CoCoSiA(ココシア)

「とんでもないです」とはどういう意味?謙遜する時の正しい使い方を解説します


かしこまった時や、プライベートなどの時でもよく使われる事が多い、この「とんでもないです」。

使用頻度は結構高く、使っている人も多いのではないでしょうか。

普通に使っている事は多いので気にした人もあまりいないのではないかもしれませんが、この「とんでもないです」の意味をちゃんと理解して使っているのでしょうか?

ちょっとした事でも使えるので、もし何と言ったら良いかわからない時は、この言葉を使用するのも良いかもしれません。

1つでも言葉を覚えておくと便利ですよ。

この記事の目次

️「とんでもないです」の解説

「とんでもないです」を解説させて頂く前に、どういう使い方をするかご存知でしょうか?

現代人の多くは言葉の意味をちゃんと理解していない人間がとても多いです。

何となく言葉を覚えたからと言って平気で意味も知らないのに使ってしまう人もいるものなんですよね。

プライベートならまだ修正は利きますが、ビジネスシーンだとその言葉を使った際、失礼に当たるかもしれませんよ。

大体「とんでもない」は使用頻度が高く、使い方もそんなに難しいものではありませんが、どういう時に使用するかチェックはしておくべきでしょう。

かしこまって話すときに使う

とんでもないを使用する際は、かしこまった時が多いですね。

日常的にとんでもないを使用する人はそんなにいません。

ビジネスシーンならまだしも、プライベートでとんでもないを連呼する人は聞いた事ないです。

ざっくり言いますと実はあんまりいい意味ではなく、想定外の事態が起こった時に使用する言葉となります。

よく謙虚さをアピールしてとんでもないを使用する人がいるのですが、相手に褒められたときなどにとんでもないと言ってしまうと、相手の事を否定する意味になってしまうので注意して下さい。

私もよくかしこまっている時に使用しますね。

目下でも目上にも使用できるので、ビジネス上の口癖になっているかもしれません。

ビジネスでもプライベートでも

ビジネスでもプライベートで使用出来ます。

ただビジネスはともかくプライベートでもそんな頻繁に使うかと言われたら、家族や親しい友達には使わないですね。

知人やある程度距離のある人間でしょうか。

私も口下手な方なので、変な事を言うよりも使える方が良い気がします。

言葉って本当に難しいので、間違いがあったら大変です。

️「とんでもないです」の意味

「とんでもないです」の意味は結構多いですよ。

想定外の時に使用されるか、相手を批判する時などに使用されたり、謙虚さを見せる際に使用されるなど結構幅広いです。

色んな所で使用されはしますが、意味を深くまで理解しておかないと、この人は何を言っているのだと見られてしまうでしょう。

多くの人が言葉の表面上だけを捉え、意味をちゃんと理解していない人ばかりと聞きました。

特に新社会人の人でも、まともに敬語を使う事が出来ず先方に恥をかかせてしまったという人もいるそうです。

言葉をちゃんと理解しておいて下さいね。

意外なことだ

意外性というのはいい意味にも悪い意味にも使用されます。

「とんでもない」という言葉を聞くと、何となく悪い方向に意外性があると思われがちでしょう。

常識的にありえないような事が起こる時に使用されるので、どちらかと言えばいい意味で使用される事はありません。

ただ常識というのはあくまでも当人が決めた勝手なルールに過ぎないです。

常識に囚われているような人間だと、よくこういう言葉を使用する事がおおいんですよ。

自分と思っていたものとは大きく違うという意味でも使用されます。

当人にとって何が意外なのかはわかりにくいものがあるかもです。

天変地異やニュースに載りそうな出来事であれば、本当に意外どころかおったまげるほどのものなので誰もがとんでもない事だとは言いそうですね。

大変なことだ


意外なことだと大変な事だというのはかなり似てはいますが、大変なことだの方が状況は悪いですね。

基本的に大変だという事はいい意味で使用される事はありません。

言い換えるのであれば余程の出来事や、やばすぎる事等を意味しているからです。

例えば大きな失敗をやらかしてしまったり、台風などの影響によって大変な被害を各方面受けた時などに使用します。

この言い方をするのはほとんどニュースや報道番組でよく使用されますね。

とんでもないというのは大変なことだけでなく、否定的な意味や意味合いも含んでいますからね。