CoCoSiA(ココシア)

潔いの意味とは?潔い人になる方法6選

潔いの意味とは?潔い人になる方法6選のイメージ写真
世の中の人間のタイプ、いろいろな判別の仕方があります。

そんな中で「潔い」という言い方を聞いたことがある方もたくさん、いらっしゃる事でしょう。

「潔い」。

よく聞く言葉ではあるのですが、だからと言って特別その意味を深く考えたこともないのではないでしょうか?

今回はこの「潔い」の意味などについて、様々な角度からみていく事に致しましょう。

この記事の目次

潔いとはどういう意味?

ではまず「潔い」について、その意味を洗ってゆきましょう。

一体、どういう意味があるのでしょうか?

読み方は「いさぎよい」

読み方です。

「潔い」は「いさぎよい」と読みます。

小学校レベルではまだ出てこない漢字だったでしょうか?

でも中学生レベルならばしっかり読んでおきたいところですね。

書く方はちょっと難しいかも、ですね。

何回も書きこんで、手に覚えさせましょう。

「潔い」は社会に出ても新聞やニュースでもよく使われる言葉です。

読み書き、しっかりやっておきましょうね。

潔い人の特徴とは?

それではここから本題に入ってゆきましょう。

「潔い人」とは一体、どういう意味でどういう人を指して言うのか?7つの特徴をご紹介していきましょう。

決断が早く判断力が優れている

決断が早く判断力が優れている人
「潔い人」の特徴の最初の1つ目は「決断が早く判断力が優れている」です。

そう、この特徴が「潔い」の意味を最も端的に分かりやすく言っているでしょう。

要するに「即断即決」できる人の事です。

ウジウジいつまでも優柔不断な人の事を決して「潔い人」とは言いません。

それは「鈍感な人」とい言います。

「潔い人」というのはいかなる状況、タイミングであっても答えを先延ばしせず、事の良し悪しは別にしてスパッと物事を決めてゆける判断力というか決断力を持った人なのです。

この「決断」は早い、という条件。

これはビジネスの世界においては必須の条件なのです。

特に優れた経営者達は皆、何事においても決断の速さを求められます。

そうでないと千載一遇のチャンスをみすみす逃してしまい大きな利益の損失を招いてしまう結果にもなりかねないからです。

そういった意味では「潔い人」というのは毎日が「勝負」の場と言えるでしょう。

白黒をハッキリさせる立場にいるからこそ早い決断・判断の能力が磨かれてゆくのです。

自分に自信がある

自分に自信がある人
「潔い人」の特徴の2つ目は「自分に自信がある」です。

「自信」というものは人間にとって、あらゆる行動を行う上においての源になってきます。

それほど自信のあるなし、は大きな力の差を生むことになるのです。

潔い人というのは物事を悩まずにスパッと決めることが出来ます。

もしかしたらここですぐに決めずに明日まで待っていたらもっといい結果が出るのではないか?という疑心めいたものも、潔い人にとったら関係ありません。

今日は今日、明日は明日、という発想で物事の区切りを非常に鮮明につけます。

結果的にはこの判断力がその後の成果に多きな影響力を生んでいるのです。

例えその時の判断が誤りに出たとしても、行動が早いだけにその後の処置も早く行えるのです。

よって長いスパンで見たら結果的に得をしている、という寸法になるわけです。

物事は何事も即断即決が大前提。

優柔不断な態度が最も機を遅らせチャンスを潰してしまうのです。

潔い人には「成功」というものが転がり込んでくる秘訣が少しはお分かり頂けたでしょうか?

全ては根底に「自信」があるからこその行動力なのです。

強い信念や目標がある

「潔い人」の特徴の3つ目は「強い信念や目標がある」です。