人間が生きていくためには働かないといけません。

その職場というのは毎日の多くの時間を過ごす場所でもあります。

そんな職場で他に多くの同僚がいるのにもかかわらず孤立している人がいます。

休み時間もいつも1人、何か作業する時も1人。

職場で孤立した存在になってしまうことは辛いものです。

今回は、職場で孤立する原因と改善策をご紹介します。

今すぐ知ってほしい職場で孤立する原因

黙々と1人で作業できるから関係ないと言う人も中にはいるかもしれませんが、いざ仕事でわからないことがでてきたり、トラブルがあった場合に孤立した存在だと1人で考えなくてはならなくなり、解決できないこともあります。

何よりも、人生において大切な仕事をする場所が楽しくない、寂しい場所になってしまうことは悲しいことです。

せっかく多くの時間を過ごす場所なのですから、職場の仲間と良い人間関係を築いていきたいものです。

職場で孤立する人間になってしまう人には原因があるものです。

ここでは、なぜ孤立する存在になってしまうのかを見ていきましょう。

自分の話しばかりする

休憩時間などは狭い休憩室や事務所で休憩することが多いため、従業員の多くが集まります。

そうすると自然に雑談が始まるわけですが、その時に延々と自分のことばかり話す人がいます。

ある程度自分のことを話したら次は別の人の話というふうに普通は自然にバトンを渡していくものですが、それができない人はずっと自分のことを話しています。

仕事のこと、プライベートのこと等々、、。

正直聞きたくもない話を延々続けられるのは苦痛です。

貴重な休憩時間が無駄になったようで気分が悪くなります。

こういう人からはどんどん人が遠ざかっていくのでしょう。

自慢話しをしたがる

中でも一番いけないのは自分の自慢話をやたらとしたがる人です。

自慢話といっても大概はたいしたことのない自慢話がほとんどです。

釣りにいってたくさん魚を釣ったとか、競馬で勝ったとか本当にどうでもいい自慢話を聞かされるほど不愉快なものはありません。

自慢したがる人間というのは自分を人より上の立場に置きたいという欲求が強い人が多いので、そういう人には人が寄ってきません。

自慢話は百害あって一利なしと言っても過言ではないと思います。

私の場合は…とすぐ自分に置き換える

客観視できる能力というのは人間関係構築のためにはとても重要です。

自分のことだけでなく、相手や全体の状況を見ながら判断できるかどうかです。

しかし、なんでも自分目線でしか考えられない人がいます。

人が意見を言っているのに、すぐ自分に置き換えて「私の場合は、、、」というようにいつも自分目線でしか見ることができません。

自分が思っていることと他人が思っていることが100%一致するなんてことはありえないことですから、自分主体の考えを押し付けても他人に響くはずがありません。

こういう考えしかできない人はいずれ皆から総スカンを食らって1人孤立していくことになるでしょう。

相手の話しを遮断する

会話にはいくつかのルールというものがあります。

その一つはたとえ自分と意見や主義主張が違うと思っても最後までちゃんと聞く。

決して話を遮って会話を遮断してはいけないというものです。

しかしそれが出来ない人がいます。

自分の意見と違うと分かると話の途中で「いやいやそれは、、、」と割って入ろうとするのです。

これをやられたほうは本当に腹が立ちますし、そんなんだったら相手の言うこともまともに聞いてなんかやるかと思うのです。

こういった話をいつも遮断してくる人間と会話なんかしたい人間はいません。

よって人は近寄らなくなり孤立への一途を辿るのです。

職場の空気を読まない

人間関係を円滑に回していくために一番大切なことは「場の空気を読む」ということです。

生きているといろんな場面で空気を読まないといけない場面に遭遇します。

そこで自分は今どういった言動をすることが一番この場所にふさわしいかを瞬時に考えて行動することで場を円滑にしているのです。

しかし、たまに場の空気を読まずに発言してみたり、人が引いてしまうような行動をとったりする人がいます。

そういう人間がいると場の空気は乱れ、、そこにいる人間全員が不快な気持ちにさせられます。

空気を読まない人間は大抵自己中心的な人間ですから、そんな人間からは次第に人が離れていくことでしょう。

ランチや飲み会に誘われてもすぐに断る

場の空気を読まない人の典型的なこととして、誘いをすぐに断るというのがあります。

せっかく会社内の親睦のために飲み会に招待しているのに、特に何の理由もなくすぐ断るというようなことをしていたら、あいつは何なんだ?と皆に思われるのは仕方がないことです。

そういうことがあると高い確率で次からは誰も誘わなくなるでしょう。

また無下に断られるだけだと思って誘うほうも気分が悪いだけだからです。

ですから最低限のマナーとして断る時には明確な理由を述べましょう。

そしてしばらく考える時間も持ったほうがいいと思います。

理由がないとしても、皆が納得する理由を考えなければなりません。

それが空気を読むということだからです。

困っている人を見て見ぬふりをする

東京などを見ると、どの街でも溢れんばかりの人でごった返しています。

しかし、誰かが路上で襲われたりしていても助けようとせずに見て見ぬふりをする人もたくさんいます。

それは自己保身ばかり考えている人がいかに多いかを表しています。

自分にとってわずらわしいことに関わりたくない、それがたとえ人が困って助けを求めていてもです。

そういう人は人からの信頼を得ることはできません。

普段、表面的にはいいことを言っている人間でもこういう時にこそ本性がでてきます。

いい時にはいくらでも人が集まってくるけれど、悪くなったとたんに人は逃げていきます。

そんな時にでも手を差し伸べてくれる人こそが本当に信頼のおける人間だと言えるでしょう。

自分のことばかりで、自己保身に走ってばかりいる人はいずれ誰からも自分が信頼されていないことに気づき絶望することになるでしょう。

マイペースで仕事をする

組織に属している限り、仕事というものはチームで行われることがほとんどです。

そうすると目的に向かって皆で歩調を合わせながら仕事をしていくことが大切になりますが、そんなことはお構いなしのマイペース人間というのはどこにでもいます。

仕事のスピードや量なども自分のペースでやる。

他の人間が急いでほしいとこでも自分のペースを崩さないから周りの人間はイライラします。

仕事の効率化を考えても、こういう人物が1人いることで仕事がはかどらないケースもよくあることです。

まさに迷惑千万といったところで皆、この人物から遠ざかっていくでしょう。

そうした雰囲気は上司にも伝わるはずなので、もっと1人孤独な部署に配置換えされるかもしれません。

自分の仕事が終わるとすぐ退社

定時の終了と同時に会社を矢のごとく退社して帰途につく人がいます。

しかし明日までに納品しないといけない仕事はまだ終わっていません。

同じ部署の同僚は当然残業しているのに自分だけはさっさと帰る。

こんな同僚を見ていたら腹が立つのは当たり前だと思います。

で、理由を聞いてみるとプライベートの時間も大切なのできっちりと定時で帰るとか言っています。

誰もがプライベートも大切ですし、できるなら早く帰って休みたい。

けれど、チームで仕事をしている限り、終わらせる義務のある仕事はやって帰るのが当然です。

そういった人間は皆から敬遠され、信頼できない人間だと烙印が押されてしまうでしょう。

態度がでかい


同じ身分の同僚なのに、なぜか態度がでかい人間がいます。

それで自分が優位に立とうとしているのかもしれませんが、仕事の同僚としてこれほど付き合いにくいのはありません。

普通に話しているだけなのにいつも上に立とうとされると、もうこんな人とは話していたくないと思うのは自然な考えです。

事務所で椅子に座っても、ふんぞり返ったり、足を組んだりして見た目の態度も悪いと本当に印象が悪いです。

自分では他の人間を圧倒して優位に立とうとしているようですが、結果的には誰からもそっぽを向かれて相手にされなくなるんじゃないかと思います。

こういった態度のでかい人物は、各職場に1人は必ずいるものです。

どういった条件でこういう人物を生み出すのかはわかりませんが、周りの同僚は皆嫌っているでしょう。

ありがとうを言わない

「ありがとう」という言葉は本当に大切な言葉です。

これを素直に言える人と言えない人では周りからの印象が全く違うものになってきます。

「ありがとう」は感謝の言葉です。

マナーとして発するだけでも全然違います。

言われたほうは嬉しいし、この人のためにしてあげて良かったというふうに思います。

ですから、素直に「ありがとう」と言えない人は、人の気持ちを無下に扱っている人なので、人とのつながりを作ることができません。

なぜ言わないのかは多分、自分のくだらないプライドが邪魔しているのでしょう。

特に自分より下に見ている人間には言うのをためらいがちになります。

そんなことでは人望も集まらないし、最後には自分だけが孤立した存在になってしまうでしょう。

嫌なことはすぐ顔に出す

人間生きていると嫌なことにもたくさん遭遇します。

職場の中でも突然残業を命じられたり、人に仕事を押し付けられたり、いろんなことがあります。

しかし、自分が嫌だと思ったことをそのまま顔に出していたら、人間関係など構築できるはずもありません。

場所や状況によっては嫌な顔を隠して笑顔で対応しなければいけないことも社会に出ればあるのです。

自分が気に入らないとすぐに顔がぶすっとして不機嫌になるような人に周りは気を使って近寄りません。

顔の表情というのは自分ではあまり大したことないものだと思っているかもしれませんが、顔の表情は人の感情が一番透けて見えるものでもあります。

ですから、あからさまに不満気な顔をすることで、相手に物凄く不快感を与えることがあることは覚えておかないといけません。

すぐ文句を言う

何事に対しても必ず文句を言う人がいます。

人が好意でやってあげた事に対してまで文句をつけられたら気分がいい人はいないでしょう。

こういう人はもう文句を言うことが癖になっているのだと思います。

何か一癖つけないと気が済まないというか、悪気はないのかもしれませんが、相手が傷ついていることなど考えもしていないのでしょう。

こういった何でも否定する人間というのは扱いにくいので人は寄ってきません。

だんだんとあの人はすぐ文句を言うから嫌な人だという印象がついて孤立していくでしょう。

人によって態度が違う

人によって態度が違うという人がいます。

これは不愉快極まりない人間であり、結局自分の利になる人にだけ下手に出てごまをすり、自分より下だと見ると尊大な態度をとるのです。

自分ではこういう使い分けがうまくいっているように思っているのかもしれませんが、周りは総スカンでしょう。

今まで下に見ていて適当に扱っていた人物が出世などすると、自分に利する人間だと思い、急に近づきだしたりします。

こういった不愉快な人物は遅かれ早かれ皆から嫌われ孤立する運命にあるでしょう。

人と人とのつながりというものは、そんな自己中心的な考えだけでは築かれるはずはないのですから。

今すぐできるおすすめの9個の改善策

できれば職場の仲間とは良いコミュニケーションをとりつつうまくやっていきたいとは誰もが思っていることだと思います。

しかし、自分の考えや態度などが間違っていると職場孤立を招いてしまうかもしれません。

職場孤立しないためにはどういう考えを持っているべきなのでしょうか。

1、人は誰かと支え合わなければ生きていけないことを知る

人は1人では生きていけません。

家に帰ると家族があり、家族全員でその家の歴史と伝統を引継ぎ守っていっています。

職場では同じ所で働く人間が仕事をこなすという目標に向かってチームとなって動いているのです。

ですから、自己中心的な考えだけでは続いていかないのです。

どこかに会社への貢献の気持ちや、同僚への配慮、思いやりを持って働くことが結局は自分のためになるのです。

それをわかっていない人間が非常に多いように感じます。

自分に不利になったり、少しでも嫌なことがあるとおおげさに自分を主張して輪を乱し、皆を困惑させる。

これでは人間関係など作れるはずもありません。

「1人はみんなのために。みんなは1人のために」をもっと頭の中に入れて行動すべきです。

2、相手の話しを最後までちゃんと聞く


話している時に、話を遮られて腰を折られるのは本当に腹が立ちます。

自分が腹の立つことは相手も同じなので注意することが必要です。

多分自分が言いたいこと主張したいことを早く言いたい気持ちがあまりにも強いので、人の話など耳に入っていないのだろうと思います。

そうではなく、自分の主張は一旦脇に置いておいて、相手の話をちゃんと聞いてあげましょう。

そして、相手の意見を自分の頭の中で考えたのを踏まえて自分の意見を言うのです。

そうすることで会話のリズムというものができてくるので、話がスムーズに流れていきます。

話が弾んでくるとお互いを理解し始めますから、これが人間関係の構築の基礎になっていくのです。

真顔で聞かない

人の話を聞く時に、眉間に常にしわを寄せて厳しい顔で聞いていると、重い空気になって会話が弾まなくなることがあります。

ですからもっと穏やかな表情でゆったりとした気持ちで話を聞くように心掛けていきましょう。

穏やかでどっしり構えた雰囲気を作ってあげることで、相手はこの人になら自分の意見を言ってもちゃんと受け止めて聞いてくれそうだと思わせることができるのです。

ともかく厳しい表情はギスギスして神経質そうな印象を相手に抱かせます。

コミュニケーションをとるにはもっと柔らかい表情や雰囲気のほうが良いと思います。

「傾聴」という言葉の意味

傾聴とは相手の気持にたって、相手のことを考えながら、話を熱心に聴くことです。

傾聴はビジネスマン、特に営業職に就く人には不可欠なスキルと言ってもいいでしょう。

相手との交渉の現場などでは、相手から様々な情報を引き出してくることが必要となってきます。

そういった時に傾聴をすることで、相手は心を開いてこちらに多くの話をしてくれるようになるのです。

また、会社で多くの部下を持つ上司にとっても傾聴は必要です。

部下一人一人の管理をしなければいけないので、親身になって部下の意見を聴くことで、部下たちの仕事に対する意欲は向上していくでしょう。

3、他人の考えを受け入れる

自分のポリシーや考え方をしっかりと持って生きることは非常に大切ですが、それだけで凝り固まっていても小さな人間にしかなれません。

職場といういろんな人が集まる場所では、自分の意見や考えと違う人間もいるでしょう。

その時にその考えをすぐに拒絶するのではなく、いいものは受け入れる度量を持ちましょう。

他人の考えを受け入れることで、相手との人間関係を築くこともできますし、柔軟に適応できる人間というのは会社で頼られる存在になっていくでしょう。

特にこれからの社会では今よりももっと適応力が求められる時代です。

めまぐるしく変わる状況下で、他人の意見も取り入れながら一番効果的な選択ができる人間というのが人からの信頼も得る人間になるのだと思います。

人間歳を重ねるにつれ成熟した人間になるべきだと思いますが、成熟した人間とは一言で言うと器の大きい人間になるということです。

器が大きいとは、自分の考えを人に押し付けるだけの頑固者ではなくて、一人一人の考えをちゃんと受け入れてあげて、お互いに尊重しながら生きるということです。

4、お誘いに用事がなかったら顔を出そう

定期的に職場で食事会であったり、飲み会の誘いがあると思います。

正直特別出たいなと思う人はいないでしょう。

しかし、なるべくこういったことには参加すべきです。

仕事中には仕事があるので、気を許して話をする機会などほぼありません。

こういった飲みの席などでは腹を割って話をすることもできます。

普段苦手だなと思っていた上司と、こういう所で話をすることでお互いに打ち解けて、その後の仕事が随分ストレスなく快適に働けるようになった人もたくさんいると思います。

用事があるなら仕方ないですが、誘いの度に断っているようでは、もう誘われなくなり、職場でも浮いた孤立した存在になってしまうでしょう。

5、相手を褒めよう

人間関係を作っていく、人と仲良くなる基本は相手を褒めることにあります。

上手に相手を褒める術を知っている人は上手く世の中を渡っていける人です。

人間は褒められると嬉しいものです。

それが、どんなにおべっかやごますりだとわかっていても悪い気分にはなりません。

ですから、人の長所を見つけてそこをどんどん褒めてあげましょう。

何でもいいんです。

例えば釣りが趣味の人がいるとします。

そうすると、「釣りが好きだとはいい趣味ですね。私なんかアウトドアが苦手ですから、そうやって外で釣りなんかを優雅にしている人を見ると憧れますよ」なんてことをを言えばいいのです。

そうすると、ただ趣味で釣りをしているだけなのに、それが美点として見てくれていることに好感を持つのです。

【シチュエーション別の褒め言葉はコレ、こちらの記事もチェック!】

6、温かい言葉を会話中に必ず1つは使おう

コミュニケーションというのはいかに相手のことを思いやれるかでうまくいくかどうかが決まります。

例えば会話をする上で、相手に不快を与えるような、とげのある言葉は省いていく必要がありますし、言葉の端々で温かい言葉を入れる、思いやりのある言葉を入れることで相手の印象は随分良くなるでしょう。

温かいというのは何も言葉だけではなく、抑揚やイントネーションなども込みで考えなければいけません。

反対に自己中心的な考えの人は冷たい会話になってしまうので会話が弾みません。

やはり会話を弾ませるには相手に対する思いやりが不可欠であるということは忘れてはいけません。

ありがとう

「ありがとう」は温かい言葉の筆頭です。

感謝という気持ちは何事においても一番大切な気持ちです。

この気持ちを忘れた人は、良い人脈など築けませんし、仕事もうまくいかないでしょう。

たとえうまくいったとしても、感謝の気持ちを忘れた人は後に坂道を転がるように落ちていくのだと思います。

嬉しい

嬉しいなら相手に「嬉しい」とちゃんと伝えてください。

嬉しいと言われるとこっちも嬉しくなるものです。

こういった言葉をなかなかストレートに表現できないところが日本人の弱さでもあります。

言葉にしなくとも雰囲気で悟るというのが日本流という人もいるかもしれませんが、やはりちゃんと言葉で言わないとそれは伝わらないのではないでしょうか。

嬉しい時には嬉しいと素直に伝えましょう。

助かります

相手の意見で自分の理解が深まったりしたら「助かります」という一言を添えましょう。

相手はよかれと思って情報を提供したり、仕事を教えたりしているわけだから、それが相手の役に立ったかどうかを確認したいのです。

ですから「助かります」の一言があると自分の行動が肯定されたことになり、そこで人間関係が生まれてくるのです。

こうしった言葉は取るに足らない小さなことかもしれません。

しかし、こうした小さなことがやがてジャブのように効いてくるのです。

この小さな言葉を添えているのか添えていないかで後の人間関係が大きく変わることになるのです。

ですから、こんなこと言わなくても分かっているだろうと思って省いている言葉は、ちゃんと相手に声を出して伝えるようにしましょう。

7、カチンときたらちょっと深呼吸を

いろんな人がいる職場ですから、時にはカチンとくることもあります。

しかしそれにいちいち感情的になってキレているようでは誰にも相手にされない人間になってしまうでしょう。

最近はアンガーマネジメントというのが非常に注目されていますが、怒りを制御できない人がいかに多いかも示しているのかもしれません。

怒りを制御できないことは幼稚な人間から脱していない人間なんだということを自覚すべきです。

対人関係において自制心を保てるというのは自立した人間の基本中の基本です。

そういう感情が出てきたら一度深呼吸をして心を落ち着かせましょう。

数秒もすると大抵の怒りは治まっているものです。

8、周りへの気遣いが大切

人間関係を良くするには気遣いが大切です。

職場などでは、どうしても自分の仕事のことしか見えなくなりがちですが、ちゃんと周りも見て他の同僚がどういった動きをしているかというのを常に把握しておくことが必要だろうと思います。

周りへ気遣いができるということは、自分にある程度余裕がないことにはできないことです。

自分に余裕を持たせるためには、自分のやるべきことをちゃんとやっていることが不可欠で、それがあってこそ他人にも気が配れるようになるのです。

仕事を手伝う

仕事というのは大抵チームでやるものですから、自分だけが順調にこなせていたとしても、他のところで遅れなどが出ると止まってしまうこともあります。

そうならないように、遅れていたり、困っている同僚を見つけたら積極的に手伝ってあげましょう。

それによって信頼関係が生まれますし、仕事の効率化にも貢献したことになります。

自分の管轄外の仕事をすることは、自分に何の特にもならないと言ってやるのを渋る人がいますが、チームのだれかが困っているときには率先して助けてあげましょう。

そうすることで信頼が生まれ、いつかあなたが助けが必要な時に手を差し伸べてくれるでしょう。

困っている人にまず声をかける

仕事の時もそうですし、休憩の時でも困っている人を見つけたらまずは声をかけてあげましょう。

プライベートな事などは立ち入れないことですが、声をかけてくれたというだけでも嬉しいものです。

人間関係は持ちつ持たれつと言います。

人が困ったときに手を差し伸べてあげれば、いつか自分が困った時に誰かが手を差し伸ばしてくれることでしょう。

面倒どと言って人を助けることを惜しんでいると、いざ自分が困った時に誰も助けてくれないほど孤立していることになってしまいます。

9、口角を意識するだけでOK!笑顔でいよう

笑顔はコミュニケーションにおいて非常に大切です。

笑顔が素敵な人はそれだけでもう大きな武器を持っているようなものです。

「いやいや、今の自分の現状を考えると笑顔になることなんてないよ」と思う人もいるかもしれませんが、作り笑いでいいんです。

口角を上げて笑顔でいることを意識するだけで相手の反応も変わってきます。

笑顔の人には自然と人が集まるのです。

そうやっていくうちに、本当に自然な笑顔が作れるくらい人生が充実しているでしょう。

うまくいっていない組織は特に、皆表情が重く暗い表情をしていることが多いです。

結果が出ていないので暗い気持ちになることはわかりますが、そんな時こそ笑顔を作ることで前向きな雰囲気を作っていくことが必要です。

あなたがそういったムードメーカーになれるとしたら、職場で孤立することなんてありません。

気付いたら1人ぼっちになっていませんか?

自分は特に意識しているわけではないけれど、気付いたら職場で孤立した存在になっていたという人はいると思います。

性格的に積極的に友達を作るタイプではなかったので仕事に集中して黙々と働いていたら、誰も会社で話す人がいなくなっていたというようなケースも考えられます。

特に現代の日本社会は友達も恋人も作らない。

作るのがわずらわしいといった人も増えてきていて、孤独を好むという人々がいるのも事実ではあります。

しかし、一日の大半を過ごす職場でずっと1人ぼっちというのはあまりにも寂しい人生ではないでしょうか。

誰も私のことなんて見ていないなんて思わないで

孤立してしまうと、もう誰も自分のことなど気にかけてなどいないだろうと考えるものですが、実際はそうではありません。

皆、あなたが心を開くのを待っているのではないでしょうか。

あなたが心を閉ざして閉鎖的だからこそ、人は近寄りがたくなり、だんだん離れていったのだと思います。

ですからもう一度自分の心を開いてみましょう。

あなたは決してひとりぼっちではありません。

自分から遠ざかっていった同僚のことを恨む気持ちを持ってはいけません。

なぜ孤立してしまったかという原因のほとんどは自分にあるということをもう一度よく考えてみるべきだと思います。

自分に変なプライドはなかっただろうか?

同僚に対する気遣いはできていただろうか?

もっと柔軟にいろんな同僚とコミュニケーションをとる努力をしてきただろうか?

など自分がやってこなかったことをチェックしてみましょう。

そして、もう一度人間関係作りをやり直せばいいのです。

ちょっとした温かい行動や言葉で人は好感を持つもの

人生とは1人で生きていくことはどうやってもできないので、たくさんの人と支えあって作っていくものです。

そうすると人と人との信頼関係というものが大切になってきます。

相手の立場になって話を聴いたり、思いやりの気持ちを持つことで相手の感情の変化や、様々な状況が見えてきます。

そういう気づきを感じとりながら、相手と話をすることで、相手のことを思いやった温かい言葉であったり、優しい行動が出てくるのだと思います。

そういう気持ちを常に持てる人なら職場で孤立するなんてことは絶対にありません。

皆、あなたのことを好きになってくれるでしょう。

自己中心的な考えを捨てて、皆と一緒に調和しながら快適に働くということを考えましょう。

お金や出世を考えている人も同じです。

人の支援や尊敬がないと自分だけが成功するなんてことはありえないからです。