みなさんには「いつめん」がいますか?

広く浅い付き合いを好む人は、一緒に連むメンツも毎回違う、なんて事も珍しくないのかもしれませんが、いつめんがいると一緒に過ごす時の安心感も違うものです。

今回は、そんな“いつめんの作り方や仲良くなる方法”、さらに、“気が合わない時の4個の対処法”をご紹介します。

いつめんが欲しい人は必見ですよ!

いつめんって何?

ところで、みなさんは「いつめん」について知っていますか?

いつめんの作り方や仲良くなる方法を見る前に、まずは、「いつめん」の説明をしていきたいと思います!

意味を知っている人も、一応、ここでその意味を再確認してみて下さいね。

いつものメンバー、いつものメンツの略

「いつめん」とは、「いつものメンバー」や「お決まりのメンツ」という意味で若者達の間で使われる俗語になります。

ちなみに、「イツメン」とか「いつメン」などと表記する場合もありますが、意味は同じなのであまり気にしなくても大丈夫でしょう。

“メン=面子”だと知らないと、「メン=男子限定…?」と思われるかもしれませんが、もちろんそんな縛りはなく、男女混合や女性限定でも「いつめん」という言葉は使われます。

使い方の例としては、「今日の飲み会はいつめんで!」とか「いつめんの中では、〇〇ちゃんが一番オシャレだよね」といった感じ。

他にも、プリクラ写真の文字入れでよく使われるかもしれませんね。

よく一緒に遊ぶ仲の良い友達のこと

「“いつものメンバー”とか“お決まりのメンツ”って言われても、いつめんの具体的な関係性は何なの…?」と疑問に思っている人もいるのでは?

いつめんの関係性は、“よく一緒に遊ぶ仲の良い友達”とか“いつも連んでいるメンバー”というのがしっくりくるでしょう。

ただし、いつめんで仲良くしていても、親友同士とは限りません。

親友同士だから一緒に連んでいるというパターンもありますが、中には「一緒にいる分には楽しいけど、親友ほど自分と相性がバッチリ合う訳ではない」というパターンも存在するみたいです。

つまり、いつめんはあくまで、“遊び友達”という認識なのかもしれませんね。

いつめんの作り方や仲良くなる方法

「いつめん」の意味が分かったところで、続いては、“いつめんの作り方や仲良くなる方法”をご紹介していきます!

狭くて深い関係を望む人はともかく、「色んな人と仲良くなりたい」とか「広い人脈を築きたい」と考える人は、自然と多くの人とコミュニケーションを取る必要があるので、いつめんという存在が出来るまでに多少、時間が掛かる傾向にあると言えるでしょう。

いつめんを作るにはそれなりに一緒の時間を過ごして、お互いの事を知り、その後も関係を築いていける相手であるか(=自分と相性が合うかどうか)を見極める必要があるのです。

それでは、その辺の詳しい説明も次からしていくので、“いつめんの作り方”を1つずつチェックしていきましょう!

サークルや部活に入る

友人作りの手段というと、特に学生はサークルや部活を思い浮かべるのではないでしょうか?

サークルや部活の仲間は一緒に過ごす時間も割と長いので、所属していると自然といつめんも出来るはずです。

メンバーや部員には興味や趣味が似ている人が集まっているはずなので、自分が気になるサークルや部活に入るのがオススメ。

さらに、インカレなら他大学の友達も出来るので、いつめんが出来る確率も上がるかもしれませんね。

正式に所属しなくても、サークルの新入生歓迎会に参加して、そこで自分と気の合いそうな友達を見つけるのもアリでしょう。

サークル内のいつめんが出来上がってしまう(入学から大体3ヶ月程度)前の、4〜6月辺りにいつめん候補の目星を付けておくのがポイントです。

既にグループが出来ているところに入っていくのは難しいので、早めの行動を心がけて下さい。

社会人向けのサークルもあるので、気になる人は興味のあるサークルを探してみてはいかがでしょう?

バイトをする

バイト先も出会いの場の1つ。

バイト先でいつめんを作るには、バイト選びの段階で、友達を作りやすい環境かどうかを重視する事が大切になります。

バイト先の環境次第では、いつめんに相応しい人材を見つけたとしても、友達にすらなれない事もあるでしょう。

例えば私語厳禁なバイト先なら、親しくなる為のコミュニケーションを取るのも難しいですよね?

だからこそ、良い環境のバイト先を見つける事が先決なのです!

友達を作りやすい環境かどうかを見極めるポイントは以下の通り。

・従業員数が多い
・スタッフの仲が良さそう
・私語が許されそう
・学生or自分と近い年齢層のバイトが多い
・そこまで忙しくない
・店長が常識的であること

バイトに応募する前に、実際にその店舗に客として足を運んでみましょう!

上に挙げたポイントを満たしている環境かを判断するのもそうですが、その店やスタッフ(=いつメン候補)の雰囲気を掴む良い機会になるはずです。

いつも笑顔でいることを意識する

常に笑顔の人は誰からも好かれる傾向にあります。

実際、笑顔の人と一緒にいると、こちらまで楽しい気持ちになりますし、自然と「この人ともっと一緒にいたい!」と思わせる魅力がありますよね?

なので、「友達になりたい」「いつめんになりたい」と思った人の前では、常に笑顔でいる事を心掛けましょう!

笑顔を作ると気持ちも前向きになりやすいそうなのですが、実は友達を作る時のコツはポジティブになる事でもあります。

みなさんは普段、人と接する際に、色々な事を考え過ぎて相手に遠慮ばかりしてしまう事ってありませんか?

もちろん適度な気遣いは必要ですが、「相手に迷惑が掛かったらどうしよう…」とネガティブになってしまえば、相手は「この人は自分と友達になりたくないのかも…?」と勘違いしてしまう場合もあるのです。

それに、ネガティブオーラ全開な人は周りに「暗そう」とか「面倒臭そう」というイメージを与えてしまいがちなので、友達も出来にくいでしょう。

常に笑顔でポジティブな方が、一緒にいる人を楽しませる事が出来ますし、相手との距離も自然に詰めていく事が出来るはずです。

いつめんを作りたいなら、笑顔と前向きな考え方を忘れずに!

不機嫌そうだと近寄りがたい

不機嫌そうな顔や仏頂面をしていると、一緒にいる人も「近寄り難い」「怖そうな人だ」と感じると思います。

特に第一印象が悪いと、なかなか親しくなる事も出来ないでしょう。

誰だって、必要以上に気を遣う相手とは「一緒にいたい」とは思いませんよね?

いつめんは、お互いに遠慮がない(=ラクだと感じる)から一緒にいられるのです。

笑顔で接すれば、相手の方からも距離を縮めてくれるでしょう。

勇気を出して自分から声をかける

待っているだけよりも、自分から積極的に行動した方が物事が進むのは、言われなくても分かりますよね?

もし、「仲良くなりたい!」と思った相手が見つかったのなら、自分から積極的に話しかける様にしましょう。

特に、環境が変わって1から友達作りをするという状況は、いつめんを作る絶好のチャンスとも言えます。

ここで1人でも友達が出来れば、その友達を通して連鎖的に人脈が広がり、いつめんを作りやすくなるのです。

そう考えると、最初の友達作りも結構重要かもしれませんね。

上でも話した通り、既にグループが出来上がっているところに自ら入っていくのはかなりハードルが高いですが、グループが出来る前なら気になる人にも話しかけやすいはずです。

そしてこの時のポイントは、「友達が欲しい!」という雰囲気を出しながら、不自然にならない程度にフレンドリーな態度で、自分と気の合いそうな人に声をかける事!

相手に「この人は自分と友達になりたがっている」と分からせる事が重要になります。

自分から声を掛けるのが苦手な人は、隣の席の人に話しかけるところから始めてみましょう。

話しかける内容は何でも良いのです。

例えば、「今何時か分かる?」「消しゴム忘れちゃったんだけど貸してくれる?」「その服、素敵だね」etc…

その会話であまり距離を縮められなくても、顔を覚えたのをきっかけに、そこから仲良くなれる可能性だってあります。

もし毎日顔を合わせる様な相手でなければ、会った時に笑顔で会釈をしたり、「おはよう」「お疲れ様」と挨拶をして徐々に距離を縮めてみて下さい。

みんな話しかけられるのを待っている

これを見ている人の中にも、「初対面の人に声をかけるのは恥ずかしい」とか「積極的に声をかけるのは苦手…」という人もいると思いますが、そう感じているのはあなただけではないかもしれません。

特に1から友達作りをする上では、受け身な姿勢の人は意外と多いです。

実際、初対面同士の人達が集まって、その中で積極的に話しかける事が出来る人は稀なのでは…?

多分その人達の中には、「馴れ馴れしい態度を取ったら、相手からの印象が悪くなるかも…」とか「いきなり話しかけて、“変な奴”だと思われたらどうしよう…」と、自分から話しかけるのを躊躇う人も少なからず存在すると思います。

でも、心の中では「誰でも良いから話しかけて欲しい」「ぼっちは嫌だ!」と思っているもの。

つまり、みんなも誰かに声をかけられたがっているのです!

特に顔見知りだと自分からはなかなか話しかけられないので、誰かが話しかけてくれるの待っている可能性が高いです。

だから、自分から人に話しかけられる事が出来れば、友達やいつめん作りでは圧倒的に有利となります。

それに受け身の人が多い分、声をかけるだけで好印象を抱かれる傾向があるので、やはり気になる人には積極的に声をかけていくのが正解でしょう。

誘われたらとりあえず一度は乗ってみる

誰かから誘われたら興味がない事でも、一度はその誘いに乗ってみるのも、いつめん作りのコツと言えます。

こちらが誘いを拒否してばかりだと、相手は関係性を作る事を拒絶された様に感じて、距離を置いてしまう可能性もあるので注意しましょう。

それに、誰だってノリや付き合いがあまりにも悪い人とは、仲良くしようとは思いませんよね?

遊び・パーティー・食事会・打ち上げ・集まりなどは、人が集まる場なので、友達やいつめんを作るチャンスです。

壁を作らずに自分から積極的に関わる事で、コミュニケーションスキルも身に付くでしょう。

自分がどういう人間か知ってもらう


いつめんを作るには、“自分がどういう人間か”を周りにアピールする事も大切!

より良い人間関係を築くには、相手に合わせ共感するのも大切ですが、時には自分の考えをしっかり伝える必要もあるでしょう。

アピールと言っても、「私は赤が好き」「自分は犬派」「食べ物では〇〇が一番好き」といった感じで構わないのです。

とにかく、周りの人達にあなたを知って貰う事が重要になります。

気が合う人に自分をみつけてもらうため

何故いつめん作りに、自分がどういう人間かを周りに知って貰う必要があるのかと言うと、自分と相性が良い人に自分を見つけて貰う為でもあります。

気の合う友達を探すにも、自分一人の力では限度があると思いませんか?

自分では気付かないところに、相性バッチリのいつめん候補がいる可能性もあります。

だから、相手に見つけて貰う為に、「自分はこんな人間だよ!」「自分はここにいるよ!」と、自分の事を分かりやすく発信する必要があるのです。

本音を話す


「本気で仲良くなりたい」と思う相手なら、本音で話しましょう。

それで離れていく様な相手なら、「相性が良くなかった」と諦めた方が良いです。

自分の気持ちに嘘を吐いてまで合わせなくてはならない相手とは、恐らく長続きはしないでしょう。

そんな関係だと、いつかあなたの方が辛くなるはずです…。

もちろん、どんな相手でも適度に合わせる必要はあるかもしれませんが、本気で仲良くなりたい相手には、思っている事はなるべく正直に伝え、過度なお世辞など思ってもいない事は言わないのが大切。

もし、コミュニケーションが上手く行かない事に悩んでいるのなら、その原因はあなたの中に“隠しておきたい部分”があるからだと言えます。

では、あなたが隠している事とは一体何でしょうか?

人と話すことが苦手、面白くない、勉強や仕事ができない、自信がない、人によって様々だと思います。

その知られたくない事が「バレてしまうとマズい」と感じたり、「本当の自分が否定されると立ち直れない…」という思いがあると、自己防衛から自分を偽ったり人と距離を取ったりしてしまう訳です。

心を許せる友達を作らない事で、「バレたくない事を隠し通せる」「傷つかなくて済む」というメリットを得ているのでしょう。

つまり、人とコミュニケーションが上手く取れないのは、あなたのコミュ力や性格のせいではなく、あなた自身が「相手と心の許せる距離になりたくない…」と無意識に壁を作ってしまっているから。

結論を言うと、「その隠し事がバレてもいい」「本当の自分を晒して傷ついても良い」と覚悟を決め開き直ってしまえば、コミュニケーションは驚く程上手くいくのです。

それに、気にしているのは自分だけで、周りは大して気にしていない事も珍しくありません。

コミュニケーションが上手く取れない人は、その事を少し考えてみて下さい。

相手に質問する

相手について質問をするというのは、「あなたの事をもっと知りたい」「私はあなたに興味があります」という好意の表れでもあります。

普通、興味のない相手にプライベートな質問なんてしませんよね?(というか、質問自体思い浮かばないでしょう)

仲良くなりたい相手がいるのなら、相手の好きな事について色々と質問してみると良いでしょう。

ただし、プライベートな事を聞く時は、相手が不快にならない質問をチョイスする事も大切です。

お互いの距離感なども考慮しながら、慎重に距離を縮めていくのが良いかもしれませんね。

相手のことを知るきっかけになる

質問は相手について色々と知るきっかけとなります。

何も知らない相手とは友達やいつめんになるのは難しいですが、お互いについて知っていれば、それだけ友達になれる確率は上がるものです。

共感する気持ちを持つ

上でも何度か触れましたが、コミュニケーションを取る際に、相手に共感をするのはとても大切になります。

人は共感されると、相手との距離が近くなったように感じるもの。

特に女性は共感を重視する人が多いかもしれませんね。

友達やいつめんになりたい人の前では特に、相手の話に共感して、その人が気持ち良く話せる様に心掛けてみて下さい。

そうすれば、その相手も「もっと沢山話したい!」「この人と一緒にいると心地良いな」と思ってくれるはずです。

なんでも合わせるわけではない

相手が共感を望んでいる場面ではきちんと合わせてあげるのがベストですが、共感するばかりではダメです!

時には、自分の意見を主張をする事も大切。

「わかる!わかる!」「私もそう思う〜」などと相手に共感してばかりだと、「自分がないの…?」「つまらない人だな」と思われてしまう恐れがあります…。

なので、共感と自分の意見や本音を伝えるバランスは上手く取った方が良いかもしれませんね。

自分の意見をもつ

自分と“似てる”はいても、“全く同じ”価値観を持つ人はいないでしょう。

人は自身と共通点が多い人に自然と惹かれるもの。

だからこそ、自分の意見を持っておく事が大切なのです。

それを主張するかどうかは、タイミングやその場の状況を見極めて判断して貰うとして…とりあえず、自分の意見を自身でちゃんと把握しておく様にしましょう。

正しく言葉で伝えられるようにする

言葉って難しいですよね。

正しく伝えないと、相手にあらぬ誤解を与える場合もあります。

例えば友達の誘いを断る場合、「行かない」と一言伝えるのと、「ごめんね、行きたいんだけど、どうしても外せない用事があって。

今度は一緒に行こうね」と伝えるかでは、印象が全く変わりますよね?

前者の様な伝え方では、相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません…。

中には、言葉少なでも言いたい事を汲み取ってくれる人もいるもしれませんが、みんながみんなこちらの言いたい事を正しく理解出来るとは限らないのです。

だからこそ、自分の気持ちを言葉で正しく伝えられる様に意識する必要があります。

好きなことをする

気の合ういつめんを作る為にも、自分が本当に好きだと思う事をしましょう。

これは上で話した、「自分がどんな人間かを周りにアピールし、気の合う人に自分を見つけて貰う」というのとリンクしています。

気持ちに素直に生きる

お互いに気が合わない場合、どちらか一方が歩み寄る努力をしたところで、必ず友達になれるものではありませんよね?

そういう時は、お互いに歩み寄らないとダメですし、本当に気が合わない人とはいつまで経っても合わないもの。

なので、特定の人やグループに固執はしない様にするのが友達作りのコツでもあります。

「この人とは合わないな…」「いつめんにはならなそうだな」と感じたら、別の縁を探しに行くのが正解です。

無理に人に合わせてばかりだとストレスも溜まってしまうので、自分の為にも、気持ちに素直に生きる事を意識してみて下さい。

気が合わないと感じた時の4個の対処法

環境の変化や年齢を重ねる事で、性格や価値観が変わってくる事もあるでしょうし、一緒に過ごしていく内に相手の本性が見えてきて、自分と合わないところが目立ってくる事も、ないとは言い切れませんよね?

つまり、今まで仲が良かったいつめんに対して、「気が合わなくなってきた…」と感じる事もあり得るという話なのです。

しかし、いくら気が合わないとは言え、今まで仲良くしてきた相手をいきなり拒絶する訳にもいきませんし、いつめんとの関係をバッサリ経つ事で、思わぬトラブル(悪い噂が立つなど)に発展する恐れもあるので、ここは慎重に今後の付き合い方を考えなければなりません!

では、いつめんと気が合わないと感じた時は、一体どの様に対処するのが正解なのでしょうか…?

そこで次は、“いつめんと気が合わないと感じた時の4個の対処法”をご紹介します。

いつめんとの関係に悩んでいる人は是非参考にしてみて下さい。

1.会う回数を減らす

「なんか合わないな…」と感じる事が増えてきたのなら、そのいつめんと会う回数を減らすのも対処法の1つ。

会う回数を減らし少し距離を置く事で、お互いにぶつかり合う事もなく、かえって上手に付き会える様になるでしょう。

また、一緒に過ごす時間が減れば、相手と合わないと感じる部分に気付く回数が減ると同時に、あまり深い話もしなくなるので、実際に会った時に会話を楽しめるというメリットもあります。

完全に拒絶はしない

「合わないから」と言って、無理に拒絶する必要はありません!
特にいつめんの場合は、それまでの付き合いもあるので、完全に拒絶しない方が良いでしょう。

もし相手を拒絶してしまえば、それが原因で大ゲンカに発展してしまったり、「急に態度が悪くなった」「冷たい性格」などと陰口を叩かれたり、悪い噂を立てられてしまう恐れもあります…。

そんなトラブルを避ける為にも、相手に対してあからさまにそっけない態度を取るのではなく、会ったら笑顔で世間話をするといった感じで、大人な対応で付き合う様に心掛けてみて下さい。

ちなみに、会う度に不快感を覚える場合は、縁を切るのも1つの手です。

例えば、相手の言動があまりにも酷かったり(=人としてどうかと思う様なものだったり)、あなた自身がいつめんから大切にされていないと感じているなら、付き合いが長くても縁を切る事を考えるべきでしょう。

尊敬出来る相手だったり、お互いに尊重し合う関係でないと、人付き合いは上手くいかないものです。

人の悪い部分というのは、良い方に変わる事は滅多にないですし、そういう相手と一緒にいると、知らず知らずの内にこちらまで悪影響を受ける事もあるでしょう。

だったら、もっと自分と気が合ういつめんを作った方が良いと思いませんか?

とはいえ、いきなりバッサリ縁を切るのは、やはりトラブルになりかねないので、忙しいフリをして少しずつ連絡回数や会う回数を減らしていくのが得策ですね。

もし「縁を切りたい」とまで思っていないのなら、不満を感じている事を伝えて相手の態度が改善するのを期待してみるのも手でしょう。

上手に距離感を出す

あまりにも不自然に会う機会や連絡頻度を減らしてしまえば、相手に「拒絶されてる?」と思われてしまいます。

拒絶ではなく、距離をおきたい事を相手にそれとなく察して貰うのがポイントなので、ここは上手に距離感を出すのが重要となるでしょう。

いつめんと自然に距離を置くには、自分から極力話しかけない&連絡しないのが一番です!
相手から連絡があった場合は快く対応し、自分からの連絡を控えれば、相手もこちらの気持ちを何となく察し、距離感も適度なものに変わってくると思います。

極力アクションを起こさず上手に距離感を出す事が出来れば、相手を傷付けずに今よりも良い関係が築けるはずですよ。

2.相手の言うことを上手にスルーする

人はそれぞれ違う考え方を持っているものですが、相手の言葉を受けて、その人と付き合っていくのが嫌になってしまう事もあるかと思います…。

しかし、相手の言う事が100%正しいとは限らないので、相手の言った事を全てまともに受け取る必要なんてハッキリ言ってないのです!

不快な言葉を聞いた時は、「今の発言には深い意味はないんだろうな」とか「また言ってるよ…」「こういう言い方しか出来ない人だから仕方がない」と割り切る事も大切。

逆に「今の言い方はないんじゃない!?」などと指摘してしまうと、場合によってはケンカになる恐れもあるので、注意するにしても、タイミングなどは慎重に見極めた方が良いかもしれませんね。

相手の言う事を上手くスルー出来る様になると、友達付き合いに限らず、人付き合いは随分ラクになるものです。

時には大人の対応も必要

上でも少し触れましたが、良好な人間関係を保つ為にも、時には大人の対応が必要となる事もありますよね?

例え「自分とは合わない」と感じても、適度に聞き流す事でお互いに傷付かずに、一緒にいられるでしょう。

3.合わないことを認める

「いつめんと気が合わない」と気付いた時のショックはそれなりのものだと思います。

付き合いが長ければ尚更でしょう。

しかし、最初は気が合っても、徐々に違和感が出てきて“合わない人”になる事は珍しくないのです。

「友達だから仕方ない」という思いに縛られていると、心の逃げ場がなくなってしまいます…。

こういう時は、「あの人とは相性が合わない」と素直に認める事で、心がグッと軽くなるはずです。

いつめんの言動に違和感を感じても、「相性が合わないのだから」という風に思えれば、落ち込む事もなくなるでしょう。

相性が合わないなら合わないなりに、「あの人はそういう考えをするのだから」と相手を尊重出来る様になると、これからもいつめんで居続ける事が出来るかもしれませんね。

4.複数人で遊ぶ

いつめんだけで会わず、必ず他の人も含めて複数人で会うのも対処法になります。

大人数になればなる程、例え一緒にいても、あなたと性格の合わない友達と話す事も関わる機会も自然と減りますよね?
そうすれば、あなたも嫌な思いをしないで済むはずです。

それに、いつめんとは違う友達が加わる事により、場の雰囲気も変わるのでオススメ。

周りの友達に協力して貰うのも良いかもしれませんね。

まとめ

今回は、“いつめんの作り方や仲良くなる方法”、さらに、“気が合わない時の4個の対処法”をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

これを見て「自分もいつめんが欲しい!」とか「気の合ういつめんを作って作ろう!」と意気込んでいる人もいるかもしれないので、実際に行動を起こす前に、以下の事を伝えておきたいと思います。

いつめんは無理に作ろうとするものではない

日本では「多くの友達がいて当たり前」という認識があり、「ぼっち」というネガティブなイメージを与える言葉が使われる様に、「友達がいない人=可哀想な人」などと思われる事もあります。

なので、特に若い人や学生は、友達やいつめんが出来ないと不安や孤独を感じやすいかもしれませんね…。

しかし、そこで焦って無理に友達やいつめんを作っても、性格が合わない相手だったら、例え不安や孤独は消えても、一緒にいて全く楽しくないでしょう。

その付き合いが長続きするとも思えませんし、いつめんとの間にトラブルが起きる可能性も高いと言えます。

本当に気の合ういつめんが欲しいのなら、ノリとテンションが似ている人を狙うのがポイントです。

「付き合ってみて初めて、相手の良さを知った」というケースもあるので、一度や二度は無理をして相手に合わせてみるのもアリですが、それでも「合わない」「疲れる」と感じる場合は、本当にあなたの友達に向かないのでしょう。

その時は諦めた方が、お互い幸せになれるはずですよ。

それに、自分にとって本当に必要な友達や気が合ういつめんというのは、気付いたら自然と出来ていて傍にいるものです。

覚えておいて下さいね。