おかげさまという言葉、10代や20代の若い世代にとっては、あまり日常で使わない言葉ですよね?

むしろ、全く使わないかも知れません。

おかげさまを使う年代と言えば30代以上、40代や50代が一般的に多いかも知れません。

「おはよう」や「おやすみ」など日常的に当たり前に使う言葉じゃないので、正直「おかげさま」の言葉もなんとなくクッション言葉のように使っている方が多いようですね。

おかげさまでウチの子は大学に合格しました」「おかげさまで何とか店舗も起動にのることができました」等、結構おかげさまは曖昧に使われることが多いです。

しかし相手も「どうして、おかげさまなの??」とは聞き返してきません。

相手も「おかげさま」という言葉を何となく読み取って受け取っているからです。

ひとつの暗黙のルールみたいな感じでしょうか?「おかげさま」を言えば、少し自慢話をしても謙遜して聞こえるので、嫌味に聞こえない。

️「おかげさまで」を正しく使えてますか?

10代の女子が「おかげさまで、告白成功したよ!」「おかげさまでアイドルのライブ当ったよ」と会話している姿は、あまり目にしないですよね。

若い世代で「おかげさま」は、あまり使わない言葉です。

10代には若い子、独特の言葉があります。

それは40代の親世代が聞いても、全く分からない新語なわけです。

では、40代や50代が会話で使う「おかげさま」も世代別の言葉?と言えば、違います。

「おかげさま」は昔から、世の中にある言葉です。

一番多く使われるシーンは、奥さん同士の何げない会話やビジネスでの会話です。

でも、多くの人は「おかげます」の意味を分からないで曖昧に使っています。

この機会に「おかげさま」の意味を知ってみませんか?

もしかしたら、「おかげさまです」と何気に使っている言葉を間違って使っている可能性があるかも知れません。

ビジネスシーンでよく見かける言葉


ビジネスシーンの会話で「最近、忙しそうだね?」「おかげさまで何とか1周年を迎えることができました。」謙遜した会話で「おかげさま」を使うことがあります。

もし「おかげさまです」の言葉を使わないで会話をしたら、営業先相手に「最近、忙しいそうだね?」「はい、一周年を迎えることになりました」と何だか素っ気無い返事になります。

ビジネスにおいて、「おかげさま」とは、営業先の協力も含めた意味なのです。

ストレートに「〇〇さんのおかげで1周年を迎えることになりました」でも、悪くはないのですが、特定の相手だけをストレートに伝えると少し生々しい感じになりますよね?

そんなときに「おかげさまで」という言葉を使うと、クッションのようになり違和感をかんじないのです。

そもそも「おかげさま」での「おかげ」は、他人から受ける利益や恩恵のこと。

「さま」をつける事でより丁寧にして、相手の方に感謝を伝えているのです。

友人知人との会話でも出てくる

50代過ぎの奥さん達が数人集まって井戸端会議しているようなシーンでも「おかげさま」という言葉は使います。

ビジネスのようなイメージと違って、友人や知人での会話で使う「おかげさま」は、もっとフレンドリーな意味です。

「そうそう、〇〇さんの息子さん大学合格したのよね、おめでとう」と言われたときに、「おかげさまで・・・なんとかなのよ」と微笑みながら返す社交辞令的な会話もあります。

また「良かったね!お目当てのバッグ安く購入できたね」と言われたときに「〇〇ちゃんがセール教えてくれたおかげだよ、ありがとう」と「さま」を付けないで使うこともあります。

友人知人との会話でも出てくる「おかげさま」は、ビジネスとは違うザックリ感があったり、「さま」を付けない場合であれば、特定の人にむけて感謝していることが多いです。

かしこまった言い方な「おかげさまで」

接客用語で「かしこ参りました」という会話をよく耳にします。

相手から何か用件を言われて「分りました」「承知しました」という意味が「かしこ参りました」です。

例えば近い友達に向けて「かしこ参りました」とは言いませんよね?「OK!」や「分った」と答えることが多いはず。

でも、年上や上司、お客様であれば逆に「OK!」や「分ったよ」とは言えない。

そんなとき「かしこ参りました」と答えることが一般的です。

「おかげざま」も、ちょっと親しい関係には言わない。

どこか少し距離があり、自分よりも立場が上の人に対して「さま」を付けた「おかげざま」を言うことが多いと思います。

「おかげさま」は、かしこまった言い方でいうシーンが多いのです。

️「おかげさまで」の意味


「おかげさま」は、他人から受ける利益や恩恵を意味します。

「〇〇のおかげよ」と言い方もありますが、この場合は「〇〇さん」に利益や恩恵を現しているのです。

もっと丁寧な言葉で言えば、「おかげさま」の「さま」をつけた状態です。

「おかげ」は本来、「神仏など偉大なものの陰で、その庇護を受ける意味」として使われているそうです。

おかげざまに近い言葉の意味で御影が神霊や死んだ人の姿や肖像にも通じているのです。

おかげさまを使うとき、それは何かしらに感謝をしているときです。

特定の人物に向けて伝えていることもあれば、目に見えない神仏に感謝していることもあるのです。

ですが、現代では「おかげさま」を良いときだけじゃなく、感謝していない悪いときにも使うことがあります。

感謝の気持ちを表す挨拶

「おかげさま」は自分のことではなく、他人に感謝の気持ちを表す挨拶で使われています。

他人から受けた物事の力添えや助け、恩恵などに対して現す言場です。

もしくは神仏などの加護や助けの感謝でもあります。

もし自分の子供が大学に合格することができれば、その感謝は先生や家庭教師に対してですが、あくまで子供1人の力というわけではなく「皆さんが応援してくれたおかで」の意味で感謝の気持ちを表していることにもなるのです。

また「おかげさま」をいう相手が必ずしも、人間が対象とは限りません。

例えば病気をして体調を崩していたけれど、元気になった場合にも「薬のおかげで良くなった」「おかげさまで3日間寝ていたら良くなった」と伝えることもあります。

どっちにしても、普段使われる「おかげさま」は、感謝の気持ちを表す挨拶が多いです。

力添え・助け・恩恵への感謝や結果を伝える

「おかげさま」を具体的にあらわすと、力添えや助け、恩恵への感謝や結果を伝える言葉になります。

誰か一定の相手が助けをしてくれたから、良い結果に結びついた。

「みんなが力添えをしてくれたから、仕事で昇進することができた」自分一人の結果ではなく、感謝の気持ちを伝えるときに具体的な名前を出すよりも、「おかげさまで、昇進することができた」と伝えた方がしっくりきますよね。

特定な相手に名指して伝えると少し照れくさいときも「おかげさまで」ということで、ちゃんと力添え・助け・恩恵への感謝や結果を伝えることができるのです。

「おかげ」を丁寧に言う言葉

「〇〇のおかげ」という言葉があります。

例えば「今回の件は山田さんのおかげで良い結果になったよ」や「君のおかげで怒られてしまった」など良い意味だけではなく、悪いときにも「おかげ」は使うことがあります。

しかし「おかげさま」という言葉になると、悪い意味ではほぼ使いません。

「おかげ」に「さま」を使うことで、力添え、助け、恩恵への感謝に変わるのです。

「〇〇さん」という具体的な相手を指すのではなく、「おかげ」に「さま」をつけると、丁寧に言う言葉に変わるのです。

「おかげさま」は特定の相手ではなく、周囲の環境や周囲の応援という大きな意味として使うことができます。

️「おかげ」とは

そもそも「おかげさま」の「おかげ」は何のことなのでしょうか?

「おかげ」は、神仏など偉大なものの陰で、その庇護を受ける意味として使われていることが一般的です。

特定の相手は目に見えるものですが、神仏は目に見えない偉大なものです。

例えば高校受験や大学受験、どうしても叶えたい願いがあるときに神頼みをすることがありますよね。

神仏に願いを伝えることで、手助けをして願いを叶えてくれたということです。

神仏に願いを伝えると確実に必ず叶うものではありません。

神仏に願いを伝えながらも、自分の中で気持ちが前向きになったり、努力をしているのです。

それは間接的に神仏など偉大なもののおかげということですね。

漢字で表すと「お陰」

ひらがなで明記すると「おかげさま」ですが感じで表すと「お蔭様」になります。

この「お陰」という漢字は実は「お蔭」という漢字もあります。

どちらの漢字を多く使うことが覆いかと言えば「お陰」かもしれません。

どちらの漢字を使っても間違いではありません。

二つとも「かげ」という意味では同義語です。

ただ「蔭」は常用漢字に入っていません。

代わりに「陰」が常用漢字になっています。

その為、文章に明記するときやビジネスで使うときは常用漢字の「陰」になります。

とは言っても「おかげさま」とひらがなで明記した方が言葉としてはしっくりくるイメージです。

漢字にしてしまうと、何だか堅いイメージで使いにくいかもしれません。

他人から受ける利益や恩恵を意味する

人生において他人から受ける利益や恩恵は意外とたくさんあります。

自分一人で頑張って良い結果に結びつくこともありますが、それは自分一人の力ではなく集中しやすく頑張れる環境にしてくれた周囲のおかげかもしれないのです。

ストレートな行動や言葉にしなくても他人から利益や恩恵を受けているものです。

利益は「もうけ」や「とく」の意味もありますが、何か相手の「ため」になることでもあります。

神仏の力によって与えられる恵みの意味があります。

恩恵は「めぐみ」や「なさけ」の意味です。

神仏の無償の好意によって、今回は良い結果に結びつくこと。

時には〇〇さんのなさけの気持ちがあったから、大きな問題に発展しなかった・・・など使われます。

お陰に「様」をつけてより丁寧に

お陰に様をつけるとより丁寧な言葉に感じますよね。

悪いことやイヤなことに普通なら様をつけて使うことがありません。

「あいつのお陰様でイヤな目にあったよ」と言うことは、まずない。

どちらかと言えばイヤなことであれば「あいつのおかげで散々な目にあった」と言うでしょう。

お陰に様をつけるときは、嬉しい報告のときに使うことがほとんどです。

お陰と漢字に表すことで神仏など偉大な相手をイメージしていることが多いです。

〇〇さんという、ある特定な人に向けてではなく、神仏など偉大なものの、お陰で利益や恩恵を受けることができた。

不特定多数の方に感謝するときにも同じですね。

️「おかげ」「おかげさまで」の例文

「おかげ」という言葉も「さま」が付くのと、付かないのでは全く異なる意味になることがあります。

「おかげさま」は良い結果になったときに使うことが多いです。

感謝など「ありがとう」という意味で使うことが多いですが、「さま」を付けずに「おかげ」になると悪い意味で使うことが多くなります。

とは言え、「おかげ」が必ずしも悪い意味で使うわけでもないのです。

例えば「今回は山田のおかげで付き合うことが出来たよ」と良い意味でも使うことがあります。

しかし「おかげさま」に比べると若干、「〇〇のおかげ」の方が軽い感じがしますよね。

またビジネスシーンでは「おかげさま」と伝えることが一般的です。

そこで、「おかげさま」と「おかげ」をどんなシーンで使うのか、例文を明記したいと思います。

おかげさまで、すっかり良くなりました

「おかげさまで、すっかり良くなりました」と伝えるとき。

それは自分の体調が良くなって回復したことに感謝をしているわけですが、このときの感謝や恩恵は誰に伝えているのでしょう。

病院に行くことや入院している状態であれば、その病院や医師かもしれません。

また神仏など偉大なものの、おかげかもしれません。

「どう?体調良くなった?」と上司や職場の相手に聞かれたら「はい、おかげさまですっかり良くなりました。

ありがとうございます」と答えることがあります。

その相手は体調不良により休暇を許可してくれた上司や職場に向けての感謝かもしれませんよね。

体調が良くなることは「〇〇さん」という、特定の相手により回復したわけではありません。

薬の処方や身体を診察してくれた医師はもちろんですが、ゆっくり休めるような環境を作ってくれた家族や職場の感謝でもあります。

おかげさまで、試験に合格することができました

「おかげさまで、試験に合格することができました」という受験生のお母さんの会話。

この場合は誰のおかげで合格できたのか?ということですよね。

もちろん、受験生が頑張って勉強したからこそ合格ができたわけですが、他人に「おめでとう、合格したのね?息子さん」と言われたときに「はい、息子が勉強頑張ったから合格できました」とは言いませんよね。

そう思っても言葉にしてしまえば、ただの親バカです。

息子が頑張って勉強に集中できる環境を作ってくれた多くの方、また運を導いてくれた神仏のお陰という意味になるのです。

塾の先生、学校の先生の指導、合格を願ってくれた友達や親戚の方に感謝をしていると「〇〇さんのおかげ」と特定の相手を名指しするよりも「皆様のおかげ」と言葉にした方がしっくりきます。

あなたのおかげでやる気が出ました

「あなたのおかげでやる気が出ました」この例文は、同じ「おかげ」でも良いイメージで使われているパターンです。

「あなた」と言っているわけですから、特定の相手を感謝しているのです。

と言うよりも、目の前の人に感謝しているのでしょう。

失敗が続いて仕事にやる気がでない場合、アドバイスをしてくれる相手や元気づけてくれる相手がいると「もう一度、頑張ってみよう」とやる気がでますよね?

何か特別な行動をしなくても、ちょっとした言葉で元気になります。

逆に他人からの冷たい態度や言葉で仕事にやる気がでなくなることもあります。

信頼している相手からの言葉は、力添え、助けになり恩恵を受けることになるのです。

温泉のおかげで疲れが取れた

「温泉のおかげで疲れが取れた」とチョットした会話で相手に伝えることがありますよね。

例えば「ゴールデンウィークの連休は何していたの?」と聞かれたときに「温泉旅行に行ったわ、温泉のおかげで疲れが取れた」と言えば、感謝は日頃の疲れをとってくれた「温泉」になります。

たしかに温泉に入ると日頃の疲れも飛んでしまう気持ちになりますよね。

リラックスすることができます。

しかし温泉に行ける環境は、日頃、仕事を頑張っているからこそのこと。

休日も働いているからこそ休日があるのです。

温泉は特定の相手ではないけれど、温泉に行きリラックスできた環境に感謝しているのです。

ウコンのおかげで二日酔いを防げた

「連日、飲み会なのに体調良さそうだね?」と聞かれたときに「ウコンのおかげで二日酔いを防げたよ」と答えることがあります。

この例文も温泉と少し似ているのですが、特定の相手というよりも物に対して感謝していますよね。

ウコンとはっきり言っているので、ウコンを飲んだことにより辛い二日酔いを防ぐことができ、体調良く仕事ができることに感謝しているのです。

たしかにウコンはアルコールのダメージをカバーしてくれるドリンク。

接待での飲みの場が多いサラリーマンやOLに欠かせないドリンクです。

二日酔いになると体調が悪くて一日何もしたくなりますよね。

二日酔いを防ぐことができたウコンに思わず感謝したくなる気持ちはわかります。

まさに「ウコンのおかげ」ですね。

おかげさまで仕事が終わりました

「どう、仕事終りそう?」と声をかけられたとき、「おかげさまで仕事が終わりました」と伝えることがあります。

普段とは違う仕事を急遽頼まれたときや予定外に難航する仕事をしているとき、同じ職場の同僚や先輩が力添えや手助けをしてくれることがありますよね。

一緒に残業してくれることで、一人では終わりそうもない仕事でも終えることができます。

そんなときに「〇〇さんのおかげで仕事が終りました」と伝えても良いのですが、「おかげさまで仕事が終わりました」と伝えることもできます。

「おかげさま」力添えをしてくれることもたしかですが、集中させてくれた感謝の気持ちもあります。

また一人で仕事をこなしたとしても、集中できる環境を間接的に与えてくれたのかもしれません。

おかげさまで一周年を迎えました

「おめでとうございます」「おかげさまで一周年を迎えました」とビジネスシーンで見かけることがありますよね。

この場合の「おかげさま」は大勢の協力、手助けを意味しています。

一周年を迎える中で様々な協力や手助けがあってこそ迎えられるものです。

一周年を迎えることができるのは、社長や一個人の力では迎えることができません。

「おめでとう」と言ってくれた相手の手助けがあったからこそです。

神仏など偉大なものの、お陰というよりも会社に関わる全ての協力者に感謝しているのです。

「おかげさま」は「ありがとうございます」という意味なのです。

️「おかげ」は悪い意味でも使う

今までは「おかげさま」や「おかげ」を良いイメージ例文として紹介してきました。

しかし先ほども言いましたが「おかげ」は悪い意味でも使うことがあります。

「さま」を付けないことで、言葉としては少し軽く乱暴にも聞こえますよね。

「〇〇のおかげで」と怒ったときに使うこともあります。

「〇〇のおかげで」と伝えることで自分ではなく第三者である相手のせいにすることができるのも事実です。

「〇〇が余計なことをしたから悪いことが起きた」と伝えるイメージです。

少し嫌味な言葉に聞こえますよね。

「おかげさま」は、ほぼ良いイメージで使うことが多いだけに悪いときに「〇〇のおかげで」と言うことで余計なことをした・・・というニュアンスに聞こえます。

特定の相手だけじゃなく、怒りのぶつけようがない環境に対しても皮肉るときに「〇〇が起きたおかげで」と言うこともあるようです。

悪い影響を受けた結果を表す

自分では想像していなかった事態になると、悪い状況の怒りを誰かにぶつけたくなるもの。

これは八つ当たりというものですが、八つ当たりは誰にでも一回や二回はありますよね。

「〇〇のおかげでロクな目に合わない」「おかげさまで〇〇がいると良いことがない」など、皮肉まじりに嫌味を言いたくなる。

また相手に直接言えないときに「おかげさまで」と言うことで間接的に皮肉を言って伝えていることにもなります。

正直、皮肉や嫌味を伝えたからと言って環境が良くなることはありません。

ですが、言葉にしないと悶々としてストレスが溜まることも事実です。

言葉にすることで何となく第三者に分かってもらいたい、同情してもらいたいという気持ちがあるのです。

️「おかげ」「おかげさま」の悪い意味の例文

「おかげ」「おかげさま」の悪い意味で使うとき、ほとんどの人はストレスが溜まっている状態です。

何も伝えないのも悔しい、だからこそ皮肉を言って少しスッキリしたい気持ちはあります。

人間は悪口を言うことで気持ちが落ち着くことがあります。

でも「〇〇のおかげ」と名指しして相手に伝えると余計に面倒なことになりかねない。

特定の相手に対して「おかげ」「おかげさま」を使うときは、相手のいないところで間接的に伝えることが多いのです。

「おかげ」「おかげさま」の悪い意味で使うとき、ビジネスシーンもあれば、プライベートでもあります。

また特定の相手じゃなく環境的なことに関して示すときもあります。

おかげさまで体調が悪い

「最近、寝不足?」と言われたときに「おかげさまで体調が悪い」と返します。

このとき、誰に向けて体調が悪くなっているのか?それは特定の誰かに対して関節的に伝えているのかも知れません。

例えば職場だと仕事がなかなか片付かない、休みがない不満の状況で寝不足が続き、体調が悪いのであれば、「おかげさま」は「上司」のせいと伝えているのかも知れません。

体調が悪いことに感謝をしているのではなく、「上司のせいで体調が悪いんですよ」と皮肉めいたニュアンスの会話なのです。

だからと言って、まさか上司のせいとも伝えることができない。

また子育て中のママも「おかげさまで体調が悪いわ」なんて皮肉ることがあります。

それは赤ちゃんが夜泣きするせいで眠れない、ストレスが溜まっても発散できないことが原因で体調が悪いのかも知れません。

ですが、赤ちゃんのせいにするわけにいきませんよね。

「おかげさまで体調が悪い」と皮肉る言葉をにすることで少しストレス発散することができるのです。

台風のおかげで外出できない

楽しみにしていたデートやライブが中止になるとイライラしてしまいますよね。

それが相手が原因でダメになるのであれば、特定の相手に向けて「〇〇のおかげで外出できなくなった」と言えるのかも知れません。

しかし台風などの天候が理由であれば「台風のおかげで外出できない」になるのです。

台風は自然環境で起こるもの、誰のせいでもありません。

そのことは、「台風のおかげで」と言葉にしている本人も分かっていることです。

ですが、どこにもぶつけることができない怒りを思わず言葉にしたいときはあります。

「台風のおかげで外出できないなんて、頭にくる!」と外出を計画していた友達との会話で言うときもあります。

頭にきている原因は「台風」と特定することでストレス発散しているのです。

あなたのおかげで失敗した

「あなたのおかげで失敗した」これは100%、特定の相手に向けて伝えている怒りです。

皮肉というよりも、目の前で会話している相手にストレートに伝えています。

「あなた」と名指しすることで、失敗した原因は相手ということです。

失敗した責任を相手のせいにすることで、自分は悪くないことの正当化を訴えています。

ビジネスシーンでは上司が「あなたのおかげで商談が失敗しました」と皮肉や嫌味で伝えることがあります。

職場では一般的に上司に逆らうことができない部下。

部下が少し失敗したことでも皮肉たっぷりに相手をなじることがあります。

しかし少なくても「あなたのおかげで失敗した」と相手のせいに100%するような嫌味な人は、もともと周囲からも人脈がない、嫌われ者に多いタイプです。

失敗は誰にでもつきもの、その失敗を「あなたのおかげ」と相手のせいにすること自分を守るような相手は仕事ができない証拠です。

おかげであの子に嫌われたよ

好きな人がいて告白したけれど失敗したときに「おかげであの子に嫌われたよ」と皮肉を言うこともありますよね。

これは強がりでもあり、嫌味の意味も込められています。

もちろん、嫌われた理由は自分自身の性格や外見が問題かもしれません。

自分自身が悪いことは理解していても、アドバイスをくれた相手のいう通りに告白をしたら嫌われてしまったら、思わず「おかげであの子に嫌われたよ」とつぶやきたくなりますよね。

例えば、服装を指導してもらったり、告白の言葉を考えてもらったりして、その通り実行したものの、嫌われてしまうと自分自身が至らないことが分かっていながらも八つ当たりをしてしまいたくなることがあります。

ですが、「おかげであの子に嫌われたよ」と嫌味や言葉をいうことは、大切な友達との距離を遠くしてしまうことにもなります。

あまり恋愛においては、どんな結果になろうと嫌味な言葉を言わない方が良いでしょう。

トラブルのおかげで残業続きです

「トラブルのおかげで残業続きです」というときも押えきれない怒りを嫌味な言葉にしているのでしょう。

「トラブルのおかげ」このトラブルを起こした相手に対しての怒りかもしれません。

名指しはさすがにまずいけれど、残業する原因は「トラブルがあるから」です。

「あなたのおかげで失敗した」と言うことと、似ています。

「あなた」とは名指ししていないまでもトラブルを使った相手がいることは確かです。

例えばOLさんが失敗ばかりして、その後始末を上司がしているのかもしれません。

「あなたのおかげで失敗した」よりも、少しは優しさがあるのかもしてませんが、イライラしていることは確実ですよね。

ストレスが溜まっている状態で皮肉っているので、あまり近寄らない方が良いでしょう。

イベントのおかげで金欠だよ

「イベントのおかげで金欠だよ」という言葉は、だれのせいでもなく自分が原因です。

イベントに参加するのもしないも自分のさじ加減です。

しかし大好きなタレントのイベントだったり、興味のあるイベントだとすれば参加したいと思うのが人間の欲です。

でも、その欲望に勝つことができずに生活が苦しくなってでも参加したい気持ちが強い、その結果、金欠になるということです。

「イベントのおかげで金欠だよ」と笑いながら言っているのであれば、嬉しい悲鳴かもしれません。

とかく人間は欲望に弱い生き物です。

だからこそ、芸能人やアニメなどはファン心理をかきたてるイベントを開催するのです。

イベントは毎日じゃないからこそ、参加したくなるもの。

でもイベントに参加する為には、お金も必要になります。

「イベントのおかげで金欠」になることは、誰のせいでもなく自分のせいですが、差ほど悪いイメージというよりも、半分嬉しさも入り混ぜた嫌味かもしれません。

️おかげさまでを正しく使いこなそう

「おかげさま」を一般的に使うのは、30代以上の大人の方がほとんどです。

大人の方が使う「おかげさま」は悪いイメージよりも良いイメージで使うことが多いかもしれませんね。

逆に10代や20代の若い方であれば「おかげ」を会話で使うことが多いのでは?「〇〇のおかげで」と仲間同士で使うこともあるはず。

「おかげ」も「おかげさま」も良いときにも悪い時にも使うことがありますが、漢字で表すように「おかげさま」は相手の手助けや恩恵に感謝している言葉です。

できるだけ、相手に感謝するときに「おかげさま」を使いたいですね。

誰かに責任転換するような「おかげさま」は使いたくないと思いませんか?

きっと「おかげさま」を良いイメージで使うことが多くなれば、楽しい毎日を過ごせているはず。

その為にも相手に責任転換しないように「おかげさま」を正しく使いましょう。