CoCoSiA(ココシア)

お粗末とは?意味や使い方、お粗末な対応の5個の特徴について解説


「お粗末様でした」という言い方を言われたりしたことはありませんか?

この「お粗末」って何気なくよく聞く言葉ではあるけれど、あんまり深くその意味を考えたことはない言葉かもしれませんね。

それでは今回は「お粗末」にターゲットを当ててみたいと思います。

その意味や使い方からお粗末な対応の特徴まで、じっくりと「お粗末」を分解していきたいと思います。

お粗末の意味

では参ります。

まずは「お粗末」についての意味からみて参りましょう。

自分に対して使う時


「お粗末」という言葉は、自分に対して用いる場合と、他者に対して用いる場合がありますそして、それぞれの場合において意味が変わってきます。

「お粗末」はそういった特徴をもつ言葉となるのです。

謙遜

「お粗末」を自分に対して使う時の1つ目の意味は「謙遜」です。

これは自身の力量を他の人間にひけらかさない、自慢しない、目立たせ過ぎない、といった「謙遜」の意味合いを含んでいます。

「謙遜」とは自らの立場や能力のアピールを控えめにして主役である他者を目立たせるよう配慮した気持ち、とでも言ったらいいでしょうか?

「謙遜」出来る人間というのは、確かに人としての能力や力量が群を抜いている人に多く見かけられる特徴と言えるかもしれません。

人間の器が小さく自分の事しか考えていない人間にはとても出来ない芸当でしょう。

「謙遜」には人としての奥ゆかしさと修羅場をかいくぐってきた豊富な経験とが感じられるものでしょう。

自嘲

お粗末を自分に対して使う時の2つ目の意味は「自嘲」です。

「自嘲」とは「出しゃばらない」とでも解釈したらいいのでしょうか。

つまり、人前で自分の事を過大にアピールするのではなく、控えめに振る舞っておくという態度です。

こういった「自嘲」という行為を昔からの人は「お粗末ながら」といった感じで演じてきました。

ではどうして自らの意思表明を控えめにして自嘲するのか?それは暗に自分の能力や力量の誇示ともいえるのです。

本当に自分に自身のある人物は、むやみやたらに出しゃばったりしません。

むしろ、他人の影に隠れて目立たないようにもしています。

反対に自分に自信のない人間に限って余計で過大なアピールが多いものです。

「自嘲」のできる人間は「お粗末」という意味を芯から理解して実行しているともいえるでしょうね。

他者に対して使う時

今度は「お粗末」を他者に対して使う場合の意味についてみていきましょう。

皮肉

「お粗末」を他者に対して使う場合の意味の1つ目は「皮肉」です。

「皮肉」には相手に対する「敵意」や「憎しみ」といった「負の感情」に似た意思を感じさせられます。

「皮肉」とはそういった相手への気持ちを露骨に言い表さずにワンクッションいれて気持ちを半分程度に和らげたくらいの表現手段と言えるでしょう。

よって、相手から「お粗末なやつだ」「お粗末な仕事っぷりだな」といった言い方をされてしまった時は、必ずしもいい印象を受けていない、むしろ悪印象を受けていえる、と早めに気付いた方がいい場面となるでしょう。

ひやかし

「お粗末」を他者に対して使う場合の意味の2つ目は「ひやかし」です。

「ひやかし」は相手の取っている行動や言動が羨ましく、逆に妬ましいくらいの感情を受ける時に使われてしまう言い方です。

よくある場面が、自分の知っている同僚や職場仲間、あるいは学校のクラスメートなどたちの中に、ひそかに仲良くしている人を見つけて煽ったり、はやし立てたりする行為がそれに当たります。

こういった場合、言う方は何故か「お粗末さま」と言ってひやかしの意思を暗に匂わせます。

これは付き合っている二人の仲の良さを素直に受け入れて祝福してあげる気持ちを起こすことが出来ず、「クソ!どうしてあいつがモテて、自分はモテないんだ」というひがみ、やっかみの気持ちを隠そうとする意志がそう言わさせてしまうのでしょう。

「お粗末」は相手に対する「妬み」「ひがみ」「やっかみ」といった感情を抱いてしまった時にも自然と使ってしまう言葉のようですね。

批判

「お粗末」を他者に対して使う場合の意味の3つ目は「批判」です。

「批判」とは相手の意見や意思などを認めず、肯定的に受け止めない「否定」といった表現です。

「批判」あるところには他者に対する「負の感情」が沸き立ち、自らの考えをネガティブ思考に変えてしまう困った能力を備えてしまうのです。

「あいつのやる事、成すこと、全て気に入らない。

全くお粗末なやつだ」といった具合にもなるでしょうか?とにかく相手の行動を認めず、何から何までを否定する発想の一つとして「お粗末」という言い方で誤魔化している、といったところでしょう。

自分・他人どちらにも使える


「お粗末」という言葉の特徴には「自分」に対して、あるいは「他者」に対して使う場合プラス「自分と他人」の両方に対して使える、という特殊性も併せ持っています。