CoCoSiA(ココシア)

気配りができる人の6個の特徴と気配り術(続き2)

相手の気持ちを察して動く事が出来る人は、きっと観察力の高い人なのです。

それをする事が出来るからこそ、相手の気持ちになった行動を取る事が出来るのでしょう。

それをする事によって、支えられているという事もあるかもしれません。

相手の気持ちになって行動しているつもりでも、それが自分で勝手に考えて行動している事なのであれば相手にその気持ちが伝わる事はないかもしれません。

もしかしたら、一人でいいように考えてしまっているだけで実際には迷惑なだけなんて事もあるのです。

それでは気遣いのできる人とは言えません。

気遣いが出来る人は、相手の事を思って行動する事が出来ます。

3.人見知りをしない

何か困っている人がいる場合、助けてあげる事が大切です。

何かありましたか?そんな風に声をかけてあげる事が出来ればそれだけでも嬉しい気持ちになる事が出来るはずです。

相手の事を思い行動する事こそが大事なポイントなのです。

困っている人に話しかけるには、意外とコミュニケーション能力が必要です。

本当は気になる行動をしている人が居たとしても『大丈夫?』『手伝おうか?』その一言が言えるかどうかが何よりも大切なのです。

それが言えなければいくら相手の事を思っていたとしても、その気持ちが伝わることはないのですから。

人見知りをしない事も、気遣いのできる人の大きな特徴なのかもしれません。

それをする事が出来ることこそ、本当に大切なことなのでしょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力の高さは人間関係の良さに直結しています。

人間関係を円滑に進める事が出来る人の場合には、それがきっかけとなり気遣いのできる人になるのかもしれません。

自分の周りの人とうまく過ごす事が出来ていない人が、気遣いのできる人の訳が無いのですから。

コミュニケーション能力が高いことによって、周りの人とより仲良く過ごす事が出来るようになります。

そうすることによって、困っている人と早く出会う事が出来るようになるかもしれません。

いざという時に役立つ事が出来る環境が沢山あるのです。

いくら、周りの人の役に立ちたいと思っていたとしても、それが出来る相手が居なければその気持ちが叶うはずが無いのです。

まずは、周りの人といい関係をつくる。

それこそが大切な事なのです。

4.進んで行動することができる

気遣いができる人の場合には、周りの人のことを思って行動する事ができます。

そこには損得などはなく、助けたいという純粋な気持ちがあってこその行動なのです。

だからこそ、進んで行動する事が出来る行動力を持っている場合が殆どです。

行動力があるからこそ、相手に気遣いを届ける事が出来るようになるのです。

進んで行動する事ができない場合、貴方の気遣いが相手に届く事はありません。

本当はもっと助けてあげたいという気持ちを持っていたとしても、それが実行される事がないまま終わってしまえば相手の事を思っていないことと同じ事です。

気持ちは行動に繋がってはじめて相手に届くのです。

だからこそ積極的に行動する事がとても大切です。

5.誰でも平等に接する

気遣いの出来る人は、自分から気遣いが出来るというような事は言い出しません。

周りの人がそう思う事によて、そういった評判が出てくるのでしょう。

だからこそ、多くの人からの評価が無ければそういったイメージの人になる事は出来ないのです。

そのためには、まず多くの人に気遣いをするべきです。

一人二人では無く、多くの人からそうした声が出る事によって、周りの人もあなたを気遣いの出来る人だと思ってくれるようになるはずです。

誰にでも平等に優しくする事は意外と難しいものです。

人間には必ず好き嫌いがあります。

だからこそ、その好き嫌いに合わせて優しくする人が偏ってしまうのです。

普通であれば自分がさほど好きでは無い人に対して優しくしてあげようと思う事はないからです。

けれど、それでは気遣いの出来る人と言われる事はありません。

相手に関係なくいろいろな人に優しくしてあげる事が出来る人だからこそ、素晴らしい人なのです。

誰でも平等に優しくする為には、それだけの強さが必要です。

周りに流されず、自分の気持ちをしっかり持つ事が出来るかどうかが大切なのかもしれません。

だからこそ、まずは周りの人の良いところを探してみましょう。