仕方ない」という言い方で、何ごとかをあきらめる時があります。

以前に、せっせと貯めていたポイントを使って、狙っていた商品と交換しようと楽しみに待っていたのですが、つい交換するのを忘れていたのです。

そのことに気が付いて、慌てて保有しているポイントを確認すると、先月末で期限切れで失効したポイントがあったため、欲しいものと交換することができませんでした。

せっかく楽しみにしていたのに残念でした。

つい「こんなことになってしまって、仕方がないわ」と嘆いたのです。

失効するポイントを確認しておけば良かったのですが、つい忙しくて忘れていたのでした。

今さら残念がっても仕方がないことなのですが、悔しくて自分に腹が立ってしまったのです。

このように、今さら気付いても手遅れでどうすることもできない状態を「仕方ない(仕方がない)」と表現するのです。

どうすることもできない状況を、粛々と受け入れなければならない時に発する言葉で、みんながよく使う慣用句なのです。

ほぼ同じ意味の言葉としては「仕様がない(しようがない)」、止むを得ない(やむをえない)」、もっと古くは「是非も無し(ぜひもなし)」や「是非も及ばず(ぜひもおよばず)」などとも表現したようです。

一説では、京都の本能寺に陣を構えていた織田信長を、明智光秀の反乱軍が襲撃した時に、この反乱軍を率いるのは家臣の明智光秀だと知らされた信長が発した言葉は、「是非も及ばず」だったとも言われています。

ここで反乱軍に取り囲まれれば、手薄な味方の軍勢ではとうてい勝ち目はない(どうすることもできない、仕方がない)と悟ったようです。

どのように考えても、他に良い方法が思い浮かばない、切羽詰まった状況なのです。

現代では、電車に乗り遅れて遅刻した時も「仕方がなかった」と言い訳したり、何かに失敗してしまったときも「仕方がない」とあきらめるのです。

呪文のように言い訳をしたり自分を慰める時にも使う慣用句のようです。

仕方ないという言葉には、他の意味もあるのでしょうか?

「仕方ない」という言葉を調べてみました。

仕方ないってどういう意味?

口癖のように言う「仕方ない」という言葉は、いろんな意味があるようです。

みんなは、それを本能的に区別して使用しているようです。

一番多い使い方は、どうすることもできないと分かった時や、他に良い方法が見つからない時に発するのです。

仕様が無いという言葉通りです。

そして、何度注意しても分からない人や他人に迷惑をかける癖のある人などのことを「仕方がない奴だ」と切り捨てます。

言うことを聞かない子供にも、「仕方がない子だね」と叱るのです。

このように良くない状態や困った時にも「仕方ない」と表現します。

最後に、自分自身があることに我慢できなくなって、気持ちを抑えきれない時にもよく使う言葉です。

「あの料理が食べたくて仕方ない」「あの人に会いたくて仕方ない」「お酒を飲みたくて仕方ない」など、いろんなシーンで使う言葉でもあります。

どうすることもできない


この世に生まれてくる時には、既にどうすることもできないことを背負って生まれてくるのです。

例えば、生まれた時には男か女かに分かれています。

成長していくにつれて、男が女に生まれたかったと嘆いても、どうすることもできないのです。

最近では、男として生まれたけれども女の方が良かったと思い込み、自分の性に対して不快感や嫌悪感を絶えず感じて男としてのまともな生活が送れなくなる人が増えました。

女の場合も同様に、男として暮らしたいと思う人も増えてきたのです。

医学的には「性同一性障害」というれっきとした病気なのです。

この障害を抱えた人は、性別適合手術(性転換手術)を受けることもありますが、基本的には生まれながらに性別は決まっていて、どうすることもできないのが現状です。

わたしはアメリカで生まれたかった、フランスで生まれたかったと叫んでも、これもどうすることもできないのです。

出産の時に海外に移住して出産すれば、その国の国籍を取得することもできますが、普通に日本国内に住んでいればどうすることもできないのです。

また、国籍を外国で取得しても、彫の深い欧米人の顔つきや体格はどうすることもできないのです。

せめてハーフとして生まれれば、少しは欧米人並みの身体になるとは思いますが。

このように、生まれながらにして宿命のような何かを背負って生まれる時には、どうすることもできないと言わざるを得ません。

「仕方ない」という表現には、どうすることもできないその人の宿命を感じることもあるのです。

そして、例えば男として生まれた人が、ある女性に恋をして結婚することにでもなれば、その人達が結婚するという運命であったのです。

この運命は、それぞれの男女が生きていく過程である絆で結ばれた結果で、この結果はふたりの行動によって変わってきたものであって、どうすることもできないということにはなりません。

どうにかできるチャンスはあるのです。

背が高過ぎる・低過ぎる、胸が大き過ぎる・小さ過ぎる、などはどうすることもできないのです。

ほかに方法がない

ある問題が起こって対策を考える時に、トコトン考えても良い方法が考えられないという時に、「仕方ない」と投げ出すことがあります。

昔の人はこんな時に言う言葉は、「万策尽きた(ばんさくつきた)」と表現します。

あらゆる方法を試みたけれど上手く行かなかったので、もう他に取るべき方法がないという意味です。

一万回も試みたができなかったという感じです。

もう打つ手がない、万事休す、絶体絶命などの表現もあります。

元プロ野球選手で監督になって弱小球団を優勝に導いた星野仙一さんは、脊柱にある黄色靭帯にカルシウムが沈着して骨化するという難病を患っていました。

骨化した黄色靭帯が脊髄を圧迫することで、下肢のしびれや麻痺の症状を引き起こす厄介な病気でした。

この病気の原因が不明であるため、ガンの治療時のように患部を削除したり抗がん剤や放射線治療という効果的な方法は無かったのです。

医師もいろいろと検討したようですが、この病気の経過が予測できないこともあり、初期には消炎鎮痛剤などの投与しか他に方法が無かったのです。

このような状況であるため、万策尽きてこの投与しか「仕方ない」となったようです。

星野元監督も、元気になって野球を楽しみたくて仕方なかったと思います。

やむを得ない

何かを断る時の言い訳として重宝している言葉が「やむを得ない」です。

会社の仲間から「今度のゴルフコンペには参加してよ」と頼まれたのですが、もともとゴルフは好きではないしお金もかかるので断ることにしたのです。

コンペの幹事からも案内のメールが来ていたのですが、「やむを得ない事情で、欠席させていただきます」と返事しました。

「やむを得ない事情って、何だよ?」と問合せメールが返ってきたのですが、今度は「ある事情により仕方なく欠席です」と返事を下のです。

「何だかよく分からない理由だなあ」と幹事はボヤいていましたが、ともかく欠席することは納得してもらいました。

やむを得ないとは、漢字で書くと「已むを得ない」なのですが、「已む」は常用漢字外なので「止むを得ない」という表記の方が一般的なようです。

「仕方がない」と同じような意味なのですが、「已む」とは「雨が已む」というようにそれまで続いていてことが終わることを意味するのです。

そして「を得ない」という言葉は、その前の言葉に対して「それができない」とか「それがない」などの意味の言葉です。

すなわち、「やむを得ない」とは続けるという行為ができないことを表しているのです。

参加するという行為ができない、やむを得ない、仕方ない、と連動するのです。

仕方ないという気持ちの中には、「続けたい(参加したい)けれどそれができない」という感情が込められているのです。

困る


今度入社した新人の若者は、PCのキーボードの操作が下手くそで、Wordで書類を作らせてもすごく時間がかかってしまうのです。

ベテランの女子社員と比べると、3倍ぐらいの時間が必要なのです。

それに加えて、ビジネスレターの書式が飲み込めていないようで、上司から注意されてばかりのようです。

女子社員は両手でブラインドタッチで書類を作っているけれども、新人さんはぎこちない手つきでキーボードをにらみながら叩いているようです。

パソコンスキルは格段に低いようです。

書類作成のスピードが遅いくらいなら、慣れてくると早くなると期待できますが、実は漢字変換のミスが多いのです。

とんでもない漢字を挿入したリ、意味がまったく異なる漢字を平気で使うのです。

これには上司も文句をつけて、顧客に送る文章としては恥ずかしい。

十分に気を付けて見直すことを指示したのです。

それでもすぐには直らないもので、上司はつい「仕方がない奴だ」と愚痴をこぼすのです。

この時に使う「仕方がない」という意味は、どうすることもできないという意味よりも、良くない・困るという意味に使われているのです。

つまり、まともな文章が作れない程の「困った奴だ」ということなのです。

誰かを批判したリ突き放したりするときに使う言葉で、「遅刻ばかりして仕方がない男だ」「毎晩大酒を飲んで仕方がない」などと使われます。

ネガティブな表現に適した言葉と言えます。

たまらない

あることに対する欲求が強くて、寝ても覚めてもそればかりを夢みたいる時にも使われる言葉でもあるのです。

ある若者が、仲間に誘われて東京ビッグサイトで開かれていたコミックマーケットに初めて出かけたのです。

アニメの世界やらキャラクターのフィギュアなどが所狭しと展示されているのです。

日頃からストレスを抱えていたその若者は、可愛い顔をしたスタイルの良いアニメキャラクターに惚れてしまったのです。

等身大のポスターはもちろん、いろんなポーズをしたキャラクターのポスターを、壁や天井などに貼り付けて毎日話しかけているようです。

ニコっと笑顔で見つめられていると、ストレスも疲れも飛んで行くようなのです。

自分の部屋にいる時には、本当に楽しくて仕方がないのです。

仕事が終わるとまっしぐらに自分の部屋にもどり、早く会いたくて仕方がないのです。

この場合の「仕方がない」とは、「我慢が出来ない」とか「たまらない」という意味で使われるのです。

今度交際を始めた彼女のことが頭から離れずに、時間があれば「彼女に会いたくて仕方がない」というように使います。

非常に興味がある事や我慢が出来ないくらいの状況なのです。

わたしの友人は、仲間とドライブに出かけたのですが、あいにくの大渋滞に巻き込まれて車は動かなくなったのです。

その時に発した言葉は、「イライラして仕方がない」「おしっこがしたくて仕方がない」「腹が減ったので、何か食べたくて仕方がない」「歩いた方が早いくらいなので、走りたくて仕方がない」などでした。

いずれも我慢できなくなって出た言葉です。

例文

いろんな意味を持つ「仕方ない」を使った例文を紹介します。

彼は怠け者で仕方ない

あいつは本当に困ったやつだ、という言い方です。

何かに困ることは非常に多いので、この使い方もたくさん見かけられます。

・真面目に働いてくれると期待して仲間に入れたが、ちょっと目を離すと手を休めてサボっているようです。

それを見かねた仲間の一人が、「彼は怠け者で仕方ない」と吐き捨てるのです。

・今度の彼女は美人でスタイルもいいので、ふたりでデートしているとみんなが羨ましそうに見つめるので気分がいい、とよく自慢しています。

しかし、親しい友達には「彼女は意外と気性が荒くてなんでも好き放題にするんだ。

本当に我がままで仕方ない」とボヤくのでした。

・何かを使っても後片付けをしない、服も脱いだままに置いている、などと娘の性格に怒りを覚えて言う時の言葉は「本当に後片付けができなくて仕方ない娘だ」です。

仕方ないからそうしよう

あることをやろうと計画して始めたけれども、いろんな問題が出てきて思うように進んでくれません。

今までなら簡単にできたことが、今回は上手く行かないのです。

こういう経験はみなさんもお持ちのことと思います。

今までとは手順が違っているのか、自分の能力不足なのかがハッキリしないのです。

自分だけでは解決しないと思って、仲間にも相談してみましたが、原因は分からないのです。

仲間の誰かが、「原因がハッキリしないのであれば、まったく別の方法でチャレンジしてみてはどうでしょうか?」という提案があったのです。

別の方法で上手く行ったことはまだないのですが、時間が経つばかりでダラダラとしているだけです。

そこで今回は仲間の提案に賛同して「このままでは、どうしようもないし、仕方ないからそうしよう」となりました。

原因が分からない、いろいろと手を変えて見たがどうしようもない、などと行き詰った時に「仕方ないから」という言葉を使うのです。

・仲間と合流して行こうと約束していたのですが、時間が来ても待ち合わせの場所にやって来ません。

スマホにも連絡もないし困っていたのです。

そんな時に仲間の一人が「仕方ないから先に行こう」と切り出したのです。