CoCoSiA(ココシア)

気配りができる人の6個の特徴と気配り術


社会生活において、他人に気を配らずに生活する事は不可能とも言えますね。

会社での人間関係のみならず、パートナーや家族に対しても配慮を忘れてしまうと良い関係は簡単に崩れてしまうものです。

そんな社会の中で生きていると「あの人は凄く良く気のきく人だな」と思う人が身近に1人位は表れませんか?

そんな「気配り上手さん」は他の人と何がどう違うのでしょうか?

ここでは気配りができる人は必ずやっている20個の気配り術をご紹介します。

これをマスターすれば、あなたも気配りのできる人間になれますよ。

一流から学ぶ!気配りのポイント

何事にも「一流」という人は存在します。

気配りにおいても、職業であげるならCAやホテルマン、ハイヤーの運転手や、秘書業なども最低限のスキルとして気配りが出来ていないと業務にならない職業ではないかというイメージが強いですよね。

そんな一流たちから気配りのポイントを学んでみましょう。

基本は、相手が自分だったらと考えること

気配りの基本は何といっても「自分だったら」と、自分に置き換えて考えられるという事ではないでしょうか?他人の気持ちを100%理解するのは不可能です。

だからこそ「この人がもしも自分だったなら、こうして欲しいと思うかな?」という思考こそが気配りの最初の一歩とも言えます。

とはいえ、一流たちはもっと高度な気配り術を駆使して相手の気持ちや要望をくみ取り行動を起こしていきますよね。

いきなりそのレベルに達するにはハードルがあまりにも高いので、まずは相手の立場に立ってみて「もしも自分だったら」と考えるクセを付けるのが良いかもしれません。

一流は洞察力が凄い

一流と呼ばれる人たちは、相手の事を事細かに見ています。

そして様々な視覚的要素から「おおらかな人」「神経質な人」と人間性を予想したり、その日のコンディションを読み取る事から要望を推測します。

それは相手の事をよく観察しているからこそ成せる技なのです。

多くの気配りのできる人は人間観察が趣味であったり、常に周りの出来事を把握している位視野の広い人が多いのもその為だと言えますね。

自分に対する気配りも完璧

気配りの苦手な方を見ていると、相手の事を思って行動しているにも関わらず常に空回りしている人も少なくないですよね。

そんな人は自分に対する気配りが出来ていない事が多いです。

例えば、オフィスで人の仕事を手伝ってあげようと声をかけても「あなたに出来る事は他にもあるのでは?」と断られたり、街中で荷物の重そうなお婆さんを見かけて手を差し伸べるものの「いえいえ、結構です。」と断られたりする事も少なくありませんよね。

これはただ遠慮しているだけではなく、相手はあなたという人間を見て「これは貴方には荷が重い」と判断している事があります。

普段から小さなミスが目立つ人に「仕事を変わろうか?」と言われても、その仕事でミスをされるかもしれないと思うと断りたくなりますよね。

自分がどんなに重い荷物を持っていてもヒョロヒョロと細身の人に助けられては「この人大丈夫かしら?」と断りたくなるものです。

一流は「自分がどう見られているか」「自分がどの程度の能力だと認識されているのか」を良く理解しています。

だからこそ、的確な気配りを断られる事なくやってのける事ができるのです。

自分に対して気を配り自分の(客観的に見ても)許容量外の事を引き受けないようにする事も立派な気配りと言えるのではないでしょうか?

気を配る力がある人の6個の特徴

ここからは気配りをすることが出来る人の特徴についてご紹介します。

特徴を知る事によって、どんな行動を取るべきなのかを考え行動する事が出来るようになるでしょう。

1.空気が読める

周りの人の事を考え行動できる人は、そもそも周りの人を良く見ています。

もっと言えば、相手の空気を読む事によって必要とされている行動を取る事が出来るようになるのです。

空気を読む事を意識する事によって、自分が今すべきことを明確に表す事が出来るようになるのかもしれません。

気配りの出来る人が傍に居てくれるだけで安心感を感じる事が出来るでしょう。

支えて欲しいときにスっと手を差し伸べてくれる事もあるかもしれません。

それこそがまさに空気を読むという事なのです。

空気を読んで行動する事が出来るようになれば、自然と相手にとって必要な行動を取る事が出来るようになるでしょう。

空気を読む事が得意だと言う人は、きっと普段から周りの人の事を意識して生活しているのでしょう。

そちらに目を向けて生活しているからこそ、小さな変化にも気が付く事が出来るようになるのです。

そんなところが気遣いが出来る人にとっては必要な事なのかもしれません。

2.観察力が高い

相手が困っているときに手を差し伸べる事が出来るかどうかが、気遣いの出来る人になれるかどうかの大切なポイントです。

必要な事では無く、自分が出来る事・相手が必要としている事を意識して物事を決めていきましょう。

そうする事ができるようになる為には、観察力が必要です。

観察力があるかどうかによって、相手の気持ちを考えて行動する事が出来るかどうかが変わってきます。