あなたには何人の味方がいますか?

よくよく考えたら味方なんて一人もいない!?と気づいた人もいるかもしれません。

知らず知らずのうちに自分の味方がいないと感じてしまうのには原因があるのです。

生きていく上で自分に味方してくれる人は多ければ多いほど良いというものです。

味方をなくしてしまう理由と、味方を増やしていく方法をご紹介いたします!

味方がいないと感じる原因

ふと気がつくと自分には味方がいないと感じることはありませんか?孤独はつらいものです。

特に助けが必要だと感じている時ほど、誰も頼れる人がいないと嘆くことがあります。

味方がいないと感じる原因は何なのでしょうか。

自分のことをわかってもらいたいとき

人間は自分のことをわかってもらいたい、認めてもらいたいという欲求を誰しもが持っています。

自分がやっている活動が誰にも認められないとしたらどうでしょうか?多分誰も何もしなくなるでしょう。

勉強なり仕事なりが人に評価されるからこそ、それに向かって頑張ったりできるのです。

しかし、人生は全てがとんとん拍子にいくほど甘くはありません。

時にはやっていることが結果が出ずに停滞してしまうことだってあるでしょう。

そんな時は特に強く、自分のことをわかって欲しいと思うものです。

しかし、結果が出ていない人間に対しては世間の目は厳しいもので、なかなか評価してもらえません。

そんな時は誰も自分に味方はいないのではないかと考えてしまうのです。

学校や職場で仲間外れにされている


学校や職場というものは複数人の人間が集まって活動する場です。

その空間は自然にいくつかのグループに分かれていきます。

そして、そのグループからはじき出される人間というのも当然でてくるものです。

仲間外れにされてしまう原因はいくつかあります。

グループができる始めの段階、例えば学校で新学期が始まった時などは、偶然に一人ぼっちになってしまうことはありえます。

最初に座った席の位置が端だったために友達が作りにくい状況だった場合などです。

また、始めはグループに属していたけれどはじき出されて孤立してしまうケースもあります。

この場合はその人の性格に問題があったのか、グループ内の誰かとけんかしたなどが考えられます。

いずれにしても自分が仲間はずれにされるという状況は耐えがたいつらさがあります。

自分の味方は誰もいないと感じるし、皆からの視線が苦しいと感じることでしょう。

味方を増やす方法

仕事でもプライベートでも、一人でも多くの自分の味方がいることは、物事を非常に有利に運ぶことができます。

人間は一人の力よりも二人、二人よりも三人という具合に、多くの人が味方にいたほうが大きな力となります。

自分はなんでも一人でできるあら仲間なんかいらないと思っている人は、仲間の大切さ、素晴らしさというものを知らないだけだと思います。

ここでは、自分の味方をいかにして増やせばよいのかを検証していきたいと思います。

自分を変える

自分が孤立していると感じる時、多くの人は周りの人間が意地悪だから仲間外れにされているんだとか、あいつらとは馬が合わないから仕方ないというように、相手に対して原因を探しがちですが、大抵の場合は自分の中に孤立してしまう原因というものはあるのです。

それは性格や振る舞いなど個人個人によって違うとは思いますが、味方が誰もいないというような状況にあるということは、今の自分を変えていかないといけないことは間違いがないと思います。

変えるのは外面と内面の両方です。

外側だけをつくろっても後でボロがでてくるものですし、内面だけを変えても相手には伝わりません。

両方をバランスよくしていくことが何より大事です。

言葉を変える

自分を変えていく第一歩として、普段発する言葉から変えていきましょう。

私たちは普段そんなに意識もせず話していると思いますが、知らず知らずのうちにネガティブな発言が多くなっていたり、他人を批判するような言葉を使う傾向になっていませんか?職場や家庭で自分がどういうことを発しているかを今一度振り返ってみましょう。

まずはポジティブで前向きな言葉を発することです。

そして言葉にとげがあってはいけません。

相手によく配慮した言葉遣いをするようにしましょう。

普段よく使う言葉を変えていくと、不思議なほどに現実世界の状況も変わっていくものです。

よく言われていることはポジティブな言葉を毎日使うようにしていると、潜在意識がポジティブに物事を変えようとし、だんだんと現実にも表れてくるということです。

信じられないという人は一度だまされたと思って、しばらくポジティブな言葉を言い続けてみてください。

行動を変える

何といっても自分を変えるには行動を変えるしかありません。

とは言っても長い時間の中で染み付いた癖や習慣というものは、変えるとなると大きなエネルギーが必要です。

ですから最初から全てを変えてしまおうとしないことです。

急なダイエットは後の大きなリバウンドを呼び、結局ダイエット前よりも体重が増えるということがありますが、行動も同じで急激に変えすぎると、より昔の悪しき習慣へと戻ろうとするのが人間というものです。

ですから、まずは小さなことから変えていくことが大事です。

必ず朝は自分から挨拶をするということでもいいので初めて見る、すると次はこれを変えていこうといった具合に変化に対しての免疫ができてくるのです。

行動を変えるべきだと思って、実際に変えることが出来る人がどれだけいるでしょうか?ごくごくわずかしかいないと思います。

もしも全員がすぐに行動を変えれるようなら、世の中の人は皆、成功者になっているはずです。

それがほとんどの人はできない、変われないというのは染み付いた習慣と、一気に変えてやろうとする無理からくるものだと思います。

小さいことからコツコツと、これが一番の近道です。

人任せな考えをやめる

味方がいないということは、周りの人間はあなたを頼りがいがない人間だと見ていると言えると思います。

あなたは何かに対しての責任をどのくらい背負っていきていますか?

なんでもかんでも人任せにして、責任から逃げているのではないですか?

社会人になるということは責任を背負うことでもあります。

自分の責任、会社の責任、他人の責任といろんな責任がありますが、多くの責任を背負う責任感の強い人がいたら、その人の周りをみて下さい。

多分たくさんの人がその人を頼り、仲間だと思っていると思います。

あなたが自分には仲間がいないと思っているなら、同時に責任感もないのだということに気がつくことが大事です。

まずは人任せにするのをやめるところから変えていくほかはありません。

自分に対して良い言葉をかける

日本人というのは特に、自分を過大評価するよりも過小評価する傾向にあります。

良い言葉で言えば謙遜しているとも言えるのかもしれませんが、実はそんな謙遜は全く評価されないことを憶えておきましょう。

自分を卑下するということは、自分を価値のない人間だと周りに言っているようなものです。

そんな人を仲間にしたいと思うでしょうか?そういった思考が自分をどんどんとネガティブにさせて、自信を喪失していくのです。

改善策としては、自分に対して毎日良い言葉をかけることです。

毎朝、鏡の前に立って自分の顔を見ながら、「自分には能力がある」「自分は大丈夫だ」「自分は幸せだ」「自分には人を惹きつける魅力がある」などと、簡潔で前向きな言葉をかけていきましょう。

そうすると不思議なことに表情にも徐々に自信が見え始めます。

生き生きとしてくるので周りの人間に与える印象も変わってくるでしょう。

他者へのアプローチ

仲間ができないということは、相手に対するアプローチが間違っているのではないですか?まず考えるべきは、自分なら相手がどういったアプローチをしてきた時に気分よく仲間になろうと考えるでしょうか。

その辺をつきつめていく必要があるのです。

自分本位で自分の言いたいことを言うだけでは、相手には伝わりません。

なぜなら、自分が考えているように相手が考えているとは限らないからです。

起業が商品を開発する際には、徹底的に消費者目線で、消費者のニーズに沿った商品を開発することを心掛けますが、人間も同じことで、相手目線でのアプローチというものを常に考えておきましょう。

味方をつくる努力をする

味方がいないいないと嘆いている人に限って、味方をつくる努力など何もしていないという人がたくさんいます。

道行く誰もが振り返るようなハンサムでもない限り、何もせずに人が寄ってくるなんてことはありません。

一人一人とのコミュニケーションを怠らず、気配りを忘れずに人と付き合っていくことを続けることで、少しずつ信頼というものが作られていきます。

時間というのも大事な要素で、人はどんなに嫌いな人でも長時間一緒に時間を共有することで親近感が生まれます。

ですから、人と関わり合いになる機会などにも積極的に参加していくことが必要だと思います。

せっかく誘ってくれているのに毎回断っているようであれば相手との距離は遠ざかる一方です。

犬や猫などのペットを飼う


ペットを飼うというのは、意外と仲間を作るきっかけになったりします。

ペットというと犬か猫ということになりますが、同じ犬を飼う仲間で話も弾みますし、ペットの話ですから余計な思惑が入ることもありません。

猫や犬を飼うことは癒しでもありますから、普段は仕事で厳しい雰囲気だった関係だったとしても、その話題で和らぐことができるでしょう。

環境を変える

今の自分が生活している環境で、仲間と呼べる人が誰もいない状況の人は、思い切って環境を変えるというのも良いかもしれません。

人の出会いには運やタイミングというものも少なからず影響してくるもので、あなたがまっとうに生きているにもかかわらず仲間ができないのは、そういった出会いの流れが良くないのかもしれません。

ですから環境をガラッと変えることで必ず違う流れがというものができてきますので、新しい出会いの機会が増えると思います。

引っ越しをしてみる

環境を変える最も手っ取り早い方法は引越しをして住む場所を変えるということです。

住む場所というのは生活の中心ですから、その場所を変えることは大きな変化となるでしょう。

住む場所が変われば行くところも当然変わってきます。

そこで新しい仲間との出会いがあるかもしれません。

また、引っ越しをすると心がリフレッシュされるので、自分自身が新鮮な気持ちで再スタートすることができます。

そうすると周りの人に対する意識も変わってくるはずです。

今までどこか消極的だった性格が積極的になったりする可能性もあると思います。

あなたが変われば周りの人の見る目も変わってくるでしょう。

景色や空気、水といったものも引っ越しをすると違ってきます。

さまざまな要素が変わっていくことで、あなたにも変化が訪れるでしょう。

その変化をいいことだと捉え、楽しむことが何より大事です。

新しい街で、新しい発見をしていくことほどワクワクすることはありません。

思い立ったらすぐに引っ越しして気分を変えてみましょう。

仕事を変えてみる

人生の中で大きなウエイトを占めるのが仕事です。

職場で誰も仲間と呼べる人がいないとしたら、それは悲しいことです。

そうなるに至った原因は人それぞれあるでしょうが、職場での孤立というのは大きな問題であると思います。

どうしても、もう孤立した状況から抜け出すことができないと思うなら、思い切って転職するのも良いと思います。

転職するならなるべく早く動いたほうがよいと思います。

仕事を辞めるとなると大きな決断ではあると思いますが、いつまでも職場でひとりぼっちでいるくらいなら、思い切って仕事を変えてみましょう。

仕事というのは一人でできるものではありません。

業務は一人でできる仕事もあるとは思いますが、仲間と力を合わせてする喜びや、助け合いながら絆を深めていくということも、人間として大切なことだからです。

習い事をしてみる

毎日家と職場を往復するだけの生活で、職場の同僚とも仕事以外では交流もない。

新しい出会いが欲しいと考えてはいますが、あからさまな出会いの場に行くのは気がひける。

そんな人にオススメなのは、何か習い事をするということです。

習い事を通じて友達になれたら、単に出会いを求めているのとは違いますから、変な気を使うこともないと思います。

運動不足解消のためにジムに通うのもいいかもしれません。

そこで友達ができるなら、運動をして体力もつくし、友達もできるし一石二鳥です。

歳をとってから習い事なんかみっともないよ考えている人もいるようですが、そんなことはありません。

そういう人は頭が固く、余計なプライドだけが高いのでもっと素直に自分を解放することを考えましょう。

人生は死ぬまでが勉強の日々であり、歳をとったからといって学ぶものが何もないなんてことはありません。

普段行かないようなところに行ってみる

人間というものは、ルーティンというものを大切にします。

普段慣れた行動をとることで安心が生まれるわけです。

毎日職場に行くときには、当然行き慣れた道を通っていくと思いますが、それはひたすら同じ景色を見ていることになるのです。

たまには違う道を通って帰るのもよいと思います。

見慣れぬ道でみつけた喫茶店に入ってコーヒーを飲んでみましょう。

出会いなんてものは、どこに転がっているかわからないものです。

人生というものは様々な困難にぶち当たり、それをその都度克服しながら前へ進んでいくものですが、そういった時にいろんな道を知っていたほうがいいに決まっています。

普段から見慣れない場所に足を運んだりすることで、こういった道もあるんだ、新しい道を見つけることもできるんだという感覚を養っておいたほうがいいと思うのです。

味方がいないと感じる時はどんなとき?

味方がいなくて寂しい思いをする時は、大事なことや、助けが欲しいときに思うことが多いです。

人間というものは調子がいいときには人もちやほやしてくれるものですが、逆に落ち目になった途端に、人は離れていきます。

そんな時に手を差し伸べてくれるのが仲間というものではないでしょうか。

学校や職場でいつも一人

気がついたら学校や職場でいつも一人ということはありませんか?希望を持って入った大学、憧れの大学生活だったのに友達が全くできずに大学が嫌になってしまった人はたくさんいると思います。

また、会社に入ってもどうも職場の人間環境になじめず、しばらくするといつも一人で食事をしていたという人も多くいることと思います。

そんな時ふと、自分には仲間と言えるような人が全くいないんだなということを感じるのです。

わからない事や困ったことがあっても助けてくれる人がいない

人生がスムーズにいっている時はいいのですが、最後まで何の波風もなく人生をゴールできる人なんてのはほとんどいません。

ある時期に困難にぶつかるということは、誰もが経験することです。

困った状況に陥った時に頼れる人、助けてくれる人が仲間というものです。

あなたにはそんな人が一人でもいますか?いや、困った時に誰も頼る人がいない、皆知らん顔をしているという人も結構多いのではないでしょうか。

自分の大切な物事を否定された

仲間の指標としては、自分のことを評価してくれる、賛同してくれるというのがあります。

特に自分がこだわりをもって大切にしていることを評価してくれるかどうかは、非常に重要な要素です。

もし、自分の大切にしていることを否定するとしたら、その人のことを仲間とは思えないでしょう。

人には何か一つくらいこだわりがあったり、よりどころにしているものがあるもので、それを否定されるとしたら仲間とは言えません。

自分がやろうとしている物事に同調してくれる人がいない

自分がやろうとしていることに賛同してくれない、同調者がいないほど寂しいものはありません。

そんな時には世界に自分が一人ぼっちになったような気持ちになることでしょう。

人間ひとりがやれることなんてたかがしれています。

やはり、賛同する人を一人でも集めて、助けを借りながらやるほうが大きなことができます。

同調してくれないということは何か問題があることは間違いありません。

その企画に無理があるかもしれないし、あなた自信の性格に問題があるかもしれません。

味方がいなくなる人の特徴

いつの間にか自分の味方がいなくなってしまう人には、いくつかの特徴があります。

一つでも当てはまる項目があるならば、改善するよう努めるべきだと思います。

人付き合いが下手

人付き合いが下手な人がいます。

特に男性に多いように思います。

女性は、男性と比べると全体的にコミュニケーション能力が優れているので、多くの女性は人間関係を順調に築いていることができています。

逆に男性は人付き合いが上手な人と、下手な人に分かれている印象です。

たまに友人の結婚式に出席すると、新婦側にはたくさんの友人が来ているのに、新郎側には親戚関係の人しか出席していないケースがあります。

これは新郎が人付き合いが下手なため、呼べるような友人がほとんどいなかったのでしょう。

人付き合いというのは慣れるということも大切ですから、一旦苦手だと自分が思ってしまうと、人を避ける癖がついてしまいます。

これでは人と関わることに慣れることができないので、ますます疎遠になってしまうのです。

自己中心的

自己中心的な人というのは仲間がいない人が多いです。

当然といえば当然かもしれません。

自分のことしか考えていない人と仲間になりたい人はいないと思います。

人はなんだかんだ言って、何かの見返りを期待して人と関わったり、行動しているのですから、この人と絡んでも自分には何の見返りもないと思えば、避けていくのは当たり前の話です。

よく考えてみると人間なんて皆自己中心的な生き物です。

それは分かっているのですが、人付き合いをする上においては、相手にも与えることによって自分も与えられるという考えに立っておかなくては、必ず孤立して一人ぼっちになってしまうでしょう。

そこを賢く立ち回っている人がうまくいっている人です。

馬鹿正直に自分は自己中心的な人物であると公言しているのは賢いやり方とは言えません。

清潔感がない

人は見た目で大半が決まってしまうと言っても過言ではありません。

悲しいですが現実はそうなのです。

時間も限られている中で多くの人と出会い、その人と関わり合いになるかどうかを選択しなければならない時に見た目の印象というのはとてつもなく大切になってきます。

何も容姿のことを言っているのではありません。

容姿は自分が希望して変えられるものではないので関係ありません。

大切なのは清潔感です。

どんなに容姿の整った人でも、寝癖で髪がぼさぼさだったり、服がしわだらけだったり、靴がボロボロだったり、体臭や口臭のケアができてなかったりすると、そこで「この人は仲間にしたらダメだ」という判断がなされてしまいます。

もちろん人を見た目だけで判断することはできません。

話していくと物凄く素晴らしい人物だということもあるでしょう。

しかし、最初に述べたように私たちには、そんなたくさんの人を時間をかけて評価していく時間も機会も持ち合わせていないのです。

だからこそ見た目の印象、特に清潔感というのは大切なのです。

人の悪口ばかり言う

最近、政治のニュースを見ているとよく「ブーメラン」という言葉を耳にします。

これは例えば野党の議員が政府のお金の管理について猛烈に国会で批判していたかと思ったら、自分が政治活動の不透明な資金が見つかって辞職したなどということが起きたときに、以前言っていたことがブーメランになって自分のところへ返ってきたというのです。

これとよく似た現象として、人の悪口ばかり言っている人がいますが、その人は最終的には皆から悪口を言われる存在になるでしょうということです。

なんだかんだ言っても世間は狭いもので、悪口は人から人へと伝わり、誰が言っていたかという出元なんてのはすぐにばれるものです。

人の悪口ばかり言っていると必ずブーメランとなって自分に返ってくることを肝に命じておいたほうがよいでしょう。

味方がいないと思った時の対処法は?

味方がいないと思った時には不安になっつたり、パニックになったりすることもあります。

そうならないための対処法を身に着けることで、いつでも落ち着いていられると思います。

大事なことは常に自分のメンタルを安定させることです。

そうでないと人のことを考えたりはできません。

自分のことで精一杯になってしまいます。

そうすると、それが自己中心的な人間だという評価になり、ますます仲間はできにくくなるでしょう。

自分を責めない

仲間がいないからといって自分を責めるのはよくありません。

自分の容姿や性格問題があるんだと悩んだところで何も解決はしないのです。

どうしても人間環境になじめないこともあるし、そういう時には運が悪いと思って環境を変えることを考えてもいいのではないかと思います。

自分を責めることによって、自分に自信がなくなって考え方も消極的になり、益々人を遠ざける結果になってしまうでしょう。

自分を信じる、自分に自信を持つ、これは絶対に忘れてはいけません。

人には気や、波動というものがあり、自信のない者の気というものは必ず相手に伝わるものです。

自分を責めてばかりの人生では、自分の波動というものが小さく弱くなってしまいます。

少しくらい仲間ができない時期があってもくさらずに、自分を貫きましょう。

「敵」じゃない人を探す

どう頑張っても馬が合わない、仲良くなない人はいるものです。

どうしても敵対してしまうような人となんとか仲良くなろうと努力しても、それは時間の無駄というものです。

後に残るのは疲労だけでしょう。

そうではなくて、自分に合う人、仲間になれる人を探すことに時間を割くべきです。

身近にいないとしたら、少し遠出をしてもいいのではないでしょうか。

仲間ができるならそのくらいの労力はたいしたことではありません。

本や映画、音楽などでリラックスする

どんなことでもうまくいくためには「緊張と緩和」が必要だとよく言われます。

要するに根を詰めすぎるのはよくないので、どこかでリラックスタイムを持ちましょうということです。

本を読んだり映画を見たり、音楽を聞いたりするのはリラックスするのにはいいです。

何もいつも面白い映画を見たり、ためになる本を読むことが重要ではなく、その行為を純粋に楽しむ、リラックスするということが重要なのです。

そうすると心もおだやかになるので自分に余裕ができてきます。

人と接する時は、自分にある適度の余裕がある状態で接するのがいいです。

そうでないと、人は自分の思い通りには動いてくれませんから、それを許せなくなってしまうのです。

小さな楽しみを見つける

仕事をしている平日でも何か小さな楽しみを見つけることh精神衛生上良いことです。

空き時間にゲームをすることでリラックスできるならそれもいいでしょう。

家に飼っているペットと遊ぶことも癒しにつながるでしょう。

人間はどんなにつらい、しんどい状況でも小さな希望や、楽しみがあれば、なんとか頑張っていけるものです。

しかし100%しんどいだけ、苦しいだけだといつかパンクしてしまいます。

また、そんな人間を周りの人は神経質そうで余裕のなさそうな人間というふうに見るでしょう。

まとめ

自分の味方って何人いるだろうか?と考えた時、意外と自信を持ってこの人は味方だと言える人がいない自分に気づくことがあります。

特に社会人になると否応なしに競争社会で戦わなければいけないので、どうしても自分の損得を優先してしまうが為に、どんどんと人間関係が希薄になっていくのかもしれません。

しかし、そんな中でもちゃんと人間関係をうまく築き、仲間を着実に増やしていっている人もいることは事実です。

仲間ができない原因はいろいろあります。

自分に関すること、周りの環境に関することなどに分かれますが、いずれにせよ自分は一人ではなく多くの仲間を作って、お互いに助け合いながら成長していきたいという強い意思がないことには本当の仲間に巡り合うことあできないのではないでしょうか。

これから仲間を作っていきたい人は、最初から大きなことをしなくてもいいので、小さいことから変えていきましょう。

毎朝、ちゃんと鏡の前にたって身だしなみをちゃんと確認する、これを徹底するだけでも、周りのあなたを見る目は変わってくるはずです。

さあ、今日から新しい自分の味方と出会える努力を初めていきましょう!