CoCoSiA(ココシア)

いつめんとは?作り方や仲良くなる方法!気が合わない時の4個の対処法


みなさんには「いつめん」がいますか?

広く浅い付き合いを好む人は、一緒に連むメンツも毎回違う、なんて事も珍しくないのかもしれませんが、いつめんがいると一緒に過ごす時の安心感も違うものです。

今回は、そんな“いつめんの作り方や仲良くなる方法”、さらに、“気が合わない時の4個の対処法”をご紹介します。

いつめんが欲しい人は必見ですよ!

いつめんって何?

ところで、みなさんは「いつめん」について知っていますか?

いつめんの作り方や仲良くなる方法を見る前に、まずは、「いつめん」の説明をしていきたいと思います!

意味を知っている人も、一応、ここでその意味を再確認してみて下さいね。

いつものメンバー、いつものメンツの略

「いつめん」とは、「いつものメンバー」や「お決まりのメンツ」という意味で若者達の間で使われる俗語になります。

ちなみに、「イツメン」とか「いつメン」などと表記する場合もありますが、意味は同じなのであまり気にしなくても大丈夫でしょう。

“メン=面子”だと知らないと、「メン=男子限定…?」と思われるかもしれませんが、もちろんそんな縛りはなく、男女混合や女性限定でも「いつめん」という言葉は使われます。

使い方の例としては、「今日の飲み会はいつめんで!」とか「いつめんの中では、〇〇ちゃんが一番オシャレだよね」といった感じ。

他にも、プリクラ写真の文字入れでよく使われるかもしれませんね。

よく一緒に遊ぶ仲の良い友達のこと

「“いつものメンバー”とか“お決まりのメンツ”って言われても、いつめんの具体的な関係性は何なの…?」と疑問に思っている人もいるのでは?

いつめんの関係性は、“よく一緒に遊ぶ仲の良い友達”とか“いつも連んでいるメンバー”というのがしっくりくるでしょう。

ただし、いつめんで仲良くしていても、親友同士とは限りません。

親友同士だから一緒に連んでいるというパターンもありますが、中には「一緒にいる分には楽しいけど、親友ほど自分と相性がバッチリ合う訳ではない」というパターンも存在するみたいです。

つまり、いつめんはあくまで、“遊び友達”という認識なのかもしれませんね。

いつめんの作り方や仲良くなる方法

「いつめん」の意味が分かったところで、続いては、“いつめんの作り方や仲良くなる方法”をご紹介していきます!

狭くて深い関係を望む人はともかく、「色んな人と仲良くなりたい」とか「広い人脈を築きたい」と考える人は、自然と多くの人とコミュニケーションを取る必要があるので、いつめんという存在が出来るまでに多少、時間が掛かる傾向にあると言えるでしょう。

いつめんを作るにはそれなりに一緒の時間を過ごして、お互いの事を知り、その後も関係を築いていける相手であるか(=自分と相性が合うかどうか)を見極める必要があるのです。

それでは、その辺の詳しい説明も次からしていくので、“いつめんの作り方”を1つずつチェックしていきましょう!

サークルや部活に入る

友人作りの手段というと、特に学生はサークルや部活を思い浮かべるのではないでしょうか?

サークルや部活の仲間は一緒に過ごす時間も割と長いので、所属していると自然といつめんも出来るはずです。

メンバーや部員には興味や趣味が似ている人が集まっているはずなので、自分が気になるサークルや部活に入るのがオススメ。

さらに、インカレなら他大学の友達も出来るので、いつめんが出来る確率も上がるかもしれませんね。

正式に所属しなくても、サークルの新入生歓迎会に参加して、そこで自分と気の合いそうな友達を見つけるのもアリでしょう。

サークル内のいつめんが出来上がってしまう(入学から大体3ヶ月程度)前の、4〜6月辺りにいつめん候補の目星を付けておくのがポイントです。

既にグループが出来ているところに入っていくのは難しいので、早めの行動を心がけて下さい。

社会人向けのサークルもあるので、気になる人は興味のあるサークルを探してみてはいかがでしょう?

バイトをする

バイト先も出会いの場の1つ。

バイト先でいつめんを作るには、バイト選びの段階で、友達を作りやすい環境かどうかを重視する事が大切になります。

バイト先の環境次第では、いつめんに相応しい人材を見つけたとしても、友達にすらなれない事もあるでしょう。

例えば私語厳禁なバイト先なら、親しくなる為のコミュニケーションを取るのも難しいですよね?

だからこそ、良い環境のバイト先を見つける事が先決なのです!

友達を作りやすい環境かどうかを見極めるポイントは以下の通り。

・従業員数が多い
・スタッフの仲が良さそう
・私語が許されそう
・学生or自分と近い年齢層のバイトが多い
・そこまで忙しくない
・店長が常識的であること

バイトに応募する前に、実際にその店舗に客として足を運んでみましょう!

上に挙げたポイントを満たしている環境かを判断するのもそうですが、その店やスタッフ(=いつメン候補)の雰囲気を掴む良い機会になるはずです。