CoCoSiA(ココシア)

友達がめんどくさい時の7個の対処法...(続き3)

ただし割りきって付き合う分、必要以外の付き合いはとらないようにして下さいね。

4.少し距離を置く


その友達と少し距離を置きましょう。

恋人のような言い方がになっていますが、友達もあえて距離を置くことで見方が変わってくるケースがあります。

どちらかといえば恋人よりも距離は置きやすいですね。

距離を開ける期間は、大体少なくても半年くらいがベストだと思ってください。

わすれたなと思う頃に会うと、そこまで気にしなくなります。

半年だとちょっと長すぎるかもしれませんが、友達を悪く思っている以上そのくらい距離を開ける必要があるのです。

最低でも3か月以上ですね。

期間を開けておく事によって、それまで嫌だと思う事が少しはマシになります。

連絡の頻度を少なく

自分から連絡はしないでおきましょう。

わざわざ自分から連絡をしてしまうと、相手も好意的に捉えてしまうので悪循環に陥ってしまいます。

至急の用事がなければ、自分から連絡する事は控えて下さい。

相手から連絡が来たら返信する程度で結構です。

しょうもない連絡であれば、別にスルーしても問題ありません。

しかし至急の連絡だった場合は、さすがに返事を返して下さい。

それは大人としてというよりかは、モラルの問題に発展してしまいますよ。

私自身がそうなのですが、現在非常に多忙のため1日1回くらいしか連絡を返していない友達がます。

正確には1日1回がやっと送れている状態ですね。

電話やメールって打つのに気力がいりますし、気楽では無いんですよ。

頻繁にメールを返すのが面倒くさい場合は、現在忙しいという事を伝えるのもありです!
1日1回にしておけば、人によっては自然と連絡が減りますよ。

2回に1回は誘いを断ってみる

誘われたらというだけにしておいて良いかもしれません。

2回に1回は誘いを断ってみるのも良い手ではあるのですが、ただいつも相手が自分の事を誘うとは限らないでしょう。

正直な話、誘いを断った程度では相手が自分と距離を置きたいなんて思ってはいないですよね。

若干察してという体になっていますが、今回のケースはかなりグレーゾーンなので何とも言いにくいです。

5.忙しくしてみる

その友達の事を忘れるくらいあえて自分に厳しくしてみるのはどうでしょう?
忙しくしていたら嫌なことも良いことも忘れてしまいますよね。

要は友達の事を忘れるくらい、何かに熱中もしくは集中するという事ですね。

実際熱中していると本当に忘れる事ができますよ!

友達のことを忘れる

友達の事を忘れましょう。

基本的にいつも友達の事を考えている訳ではないですよね?
一時的に友達の事を忘れて下さい。

そうすれば気持ちが楽になりますよ。

いつも友達の事ばかり気にしてしまうと、自分がしんどくなりますよ。

普通に生活していれば、友達の事を忘れてしまうでしょう。

大体3日くらいですぐに忘れますよ。

6.そっけない態度をとる

結構そっけない態度というのはかなり堪えますよ!
優しかった友達が急にそっけない態度を取られると、凄く不安になりますからね。

ここで重要なのがおどおどするのではなく、心を鬼にしてそっけない態度を取りましょう。

気乗りしなくても怒っているような素振りを見せる事で、相手に動揺を与える事が出来ます。

高確率でいつもとは違うあなたの態度に、相手は質問してくるでしょうからね。

その時に絶対にやってはいけないのが、女性特有の自分で考えてや分かるでしょう?という投げやりな態度です。

これは返って相手に反感を買わせてしまう事になるので、絶対にやめて下さい。

質問された時はチャンスだと思い、すぐには言わずもったいぶりましょう。