ずっと多くの場所で言われ続けていることがあります。

それは、、人は一人では生きていけないということです。

当たり前のことだけれど、やっぱりそれは自分で体験してみたいと理解できないのではないでしょうか。

例えば、どこの社会にも人間関係の問題はあります。

人には様々なタイプがあり、付き合いやすい相手もいれば付き合いにくいタイプもいます。

その為、ある程度の問題は仕方のないことといえるのです。

どこにでもある問題ですが、それをうまくこなしていけるかどうかはその人の人付き合いのスキルにかかっています。

そこで自分の持っている力を発揮することができるかどうかで今後の生活しやすさが決まってくるといっても過言ではありません。

いい人間関係を作っていく為には、ある程度の努力が必要です。

自分自身のことを理解すると同時に、相手の事を理解して生活していくことがいい人間関係を作るためには重要なポイントです。

そこで今回は、人間歓迎の作り方についてご紹介させていただきます。

いままで、なかなかいい人間関係を作ることが出来なかった方は、これから紹介させていただく方法を参考にして、次に役立ててみてはいかがでしょうか。

人間関係は宇宙の果てを見つけるより難しい?!

人間関係を宇宙の規模にたとえる人がいます。

今までにも数多くの人が研究しているのにもかかわらず、解明することが出来ないほどの広さがある宇宙。

その宇宙と同じだけの広さがあると例えられる人間関係は、それだけ深く。

広いんだということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

人間関係は、宇宙同様にいまだ解明方法が明確に見つかっていない未知の世界です。

そのため自分の環境や正確にあった方法を探し出す必要があるのです。

自分ではうまく出来ていると思っていても人と比べることで、その未熟さを痛感することもあるでしょう。

人間関係を熟知して思いのまっまに付き合うことが出来るようになる為には、膨大な時間と経験が必要なのです。

誰ともわだかまりが無い人なんていない

幼い頃、多くの人から「みんなと仲良くしなさい」と教えられて来た事でしょう。

しかし、それはあくまでも理想論であり大人たちが皆と仲良くすることが出来ているかと聞かれればそれはまったく別のお話しなのです。

人には様々なタイプの人がいます。

その中には、どうしても合わないと感じる人もいるでしょう。

子供の頃は、それでも仲良くしなければと頑張ったこともあったかもしれません。

しかし、大人になってまで無理して嫌いな人に合わせる必要はありません。

誰とでも、わけ隔てなく仲良くすることが出来るのは素晴らしいことです。

ですが、そんなことが出来る人は神様位しかいません。

多くの人が、自分にあった人と有効な関係を築ければそれでいいと考えています。

だからこそ、自分がうまく人間関係を築くことが出来なかったからと言って気にする必要はありません。

なぜなら誰でも同じだからです。

苦手な人もいれば好きな人もいる。

人間関係はそれでいいのです。

わだかまりのまったくない人などこの世に存在しません。

【わだかまりについては、こちらの記事もチェック!】

世界は人間関係で成り立っている

自分の人生の主役は自分です。

だからと言って、そこに登場人物がまったくいないということはありません。

そんな方の人生にも多かれ少なかれ他人が絡んで来ているのです。

そのため、どんな世界であっても、人間関係を避けて生きることは不可能なのです。

人間関係は、面倒なこともあります。

出来れば一人で生きたいと思ってしまう事もあるでしょう。

しかし、他人と全く関わらない人生を想像してみてください。

それはそれで意外とつまらないとは思いませんか?自分の人生を豊かにしてくれるのは意外と他人とのつながりなのかもしれません。

切っても切れない関係だからこそ、人は他人とうまく付き合って生きていく方法を探して行くのかもしれません。

人間関係を断とうとしてはいけない

多くの問題が起きやすい人間関係。

その為、時にその関係をチャラにしてしまいたくなる時もあるでしょう。

しかし、人は絶対に誰かと関わってでしか生きていくことが出来ません。

他人と関わらずに引きこもって生活をしていこうと思ったところで、実際は他人であろと身近な人物であろうと必ず誰かの助けを得て生活しているのです。

ですから、その関係を断とうとしたところで断つことは出来ないのです。

人間関係の面倒くささは、多くの人が経験します。

時に、その面倒な人間関係は人生を変えてしまう程の衝撃をあなたに与えるかもしれません。

しかし、その時は逃げ出したくなる程のつらい経験だったとしても、その経験もすべてひっくるめてあなたの人生を作る大きな要素になってくれるのです。

どんなに辛くても、面倒だったとしても人間関係を断つことは出来ません。

その為、人はその関係を断とうとするのではなくいかに有効に関係を築いて行くことが出来るかどうかを真剣に考えて行く必要があるでしょう。

人間関係が難しいと感じる12個の原因

では、実際にどんな時に人は人間関係を面倒だと感じるのでしょうか。

人によって面倒だと感じるポイントは違います。

その面倒だと感じるポイントを自分の中で理解して、克服することが出来るようになれば人間関係を面倒だと感じる気持ちは少し薄らぐことが出来るかもしれません。

その為にはまずは、苦手意識がどこにあるのかを知る必要があるでしょう。

多くの人が感じているようなオーソドックスな物から、意外と自分では気が付いていないようなことを、様々な角度からご紹介させていただきたいと思います。

1. 口下手

人間関係を構築するにあたり、その過程を苦手だと感じてしまう方の大きな特徴としては口下手という事があげられます。

人と話をすることが苦手な人は、自分の意見や気持ちを人に伝えることが出来ません。

その為、他人と付き合って行く事に苦手意識を感じてしまうのです。

人とコミュニケーションを取る為には、自分の気持ちをきちんと話すことが出来ないとどうしてもストレスがたまってしまいます。

その為自分が気持ちよく過ごす為にも自分の意見をいう事に努力を惜しんではいけません。

自分の意見を伝えることが苦手な人も、時間をかけて練習していけば必ずや出来るようになります。

コミュニケーション能力は、いつからでも向上させることが出来るのです。

そのためには、日々の努力をかかしてはいけないのです。

2. 我が強い

人間関係を円滑に構築していく中で、自分の意思が時に邪魔をしてしまう事もあります。

というのも、自分の意思があまりにも強すぎる事で相手の意見を受け入れることが出来ないという事態が発生してしまう為です。

他人の意見を受け入れず、自分の考えがすべて正しいと思い込んでいる人の特徴としては「自己中」や「独りよがり」といった特徴をあげることが出来ます。

こういった人は、自分が周りに対して嫌な思いをするだけではなく、周りからの評価も下げる事になってしまいます。

その為、気が付いた時には一人になってしまっている事もあるでしょう。

周りから人がいなくなってから気が付いたところで、その信頼を回復するには時間がかかります。

自分が相手に対して不満を感じている時は相手も同じだけ自分に対して不満を感じているのではないかという事を良く理解し、行動するようにしてみて下さい。

そう考え、行動するだけ物事はずっといい方向に動いて行く事でしょう。

3. 落ち込みやすい

人は時に残酷です。

そのため、自分の意見に合わない人に対して厳しい意見を述べる事もあるでしょう。

そんな時、そんな現実に傷つき人と関わる事が怖くなってしまう事もあるかもしれません。

しかし、そこで自分のからに引きこもってしまってはなんの変化もありません。

他人と関わる事で、傷ついた経験がある人はこの世界中にあふれる程います。

ですが、その多くの人が必ずしも人と関わる事をやめてしまったかといえばそうではありません。

その経験を生かし、前に進んでいる人も沢山いるのです。

傷つき易い事が原因なのではなく、それを克服出来ない事に問題があるのです。

一つの意見にとらわれることなく、自分の気持ちを大事にしていく事もまた大事な事と言えるでしょう。

4. 根に持ってしまう

人と関わる事で、時に嫌な思いをする事もあります。

それは、珍しい事ではなく誰もが当たり前に経験する事です。

ですが、その経験を自分の糧にする事が出来ず相手がすべて悪かったと感じてしまう人が中にはいます。

そういう人は、その出来事を根にもちずっと引きずってしまうのです。

確かに嫌な経験をして、嬉しいと感じる人はいません。

ですが、それをずっと根に持っていてもなんの意味もありません。

その経験を自分の中でどのように変化していくことが出来るかどうかが重要なポイントなのです。

人を恨んで生きていくより、自分の気持ちを前向きに考え行動していく方がよっぽど素敵な日々を送る事が出来るでしょう。

その事に気が付くことが出来るかどうかが大きなポイントとなるのです。

5. 感情の起伏が激しい

人付き合いがうまく行かない人の特徴に、相手から嫌われてしまうという理由があります。

その原因には様々な事が考えられますが、一つの理由としては感情の起伏が激しすぎるという点が上げられます。

皆で楽しく会話をしていたとしても、いきなり怒り出したり悲しんだりされては周りの人はどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。

相手がその時どういう気持ちになるのかを考える事が出来ず、自分の感情だけで行動したり発言を繰り返したりしてしまう方は自然と周りが離れて行ってしまいます。

自分の気持ちに正直に生きる事は素晴らしい事です。

しかし、それは我儘に生きても良いという事ではありません。

自分の気持ちを大事にしつつも、相手の気持ちをきちんと考えて上げる事が出来る人が本当に素晴らしい人と言えるでしょう。

6. 心が繊細

心が繊細な方は、周りが言った何気ない一言で傷ついたりしてしまう可能性があります。

その状況をくり返す事で疲れてしまい、人付き合いが苦手になってしまうのです。

心が繊細な方は、それだけ人の心に寄り添う事が出来るという事でもあります。

そのため、自分の気持ちを大事にするのと同じように、相手の気持ちを大事にする事が出来ます。

結果としてそれは気を使う事につながるので、余計に疲れを倍増させてしまうかもしれません。

しかし、考え方に寄ってはそれほどまでに人の気持ちに寄り添う事が出来る人の事は多くの方が好印象を持ちます。

そのため、自分が思っているほど、他人には嫌われていないという現実もあります。

多くの方に向けて自分の気持ちを伝えて行いく事は難し事い事かもしれません。

しかし、そのことに目をそむけずに頑張って行動していけば、必ず結果はついてきてくれる事でしょう。

7. 過去のトラウマが忘れられない

人付き合いが苦手な方の中には、過去に人付き合いで失敗をしてしまっている方もいます。

そんな方は、その経験から他人と関わる事が怖くなってしまっている事もあるでしょう。

確かに、一度失敗してしまうと、また同じことを繰り返してしまうのではないかと心配になってしまいます。

忘れられない程、辛い思いをした方はそれを乗り越える為には沢山の時間が必要かもしれません。

しかし、思い出をずっと引きずって自分の殻閉じこもってしまっている方はいつまで断っても自分の思うように生きる事が出来ません。

自分自身の経験を超える事が出来るのは自分しか以内のです。

過去の自分に別れを告げて、新たな一歩を踏み出して見てはいかがでしょうか。

ずっと過去の記憶に縛られているより、数段に素晴らしい経験を積む事が出来るでしょう。

明日からまた新たな時間を過ごす為には、過去に見切りをつけて前向きに行動するようにしてみてはいかがでしょうか。

8. 疑心暗鬼

人付き合いが苦手な方の中には、人の事を信用する事が出来ないという人がいます。

「人に意地悪を言われているかもしれない」「あの人は信用出来ないかもしれない」そう思っていると、なかなか自分の心を開いて話す事が出来ないのです。

人に信用される人になる為には、まずは自分が信用しなければなりません。

自分が信用する事が出来るようになる為には、時間がかかる事もあります。

しかし、自分の事を信用してくれる人に人は心を開いてくれるのです。

そのため、人に心を開いてもらう為にはある程度のリスクが必要です。

疑心暗鬼になってしまう人は、過去に何かあった方の人がいます。

自分の経験を乗り越える為には新しい記憶で乗り換えて行くしかありません。

過去を乗り越える事が出来るかどうかは自分の力にかかっているのです。

【疑心暗鬼な人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

9. 自分に自信がない

自分に自信がないと、自分の意見にも自信を持つ事が出来ません。

その為、人の意見に対して嫌だと感じたとしても、なかなか自分の意見を言うことが出来ないのです。

自分の意見をいう事が出来ないと、人はどうしてもストレスを感じてしまいます。

その為、そのストレスの結果人との付き合い事態が億劫になってしまうのです。

自分の意見に自信を持つ為には、ある程度の経験や実績を積む必要があります。

日々の生活に努力をしたかどうかでその後の時間に自信を持って過ごす事が出来るかどうかが決まって行くのです。

人には性格があり、全員が全員前に出ることが幸せと感じているわけではありません。

しかし、意見を言えない事にストレスを感じてしまう位なら自分自身が状況を改善する為に、多少の努力をしなければならないのです。

10. 精神的に余裕がない

人と付き合って行くには、多少のストレスは避ける事が出来ません。

そのため、自分自身が精神的なストレスをすでに感じてしまっている場合、更なるストレスを感じる事になる人間関係を構築する事が嫌になってしまうのです。

確かに、日々の生活にすでに疲れている場合新たなストレスの元となる状況を迎える事は嫌だと感じる事もわかります。

しかし、人間関係のストレスは自分自身が選ぶ事が出来ない場合が多々あります。

嫌だと言ったからと言って、人と関わらずに生きていく事は出来ないのです。

精神的に余裕がない時は、普段は何も感じないような些細な出来事にさえもストレスを感じてしまう事もあります。

その結果、さらに人間関係にストレスを感じ悪循環に陥ってしまうのです。

自分の精神状態に余裕がないと日々の生活すべてに悪影響が出てしまいます。

最近の日本はすとれる社会なので、ストレスがない生活を送るのは難しいことかもしれませんが、

楽しい時間を過ごせるようになる為には、そのストレスを回避する方法を自分なりに探す必要があるのです。

11. 思いやりの気持ちが少ない

人との人間関係を円滑に進めて行く為には、相手の気持ちを考えてあげられるかどうかが重要なポイントです。

というのも、自分の気持ちばかりを優先してしまう人は相手の意見をないがしろにしちです。

自分の意見を全く聞いてくれない相手に、心を開いてくれる人はいません。

そのため、どうしていい人間関係を築く事が出来なくなってしまうのです。

いい人間関係を作れるかどうかは、いかに相手の気持ちにたって考えてあげることが出来るかどうかというポイントも大きく関わって来ます。

自分の事を優先する事は悪い事ではありませんが、なんでも程度が問題なのです。

人の気持ちを考える事が出来る人は、相手からも思ってもらう事が出来るようになります。

自分の事を分かってほしいと望むのであればまず自分が相手の気持ちに立って話が出来るようにならなければなりません。

そのためには、人の気持ちを知ろうとする気持ちが必要なのです。

始めの打ちはなかなか分からなくとも、だんだんと相手の気持ちを読む事が出来るようになって行きます。

ですので、少しずつでも日々の生活に取り入れて見てはいかがでしょうか。

12. 自分の考えが絶対正しいと思っている

人間関係を円滑に進めることが出来ない人の特徴として、人の意見を受け入れる事が出来ないという点があげれれます。

「自己中」などと言われるそれらの人々は、自分の意見に絶対の自信を持っています。

そのため、その意見を否定する人に対して面白くないという感情を抱いてしまうのです。

その為、違った意見を取り入れる事が出来ず、結果として円滑な関係を築くことが出来なくなってしまうのです。

自分の意見を大事にする事は素晴らしい事です。

なんでもかんでも相手に合わせる必要はありません。

しかし、取りあえず聞くというスタンスもまた重要なのではないでしょうか。

相手の気持ちを聞く事で、今までに自分の中になかった新たな意見を聞く事が出来ます。

その結果、全く違った発見をする事が出来るかもしれません。

そうする事で、より素晴らしい案を考える事だって出来るようになるかもしれないのです。

人の意見を聞き入れる事が出来ない人は、それだけ成長するチャンスを逃しているという事にも当てはまります。

新たな意見を聞く事は結果として自分自身の成長につなげる事になるのです。

そのため、相手の人の為はもちろん自分自信の為にもきちんとした行動を取る必要があるでしょう。

人間関係をスムーズにするための12個の方法

人間関係をうまく作って行く事が出来ない人々の特徴が分かって頂けましたでしょうか。

相手に気を使いすぎてしまう人もいれば、自分の感情を優先してしまう人などそれぞれ全く違ったタイプの人たちが居たと思います。

理由はそれぞれ違いますが、人間関係に悩んでいるという点では同じなのではないでしょうか。

そこで、人間関係を円滑に進める為の重要なポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

それぞれタイプが違う人であっても共通して利用する事が出来るような物を集めて見ました。

今現在人間関係で悩みを抱えている方は、この機会に参考にしてみてはいかでしょうか。

1. 人を信頼する気持ちを持つ

円滑な人間関係を作っていくうえで、重要なことは相手を信用する事が出来るかどうかという点が挙げられます。

人は、自分に対して好意を持てくれる相手に対して嫌な思いは持ちません。

その為、自分の事をしんようし心を開いてくれるのであれば間違いなく相手も心を開きやすくなるのです。

お互いに心を開くことが出来るのであれば、それは円滑な人間関係を作ることになるでしょう。

人を信用することは簡単なことではありません。

過去に何らかのトラブルなどがあり、嫌な思いをした事がある人は人の気持ちによりそう事に恐怖を感じることもあるかもしれません。

しかし、そういったマイナスの感情は自分の中で解決するしかないのです。

自分の中にある嫌な記憶も、新しい素敵な出来事で塗り替えるよう行動することで新たな人間関係を作って行くきっかけになるでしょう。

人の事を信用することは難しいことですが、それが出来るようになればあなたの人生はもっと豊かで素晴らしいものになることでしょう。

今の自分を変えたいと本気で思うのなら、まずは他人を信用する勇気を持ちましょう。

2. 相手のことを気にかけていることを伝える

相手に心を開くと同時に、必要な要素としては相手の気持ちに寄り添うことが出来るかどうかという点が挙げられます。

自分の事を考え、行動してくれる相手に、嫌な思いを持つことは無いでしょう。

反対に、自分本位な行動ばかり取る相手とは、多くの人が親しい関係を作っていこうとは思わないからです。

相手の気持ちを考え行動することは、普段から行っていないと自然にできるようにはなりません。

その為、日ごろから相手の立場に立って物事を考える事が出来る用にしていかなければなりません。

始めのうちはなかなか上手く出来なかったとしても、回数を重ねていくことで出来るようになっていくものです。

コミュニケーション能力と同じように、人との関わりには練習が必要です。

その練習をおろそかにしてしまっては、いつまで経ってもできるようにはなりません。

新たな自分になりたいと思うのであれは、練習をする努力をしていきましょう。

3. 相手が自分にとって大切な存在であることを伝える

人間には様々なタイプがあります。

性格が合う人もいれば合わない人もいるでしょう。

その全ての人とうまくやっていこうとする必要はありません。

まずは、自分の中で大事だと思う人と仲良くやっていくことを心掛けてみてはいかがでしょうか。

自分の望む相手とだけ、いい関係を築くことが出来るだけでも、人生は素晴らしい変化を遂げることが出来るでしょう。

大事な人には、是非その気持ちを言葉で伝えてあげてください。

好意を持たれていることに気が付くと、人は心を開きやすくなります。

お互いに心を開くことが出来ればいい人間関係を築いていくことが出来るでしょう。

気持ちは言葉にしなければわかりません。

是非恋人や家族以外の、友人や知人などこれからもいい関係を築いていきたいと考える相手にはその思いを伝えてみてはいかがでしょうか。

4. 互いに気持ちを正直に、率直に話す時間を持つ

人と心を開いて会話をするためには、ある程度の時間と信頼関係が必要です。

そのため、出会っていきなりいい関係を作っていくことは不可能でしょう。

人間関係は少しずつ、少しずつ時間をかけて作っていくものなのです。

家族や親しい友人などにもそれは言えることです。

普段どんなに長い時間を一緒に過ごしてきたからと言ってみんながみんないい関係を築くことが出来るとは限りません。

いい人間関係を作っていく為には、お互い心を開いて話をする必要があるのです。

その為には、まずはゆっくりと話をする時間を持つことが重要です。

自分の気持ちを素直に話すことで相手からも同じように気持ちを返してもらうことが出来るでしょう。

時間をかけて話をする事は、お互いの気持ちを理解しあううえでも大変重要なポイントです。

今までにおろそかにしてしまってきた方は、この機会にしっかりと会話を楽しむようにしてみてはいかがでしょうか。

5. 相手の良い所を見つけるようにする

人には様々な顔があります。

いい顔もあれば、悪い顔もあるでしょう。

自分のとっては嫌な相手であったとしても、誰かからしたら大事な人の可能性だってあるのです。

その為、人とかかわっていく為には様々な顔があるということを理解して付き合っていく必要があります。

自分が感じた第一印象のイメージのままで過ごしてしまうと、後から新たな一面に出会うことが出来たとしても、その事に気が付くことが出来なくなってしまうからです。

自分のイメージの世界でしか、相手を見ることが出来ないとせっかくのチャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

一度持ったイメージを覆すことは難しい事かもしれませんが、それを超えることが出来るように頭と心を受難にしていきましょう。

6. 「ありがとう」「ごめんなさい」は早目に言う

子供の頃は、誰もが皆「ありがとう」と「ごめんなさい」の言葉はしっかりというようにと言われてきました。

しかし、大人になるにつれて、多くの人がその言葉を自然と使うことが出来なくなってきています。

お互いに、相手の意図を汲んで会話をするようになったともいえます。

しかし、大事なことは分かっていたとしても口できちんと伝える事が重要です。

人間関係を円滑に進めるためには、感謝の気持ちや謝罪の気持ちを相手にきちんと伝える必要があります。

その為、「きっと分かっているだろう」と思うような内容であったとしても、あえて口に出すようにすることをお勧めします。

そうした態度が、これからの人間関係に大きな影響を及ぼすことでしょう。

子供の頃の気持ちを思い出し、素直な行動を取るように心がけていきましょう。

7. 自慢話をしたりプライドが高い態度を見せない

人と話をする際、気を付けなければならないことがあります。

それは、相手がどんな気持ちで、あなたの話を聞いているかを考えながら話をすることです。

というのも、自分がいくら気持ちよく話をしていたとしても聞いている相手が全く興味のない話であるなら

その話を長く続けることは相手に嫌な思いをさせてしまうことにつながるからです。

相手に不快な思いをさせる話として、最もよくあげられるものが自慢話です。

自慢話は、している本人は気持ちがよくいくらでも言葉が出てくることでしょう。

しかし、それを聞かされている人にとってみてはそれは楽しいとは感じないかもしれません。

その為、自慢話を繰り返す人は、自然と周りから嫌煙されてしまう傾向があります。

人間関係を作っていくためには、自分の主義主張を出しすぎてはいけません。

自慢をしたいときもあるかもしれませんが、そこはぐっと我慢です。

そうしても自慢話をしたいと感じる場合には、我慢を続けていくなかで、相手の様子をうかがいながら少しずつ小出しにしてみましょう。

お互いの関係をきちんと作ることが出来ていれば、多少の自慢話はたいていの場合好意的に受け止めてくれるでしょう。

相手の気持ちを考えることが出来るような人でれば、どんな話をしてもさほど問題はないのです。

自慢話やプライドの高そうな話ばかりをすることはお勧めできません。

しかし、その話をもししたいのであればそれだけ良い人間関係を作っていかなければいけないという結論にも結び付けることが出来るでしょう。

【職場の人間関係については、こちらの記事もチェック!】