平成生まれの平成育ちの若者にとったら、かつての日本にあったものが物凄い文化の大発見かのような錯覚を覚えることは大いにあり得るかも分かりませんね。

今回ご紹介致します「火鉢」。

これって一体何をするための道具?と思うのはいとも当然の疑問かもしれませんね。

まさかこの「火鉢」が当時の暖房器具であって、それも高額所得者にしかなかなか持てなかった代物であるとは誰も思わないでしょう。

それでは「火鉢」を代表にしてこの古き良き時代の日本の文化というものの一端を触れていきましょう。

昔ながらの日本文化をのぞいてみませんか?


皆さんはドライブや日帰り旅行で里山や民族文化館のような昔の人々の暮らしぶりを展示している施設を見学したことはありませんか?

昔といってもほんの50~60年前の話です。

日本が戦争に負ける前後の頃合いの話しです。

電化製品が当たり前ではなかった時代の事です。

例えば電気炊飯器。

ものすごく便利ですよね。

さっとお米をといで本体にセットしてスイッチを入れるだけで美味しいご飯が炊きあがります。

ところがそんな便利なものが出来る前まではご飯を美味しく炊くのも一苦労だったのです。

土間に大きな釜を用意し薪や石炭を熾して火を起こしご飯をせっせと炊いていました。

火の加減次第ではご飯を炊くのは失敗します。

当時のお母さんたちにとったら男尊女卑の中、懸命に時間をかけてご飯炊きに勤しんだのです。

そのような日本の習わしや風習を知る人は今や少数派になってしまったでしょう。

しかし、そのようにして手間暇かけて炊きあがったご飯はおこげがあったりして格段に「美味かった」のは間違いないのです。

これが「おふくろの味」と呼ばれる所以でもあったのです。

このような古来から守られ踏襲されてきた日本の文化。

今からのぞいていってみましょうね。

歴史を知ることは大切なこと

古来から受け継がれてきたもの、つまり歴史を知る、ということは人間が正しく生きていく上において非常に大切であり重要な事になるのです。

よく「歴史は繰り返す」などと言いますよね。

これなどはいかに人間が歴史から学んでこなかったか、あるいは時間の経過と共に過去の痛い教訓を全く生かしていないか、がよくわかる出来事です。

歴史を知り、それを今の生活に生かしていく。

これは今後も綿々と受け継がれていかなければいけない私たちの義務でもあり人生訓でもあるでしょう。

先人から学ぶことがある

私たちの先人は過去に愚かな「戦争」という行為を働きました。

戦後、当時の人達はもう二度とこの悲惨な毎日を繰り返さないために懸命になって働き驚異的な経済成長を遂げてきました。

ここで私たちは学ばなければならないのです。

戦争を起こしたのも私たちの先人。

驚異的な経済発展を遂げてきた時代の人達も先人。

この両者から良い面、悪い面を客観的にかつ偏った思想を排斥しながら明日の日常のために生かしていななければいけないのです。

よってその気になれば過去の歴史をひも解いて学んで行ける教材がゴロゴロあるという訳なのですよ。

私たちの祖先を知れる

また私たちの祖先について研究していくのも歴史を知る上で大いなる起点となるでしょう。

そもそも祖先の方たちが存在しなかったら、今現在の「私」という人間はこの世に誕生しmなかったわけですからね。

だから先祖のルーツを知り、それを思いやって感謝する気持ちを持つことは今後のあなたの人生を考えるに当たって、決して無駄なことではないでしょう。

ただ、だからといって無理下りに先祖を奉ったり神格化する必要もないと私は思います。

それは現代社会がかつてのような大家族構成ではなくなり「個人」が尊重される時代になったからでもあります。

先人たちの時代背景をそっくりそのまま今の時代に当てはめたら大混乱を起こしてしまいそれこそどっちが正しくてどっちが悪い、などという次元の低い論争になってしまいますからね。

要するに歴史に脈々と受け継がれてきた、生きていくための「知恵」というものを先人の歴史から感じ取ることだと思っています。

身の回りのものに感謝できる

先祖を知り、先人から学ぶ姿勢を身につければ自ずと身の回りのものに感謝できる考え方が育まれてきます。

それは家族以外の人達の生き様や人柄、人間性などに接することによって自然と芽生えてくる人間誰もが持っている「感受性」というものが働いてくるからです。

人は発育段階における環境がその人の人格形成に大きな影響を与えることは周知の事実です。

周囲の人が人懐こく、笑顔で優しく接してきてくれる環境ならばその通りの性格が成長していってくれます。

反対に人の悪口や愚痴、文句、嘘、暴力を幼い頃から受けて育てば、それが当たり前なんだ、と大脳に学習され刷り込まれてしまうのも必然の行動様式なのです。

大人になってから周囲の人に感謝し、労を惜しまず働ける人。

反対に児童虐待やDVDに訴えるしか生きる術を持たない人。

皆、育ってきた周囲の環境が大きな要因を持つことを誰も否定できないでしょう。

昔から「蛙の子は蛙」といいますね。

見習うべき人(両親)がどのような生き様を自分の子供に見せてゆくか。

ここにその子供が将来、周囲のものに感謝できる人間になれるかどうかのカギを握っているでしょうね。

海外ばかりじゃなくて日本にも興味を持ってみよう

日本は敗戦後、すっかり西洋かぶれの国になってしまいましたね。

別にそれがいい事だとか悪い事だ、とかは言いません。

海外に広く目を向けることは、それまでの凝り固まった生活様式を見直し、新しい未来に向かってゆく希望と活力を植え付けてくれたのですからね。

ただ、だからと言って日本の文化が全く役に立たないものばかりか、と言えば全然そうではありません。

むしろ、忘れてしまった日本の良き伝統、文化・風習は山のようにあるのです。

電卓やパソコンが当たり前の今の時代。

なのにどうして「算盤」は絶滅しなかったのでしょうか?

そこには人間の脳を合理的に鍛える素晴らしいメソッドがたくさん、盛り込まれていたからです。

写経と呼ばれる般若心経を書き写す教室が静かなブームのようです。

これも一点に集中して物事に取り組む脳のある部分を磨くのにうってつけだからでしょう。

日本人の賢さは「読み書き算盤」にあったのは密かな大発明であったかもしれません。

読んで書いて指ではじいて計算する。

人間の五感を合理的に駆使して脳力を磨いていたのです。

だから今の時代になっても廃れないのでしょう。

いいものは文句なしにいい。

これがいつの時代になっても受け継がれる日本の素晴らしき伝統文化の一端なのでしょうね。

一度、海外にばかり目を向けないで日本のものにもじっくりと目を向けてゆきませんか?

火鉢って知ってる?

さて、ようやく今回の本題にたどり着きましたね。

皆さんは「火鉢」というものをご存じでしょうか?

当然ながら今の時代、畳から椅子、テーブルに生活様式が変わってしまったのですから火鉢を持っている家庭というのはほぼないのではないでしょうか?

特に都心部においてはほぼゼロというのが実情でしょうね。

それではじっくりと「火鉢」についてご紹介して参りましょう。

博物館や郷土資料館で見たことがあるかも

「火鉢」の解説に入る前に、身近なところで見たことはないでしょうか?

昭和の頃のホームドラマや時代劇を見ている人ならば何気なく見ている事があるかも分かりませんね。

またはドライブや日帰り旅行でその地域の博物館や郷土資料館などに入った時に目にはいったかもわかりませんね。

形的には大亀のずんぐりしたような形です。

地面の接点は小さく上に行くにつれて開放部が大きくなります。

そしてその中にはたくさんの量の灰があります。

これが基本的な火鉢の外見ですね。

博物館や郷土資料館、テレビなどで見かけるチャンスがあったなら是非ともじっくりとご覧になってくださいね。

まずは何に使うものか想像してみよう

じっくりご覧になったなら、まずこの物体、いったいどういう使い道をするのか。

それについて考えてみましょう。

平成生まれの方たちならば恐らく今まで見た事もない置物でしょう。

しかし置物にしては丈夫で頑丈で重いです。

そりゃそうです。

この置物は「暖」を取るために危険を最大限に防止する事と、暖かさを追求するための相反する特徴を一挙に備えているのですからね。

実際、機会があったなら「火鉢」に近寄って手を当ててみることです。

何とも言えないあの暖かさ。

何か下の方からじわっと優しく暖めてくれているかのような錯覚を起こさせてくれる感じがします。

そして火鉢のヘリにはお餅やスルメなどを焼き上げるのに絶好の場所があるのです。

そこは結構熱く、子供が触ろうとしたら大人から怒られるのです。

それは火傷をするから。

それくらい「火鉢」の勢いは強力なのです。

しかし「火鉢」が一つあれば家族が集う茶の間程度の広さなら十分な暖房能力がありました。

寒い冬の家の中は思った以上に震えるもの。

でも「火鉢」があったらそれだけで家族の心が一度に暖かくなったかのような不思議な感覚があったのです。

それは「火鉢」の火の特徴にもあったからでしょう。

では、そのような「火鉢」の特徴について以下の章でみていきますね。

火鉢についての説明

それではいよいよ、待望の「火鉢」についてみていく事に致しましょう。

日本人の生活の中からいつの間にか消えていった「火鉢」。

その概要と実力の程を確認していきましょう。

火鉢は昔の暖房器具


「火鉢」は昔の日本家屋のどこにでも結構あった暖房器具です。

器具といっても電気やガスを使うような軽くて持ち運びに便利な代物ではありません。

火鉢でお馴染みの材質は瀬戸物です。

表面はピカピカに磨かれた大亀のような姿をしています。

丁度、素焼きの植木鉢の大型版といったところでしょうか。

あなたが時代劇ファンだったならドラマのワンシーンによく登場していたのをイメージできると思いますよ。

大抵、身分の上の人間が暖を取るために当たっていたシーンがあったと思います。

そしてその現物は結構、頑丈で重いです。

女性が「ヨイショ!」と言って持ち上げるには少々、骨が折れる重さです。

それもそうですよね。

もしこの火鉢が簡単に転倒して家の中をゴロゴロしてしまったらあっという間に火事騒ぎになってしまいます。

何せ本物の火が何の保護版もなにもない状態で炭という形で燃えているのですからね。

炭火の焼き肉屋さんに行った事のある方ならば想像しやすいと思います。

コンロの中の炭って一旦火が付くと猛烈な勢いで火が起こりますよね。

もしこの火が火鉢ごと転んでしまったらそれこそ一大事です。

だから火鉢は倒れないようにガッチリと作られているのです。

とにかく、火鉢はガスも電気も灯油も石炭もなかった時代の暖房器具です。

そして光熱費のかからなかった超経済的な暖房器具でもあったのです。

炭を用いて使用する

「火鉢」の燃料は炭です。

これが唯一の燃料です。

この炭を灰の上に乗せ、火を起こして暖を取るのが火鉢の使い方になります。

さてではどうやって「火鉢」に火のついた炭を乗せたらいいのでしょうか?

皆さんも屋外で七輪を使って焼き肉をやった経験がおありならば分ると思います。

炭は下から空気を送り込んで火をつけないとなかなか燃えてくれません。

上からいくら火のついた新聞紙をかぶせても炭に火は燃え移らないのです。

そこで炭に火を起こすための道具が登場します。

片手のフライパンのような形をした鉄製の道具です。

底の部分は適度に穴があいていてこれに炭を乗せてガスコンロであぶって火をつけるのです。

そしてこの火のついた炭を火鉢の灰の上に置けば完了です。

一旦、火の起こった炭ならばあとで別の炭を追加していけば大丈夫。

空気を汚さない快適な炎があなたのお部屋を暖かい空間に包んでくれるでしょう。

炭は薪などのように燃やしても煙は出ません。

よって室内はいつもキレイな空気の状態が保たれる、という事になりますね。

という事で、昔の人たちは火鉢を使うために絶えず「炭」を確保しなければなりませんでした。

と言っても今と違い当時は街中であってもちょっと足を伸ばせば野山は近かったでしょう。

天然の資源が常に身近にあった環境下でしたから確かに光熱費のようなものは今の時代のようにはかからなかったはずなのですよね。

ただ、炭というものは材木をそのまま使えるわけではありませんからね。

ちゃんとした火鉢用の炭となるとやはり炭問屋などが商いとして手堅く取り扱っていたのでしょう。」