CoCoSiA(ココシア)

慢心してしまう人の12個の特徴とデメリット


世の中には、慢心していまう人が多々います。

慢心している人の特徴は、根拠のない自信に満ち溢れているところです。

自分は、他の人間よりも優れていると思い込んでいる。

本当に優れている人は、自分で自分が優れているとは絶対に思いません。

慢心することは、良い時と悪い時があります。

慢心することは、自信過剰になることです。

世の中は、自信過剰になることで今まで出来なかった問題を解決する強みにも変わります。

しかし、それは極一部であって、慢心することは、失敗することの方が多いです。

独りよがりで根拠のない自信は、自分のことを過大評価しているだけであり、実際には、何ひとつ出来ない。

自信がない人ほど、慢心してしまうのです。

慢心することが癖になると、自分でも治すことができません。

慢心している人の周りは、自然と人が離れてしまいます。

慢心しない人になりましょう。

この記事の目次

慢心は捨て去ろう!

慢心することはデメリットが多いです。

自分の近い存在が慢心している人であったら、どのように感じますか?

正直「話が噛み合わずに疲れる人だな」と感じるはずです。

慢心することは、自分の意見を100%と正しいと自信を持っている人です。

忠告やアドバイスを聞く耳を持っていません。

慢心している人は、団体行動に向いていません。

世の中は、学校でも近所付き合いでも、職場でも多くの人と出会いコミュニケーションを必要とします。

慢心な人は、人間関係で常にトラブルを引き起こしてしまいます。

周囲からも距離を置かれることで孤独を感じてしまいます。

世の中は、人間関係が全てと言っても過言じゃありません。

自分の意見と異なっても、聞く耳を持つことが大事です。

慢心でいることは、自分自身もストレスを溜めることになり良い結果になりません。

慢心は捨て去り、誰からも好かれる人になりましょう。

慢心とは?

慢心は、驕りたかぶることを言います。

驕りたかぶることは、自分が偉い、自分が正しいと周囲にまき散らしている姿のことです。

簡単に言えば、自信過剰な人のことです。

何故、慢心になるのか、それは育ってきた環境が大きく影響しています。

子供の頃に甘く育てられた結果、慢心な人間になってしまった。

大人になり事業が成功して地位と名誉を手に入れたら慢心な人と呼ばれるようになった。

慢心な人は、生まれたときから慢心な人間ではありません。

間違えたことを否定されないで育つと「自分は偉い」と思い込んでしまうのです。

慢心な人は、政治家や会社の役職クラス、芸能人の子供に多いかもしれません。

仕事でも「鶴の一声」という言葉があります。

ある立場の人がNOと言えば、今まで議論をしてきてもNOに従うしかない状況。

同じ立場になってコミュニケーションがとれない人間は、孤独なものです。

孤独だからこそ、余計に慢心になってしまうのです。

慢心の類義語

慢心の類義語は、過信、自負、生意気、恐れを知らない、過剰な自信、過ぎた誇り

唯我独尊、独善的態度、自信満々、大な自己肯定、身のほど知らず、自戒を忘れる

律し得ない、悪徳の一つ、驕慢、上から目線などがあります。

「あなた慢心な人ね」と、あまり言いません。

ですが、「あなたは生意気ね」「あなたは身の程知らずね」「自信満々な態度ね」など言うことがあります。

仏教では、回心(えしん)」と表現する事があります。

意味は、性格が変わり慢心から逃げることはできなくても、慢心に気づくことで変わるキッカケになる。