CoCoSiA(ココシア)

彼女とのラインに迷ったら!長続きするカップルに学ぶLINE術!


今、一番使われているコミュニケーションツールと言えばLINEですよね。

彼女との連絡にLINEを使っている方も多いでしょう。

けれども、顔が見えない分、直接のやり取りではない分、どんなことを書いたらいいのか、どのくらいの頻度で送ったらいいのか、迷ってしまってはいませんか?

この記事では彼女とのラインの頻度や、どんなLINEを送ったらいいのか、長続きするカップルを例に紹介していきたいと思います。

彼女とのLINEが盛り上がらない…そんな時どうする?

LINEは便利なツールですが、いまいち会話が盛り上がらない時がありますよね。

コミュニケーションがスムーズに取れている時は、まるで会話をしているように利用できるLINEですが、会話が盛り上がらないと反対に気持ちが沈んでしまいます。

本当は彼女は迷惑に感じているんじゃないか、などと考えてヤキモキしてしまったりしませんか?

そんな時、大切なのは焦らないこと。

もしかして嫌われてしまったかもしれない、飽きられてしまったのかもしれない、などと思い、何度もLINEするのは迷惑です。

あるいはまるで普段のじぶんとは違うテンポで、スタンプをいくつも送ったり、「!」や絵文字の多いLINEだと、空回りしてしまい、彼女が煩わしく感じてしまうことも考えられます。

彼女の方もあなたからどんなメッセージが送られてくるのか、あなた自身はどんな人なのか、まだ見極めら得ずにいるのです。

ですので、まずは彼女を傷つけない内容の自分らしい文章でLINEをしてみましょう。

彼女に飽きられやすいLINEパターン

とはいえ、彼女が飽きやすいLINEパターンもあります。

それは毎回同じ内容だということ。

そして相手のレスも待たずに、あるいはそれをきちんと読まずに、自分のペースで会話を持っていくことです。

いつも自分のことばかり話していませんか?会社や学校、友達の愚痴ばかりになっていませんか?

女性は敏感にそうしたものを感じ取ります。

また、おざなりに見えるワンパターンな内容のLINEも飽きられやすいです。

おはよう、おやすみ、同じスタンプ、同じハートマークの絵文字、開けて見るまでもないような、お決まりのセリフ。

確かに毎日全く違う内容のLINEを送り続けるのは大変かもしれません。

仕事や学校で疲れている時に、そんなことまで考えている余地はないかもしれません。

けれども彼女のことを大切に思えばこそ、少しずつ工夫して、彼女が読みたいと思うようなLINEを送れるようにしましょう。

スタンプや絵文字ばかりを使用する

時間がない、どう返答していいかわからないからといって、スタンプや絵文字ばかりを多用していませんか。

確かにLINEのスタンプや絵文字は便利です。

時に言葉以上に自分の気持ちを表してくれますし、返事を微妙に紛らわせたい時にも役立ってくれます。

それが時々ならばいいのです。

けれども毎回となると、受け取る側はどう感じるでしょうか。

せっかく文章で送ったのに、返事が「OK」のスタンプひとつ。

相談しかけているのに、「ガンバレ」のスタンプで返されたのでは、これ以上何かLINEを送ろうという気になるでしょうか。

スタンプや絵文字はあくまで補助ツール。

主体は自分の文章なのだということを肝に命じておきましょう。

自分から振って、話題を広げない

たとえば「今日何の映画を見た?」と聞いておいて、それ以上「どんな映画だった?」とか「誰が出てたの?」などと話題を広げず、「よかったね」、「ふーん」などで終わらせてしまう人がいます。

こういったLINEも女性に疎まれる傾向にあります。

自分に興味を持っていないのかな、と心配にもなりますし、本当はどうでもよかったんだ、とも呆れたりもします。

加えて、話題を広げることはしないのに、LINEを終わらせることはなく、受け身、待ちの姿勢でいると、もうそれは寂しがり屋の甘えん坊。

彼女にとってはだんだん面倒な存在になってきます。

気をつけましょう。

反応が薄い

反応が薄い男性もLINE下手です。

彼女がいろいろ情報を送ってくれているのに、「ありがとう」とか「そうなんだ」「へぇ」だけで返す。

熱量としては相手の3分の1以下。

そんな内容では、受け取る側だってつまらなく感じますよね。

誰が返事の内容が分かっている相手にLINEを送る手間をかけたいでしょうか。

思いやりも感じられません。

疲れている、面倒くさい、などと言い訳をせず、彼女のLINEと向き合い、内容をきちんと読み、自分の文章で返す、ということを定着させるようにしましょう。