唐突ですが正しい言葉遣いについて詳しくできていると思いますか?

皆さん精一杯の礼儀を示そうとしてきちんとした言葉を使おうとしていても、意外とその言葉遣いが違うことがあります。

ですので、きちんとしていたつもりなのに、むしろ怒られたり注意されてしまうようなこともあります。

実際に、そのような怒られたことが原因で退職をしてしまったと言うような人もいるようです。(決して解雇されたわけではなく単純に都合退職をしたようですが…。)

自身のマインドの問題ではあるものの、そんなちょっとしたことで会社に居づらくなるようなケースもあるようです。

だからこそ、ここはしっかりと正確な敬語を覚えておきたいものですね。

では、正しい言葉遣いだと思っていたけれど、実際は逆に失礼に当たってしまうと言うような言葉遣いについていろいろと見ていきましょう。

今回は「ご苦労様です」の使い方について紹介します。

ご苦労様ですは間違い⁉

こちらは、ビジネスマナーについて学ぶときによく取り扱われる事ですのでご存知の方も多いでしょう。

ですが、やはりついついうっかりと使ってしまうこともあります。

きちんと、「です」と言う言葉が入っていますし、「ご苦労様」の「様」が入っていることからきちんとした言葉遣いだと思ってしまいますよね。

ですが、このご苦労様と言うのは案外間違いなのです。

では、ご苦労様の使い方と、それと似たような言葉でお疲れ様と言う言葉がありますが、どのような違いがあるのかについていろいろと見ていきましょう。

ご苦労様とお疲れ様の違いって?

ご苦労様とは違う言い方として「お疲れ様」という言葉がありますよね。

では、このご苦労様とお疲れ様にはどのような違いがあると思いますか?

どちらも、相手をねぎらって言う言葉ですので、そもそもそこまで悪い言葉って言うわけではありません。

ですが、この二つの言葉には大きな違いがあります。

どのような違いがあると思いますか?では、このご苦労様とお疲れ様にはどのような違いがあるのかということを詳しく見ていきましょう。

ご苦労様

ご苦労様と言う言葉はどちらかと言うと、上司が部下に言ったり社長が社員に言うような場面が多く見られます。

そのような立場の人が、目下の人をねぎらうときに言う言葉であるケースが多いようです。

ですので、皆さんの身の回りでそのような言葉を言うのは上の方であるケースが多くないでしょうか?

それはいったいなぜだと思われますか?

目上の人から部下や後輩にかける言葉

こちらは基本的に目上の人が部下や後輩にかける言葉です。

ですので、部下や後輩がそのようなことを言うと、現代風な言い方をすれば「上から目線」と言うような感じになり、逆に失礼になってしまうことがあるようです。

ビジネスマナーを学ぶと、このような事はよく知られるようになってくるのですが、ごくまれにそのようなことを知らずに使っている人も多く、時に注意をされている人もいるようです。

義理の母が、そのような言葉遣い正しく、ご苦労様とお疲れ様を間違えて、それを注意したら、新しく入った方が自信をなくしてやめてしまったと言うような話を聞きます。(先ほど例に挙げた方です。)

確かに、言われたからそれが悪いと言うわけではなく改めていけば良いのですが、長く専業主婦をされてから社会復帰をされた方で、生活がかかっていないと言うのもあるのかもしれませんが、このような礼儀作法的なことを注意されたことによってプライドが傷ついたのではないかと推測していました。

確かに年齢を重ねるとそのような言葉づかいで注意されるのは雪辱的に感じる人がいても不自然ではないのかもしれませんね。

若い方は今のうちにしっかりと正しい言葉を覚えましょう。

年齢を重ねている方ももし間違えて覚えていたら、正しい言葉で覚えなおしましょう。

お疲れ様


お疲れ様と言う言葉はいろいろな場面で使われませんか?

こちらは基本的に目下の方が目上の方にかける言葉として正しいと言われているのです。

こちらはビジネスシーンではよく使われる言葉です。

ただその一方で、この違いについて調べていくと面白い情報が載っています。

それは、既に終わってしまったとある番組で某長寿番組の司会者の方が、お疲れ様ですと言う言葉を目上の人に使ってはならないと問題提起をしていたと言うのです。

このように、日本語の使い方というのは人それぞれ感じ方が違うのですね。

ですので、もしかしたら「お疲れ様です。」と言って注意された人もいるかもしれません。

ちなみに著者の会社ではまず第一声に「お疲れ様です。」と声をかけます。

いろいろな会社での話を聞くとその会社ごとのしきたりのようなものがあるケースが多いですね。

部下や後輩から目上の人にかける言葉

そのような問題提起があったという話ではありますが、やはりビジネスマナーとしてはこのような目下の方が目上の方にかける言葉として浸透しているところがあります。

実際に、そのビジネスマナーの検定である秘書検定によると、お疲れ様ですというのは目下の方から目上の方に対して、ご苦労様ですと使うのは目上の方から目下の方へと定められています。

そのような感じで浸透していますので、会社勤めをする時はぜひとも覚えておきましょう。

ただ、時よりこちらのほうが正解だという話し方をしていても、上司からそれを訂正されることがあるんですよね。

こちらは人それぞれですが、郷に入っては郷に従えでそのようにするか、正しい言葉遣いを貫くかを悩むものです。

周りの方を見つつどちらが正解なのかを見極めましょう。

正しい「ご苦労様」の使い方の例

このご苦労様ですと言う言葉は目下の方が使うの大変失礼だということを学びましたね。

では、このご苦労様と言うのはどのようなときに使うのでしょうか?

非正規雇用の方や一般職の方などで将来的にも目下の立場であると言うことでしたらまだしも、男女関係なく総合職の方や基本的に正社員の男性の方であれば、出世をして部下を持ったりすることもあるでしょう。

その時に、正しくこのご苦労様と言う言葉を使えるようにしましょう。

「今日の働き良かったよ。◯◯君。ご苦労様。」

上記のように、部下の方や後輩のことを褒めるときにこのご苦労様と言う言葉を使います。

やはり、怒ってばっかりだとだんだんと話を聞き流されてしまうようになります。

口を開けば文句を言うような状態になると「また何か言っている」とスルーされてしまうケースが多いです。

ただ、本当に気に病む人であれば鬱などの精神疾患になったり、退職してしまう事もあります。

ですので、一方的に否定をしてばっかりなのは良くないのです。

とはいっても仕事上のことなので、ついつい怒りすぎてしまうということがありますよね。

このような時は、自分も仕事でうまくいかなかったことがあったということを話し、この人も、自分と同じように苦労してきたのかもしれないと親近感を持ってもらうようにしましょう。

そして、良い働きをしたと思ったらここぞとばかりに褒めてさせてあげるのです。

実際に、自分も後輩や部下を持っています。

やはり、人間は怒ってばっかりな状態になると育ちませんよね。

著者が目下の時は怒鳴り散らす上司で、自分はこのままでは伸びないと思っていました。

ですので、ここぞと言う時にご苦労様と声をかけてあげることで、部下や後輩のやる気につながります。

「毎日の業務ご苦労様。」

やはり、仕事をすることはお金を稼ぐ上では当然なのかもしれないけれど、そこにはいろいろな苦労がありますよね。

皆、仕事がしんどいと思いながらも頑張っているところがあります。

やはり生活するにはお金が必要ですので、仕事が楽しい人もいるのかもしれませんが多くの人は歯を食いしばって働いているのです。

ですので、就業時間が終わって、部下や後輩の方に「毎日の業務ご苦労様。」と声をかけてあげることも大切です。

やはり、このように部下や後輩を持った時、大切なのはその人との信頼関係です。

ですので信頼関係を築くためにはそのような細やかな言葉かけが大切なのです。

もし、部下や後輩がいる人であれば、そのようにさりげなく頑張りを褒めてあげましょう。

自分から見て相手が部下や後輩の方であれば、ご苦労様と言う使い方は正しいですので積極的に使っていきたいですね。

意外に多い⁉︎間違った敬語10選


正しい敬語だと思っていたけど意外と違う敬語は結構あります。

皆さんの中にも、無意識のうちについつい使ってしまうことがあるのではないのでしょうか?

もしかしたら「え?それって間違いだったの?!」という事に初めて気付くこともあるかもしれません。

では、間違った使い方の敬語の事例を見ていきましょう。

1.お体をご自愛くださいませ

この言葉は手紙などでよく見ますが、基本的にお体を大切にしてくださいという言葉として使われます。

よく手紙の締めとして使われることがありますよね。

この言葉ですが、特に性別選ぶことなく立場を選ぶことなく使うことができると言われています。

ただ、問題は、「お体」と言うのと「ご自愛」と言う言葉が重複していることです。

どのようなことかといいますと、自愛という言葉自体が、「自分の体を大切にする」と言う事はですので、「お体を」と言うのはいらないのです。

よく言われていることが「頭痛が痛い」と言う言葉がおかしいっていうのはみんなよく知っていますよね。

この場合は「頭が痛い」というか「頭痛がする」というのが正解です。

(ただ、不正解な言い回しだとわかっていながら痛み加減を強調するためにわざと「頭痛が痛い」と表現する人もいるようですね。こちらはとある掲示板で見たのですが、世の中いろいろな方がいるなと思いましたね^^。)

このような感じで、「自愛」と言う言葉自体に体を大切にすると言う意味合いがあるということですので「ご自愛ください。」というのが正解です。

ご自愛ください

先ほども触れたように、基本的には、ご自愛くださいだけで意味が通じます。

こちらは、部下の方や後輩の方が、目上の方に使っても全く失礼に当たらない言葉ですので、手紙を書いたりするときには積極的に取り入れましょう。

先ほども触れたように、愛と言う言葉が入ることからなんとなく女性が使うのかと勝手なイメージをしていましたが、特に男性であっても使ってもおかしくありません。

そして上から目線ではない言葉ですので、失礼にあたるのではないかと言う事は考えず、使ってみましょう。

【ご自愛くださいの正しい使い方は、こちらの記事もチェック!】

2.つまらないものですが

こちらも、謙遜としてよく使われる言葉です。

ですので、何か送る時に「つまらないものですが…。」と言うようなことを言いますよね。

ただ、こちらは、日本人のおかしな習慣としてよく海外の人に言われることがありますよね。

そもそも「つまらないものを送るな!」と言うことです。

それと同じように、身内の人を貶めるようなことを言うのは、海外の人には不評なところがあります。

といっても日本人は基本的に謙遜をする文化がありますよね。

この「つまらないものですが…。」と言う理由についてですが、正解は本当につまらないものを送ると言うことではなく、「あなた様が立派すぎて、この商品がつまらないものにしか見えない位だ。」と言うふうに、相手を持ち上げるために使われているところがあります。

ただこちらの「つまらないものですが…。」と言うのは、最近においては日本ではあまり良くないのではないかと言う見方があるようです。

ですので、こちらもそれに代わるような正しい言い方を身に着けたいですね。

つまらないものではない

このような意味合いがあるとわかった今でも「やっぱりつまらないものならいらないな。」と思ってしまいますね。

ですので、これに代わる言葉を言うのが、今の日本においてスタンダードなことです。

では、どのような言葉が正解なのかと言うと、「心ばかりの品ですが…。」とか、「ささやかですが…。」と言うような感じで、謙遜をしているけれどそこまで卑下しているような感じではない言い方があります。

確かにつまらないものですが、より自虐要素は少なくなっていますよね。

後は、そのような謙遜は全くない言い回しで正解な言い回しとしては「この商品がおいしいから。」とか、「〇〇がお好きだとお聞きして」と言う風な感じで、心を込めて選んことをちょっと強調するようなやり方もあります。

このようにプレゼントを渡されるともらう側としても大変うれしいですよね。

3.させていただいております

こちらもついつい使ってしまいますよね。

お店に入るとこのような言い回しをよく聞くようになり、それが不自然ではないような状態になりましたね。

もうこちらの方が定着するのではないかと言う位に、店員の人も使われて人います。

むしろ、そのような掲示板を見ると、この「させていただいております」と言うような言い方をするように指導されているところがあります。

ですので、こちらがスタンダード化しやすいかもしれませんが、やはりおかしな日本語として今も取り上げられています。

なぜそのようなことになっているのかというと、やはり日本人は丁寧なところがあり、より丁寧にと思うと、このような二重敬語を積み重ねてしまうかも知れませんね。

ただ、二重敬語と言うのは、基本的に正しい日本語ではありません。

このような言葉遣いをする時っていうのは、基本的に許可を受ける時や、依頼を受けたときに使われるケースが多いようです。

そして、誤った使い方としては、基本的に相手に迷惑をかけている場合、役職を述べるときというのはいらないケースが多いです。

では、どのようなことを言うのかと言うと、例えば「早退させていただきたい」と言う言葉や、「部長させていただく〇〇です」と言う言い方です。

~です

ではどのような言葉が良いのかと言うと、普通に「〇〇です」で問題ないです。

もし、より丁寧にいたいって言うことであれば、「〇〇いたしました」と言う言い方でも良いでしょう。

こちらが自分ですることに対しての言葉ですので、自分を少々遜ることによって、相手を持ち上げるような言い方です。

もう少し時代が進んだら「〇〇させていただく」という言い回しが正しくなるのかもしれませんね。

現代の言葉においても昔の言葉が崩れた形でそのような言い回しになったという言葉はたくさんあります。

著者もつい「近頃の若いものは」と言ってしまいたくなりますが、そのような言葉が出る時点で新しい言葉に対応する力がなくなっているのかな?という気もしますね。

4.厚くお詫び申し上げます

何気なく聞いているとついつい聞き過ごしてしまいそうなこの言葉ですが、残念ながら間違いです。

非常にお詫びをしたい気持ちは大変よく伝わるのですが、「厚くお詫び申し上げます」という言い方は基本的にしません。

なぜかというと「厚く」と言う事は、基本的に良い言葉につくことが多いです。

「厚く御礼を申し上げます」と言うような言い方をしますよね。

ですので、良い事に使うのに、お詫びという悪いことに使うのが少々おかしいのです。

では、どのようなお詫びの言葉が正解なのでしょうか?

深くお詫び申し上げます

正解は「深くお詫び申し上げます。」です。

やはり、このような言葉遣いをされることが多いですので、やはりこちらの方がしっくりくるなと著者は思います。

よく、ニュースなどを見ていると、「深くお詫びを申し上げます。」と頭を下げている人が多いですよね。

やはりそれはそのようなお詫びの仕方が正解だからなのは言うまでもありません。

お礼の時は「厚くお礼を申し上げます。」と言いお詫びの時は「深くお詫び申し上げます。」というというのを定型文で覚えておきましょう。

クレームを受けた時、先方の方は怒っていますのでそのような間違った言葉づかいで余計に火に油を注いでしまうことがあります。

お詫びの時こそ慎重に言葉を選ばなければなりません。

5.了解しました

ついに仲間内などでは無意識に使ってしまう言葉ですよね。

例えば、待ち合わせの時間などを告げられて、「了解しました!」と送ることもよくあります。

さらには、LINE等ではスタンプで「了解!」というスタンプも多くありますよね。

ですので、こちらの日本語は正しいのだと思ってしまいます。

ただ、仲間内と言うことであれば全く問題はありませんが、目上の方に使うとなるとかなり問題があります。

基本的に、このような言葉は正しくは無いのです。

ですので、ビジネスの場でこのような言い方をするのは基本的に慎みましょう。

では、どのような言い方が正解なのでしょうか?

承知しました

このような時は「承知しました。」と言うと非常に丁寧で、ビジネスシーンでよく使われるようです。

では、承知と言う言葉のそもそもの意味ですが、わかっていることや了承することと言う意味合いがあります。

そしてこの承知と言う言葉自体が謙遜語であるため目上の方に使っても全く失礼には当たらない、むしろ望ましい回答なのです。

やはりこの言葉も、ビジネスマナーの研修などではよく取り上げられることがあるようです。

また、目上の方に「了承しました」と言うのは望ましくないのです。

基本的にこの「了承しました」と意味は「それでいいですよ」と言う意味合いになることから、基本的に上から目線のような感じの言い方になるところがあります。

さらに、お客様に使ったり、より立場が上の方に使うと言うことであれば、「かしこまりました」と言うとより丁寧な印象与えます。

ですので、「了解しました」に変わる言葉もぜひ覚えておきましょう。

6.なるほど

ついつい、合いの手として「なるほど」と言ってしまいますよね。

とはいっても、このなるほどと言う言葉も目上の方にとなると少々失礼になります。

丁寧にしようと思って、「なるほどですね。」などと言ってみてもダメです。

ですので、どのような言い方をすれば、目上の方に対しても失礼では無いのかを見ていきましょう。

おっしゃる通りだと思います

基本的に目上の方に言う時は、「おっしゃる通りだと思います。」と言うようにしましょう。

相槌としては非常に長いかもしれません。

ですが、目上の方に失礼がないように対応しようと思うと、このような言葉が自然と出てくる状態が望ましいです。

こちらもクレーム処理の時にお客様の発言を肯定する時に使われる言葉です。

先ほども少し触れたようにお客様は怒っている状態ですので、間違った言葉遣いをすることで火に油を注ぎ、話が決裂してしまうことがあります。

ですので、「なるほど」と思ったらお客様に対して「仰る通りだと思います。」と言うようにしましょう。

7.明日は来られますか

明日は来るかどうかというのはビジネスシーンでの質問としてよくありますよね。

ですので、このような聞き方をすると言う事はよくあります。

ですが、一見丁寧に聞いているように見えますが、残念ながら正しい日本語ではありません。

「明日来られますか?」と言う言い方が不正解だとしたらどのような言い方が正解だと思いますか?正しい言い方を見ていきましょう。

お出でになりますか

「来る」の尊敬語として、「おいでになる」と言うような言い方があります。

ですので、「明日は来られますか?」と言う言い方ではなく、「明日はおいでになりますか?」と聞くのが正解です。

こちらも、ついついより丁寧にして「おいでになられますか?」と聞きたくなるかもしれませんが、こちら不正解です。

「おいで」のところにも既に尊敬の言葉が入っていますので、二十敬語となります。

ですので、明日来られるかどうかを確認すると言う時は、「おいでになりますか?」と聞くのが正解です。

8.お召し上がりください

こちらも、ついつい何気なく言ってしまう尊敬語です。

「召し上がってください」とて言う言葉に更に「お」をつけることによって非常に丁寧な印象を与えますよね。

ですので、このような敬語が正解なのかと思いきや、残念ながら不正解です。

やはり、こちらも二十敬語になります。

二十敬語は、逆に失礼にあたることがありますので、より丁寧にしようと思っていたことが、相手にいらだたせる原因になってしまうことがあります。

気をつけておきましょう。

では、どのように言うのが正解だと思いますか?

召し上がってください

正解は「お」を抜いたらいいのです。

普通に「召し上がってください。」でいいのです。

召し上がると言う言葉自体が尊敬語ですので、さらに「お」をつける必要は無いのです。

「お」がないと失礼なのでは?と思ってしまうかもしれませんが、そんな事はなくこちらの方正解です。

意外と、会社でも取引先の方と食事をする機会があるなどで、食事を共にすることは結構あります。

そして飲食業の方であれば、そのような言葉をよく使うことがあるかもしれません。

ビジネスシーンでよく使われることもありますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

9.上司にも申し上げておきます

申し上げると言う言葉が丁寧語ですので、相手を敬うときに使う言葉だと思いますよね。

とはいっても場合によってはこちらは不正解です。

なぜかというと、ビジネスマナーなどでもよく取り上げられていますが、基本的に社外の方と話すときは社長であっても上司であっても謙譲語を使うような言い方をします。

電話の時も「部長の〇〇」などというように呼び捨てにするのが普通です。

(ただし、例外的にその部長のご家族の方からの場合は「〇〇部長に変わります。」という言い方もします。むしろ「部長の〇〇」という言い方はご家族の方に失礼に当たりますし、もし部長が男性で電話を受けた方が女性の場合、「愛人なのでは!?」とあらぬ疑いをかけられることがあるようです。)

話が少々脱線しましたが、「申し上げる」というのは尊敬語ですので、社外の方に言う言葉としては不正解です。

では、この上司にも伝えておきますと言うことを丁寧に伝えようとすると、どのような言葉遣いが正解なのかを見ていきましょう。

上司にも申し伝えておきます

この場合は、「上司に申し伝えておきます。」と言う言い方が正解です。

こちらの言い方であれば特に上司を持ち上げるような要素はないので社外の方に対して使ってもおかしくありません。

普段上司や社長などには丁寧語で話すことがあるので、なれていないと混同するところがあるかもしれませんが、社外の方相手でしたら例え上司であっても社長であっても謙譲語を使うという事を頭に入れておけば迷うことも少なくなるでしょう。

よく電話対応などで「伝えます。」という言い回しはよくあります。

ですので、そのような時はこの言い方をするという事をテンプレート化しておきましょう。

10.おっしゃられる通りです

こちらも一見正しい言葉のように聞こえますよね。

ただ、「おっしゃられる」と言う言葉が既に尊敬語で、二十敬語です。

しかも、なんだか舌がもつれそうですよね^^;。

特に嫌な感じを抱く人は多くはないけれど、正しくはない敬語ですので人によっては非常に気にされることがあります。

著者の趣味は掲示板チェックですが、やはり二十敬語が気になるという投稿をされている人も目立ちます。

好意的に見れば「丁寧に話そうと努力しているけれど、残念ながら不正解だなー。」と悪印象は抱かれていませんが、やはり厳しい人にとっては許せないようですね。

ですので、やはり正しい敬語は押さえておいて損はありません。

では、正確な言い方はどのような言い方あるのでしょうか?

おっしゃる通りです

こちらは、普通に「おっしゃる通りです。」で問題ありません。

おっしゃられると言うようなような言い方は必要ありません。

既におっしゃるという言葉が尊敬語だからさらに「られる」とさらに尊敬語を付ける必要はないのですね。

こちらもお客様からのクレームを受ける時に良く使われる言葉です。

コールセンターなどでは良く使われるのではないでしょうか。

基本的にお客様からのクレームに関してあからさまな否定はできません。

ですので、その通りだと思うところに「仰る通りです。」と相槌を打つのです。

人間は聞いてもらえたと思ったら途端に精神が安定することがあります。

ですので、そのような時に正しい言い回しができるようにしておきたいですね。

もちろん、そのような場面はコールセンターだけではありません。

お客様や取引先の方がいる時はクレームがあるのは切っても切り離せないでしょう。

ですので、この言い回しはどの業種の方にとっても必要なことです。

まとめ

このように「丁寧に話しているつもり」の敬語であってもよく考えたら間違えているものは多くあります。

やはり目立つのは二重敬語でしょうか。

著者も「〇〇させていただく」は使われ過ぎて、もう不正解だという認識すら薄れつつありました。

それくらいに最近はそちらのほうがスタンダート化しているところがあり、接客業でもそのような言い回しがありますよね。

そして、著者は管理職という立場ですが意外と間違えて覚えていたものもありましたね。

ですので、著者も勉強になりました。

やはり日本語は難しいなと思います。

若い方であれば、知識を蓄えてあとは実践するのみです。

少々の失敗は多めに見てもらえますので、トライとエラーを繰り返しながら正しい言い方を習得しましょう。

著者くらいの年代の方で間違えて覚えていた言葉があったという事であれば、しっかりと頭に入れて実践で使っていきましょう。

確かにこの年代になってと気恥ずかしい思いもしますが、年齢を重ねても日々勉強です。

正しい言葉遣いを覚えて正しく実践するようにしましょう。