CoCoSiA(ココシア)

僻み(ひがみ)がちな人の7個の特徴

僻み(ひがみ)とは一体どんな感情だと思いますか?

なんとなくは分かるんだけど具体的に説明してと言われるとイマイチ分かりませんよね。

簡単に言ってしまうと「ひねくれ者」なんです。

自分勝手に考えてしまって悲観的になってしまうことなんですね。

僻みがちな人は、勝手に自己完結しないで相手の気持ちや言葉を理解することが大切ですよ。

僻みと嫉妬の違いは?

僻みと嫉妬、妬み嫉み羨ましいは同じような感情でなんとなくで使い分けていませんか?

僻みとはねじ曲がった考えを自分で勝手に思って解釈してしまうことです。

相手から褒められていても「言葉ではそう言っているけど、心ではどうせけなしているんでしょ!」

なんて歪んだ考え方を勝手にしてしまい、勝手に怒っている人が周りにいませんか?

褒めたのになんで怒ってるの?え?私、何かまずいこと言った?って怒った理由が分からなくて…

何か理由が本当はある場合もありますが、僻みで勝手に解釈して怒ってしまうなんてこともあります。

思い込みに似ていますね。

誰も何も言っていなくても思い込みで僻んでしまうそんな感情なんです。

嫉妬心いわゆる妬み嫉みですね。

この感情は他に理由があってうまれる感情なんです。

僻みからも嫉妬心はうまれてしまいます。

では、なんで勝手に僻んでしまうのでしょうか?

なぜ僻んでしまうのか

簡単に言ってしまうと、自分に自信が無いからなんです。

自分い自信が無いからどうせ私なんて…って思って勝手に思い込んで、ネガティブになって最終的に怒って敵意を向けてしまいます。

他人や何か原因があって僻んでしまうのではないんですね。

自分自身で勝手に思い込んでしまっているだけなんです。

ということは、自分自身の思い込みが無くなれば僻みは無くなるの?

その通りです。

僻みの原因は全て自分自身なんです。

自分自身をコントロールする方法が分かれば僻みは無くなりますよ。

僻みが無くなればそこからうまれてしまう妬み嫉みなどの嫉妬心も無くなります。

僻みがちな人はまず自分のことを愛して下さい。

自分自身を認めてあげることが僻まなくなる一番の方法です。

まずはそこからはじめてみましょう。

僻みは他よりもたくさん子孫を残したいとい思う自然な感情

この「子孫をたくさん残したい」と思うのは、妬みの感情で「人よりも良いものが沢山欲しい」と思うからこそ、沢山の子孫を残したいと思うのです。

沢山の子孫を残せることができれば、その中から他の人よりもより優れたものを自分は持つことができる、という優越感からこの感情がうまれます。

僻みも似たような感情で、思い込みからこの人よりも優れていたいと思って子孫を多く残したいと思う事もあります。

基本的には妬みの感情となりますので、僻みから妬みの感情がうまれることによってこの感情がうまれてしまいます。

子孫繁栄は良いことなのですが、手当たり次第行われたらたまらないですよね。

特定のパートナーとだけならば良いのですが、子孫と同様にパートナーもより良いパートナーを求めてしまいます。

勝手な思い込みによって僻みだけでなく妬み、嫉みなどの嫉妬心もうまれてしまうので注意が必要ですね。

僻みがちな人の特徴7個を紹介!

自分自身では気付かずに僻みがちな人になっているのかもしれません。

自分と照らし合わせながら見ていきましょう。

また、まわりのすぐ怒る人の原因はこの僻みだったのかもしれません。

理由が分かれば対処方法も分かってきます。

お互いに嫌いになってからでは修復には多大な労力が必要です。

しかし、先に対処方法が分かっていたら、良好な人間関係を築くことができるかもしれませんよ。

あなた自身も僻みがちにならないためにも正しく理解することが重要ですよ。

今回は、僻みがちな人の特徴7個を嫉妬心や恨みなどの感情を抱かせない対処方法と一緒にご紹介していきますね!