CoCoSiA(ココシア)

純粋な人の14個の特徴

純粋に生きている人って、なんだか素敵でうらやましいと感じることありませんか?

大人になっても純粋さを持ち続けている人って、キラキラしていますよね。

周りからも、裏表がなく魅力的な人として好かれます。

でも逆に、騙されやすいとか天然キャラといったイメージも持たれがちです。

本当のところ、純粋な人ってどんな特徴を持っているのでしょうか?

この記事では、純粋な人の特徴、純粋さを身につける方法、純粋なことのメリット、純粋が原因で嫌われる理由と対処法をご紹介します。

さらに、純粋な人にお勧めの男性の特徴、反対にお勧めできない男性の特徴も考えていきたいと思います。

純粋な人の14個の特徴

あなたは”純粋な人”というと、どんなイメージを持ちますか?

裏表のない人?いつも素直な人?天然な人?

一体どんなが「純粋な人」なんでしょうか?

今回は、14個の特徴をご紹介します。

1.とにかく素直

純粋な人といわれる人は、とにかく素直です。

自分の気持ちにも、相手にも素直に向き合います。

人間関係でいろいろと苦い経験をしていくと、人のことを最初から疑うようになってしまいませんか?

でも、純粋な人は最初から人を疑ってかかるのではなくて、その人をまっすぐに信じようとします。

基本的にみんないい人、と思って接しているので、誰からも好かれやすいでしょう。

でも、そのような素直さが「騙されやすい」と思われてしまうこともあるようです。

人の言ったことを素直に受け止めるがゆえ、冗談で言ったことも本気にとらえてしまうこともあります。

そのため、相手の言ったことを真に受けてダメージを受けたり、逆にお世辞に対してもすっごく喜んだりすることもあるのです。

純粋だからこそ、相手の裏の顔や裏の感情というものを探るようなことはしないのです。

自分の目の前にいる相手をそのまま受け止めます。

素直の意味はどういうの?素直になるための注意点も紹介します」に、素直になるための方法が書かれています。

もし、素直になりたいと思っている人がいたら参考にしてみてください。

2.飾らない

純粋な人が魅力的に見える理由の一つには、きっと飾らない姿があるのではないでしょうか?

私たちは、自分をよく見せることに必死になってしまいます。

鎧をまとったり、さらには自分を外面的にも内面的にも飾り立てて、人よりも上に立とうとします。

人は自分を本来よりもよく見せようといくら頑張っても、そのうちにボロが出たりします。

そして、そんな自分に疲れたり嫌気がさしたりすることがあります。

でも、純粋な人は自分をありのままで表現するので、そこに惹かれる人は多いのです。

素直な自分を受け入れてそれをありのままに表現できる人は、いつもキラキラしているのす。

自分の良いところ、得意なこと、そして苦手なことや弱みもそのまま出して、素直な自分で生きている人は、飾らない人として愛されます。

さらに、自分を飾らない人は他の人に素直に頼ることができます。

それは他人に依存する傾向があることとは違います。

自分の足りないところを認めたりサポートの必要性を認識しているので、他の人に謙虚に助けを求めることができるのです。

誰かに頼ることは、自分がその人よりも劣っていることを認めることになる、と思って人に頼るのを嫌がる人もいます。

しかし、純粋な人は他人からのサポートをあまり嫌がらない傾向にあるようです。

3.嘘つかない

純粋な人は、自分に対しても他人に対しても正直です。

だから、一緒にいて安心する人でもあります。

大人になると嘘ばかりをつくようになります。

少しでも嘘をつく癖のある人に対しては、いつも疑ってみてしまいますよね。

でも、純粋に偽らない人は信頼できるので友人や恋人としては安心できる存在なのです。

ただ、思ったことをそのまま言うことがあるので、人から反感を買ったり、空気が読めないと思われたりすることもたまにあります。

でも、そのような嘘のない姿がとても魅力的に思える、という人は多いので愛される存在でしょう。

4.裏表がない