CoCoSiA(ココシア)

気配りができる人の6個の特徴と気配り術(続き6)

これでも勿論喜んでくれる人は多いでしょう。

しかし「その髪型、素敵だね」というと鏡でも無い限り自分自身の髪型を自分で目視する事はできません。

よって相手は「そうなんだ、私にこの髪型って似合っているんだ」と気付かされるのです。

そうすると褒められた喜びはサプライズの要素も加わり効果が大きく増すと言われれいます。

歯の浮くようなお世辞はNG

相手を褒めるとはいえ、あまりにあからさまに褒め過ぎると「この人は何を言いたいんだろう?」「何が目的なんだろう?」と不信に思われる事があります。

褒める時には、相手の様子をしっかりと伺いながら適度な所で止めておくのが良いですね。

15.見えない陰の人に感謝する

どんな組織にも、華やかで表立った仕事をする人とその土台となって踏ん張る人がいます。

気配り上手な人はその現実を常に忘れずに見えない陰の人にも感謝のできる謙虚な人が多いでしょう。

普段全く関わりが無かったとしても、自分達を陰から支えてくれている人までしっかりと立てつつ、その感謝を伝える事ができる人こそ真の気配りができる人と言えるのかもしれませんね。

16.人の噂話や悪口にのらない

気配りのできる人は人の噂話や悪口にはのりません。

その行為が、空気を悪くして特定の誰かを傷付けてしまう事を知っているからです。

そして、そういう行動を取らない人だからこそ「この人なら噂に耳を貸さないし、悪口も言わない人だ」という認識が生まれて、人から相談されたり頼られたりするのです、いつだって自分の心の中の正義を貫き、中立の立場に立てるからこそ気配りをして様々な人に愛されるのでしょう。

17.最高の気配りはすぐに実行すること

ただ「気の利く人」なら意外と多くいるものです。

しかし、それを行動に起こせるのか起こせないのかで大きな差が生まれてきます。

例えば、電車で座席を譲る際多くの人が「ここは座席を譲るべきかな?」と感じていたとします。

しかし、それを思っていても行動に移せなかったり「誰かがやってくれるだろう」と他人任せにしてしまう人はとても多いです。

気配りが上手な人も、特別な事に気付いて行動している訳ではありません。

ただ、気付いた事を直ぐに行動に映せる実行力が優れているのです。

その点から見て、最高の気配りというのは思った事や感じた事を他人の為にすぐに実行できる事であるとも言えますね。

「気配りのできる人は出世する」の真相

一流の人やトップに立つような人は気配りの出来る人が多いと言われています。

そこから「気配りの出来る人は出世する」なんて事も言われていますね。

勿論、ただ気配りができるだけでは出世等望めません。

ただ、出世をしたり一流になる人は「失敗を恐れずに行動ができる」という人が多いのです。

「気の利く人」が行動を起こせないのは「もしかしたら断られるかも」「鬱陶しいと思われるかも」などマイナスな失敗例を想像してしまうのが原因です。

それに捕らわれず行動に起こせるという意味で、気配りのできる人は出世すると言われているのですね。

18.挨拶や返事など、基本的なマナーができる

気配りのできる人は挨拶や返事など、基本的なマナーがしっかりとできる人が多いです。

何故なら挨拶や返事は基本であり、相手とのコミュニケーションであるからです。

気配りのできる人は他人を良く見ています。

そして挨拶ほど、他人の今日のコンディションを知るのに十分なコミュニケーションは無いのです。

挨拶をする時のテンション、表情、姿勢、声の様子など様々な情報から相手の今日のコンディションが良く分かります。

そのコンディションを踏まえた上で対応するからこそ、相手はその対応を心地よく感じてくれて結果「あの人はとても気配りが上手な人だ」という評価に繋がっていくのです。

19.一緒にいて気持ちいい人になる

気配りができる人、というのは他人からすれば「その人の傍に居ればストレスを感じない人」「一緒にいて気持ちのいい人」という事になります。

自分を良く理解してくれて、その時欲しい言葉や対応をくれる人の傍に居たいと思うのは当然の事ですよね。

気配りのできる人になりたいと思った時にはまず、相手の人が一緒にいて気持ちいと思ってくれる対応を心がけると一番効果が高いです。

20.周囲への感謝の気持ちを忘れないこと

気配り、というと自らが発信している様な印象を受けますが実は周りのフォローや対応があってこそ成立しているという事を気配り上手な人程深く理解しています。

それを理解しているからこそ、気配り上手な人は周囲への感謝の気持ちを忘れないのです。

自分が円滑に仕事を勧められるのはチームのおかげ、だからこそ私もチームが円滑に仕事を勧められるようにアクションを起こす、といった発想ですね。

人を思い遣る事は、人に思い遣って貰える事に繋がります。

いついかなる時も感謝の気持ちを忘れない事こそが大切ですね。

飲み会の場で使える気配り術を伝授

様々な気配り上手になる方法を解説してきましたが、いかがでしょうか?

ここからは「気配り上手な子としてモテたい!」という方の為に、飲み会の場で使える気配り術を紹介していきます。