉しかったことを覚えています。

自分では最高に上手く出来たと思っていても、誰も褒めてくれないと寂しいものです。

お世辞でもよいので褒めて欲しいのです。

大人になってからは、それほどたびたび褒められることはなくなりました。

逆に、叱られたりけなされたりすることも増えました。

大人だから仕方がないと言われればそれまでなのですが、褒められることが少なくなったり、褒めることもあまりなくなりました。

しかし、疲れた時には子供のように「頭を撫でながら褒められたいなあ」と時折思うのです。

褒めることによって、褒められた相手は良い気分になって物事がスムーズに進むという効果もあるのです。

ちょっと人間関係がギクシャクした時には、関係修復にもってこいの方法でもあるのです。

褒められると脳内ホルモンのドーパミンが分泌されて、幸せになるようです。

しかし、褒めると言ってもどんなことを褒めたらよいのか難しいのです。

あまり簡単なことを大げさに褒めると、その人をバカにしているようで逆効果になります。

褒めるところを見つけるのは、キーパーソンは得意なのです。

なぜなら、普段から人の良いところを見つける観察力を身に付けているからです。

だから、この人のどんなところを、どのように褒めるかもちゃんと判断できるのです。

同じ組織の人間なら、今後の仕事が上手く進むように、そんなことまで考慮して褒めるのです。

キーパーソンは褒め上手です。

共感力が高い

キーパーソンは聞き上手と書きました。

相手の言いたい事や疑問、理不尽なことなどをキチンと聞いてあげることができるのです。

なぜ聞くのが得意かと言うと、いろんな意見を幅広く聞いて参考にすることと、何か自分が知らないことがないかどうかも確認したい気持ちがあるためです。

常に向上心があって、少しの何かの予兆を見逃さないようにという気持ちもあるのです。

そして、相手がいろいろと話し出すと、黙って聞いている訳でもありません。

納得いかないところは聞き直したリ確認したりして、話の全体像をしっかりと掴むのです。

時には、相手の言うことに共感することもあります。

「あなたの意見はもっともだ」とか、「その気持ちはよく分かります」などと相づちを打つことも得意です。

しかし、本当の共感力とは相づちを打つことではないのです。

本当のキーパーソンとは、相手に「この人だったら、自分のいうことを分かってもらえる」と信頼させることができる人なのです。

問題点や意見を話しているうちに、この人なら真剣に考えてくれると共感することなのです。

いつも人の中心にいる

キーパーソンは、いつも多くの人に取り囲まれています。

いろんなことを聞いてもらいたい人や、新しい情報を知りたい人など様々なのです。

大きな組織の中で仕事をしていると、組織全体がどの方向に進んでいるのか、わたしたちを取り巻く環境はどのように変化しているのか、近い将来の展望はどうなのか、など知りたいことは山ほどあるのですから、キーパーソンの周りにはいつも集まります。

キーパーソンはいつも人の中心になってしまうのです。

明るい性格

明るい性格と合わせて、ポジティブな考え方を持つ人が多いようです。

何か疑問に感じたことでも、きっと上手く行くよと前向きなのです。

そして、その理由もキチット補足するのでみんなは納得して安心するのです。

だれも、不安な時や見通しが不安定な時には、気持ちも落ち込んで暗くなります。

そんな時にキーパーソンが明るく将来を語ってくれると、心の中が明るくなって安心するのです。

しかも、明るさだけでなく、細やかな心遣いもできるのです。

不安を抱えている人には、しっかりとフォローして明るく支えるのです。

明るい性格の人は、行動もアクティブで、職場の雰囲気も明るく変えることも得意です。

気力が落ちてネガティブになった人にも、持ち前の明るさで活力を与えるのです。

この性格こそ、キーパーソンの特徴なのです。

誰でもキーパーソンになれる?

誰でもキーパーソンになることができるのでしょうか。

少なくともこれから説明することを実行できることが必要なのです。

これらが実行できれば、あなたはみんなに囲まれて、話の中心に座ることになります。

後は、実績と知識を積み上げて行って、信頼されることがポイントです。

キーパーソンというのは、社内外に認められることも必要だからです。

会話術をものにすればなれる

人との会話が苦手だという人も多いはずです。

以前に、何かのスピーチでコケてしまった経験があるとか、恥をかいた経験があるためです。

話をすることに不安感を抱えているのです。

キーパーソンになると、人前で話をする機会は増えるのです。

会話が下手ではキーパーソンにはなれません。

人に好かれる会話術を身に付けておくことです。

会話術と言えば、キーパーソンはユーモアにも長けています。

時にはユーモアを交えて相手を引き付ける会話が目標です。

早口で喋ってしまって、話のネタが無くなってしまって無口になってしまったこともあるはずです。

間が開いてしまって、気まずくなったりと、失敗談も多いはずです。

ではどうやって会話をしていけばよいかを探ってみました。

いくつか話題を考えておく

うまく会話を続けていくには、話題が途切れてはダメです。

かといって、下手なコメンテーターのように「あ~」「え~」と母音をただ並べて間を持たせても面白くもありません。

白けてしまうだけです。

そんな時の対策に、いくつかのジャンルでの情報を覚えておくのです。

ネットや雑誌、新聞などに目を通して、どんなことが話題になっていて、世間ではそれをどのように理解しているのかということを覚えておくのです。

国内外の重大事件や身近な政治の話、芸能関係の話題やスポーツの情報など、これらの最新の話題を覚えておくのです。

そして、専門的な分野の情報、最新技術の開発動向なども目を通しておきます。

話し相手によってどのような話題を振ればよいかはその時に判断しますが、これらの情報の中でもテレビや新聞で一面に取り上げられたことは記憶しておくのです。

そして、話の話題がどんな方面のことになっているかを判断して、自分の掴んでいる話題を披露すれば良いのです。

専門的なことを話している時に、誰かが芸能人の不倫の話とかが出てきても、すぐに相づちを打ったリコメントできれば充分です。

もし、自分が話したい情報があれば、またその話題を引き出して自分のペースに持ち込めば良いのです。

その時に注意することは、誰かの話を途中でさえぎってまで話に割り込まないようにしてください。

聞き上手もキーパーソンの大事な条件です。

【会話のレパートリーを増やすには、こちらの記事もチェック!】

少し大きめの声で話す

小学校の時に、内気でおとなしい子供には先生が「大きな声を出しなさい」と注意したものです。

もともと内気な子供は、人前で話をすることが苦手で、言いたいことも我慢してしまうのです。

だから、やっと声を出しても小さくて聞き取りにくいのです。

大人でも、口ごもる様に口をあまり開けないで話す癖の人もいます。

こんな人と会話をしていると、時々聞き取りにくいことがあって、再々確認すると失礼かと思ってしまうのです。

しかし、大きな声で話すと、何か威圧的な感じがして、叱られているように思ってしまいます。

怒って話をしているようで、びくびくしてしまうのです。

大きすぎるのも問題だと思います。

そこで、大きな声と言う意味を考えると、ボリュームを上げて話すことではなくて、実は相手が理解できるような声で話すという意味なのです。

自分が相手に何を伝えようとしているのかが分かる大きさの声ということです。

そのためには、普段より少し大き目の声で話せば良いのです。

あまり大きな声で話すと、威張っているようで、上から見下しているように思えるので注意が大事です。

話している時は笑顔を忘れない

相手の人が安心して聞くことができるように、話している時には笑顔を忘れないことです。

相手の人が何かジョークを言ったり、面白い話をした時には、歯を見せてニコっと笑って聞いてあげることも必要です。

おまり大げさに表情を作るとかえって警戒されますので、唇の両端をあげるようにほほ笑むのも良いでしょう。

何かのとっておきの話題を紹介して、相手の反応を見ながら喜んでいればこちらも微笑みを返すようなことです。

真剣な話題や重要な情報については、もちろん笑顔はいりません。

しかし、自分が話したことをちゃんと理解しているかを念押ししてから、分かってくれてありがとうというように、笑顔でお礼をするのも良いと思います。

しっかり人の話を聞く

キーパーソンも、自分の得意の話題を長々と話すだけではいけません。

話を独占すると「この人は、単に自慢したいだけなのか」と誤解されることにもなります。

重要なことなら、話の節目ごとに間をおいて、相手が理解してるか確認することが大事です。

理解されていないままで、ドンドン話を進めていって、あげくの果てに「よく分からない」と言われても時間が無駄なだけです。

相手が聞きたいことは何か、じぶんが話したことを理解してもらっているか、自分が説明したことで疑問があることはないのか、などを考えてしっかり人の話を聞くことも必要なのです。

また、相手が言い出しにくいようなことが隠されていないか、ことの本質が明らかになっているのか、などのことは、相手との会話を通して探ることもできるのです。

些細な意見でも、大切なことを秘めているかも知れないからです。

キーパーソンはしっかりと人の話を聞いてあげるのです。

平等に話を振る

何人かの人と話をする時には、特定の人にだけ偏らないように気配りをします。

普段から声が大きくて態度も大きな人というのは、会話に熱が入ると一段と声が大きくなって身振りも大きくなってくるものです。

こんな態度に周りの人は圧倒されてしまい、声を出せなくなるのです。

おとなしく黙っている人でも、問題の核心を捉えている人もいるのです。

このような人は進んで話すことをしないので、このような人にも平等に意見を言う機会を作ってあげるのです。

自分が先導して、「他の人の意見も聞いてみましょう」と他の人に話を振ってみるのです。

それでも口ごもっているような時には、自分の方から誘い水を向けることも必要です。

それに相手も応じて、「実は、こう思うのですが」などと話が続くのです。

同じような結論になると思っても、一応みんな平等に意見を集めて、答えを集約すればみんなも参加したと納得するのです。

口下手のままでもキーパーソンになれる

キーパーソンはみんな話し上手とは限りません。

中には学者肌でおとなしくて頼りなさそうな人もいます。

でも、こんな人でも立派なキーパーソンもいるのです。

では、どのようなところが優れているのか考えてみました。

Shake the talk技法を使う

「Shake the talk 技法」の「Shake」とは振り動かすという意味です。

カクテルを作る時にバーテンが酒やリキュール、氷などを入れて、シャカシャカと振って混ぜる容器をシェーカーと言いますが、話を振るという技法なのです。

この技法は、難しい知識や話題を覚えておく必要もないのです。

準備も何もいりません。

その場その場で対応できる方法です。

初めて参加した会合や合コンでも、このShake the talk技法を駆使すればあなたはキーパーソンのように、話の中心に座ることができるのです。

口下手でも対応できるのです。

では、具体的にその技法を紹介します。

例えば合コンの時など、向かいにいる女性に「どちらから来られたの?」と聞いて「月島です」と言うと、「彼氏を見つけるには、距離が近い方が良いのですか?」と尋ねます。

「そんな事はないです」と言うと、今度はその隣の女性にも同じように「あなたは遠距離でもいいのですか?」と話を振ります。

すると、その話題に食いついてくる女性がいると、住んでる地域の話題やらデートスポットの話題と拡散していけるのです。

このように、話を次々と別の人に振っていきながら話題を見つける方法です。

知らぬ間にあなたが話の中心にいることに気付くはずです。

キーパーソンはこの技法を巧みに取り入れて会話を継続するのです。

話題提供者にならなくてもOK

話を次々と振っていくことで、話題は尽きないのです。

良く人の揚げ足を取って、からかったり非難したりすることがありますが、これとよく似た技法です。

ただし、相手をけなすのではなくて、前向きな話題を拾って行くのです。

聞く人の数だけいろんな回答が集まるのです。

それらをまとめて、あなたが話を集約すれば良いのです。

話題を提供する必要はないのです。

話題が集まってくるのです。

芸能人で言うと、明石家さんまさんのトークがそのお手本です。

ゲストの人達にいろんな話題を提案して、意見や答えを引き出せば良いのです。

次々にゲストに同じ質問を投げかけていけば、いろんな回答が出てくるのです。

それを彼独特の感で結論づけるのです。

あなたも、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

キーパーソンになれたら…

あなたがキーパーソンになれたら、どんなことが起こるでしょう。

ワクワクしながら考えてみてください。

人付き合いが楽しくなる

あなたが来ると、何か新しいことが見つかるとか、楽しいことが起こるのではという期待感があるので、ついあなたの周りに人が集まってくるのです。

にこやかな笑顔で集まってくると、とても嬉しくて得意な顔になってしまいます。

いろんな人との会話も弾んで、人付き合いが楽しくなります。

人脈が広がる

あなたを信頼している人が、いろんな人を紹介してくれるのです。

中には、思いがけないような人脈を持っていたりします。

無口でおとなしい人が、実は大学の同級生に思いがけない人がいたりして、ビックリするような著名人と「オイ!俺だよ」と親しげに携帯で話しているのです。

とんでもない人脈が広がることもあるのです。

コミュニケーション力がアップする

会話力が増しているので、どんな場面に出くわしても、コミュニケーションで困ることはありません。

いきなりある国会議員のパーティーに招待されても、地域の自治会の集会に参加しても、困ることもありません。

臨機応変に対応するコミュニケーション力がアップしているのです。

仕事でも役立つ

もちろん仕事でも大いに役立ちます。

何かの改善策や収益upの具体策を協議するような場面でも、必ず意見を求められるし参考にされるのです。

キーパーソンの言葉は重みがあるためにみんなは必死に聞いているのです。

意見が分かれた時などは、最終的にキーパーソンと言われる人が意見を集約して判断することになるのです。

仕事では、キーパーソンは会社の中核となっているからです。

自分に自信がつく

キーパーソンは、いつでもポジティブな考えを持っています。

難しいことが起こっても、それを良い方向に向かわせて、解決できる能力や雰囲気を持っているのです。

自分だけの力ではなくて、周りの人が一生懸命に支えてくれることもあるので、思った以上の結果を導くこともできるのです。

結局は、それもキーパーソンの実力というもので、自分に自信がつくのです。

影響力ある人物になれる

みんながキーパーソンのもとに集まり、いろんな人脈も揃ってくると、予想もしなかった展開が待ち受けていることにもなります。

自分が計画していたこと以上の展開が始まったり、さらに嬉しい実績が出てきたりと自分でもビックリするようなことが起こります。

これは、キーパーソンに良く起こることですが、知らぬ間に影響力がある人物になっているのです。

会話するのが楽しくなる

いろんな人と会話することが、とても楽しく感じるようになります。

キーパーソンはいつも笑みを絶やさないように努めていると思いがちですが、実はそんなことはなくて、興味のある会話の内容や話題に触れると、自然に楽しく感じて笑みがこぼれるのです。

小さな子供に美味しそうなケーキを差し出した時に、自然に出てくるあの笑みなのです。

この話題は美味しそう、この人は美味しそう、と直感で感じると笑みがこぼれるのです。

キーパーソンになる事で自分をガラリと変えられる

それぞれの分野や立場で、キーパーソンに寄せられる期待は違っています。

商売の世界では、いかに良いものを安く仕入れるか、そしていかに高く売り切れるかがポイントであり、そのために仕入れ部門、営業部門、財務・経理部門でのキーパーソンが存在しているはずです。

開発型企業では、研究部門や製造部門で、最新の情報や知識を持ったキーパーソンもいますし、グローバルな展開をしていくなら語学や交渉に長けたキーパーソンもいるはずです。

そんなキーパーソンになると、自分の考えと異なる考えを持った人達とどのように向き合っていくのかが課題になります。

単に感情的に判断したリ、理詰めにして説き伏せても組織はスムーズに動かないこともあるからです。

今までの自分では足らないことも多いのです。

自分をガラリと変える決意が必要なのです。

そのためには、人の話をよく聞くことと観察することです。

相手の簡単な言葉の裏に隠されている本音や真実も、しっかりと見つけ出して対応してあげるのです。

自分の意見を押し付けてはいけないのです。

みんなと共感する気持ちが大切なのです。

この人だったら信用できるという気持ちにさせるということです。

自分の殻を破って、新しい自分に変えるチャンスでもあるのです。