お見舞いに行った時、相手の体調が悪い場合に「お大事になさってください」という言葉をよく使います。

敬語を普通に使っている人なら何となく分かるかもしれませんが、この言葉は結構よく使われるものです。

ただ端から聞いたら、何を大事にしろというのかよくわからないという人がたまにいます。

「お大事になさってください」とはどういう意味で、どんな時に使用されるのかお伝えしておきましょう。

「お大事になさってください」の解説

基本的にビジネスで使う言葉ではありますが、目上の方であれば誰に対しても使える言葉となります。

典型的な挨拶の一つにもなりますが、使い方は色んな使い方が出来ますよ。

目上の人に対して結構使ってほしい挨拶ですね。

この言葉が言えるようになれば、上からの好感度はアップするでしょう。

ビジネスで使う言葉

ビジネスで使用される言葉ですね。

敬語はそんなに難しいものではありませんが、使い慣れていない人からすれば何と言って良いかわからない人もいます。

普段から使うものならともかく、このような特殊なケースの場合は使用頻度が低いため、どんな言葉をかけて良いのか把握出来ないという人も少なくないです。

ただ特殊なケースの時ほど上手く事をかける事が出来れば、相手に良い印象を持ってもらえる事ができます。

上司もですが、特に相手の企業に言う時にはフランクな言葉を使ってしまうと、印象が一気に悪くなってしまうと思って下さい。

たかが言葉1つかもしれませんが、あなた自身会社の一員なのです。

態度が悪い会社員を見ていると、この社員は上の人からちゃんと教えてくれなかったのかな?、他の社員もこういう人だったら契約したくないなと思われてしまいます。

そうなってしまうと評判が悪くなってしまうんですよ。

目上の人に対して使える

目上の方に対してのみ使える言葉ですね。

反対に同格や目下の人間に対して使うものではありません。

変に丁寧過ぎるとそれも変なので注意しましょう。

一般的に敬語を使うべき相手に対しての言い回しとしては、お大事になさって下さいが正しいですね。

その他にも「ご自愛ください」など色んな言い方をする事があります。

そもそもお大事にという意味はそのままの通り、体を大切にして下さいねという意味が含まれているのです。

だらだら喋るよりも簡潔に言うのであればこれが一番ですね。

もし具合の悪そうな目上の方に何か言う時は、この言葉を使用してみましょう。

定型的な挨拶の1つ

相手の具合の悪い時にしか使えませんが、定型的な挨拶の1つとなります。

ビジネスだけでなく、一般的な時にでも使用されます。

よくよく考えればお大事にという言葉自体当たり前に聞くものですよね。

私は元病院関係者でしたが、診察後の患者さんに言う時は「お大事にして下さい」と声をかけていました。

そのくらい当たり前な挨拶の1つになります。

定型的な挨拶の1つなので、この言葉は当たり前なのかもしれません。

別に口頭で言うだけではなく、メールや手紙などでも使用されます。

「お大事になさってください」の意味

そのままの意味になりますが、相手の体調が悪い時などによく使われる言葉になります。

すなわち病人もしくは回復はしたけどまだ予断は許せない状態という意味です。

他者を気遣うような言葉ではありますが、体を大切にして欲しいや安静にしてほしいなどの意味を含めたものだと思って下さい。

誰だって病気をしたら心配になりますよね。

大丈夫ですかとずっと気遣う人はいますが、相手の気が休まらないので困ってしまいます。

そういう時こそこの言葉をかけてみて下さいませ。

他にも言い方は色々ありますが、何故「お大事になさって下さい」がベストなのか、それを踏まえてお伝えしていきましょう。

「お大事になさって下さい」が相手の体調を気遣う時にベストな意味がちゃんとあるのです。

お身体を大切にしてください


お身体を大切にして下さいというのは、全身の事を指します。

こちらは主に身体と精神的な意味合いが含まれているため、どちらでも使う事が出来ます。

病気は肉体的な問題とは限りませんよね。

相手の体調が精神的なものから来ている可能性も考えられます。

細かい事ではありますが、漢字は必ず「身体」の方を使用して下さい。

何故かと申しますと、体にしてしまうと意味合いが大きく変わってしまうのです。

体は頭から足の爪先までを含んだ肉体全体の事を指します。

身体は上記の体だけではなく、精神的な意味合いも含むのです。

従って体という漢字にしてしまうと、精神的な病気の部分は含まれませんので、相手の病状によっては大きな勘違いをしていると思われてしまうでしょう。

ただそこまで細かい違いを知っている人はいないため、別にお体やお身体として頂いても支障はありませんよ。

使い方さえ間違えなければそこまで何にも言われないです。

身体的な場合であればともかく、精神的な病状の場合はあまり言いたがらない人の方が多いでしょうしね。

それ故お体として言っても問題ないという部分はそこなのです。

当人がカミングアウトをちゃんとしているかどうかなのですが、肉体的不良や精神的不良のどちらの意味でも取れるように「お身体を大切にして下さい」という言い方をなさっていた方が無難かもしれません。

ただこの言葉は相手側からすれば、気を使っていると思ってくれるので大丈夫ですよ。

安静にしてください

一見すると安静にして下さいという言い方は、人によってあまり良い言い方には聞こえないようです。

「~して下さい」というのは断定の言い方でもあるので、相手側からすれば上から目線だなと思うかもしれません。

要は大人しく寝て下さいという事を言っているのですからね。

実際安静にして下さいと言われて、寝れる人は少ないと思って下さい。

特に上司の立場や既婚者の場合は子供さんがいるので、気軽に安静にする事が出来ないのです。

一度私も上司にこの言葉をかけた事があるのですが、めちゃくちゃ渋い顔をされた事がありました。

言ってもらってありがたいけど、こっちの状況を読んで言っている?という感じでした。

実際役職のある人間は気軽に安静出来ない事が多いです。

別に悪気があって言ってる訳ではないのですが、人によっては良い印象には捉えられないので注意して下さい。

早く良くなってください

こちらは安静にして下さいよりも、よくはないでしょうね。

早く良くなって下さいという言い方は正直無茶振りをしていると思われます。

誰だって病気の時は早く治したいと思っているものです。

言っている当人からすれば嫌味では無いのでしょうが、相手側には軽くプレッシャーを与えている状態と言っても過言ではありません。

正直この言葉を言う人間はかなり空気が読めない人間と言っても良いでしょうね。

自分からすれば心配ではあるものの、休まれたら仕事が他の人間にしわ寄せが来ると思われている状態なので良い気はしないでしょう。

私も過去に他の人から言われた事があるのですが、やっぱりちょっと焦りました。

普段は特に思うわけではないのですが、体調が悪い時は神経が尖っているような状態なのでこの言葉を言われると何か嬉しくないんですよ。

ご回復をお祈りしています

この回復というのは、少しずつ回復に向かうという意味があります。

他者に対して使っても良いものであり、嫌な顔をされる事はないでしょう。

むしろ自分の事を心配してくれるなんて嬉しいと思ってもらえるますよ。

ここで重要なのが回復という所です。

誰でも一気に良くなる訳ではないので、少しずつ良くなっていくという回復を使っている所がミソと言えます。

誰でも一気に治ってほしいとは思いますが、人間の回復力的にはそれは無理な話ですよね。

そういう意味も含めて回復という言い方は良いものなのです。

似た言い方の快復という言葉もありますが、これは全快という意味合いを持ちます。

ニュアンス的にはちょっとおかしいので、使用しない方が良いでしょう。

この言葉を使用する際は「1日も早いご回復をお祈りしています」という、何かしら言葉を一緒にすると印象がぐっと良くなります。

これは入院している人にも使用する事が出来ますよ。

「1日にでも早く退院出来る事をお祈りしております」という風にも使えます。

これは関西方面のみなのか分かりませんが、ズケズケ言う人だと微妙なツッコミはされる事があるのです。

「祈るよりも何かしてくれ」という無茶振りをされたことがあります。

多分人を見ているのかもしれませんが、笑うしかなかったですね。

体調が悪い人を気遣う意味

「お大事になさって下さい」という言葉は、ご回復をお祈りしていますやお身体を大切にしてくださいという意味も込められています。

体調が悪い人を気遣う意味の挨拶と言っても良いでしょう。

反対に体調が良い人に使うと変な顔をされます。

もうすでに全快している人に向かって言うのは違いますからね。

体調が悪い時だからこそ、気を遣わないといけないのです。

やっぱり他者がしんどそうな時って無条件に心配しますよね?

梅雨時期や冬場など季節の変わり目の時期ほど体調を崩してしまう人もいます。

おはようなどの挨拶とは違い、相手が体調を崩してしまっている時限定の挨拶ではありますが、気遣いが出来るかどうか言葉の所作で大きく変わってくるものです。

「お大事になさってください」の使い方

相手が体調を悪くした時に使用されるものですが、お見舞いに行く時などよくお大事にという言葉を使う事がありますよね。

「お大事になさってください」とは、お大事にの丁寧語です。

お大事に単体のみで良いとされていますが、それだけだとちょっとだめなんですよ。

どういう意味の違いがあるか、またどんな使い方をするのが正解なのか、そして「お大事になさってください」を使用した時、どういう効果があるのかを詳しくお伝えしていきましょう。

嫌いな上司でも体調が悪そうな時ほど、「お大事になさってください」と声をかける事で良い印象を持たれるかもしれません。

目上の人に使う丁寧な言葉

目上の方に使用できる丁寧な言葉の1つとなります。

「お大事に」のみはかなり簡単に言っている言葉であるので、目上の方に使用する場合は「お大事になさって下さい」などを付けるのが適切ですね。

家族や友達など親しい間柄であれば簡略された言葉である「お大事に」のみで構いませんが、他者によっては品位がないと思われてしまうでしょう。

もし自分が上の立場の人間として、下の者から「お大事に」とだけいわれたら良い気はしませんよね?

目上の方に使う言葉でも、「お大事に」単体のみはNG行動だと思って下さいませ。

「お大事になさって下さい」の「お大事に」の後に続いている言葉は、尊敬語が含まれているので目上の方に向ける言葉としておかしくないのです。

また別の言い方でも「お大事にして下さい」という言い方もあります。

この言い方は悪くはないのですが、ちょっと命令形のように聞こえるので、もしかしたら「お大事に」単体よりも悪い印象を与えるかもしれませんよ。

断定の言い方になるので、もしこの言い方をしているようであれば、相手からはキツイ言い方をする人間だと思われているでしょう。

「お大事になさって下さい」という言い方は、丁寧な言葉になります。

ビジネスでも使用は出来ますが、別におかたいような印象ではありませんよね。

しんどい時ほど堅苦しい挨拶をされると余計にしんどくなってしまうので、このくらいが一番だと思ってくださいませ。

相手が体調を悪くしたときに使う


相手が体調を悪くした時に使用する言葉ですが、例えば相手のご家族さんが体調を崩している場合でも使用可能です。

目上の人の場合、当人でなくご家族さんが体調を崩される事もよくあることなんですよ。

特に既婚している方だと小さいお子さんがいる場合は、体調を崩しやすいシーズンによく倒れますからね。

こういうケースが一番ややこしいので難しいという人も少なくありません。

こういう場合の声かけは、「お大事になさって下さい。あなたも体には気をつけて無理をなさらないでくださいね。」と声をかけるのが適切でしょう。

大体身内の誰かが風邪をひいている時って、当人も後々体調を崩してしまう恐れがあるものなんです。

看病するあまり、自分自身風邪が移っていない事を気づいていない人もいます。

正直心配半分、休まないで下さいねという意図も多少込めてはいますね。

休んだら第三者にしわ寄せが来るのは必然です。

特にそういう人ほど普段からの生活がちゃんとしていない人も多いので、それを少し見直した方が良いという意味も込めております。

相手が体調を悪くした場合は、自分の健康も気をつけてというメッセージなので、第三者からこの言葉をかけられたら気をつけるという人もいるくらいですよ!

相手を気遣う意味が含まれるので好印象

相手を気遣い、労るような意味が含まれるので、「お大事になさって下さい」を言われて嫌な顔をするような人はまずいないでしょう。

気遣いされると困るという人はいないですよね。

ただしんどい時ほど早く治さなきゃ、みんなに迷惑をかけてしまったという罪悪感にかられてしまう人は少なくありません。

普通の状態とは違い体調が悪い時は、かなり神経が尖っている状態だとみて下さい。

しんどい時ってあんまり声をかけられたくないですよね?

変に気を遣わせるもの嫌ですし、体調が悪い事を悟られたくないとも思っています。

一言だけで済むので、相手もそこまで嫌な印象は残らないでしょう。

こういうシンプルな気遣いは、回復後に気にかけてくれてありがとうと言われる事もあるんですよ。

相手からしてみても好印象を持ってもらえること間違いありません。

いい印象を残したいと思うのであれば、しんどい時に変に心配性にならず、最低限の気遣いのみで結構です。

快方してからは使わない

快方してからは使う言葉ではないですね。

ちなみに快方とは、病状が良くなっている状態の事を指します。

もう体調は良くなったのに、お大事になさって下さいと言われても変なのとしか言いようがないでしょう?

体は良くなったのにお大事にしてと言われるなんて、よっぽど心配性な人だという印象を持たれるかもしれません。

別に悪い事ではないかもしれませんが、どちらかというとそこまで病弱に見られているのかもしれないと考えてしまうかもしれませんね。

使う時は体調が悪い時のみにして下さい。

ただ強いて使うのであれば、まだ全快していない状態であれば使う事もありますよ。

たまに治ったけど無理してまた風邪がぶり返してしまう人もいるものです。

咳とか鼻水とか出ている人であれば、使っても良いでしょう。

治りかけが一番重要な部分ですからね。

快方してから声をかける場合は、「元気そうになられて何よりです」と伝える事で更に印象はアップします。

メールでも会話でもOK

挨拶文章はメールでも会話でも問題はありません。

今や当たり前のようにメールが使われている時代です。

もちろん会話の方が誠実味にあふれているのかもしれませんが、目上の人間となると中々声をかけづらいものですよね。

特にしんどそうにしていると尚更声をかけづらくなってしまいます。

体調がそこまで悪くない場合は良いのですが、実際深刻なまでに病状が悪化している事もあるので、そういう場合は声をかけない方が良いでしょう。

頭痛がしていたり、熱や喉痛や鼻水など体調不良が起こっている状態であれば、正直誰かの相手をするのは非常にしんどいです。

そういう時ほどメールの方が喜ばれるでしょう。

メールであれば急いで返事を返す必要もありませんし、お見舞いメールが出来る人間は気遣いが出来る人間だと思ってもらえますよ。

特に相手が入院している時であれば効果は大きいです!

体調が弱っている時に気遣いのメールをくれたりしたら、凄く嬉しいと思いませんか?

それは部下でも上司でも関係ありません。

体調が悪い時にその様なメールをくれたら、気遣いが出来るだけではなく思いやりのある人物であり、仕事が出来ると認識されると思って下さい。

上司が体調を崩している時ほど、好印象を持ってもらうチャンスですね。

ただしあくまでも相手の心配が第一なので、打算的な考えはほどほどにしておきましょう。

ちなみに体調が悪いだけではなく、自然災害などを受けた方にも使用する事が出来ます。

この前起こった西日本台風で、各方面から心配してくれて連絡がありました。

その時に気遣いのメールをもらったのですが、凄く嬉しかったです。

会話の方が相手の顔を見れて喋れるので確かに印象は良いですね。

しかし体調が悪い時や会いに行くことが容易ではない人物の場合は、メールで相手に気遣うしかないです。

メールは相手の顔が見れないため、冷たい文章と思われてしまう事もありますが、そういう時ほど丁寧かつ気遣いのメールを送ると良い印象を持ってもらうことが出来るでしょう。

「お大事になさってください」の例

お大事になさってくださいの例はいくつかあります。

いつ、どこで、どんな使い方をするのか見てみましょう。

この言葉は相手の体調が悪い時に使用するものなので、そんなに使用頻度が高いものではありません。

使う頻度が高くないものだからこそ、間違わないようにしないといけませんよ。

シチュエーション別にチェックしてみよう

「お大事になさって下さい」は体調が悪い時に使用するものとお伝えはしてきましたが、その体調の悪い時とはどんなものをさすでしょうか?

大まかに言うと入院時、病気、怪我、手術、精神的な体調不良などが考えられます。

病気や体調不良はよくあるケースなのでまだ使いやすいとは思いますが、入院や手術は非常に珍しいケースですよね。

使い方は難しくありませんが、どんな時に使用するかチェックしてみて下さい。

「手術大変だったとお聞きました。大変な手術の後なので日常生活を取り戻すのは難しいと思います。ご無理をなさらずお大事になさって下さい」

先日私の母が脳の手術をしたのですが、その後職場の人から来たメール内容がこのような文章だったそうです。

どんな手術でも簡単ではなく、日常生活に戻るのはとても大変な人もいます。

時間経過で治る場合もありますが、手術内容によっては日常を取り戻せない人もいるのです。

そういう人に対して、一日も早い回復をお祈りしていますという意味で使用されています。

手術後は体力が戻っていない人もいますし、メールを打つことが用意でない人もいると思って下さい。

特に手術直後の場合は麻酔の影響もあり、意識がうつろになっているため、すぐにメールを打てるような状態ではありません。

手術直後に送る、夜中にメールを送るなどは常識外なので空気を読んでください。

小部屋ならともかく、大体は大部屋なので他の人のも迷惑がかかりますよ!

さすがによほど親しくないと会いに行くことは難しいでしょうが、手術後で何日か経過したらメールを送ってみましょう。

「お風邪を引いているとお聞きました。お大事になさってくださいね。」

風邪などで体調が悪い時にかける言葉ですね。

よくある事なのですが、あまりくどくど言わずシンプルなのがちょうど良いでしょう。

私は昔病院関係の仕事をしていた事もあり、日常的に「お大事に」という言葉を使っていました。

接客業のようにまたお待ちしておりますなどは言えるものではありません。

こんな言い方をする人がいたらさぞクレームがくる事でしょうね。

私は医療事務をしていたのですが、患者さんが変えられる時は「お大事になさって下さい」という言葉をいつも使っていました。

あの頃は先輩にいわれるがまま言っていただけですが、今ならその重みはよく理解出来ます。

透析施設だったので患者さんの病気は一生治る訳ではありません。

しかし風邪やインフルエンザを引いてしまう人もいたため、悪化しないように気をつけてくださいねという意味合いも込めて言っていましたね。

病院関係の方は是非お大事にだけではなく、お大事になさって下さいという方が印象もよくなるでしょう。

「骨折をされたとお伺い致しました。お大事になさって下さい。」

体調不良と言っても、何も病気だけとは限りません。

大怪我をした際などにも使用する事が出来ます。

正直な話病気よりも日常生活に一番支障が出るのは、怪我なんですよ。

私も昔大怪我をしたことがあるのですが、その時は階段をのぼるのも大変でしたね。

身体は元気な分、本当に危ないんですよ。

確かに体調不良も無理はしてほしくはないのですが、怪我の場合は病気でないだけに無理してしまう人が多いのです。

怪我をしているだけで、身体は元気な状態ですからね。

無理をしないでという意味も兼ねて、お大事になさって下さいという言葉を使用しましょう。

「お大事になさってください」の言い換え

「お大事になさってください」の別の言い方はたくさんありますよ。

お身体を大切にしてください、どうぞご自愛ください、一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げますなどの3種類ですね。

あくまでも言い換えなのでこういう言い方もあるという事です。

もしお大事になさって下さいがちょっと言いにくければ、もっとわかりやすい言葉もあります。

年配者ならお大事になさって下さいという言葉は伝わりやすいのですが、若い世代だとあまり伝わりにくいかもしれません。

相手にものをいうときは、なるべくストレートかつわかりやすい言葉の方が伝わりやすいケースの方が良いかもですね!

どうぞご自愛ください

ご自愛というのはそのままの意味になりますが、自分を愛するという事です。

つまり自分を大切にしてくださいという言い方であり、メールやビジネスでも頻繁に使用される事があります。

文章やメールで使用する際は、文章の冒頭ではなく最後に使用されるものです。

こちらも格下や同期の人間ではなく、目上の人間に使用する言葉だと思って下さい。

男女や年齢問わず使用する事も可能です。

この言葉を使う際に注意していただきたい事は、すでに体調を崩している人間には使用できません。

今現在元気な人間が体調を崩さないように気をつけて下さいという意味なのです。

「お大事になさって下さい」との大きな違いはここですね。

体調の悪い人、元気な人に使用するというものなので、間違えないようにしましょう。

断定な言い方をしているため、上から目線ではないのか?

と思われるかもしれませんが、この言葉は目上の人だからこそ使える言葉になるのです。

たまに間違える方がいるようですが、ご自愛の前にお体という一言を添える人がいるようですが、これはかなり恥ずかしい間違いをしていると思って下さい。

ご自愛の自というのは自分を指していますが、これは自分の身体という意味も含まれています。

つまりこれは生理痛が痛いというような矛盾した表現なのです。

ご自愛下さいの場合は、下手な事は言わずシンプルに「どうぞご自愛ください」がベストでしょう。

【ご自愛くださいの正しい使い方は、こちらの記事もチェック!】

お大事になさってください、で相手を気遣おう

社会人になると目上の方にフランクな言い方は出来ません。

相手を気遣う意味で、お大事になさって下さいという言葉を使うのは大切な事になります。

しんどい時にだらだら心配されるよりも、簡単に言われる事の方が良いのです。

心配してくれるのはありがたい事ですが、あまり自分の病状を喋りたい訳ではありませんからね。

相手だって他の人に心配かけたくないから、ちょっと悪いなとは思っています。

そういう時は変に色々聞かず、お大事になさって下さいと言い相手を気遣いましょう。

相手に言うタイミングは落ち着いた時、帰宅した時にしてください。

一応挨拶ではあるのですが、相手の状態が良くないため使うタイミングは見極めないといけません。

自分がどのタイミングで言われたら嬉しいか、相手の状態を考えてこそ本当の気遣いと言えますよ。