CoCoSiA(ココシア)

自分の好きな顔がわかる男性の顔タイプ分類まとめ!あなたはどんな系統が好き?


あなたはどんな顔のタイプの男性が好きですか?日本人男性の顔のタイプとしてテレビでもよく醤油顔や塩顔、ソース顔などのワードを聞きますよね。

実は、 日本人男性の顔をタイプ別に分類すると8種類に分けることができる んです。

そこで今回は、日本人男性の顔タイプ8選をご紹介していきます。

好きな顔のタイプは?と突然聞かれても、実際にどんな顔がタイプなのかあまりよく分かっていないという人も多いのではないでしょうか。

顔のタイプに当てはまる代表的な芸能人も例に挙げながら解説しているので、自分が好きな顔のタイプはどれか周囲の人とも話しながら読み進めてみてくださいね。

男性の8個の顔タイプ分類

日本人の顔と言うと、それほど種類がないようにも思えます。

ですが、一般的な顔立ちを思い出してと言われると、人々の間には大きな差があるように思えるのが不思議なところですよね。

女性の場合には動物に例えられることが多いですが、 男性の場合には調味料に例えて顔を分類されることが多い ものです。

この調味料顔については、どのような分類があるのかご存知ですか?有名なもので言えば醤油顔ですが、実はこれ以外にも7種類の分類方法があるのです。

日本人男性の顔の分類について詳しく見てみることにしましょう。

これが分かれば、男性の顔の好みについてガールズトークをするときにも、具体例に頼ることはなくなりますよ。

1.醤油顔

日本人の顔の分類として最も有名な言葉が「醤油顔」なのではないでしょうか。

醤油顔という言葉は1980年代に使われるようになった言葉ですが、日本人の顔と言うと醤油顔と言うイメージを持っている人も少なくありません。

具体的には、目は切れ長で、 あっさりした顔立ち ということになります。

彫りの深さはなく、全体的な顔の印象は濃くありません。

目は基本的には一重や奥二重で、ぱっちりはしていません。

代表的な芸能人:向井理

醤油顔の代表的な芸能人と言うと、向井理さんの名前を挙げることができます。

どちらかと言うとあっさりした顔立ちで、好青年と言った印象はありますが、 全体的にそれほど強く主張してくる顔立ちではありません 

目は切れ長で、細いと言うわけではありません。

一重で目元がすっきりしており、鼻梁は高く見えるものの、彫りはありません。

小鼻が膨らんでいるようなこともなく、鼻の形はとても良いですが、インパクトが強いわけではありません。

薄めの唇があっさりとした爽やかな印象ですね。

一番日本人らしい顔

醤油顔は日本人にとっては最も一般的に顔立ちということができるでしょう。

一番日本人らしい顔立ちなので、 日本人の顔と言って一番に思い浮かぶのは醤油顔 ということが多いですね。

ポジティブな言葉で醤油顔を説明すると、とてもあっさりしていて爽やかな顔立ちということになります。

濃い顔ではありませんから、毎日顔を見ていても、飽きることがないでしょう。

ただし、ネガティブな言い方をすると、あまりい印象に残らない顔ということにもなってしまうかもしれません。

濃い顔立ちではないので、爽やかではありつつもインパクトのない顔と言えるのです。

独特な顔立ちと言うわけでもありませんから、普通の地味な服装をしていると、全体的に地味になってしまうでしょう。