いつの時代も会社の上司たちが頭を悩ませるのが部下の育成です。

人が人を教える。

これ、簡単なようで物凄く難しいことなのですよね。

勿論、最初からベテラン並みに仕事が出来る人間なんていません。

皆、若い時に下積み生活を送ってきているのです。

その下積みがあったからこそ、今の上司も先輩たちも会社で大きな顔をしていられるのです。

ところがそんな上司たちが今度は管理職となって新しく入ってきた新人たちを教える番になります。

自分たちの若かった時をすっかり忘れて現状の部下たちの出来なさ加減に大いに滅入るわけなのです。

では、今どきの若い部下たちは本当にデキが悪いのでしょうか?

そしてその仕事っぷりは激変できるのでしょうか?

今回は仕事の遅い部下たちをデキる部下に変える、とっておきの方法を考えていきましょう。

あなたの周りの仕事デキない部下を激変させよう!

あなたは入社何年目でしょうか?

もしくはこれから社会に巣立ってゆく身なのでしょうか?

どちらにしても人間は一定の年齢になったなら実社会に巣立つ時期を迎えます。

目出度く何らかの会社という組織に入社でき、やれやれ、と思うのも束の間、じきにあなたたちは社会人生活と学生時代の違いを痛感することになっていきます。

その痛感する要因の最も大きなものが「仕事」です。

会社の仕事は多岐に渡りますが、そこには人間性やコミュニケーション能力等、様々な要素が絡んでくることが分かってきます。

そんな中で仕事のデキ、不出来が露骨にハッキリしてくるわけです。

ではまず世の中全般からみた「仕事のデキない人」というものからみていくことにしましょう。

仕事が遅い、デキない人の特徴とは?

それではまず、「仕事が遅い、デキない」と思われる人の特徴からみて参りましょう。

全部で13個のご紹介になります。

いつも指示待ちで自発的に動けない


仕事が遅い、デキない人の特徴の最初の1つ目は「いつも指示待ちで自発的に動けない」です。

この特徴は仕事がデキない人の永遠のテーマとも言うべき「金字塔化」している不動の理由の一つですね。

その人が新人であろうがベテランであろうが関係ありません。

本当に仕事がデキない人って、自分の頭で考えて仕事を行う術を知らないのです。

感心するくらい「受け身」なのです。

一頃、不況の嵐が吹き荒れていた頃、真っ先に肩を叩かれる人というのは決まって個の特徴を有している人達なのです。

そしてそういった中身については新聞やテレビのニュースも取り上げませんからね。

そもそもリストラされてしまっていた人達、ある意味では自業自得なところもあったのです。

会社にとって、会社の損益の事を考えて自ら仕事を取ってくる人を果たしてリストラ候補にするでしょうか?

時は変わって、今はかなり労働者が「人手不足」という恩恵を受けている節もありますが、時代が変わっても仕事のデキるデキないはこういった本質の部分に委ねられているというわけです。

「指示待ち族」になる、ならないは入社して最初の2~3年のうちで決まってしまうでしょう。

あなたは「指示待ち」で仕事をやっていますか?それとも率先して自ら考えて動いていますか?

想像力が足りない

この「想像力」は見事に先程の「指示待ち」と相反しています。

つまりこの「想像力」が備わっていれば、会社からの「指示」を待たずに自らの考えで仕事をどんどん、やりこなせることが可能だからです。

勿論、会社という組織の中で自分勝手な想像だけで仕事を進めては何の意味もありません。

この場合の「想像力」の活かし方というのは、上司や同僚・先輩たちちとしっかりコミュニケーションを取りながら自身の想像力を役立てるのです。

会社内における仕事というものには必ず「報告・連絡・相談」という要素を噛み合わさなければなりません。

それが出来ないのならば、あなたの想像力もほとんど意味のない「無用の長物」と化してしまうのです。

しかしながら、会社にとったら既存の殻に捉われない自由で柔軟な発想である「想像力」を持つ人間は重宝したいものです。

それは会社というところが絶えず新しいアイデアを欲しがっているからなのです。

だから、何度も申しますが自分で考える事もできない「指示待ち族」は敬遠されてしまうのですよ。

経験が足りない

この特徴は仕方がないでしょう。

誰であっても新人の頃は経験が足らない故、仕事がうまく出来ないのは当たり前です。

よってこの時期での仕事のデキル・デキナイの判断はもう少し後に回る事になります。

問題なのは入社して1年以上も経つのに相変わらず、自ら経験を積むような仕事をやってこなかった人です。

ヤル気がなかったのか、はたまたサボりたかったからか、入社して1年以上たつのに跡から入ってきた後輩よりも仕事の経験値が明らかに劣る。

これでは会社から「仕事のデキない人間」というレッテルを貼られても仕方ないでしょう。

新人と入社1年以上の人間は、仕事の出来栄えにおいて明らかに違うはずです。

なのに仕事の経験値が圧倒的に低いとなったら…。

その人に会社での居場所がなくなってしまう可能性も出てきてしまうかも分かりませんね。

計画性がない

仕事というものは、無計画に行おうと思ってもそうはいきません。

それほど「仕事」というものを甘く見てはいけないのです。

仕事というものは期日でピシッと切って行わなければなりません。

つまりいついつまでには終わらせなければならないのです。

だから、手の早い人ほど、会社からは評価を受けやすい事に成り得るのです。

会社の仕事は1分1秒を争う場合もありますからね。

なのに、自分のペースで呑気にゆっくり処理していたのでは、とても会社の求めている「ニーズ」に対応できないでしょう。

だからこそ、計画というものをしっかり立てて、期日までに何が何でも仕事を完成させなければならないのです。

計画性もなく思いつきで仕事を行う人ほど、時間管理の出来ない人間はいないでしょうね。

すぐ気が散る


要するに集中力の問題となってきます。

何かに取り掛かっても、10分とたたないうちにもう集中力が途絶え、仕事の進行速度が遅れます。

仕事というものには必ずや「納期」というものが存在します。

その仕事の完成期限であり、提出期限というわけです。

これを常に頭に入れて仕事をしている人が「仕事のデキる」人であり、そうでない人が「デキない」人として区別されるわけです。

納期を守る。

これは職業人として最低のモラルでありプロ意識の見せどころでもあるわけです。

しかし、残念ながらここで紹介しております「気が散る」人にとったら、納期に対する意識が大きく後退しているとしか言えないのです。

ハッキリ言って「気が散る」という理由で仕事の納期を遅らせる人間など要りません。

勿論、会社もそういったところはよく見ています。

仏の顔も三度まで。

同じ誤りを三度以上やってしまう人に責任ある仕事を任せるわけにはいきませんからね。

と、いうことですぐに気が散ってしまう人は、仕事が遅いのは当然、もしくは仕事のデキない人間の部類に分類されてしまうのです。

責任感がない

責任感というものは、社会人が一人前と認めてもらうための登竜門といいますか、やはり持っていなくてはならない「スキル」とでも言い換えられるほど重要なものの一つです。

仕事がデキる人は、皆一様にこの「責任感」というものを持っています。

だから、言われたことや頼まれたことに対して責任をもって期日までに100%の完成度をもって成し遂げられるのです。

反対に仕事の遅い人、デキない人というのは人に迷惑をかけても特に悪びれた様子がありません。

つまりそれは「責任感」というものが大幅に欠如しているからに他ならないのです。

普通、人から仕事を依頼されたら責任を持って依頼主の要望通りに成し遂げるものです。

それが出来て当たり前なのですが、仕事のデキない人たちにはこの感覚がないのです。

そういった意味では、「責任感」なき人間が「仕事が遅い・デキない」と言われるのも半ば当たり前、という図式が成り立ってしまっているのでしょうね。

口ばかり達者で周囲への文句ばかり言っている

口ばかり達者、文句ばかり言っている…。

これって仕事がデキない人間以前の問題です。

そう、こういった類の人たちは何をやってもこの調子。

結局、社会というか組織の中では生きていけない人たちなのです。

仕事というものは、しんどい事の連続です。

楽な仕事など世に中にありません。

皆、月々の給料やサラリーの額に不満を覚えつつも、もらった収入に見合う以上のパフォーマンスを発揮しているのです。

その過程においては少しばかりの愚痴や文句も口から出るでしょうが、それも最低限に抑えています。

そして誰からも文句のつけられない立派な仕事の出来栄えを残しているのです。

なのに、仕事のデキない人や遅い人は、口ばっかり達者でさも「自分は偉い身分の人間である、こんな仕事、いつでもすぐに終わらせてやる」みたいなアジテーションを行うのです。

しかし、ふたを開けてみたら、納期は間に合わないわ、出来栄えは失敗だらけ、といった有様です。

本当に仕事のデキル人間というのは、周囲に対して一切、文句も愚痴も言いませんし、周囲の人に対する感謝の気持ちをいつも忘れていないものです。

このあたりの考えが本当に理解できないうちは、永久に仕事のデキない人間で終わってしまうでしょうね。

ネガティブで自分に自信がない

人間のモノの考え方には大きく分けてポジティブ思考とネガティブ思考に分けられます。

前者は物事を前向きに。

いい方に物事を捉えて考えられる発想法です。

かたやネガティブ思考はその真逆。

全ての事象・物事を否定的に捉え、自分がこの世で一番、優れた存在なのだからそれ以外のものは一切、認めない、という主義です。

だからネガティブ思考は人は、他者を絶対、褒めたりしませんし、感謝をする、という事もありません。

さて、それでは仕事の出来栄えはどうか?という事ですがこれもハッキリと結論が出ています。

つまりネガティブな人がいくらいい仕事をやった、と自負してもそれは周囲からみたら独りよがりの自己満足程度のものでしかない事が多いのです。

逆にポジティブ思考の人の仕事は、謙虚さと連絡・相談の姿勢が徹底しているため、途中段階では不完全なものだったとしても、周囲との協調性を生かして結果的にはいい仕事をやった形になっているのです。

結局、ネガティブな人は自分に自信がないのですよね。

それを隠そうとして「見栄」を張るので周囲の人から歓迎されない。

その事に気づいていないのでしょうね。

勿体ない事です。

残業代狙い

これはもう、仕事のデキない人が取る典型的な悪意のこもった手法ですね。

仕事のデキる人は、短時間のうちにデキない人の倍は仕事をこなして帰宅時間が来たらサッサと帰ります。

ところが仕事のデキない人、仕事の遅い人というのは故意か必然なのか分かりませんがとにかく一つの仕事に時間を欠けすぎます。

そして定時の時間がきても帰らずに残業代稼ぎに丁度いい、といった感じで堂々と残業代をせしめるのです。

しかし、管理者はしっかり見ていますからね。

1か月間の部下の働きぶりは退勤データを見れば一目瞭然です。

短期のうちならズルは出来ても長い目で見たら、結局、仕事のデキない人の行く末は決定されてしまうのですよ。

コミュ障

「コミュ障」、つまり「コミュニケーション障害」という事になります。

結局、仕事というのは「コミュニケーション能力」の戦いです。

いかにして自分の現在の進捗状況を客観的に上司に伝えられるか。

相手にニーズをいかにして早く理解するか。

そして相手が求めている事をいかに的確に提供できるか。

そのあたりにかかっているのです。

だから「コミュニケーション障害」と診断されてしまったら、かなり致命傷になる事は確かでしょう。

それでも本人に諦めの気持ちさえなければ道は開けますけれどもね。

机やカバンなど身の回りを片付けられない

大昔から、「整理整頓」の出来ない人間にろくな仕事は出来ない、という発想が根強く残っています。

これって果たして現代社会においても通用する考え方なのでしょうか?

私はズバリ「通用する」と考えています。

デスク回りやカバンの中がグチャグチャで探しているものがどこにあるのか分からないような人が素晴らしい成績を残しているのか?という疑問がずっとあるからです。

それは時間の短縮につながらないからです。

ハサミ一つ探すのに数分も時間を割いていたらそりゃあ、他人より仕事の進行は遅れます。

それが延々と続いてしまったら時間の損失は計り知れないものになるからです。

効率的な「生産性」を求めるうえでも机の上やカバンの中を片付けられずにゴチャゴチャにしている人に望むべき仕事の完成度を求めることは危険でしょう。

整理整頓と断捨離の発想を今こそ、見つめ直すべきだと思いますよ。

追い込まれるまでスイッチが入らない

まあ、理屈を言っている特徴ですね。

確かに仕事の完成度は高いのかも分かりませんが組織においてはマイナス作用の方が大きいでしょう。

あなたが一人だけで仕事を行っているのならまだいいと思いますよ。

例えばあなたの作る作品を日本中の人が待ちわびているくらいの「大家」ならば。

しかし、普通に会社の中の一員であるならば追い込まれるまでスイッチが入らない、というのは非常に生産性を落とす行いです。

あなた一人のせいでその部署の仕事の進捗具合が大幅に遅れていることをしっかり認識するべきでしょう。

すぐ言い訳を言う

この特徴は仕事がデキない。

あるいは遅い人の決定的な特徴と言えるでしょう。

古今東西、この理由をぶつ「仕事のデキない人間」がどれだけ存在して、尚且つ後を絶たないことか!

結局、優先順位が全く理解できていない、という事になります。

何を成すにおいても自分が最優先。

自分が満足できないことには気も入らないし、「自己犠牲」なんていう概念などは今まで考えたこともないものなのです。

「言い訳」、特に「デキない言い訳」を言う人は案外、学力が高い人が多いのですよね。

負けず嫌いと言うか、自分に変な自信をもっているからかも分かりませんね。

勿論、大きな間違いなのですが。

会社に入ったら、組織の一構成員であるという認識を早く持ちましょう。

そして全体を見る努力をしましょう。

いつまでも自分の殻の中の発想で世の中を渡っていては周りが敵だらけになってしまいますよ。

▼【関連記事】「仕事できない人」の特徴を詳しく紹介!こちらの記事をチェック!
仕事できない人の11個の特徴とは?

仕事が遅い部下を変える8個の改善方法

それでは次に参りましょう。

ではどうやったら仕事が遅い部下を変えることができるのでしょうか?

管理職になったら誰もが避ける事の出来ない、部下へのマネジメント。

及び教育。

これが出来たらあなたも立派な管理職になれるかも分かりませんね。

全部で8個のご紹介となりますよ。

自分の長所と短所をしっかり自覚させる

「孫子の兵法」という本をご存じでしょうか?

2000年以上前の中国の軍師が書いた兵法の事です。

その中には「己を知り相手を知れば百戦して負けることなし」と書かれています。

つまり自分の事を100%知り尽くすことが勝つための最短の方法である、と言っているのです。

これをこの章のテーマに照らし合わせたら、「自分の長所と短所をしっかり自覚する」という事になりませんか?

自分を改善させるためにまずすべきはそれ

仕事がデキる人間に部下になってもらいたいのなら、まず真っ先にやってほしいのがこの点です。

人というものは、他者の事は良く見えても、自分の事は全く分かっていない人が五万といます。

つまり自己分析すらできない人間が多い、という事です。

これでは何を行うにあたっても不利になるだけです。

人間には得手・不得手が必ずあるのですから。

それを個人の特徴を無視して同じやり方を強要するのなら、それは上司のマネジメンㇳ失格と言わざるを得ないでしょう。

仕事の遅い部下を変えるためにはまず、その人の長所・短所をしっかり見極めさせることから始めるべきなのです。

小さな成功体験を積み重ねさせる


仕事の遅い人は今まで失敗の連続。

何をやっても失敗ばかりで、どれだけ上司から叱られてきた事か。

これでは気持ちが萎縮してしまい何をやってもビクビクオドオドするばかりです。

しかも気持ち的にはマイナス思考に成り代わっているのでやっている事に少しも楽しみを見いだせていないでしょう。

これでは仕事が早くなるはずがありませんよね。

周囲も上手に褒めてあげよう

そこで上司はそういった部下の適性を見極めて、小さくてもいいから簡単な仕事を任せます。

そして出来上がった仕事に対して上手に褒めるのです。

人間、怒られるよりも褒められた方がどれだけ気持ちが高揚するでしょう。

するとその感激は「ヤル気」に変わり次はもっといい結果を出してやろうと、俄然張り切るものです。

上司はただガミガミ言うだけが能ではありませんからね。

きちんと部下の成長具合を見極めて、その部下のレベルに合った仕事を与えタイムリーに褒めることを実践するのです。

これが出来ない上司は、「管理職失格」と言われても仕方ないかもしれませんよ。

ネガティブな言葉を使うのを禁止にする

ネガティブな言葉。

例えば「仕事が遅い!」とか「この役立たず!」「どうせ自分はダメだから」「自分はデキない人間だから」とかでしょうか。

とにかくこういった「ネガティブな言葉」というものは人から「ヤル気」を根こそぎ奪っていきます。

そしてその人間をも「ネガティブな人」に変えてしまう恐ろしい効果があるのです。

全くもって恐ろしいことですね。

言葉には魂がある

私たちが日ごろ使う「言葉」には、魂が宿っています。

その一字、一句に発言した人の思いや思惑、そして「魂」が宿っているのです。

だから、言葉には「含蓄」というものが込められるのです。

いいイメージの言葉を投げかけてもらったら人は当然ながら嬉しいものです。

その逆のイメージの言葉だったら傷つき、悩み何もする気がなくなるほど心にダメージを被るでしょう。

よって部下に言葉をかけるときは努めてネガティブな言葉を使わないことです。

いっそのこと、ネガティブな言葉を禁止すべきです。

言葉がポジティブ思考なものに変わってきたら、きっと仕事が遅かった部下たちにも改善の兆しが見られるようになるはずですよ。

毎日仕事の前に身の回りを掃除させる

会社では朝の始業前に各自で掃除をやらせるところも少なくないのではないでしょうか?

先にも触れましたように、身の回りを整理できずゴチャゴチャにしている人がテキパキと仕事をこなせるのを見たことがありません。

よって、まずは自分のデスク周りは当然、会社の中を綺麗にしてもらう事から始めてもらいましょう。

掃除がいかに自身の鍛錬になるものか、身を持って体験できるはずですよ。

無意味な相槌を打つ癖をやめさせる

仕事を行うに当たって、上司や先輩からみたら部下や後輩がどれくらいその仕事に対する理解があるのか、確認するのは当然でしょう。

その際、部下や後輩が何らかの意思表示を行う事も当然なのですが、仕事のデキない人間に限ってむやみやたらに「はい」という相槌を打ってくる傾向があるようです。

それを上司や先輩が確認もせずにそのまま鵜呑みにして聞き流してしまうケースが案外、多いようですね。

本当に理解していない場合が多い

このような「無意味な相槌」を連発してくる後輩や部下というのは注意して様子を見るべきなのですが、実際にはお互い多忙な身の上の上司や先輩たち。

細部の擦り合わせを行わないままにその「相槌」に対していいように解釈してしまっているようです。

ところがここに大きな落とし穴があるのです。

実は全く理解していないのです。

ただ、「はい」と相槌を打っていれば「その場をやり過ごせる」と楽な発想をしてしまうのです。

仕事のデキない人は。

こういったケースは結局、会社にとったら戦力を失ってしまうパターンになるわけなのですよね。

よって上司や先輩はしつこいくらい部下や後輩に確認をしなければならないのです。

それが管理職たる上司たちの仕事ですからね。

昇進していく人の仕事の仕方を具体的に教える


会社に入りたての新入社員は成功事例を知っていません。

覚える事が多すぎてまだまだ戦力にはなっていないのが実情です。

だからといっていつまでもそのままで放置しておくわけにはいきません。

それではただの管理職の職務怠慢になってしまいます。

時期とタイミングを見計らって次のステップへ進むべき「道しるべ」を教えるのが上司の役割なのですよ。

仕事の仕方を誰からもしっかり教わっていない可能性がある

つまるところ、新入社員にとったらどうやったら、きちんとした仕事が遂行できるのか、分からないまま入社歴がどんどん経過する、という事もあるのです。

勿論、それは聞かない当人にも問題はあります。

しかしながら会社として新たに入った人材を戦力にする、という大前提を考えたら管理職にかかる責務は当然ながら発生してくるわけです。

管理職たちは人材育成のために然るべき教育を施していかなければなりません。

放置するなどという事はあってはならないのです。

新入社員たちが、「仕事の仕方を誰からも教わっていない」などという事はあってはなりません。

管理職たちは昇進していく人の仕事の仕方を教材として使ってもいいですから、一刻も早く若い芽の育成に取り掛からなければならないのです。

出来ない理由ではなく出来る理由を考えるようにさせる

これは考え方が「ネガティブ思考」になってしまっているパターンです。

それを「ポジティブ思考」に変えさせる役割を管理職や上司が行うのです。

その人がどうしていつも仕事がデキないのか?

その理由を問い詰めたところで相手はますます萎縮してしまい結局、デキない言い訳しか言えない下地を作っている可能性があるからです。

そうではなくてその人の長所を見てあげるようにしましょう。

そしてものの見方を変更させるよう仕向けるのです。

つまり「出来る理由」を考えさせる癖付けを行うのです。

そのためには管理職は感情を露わにしてはいけません。

特に「怒り」の感情はご法度です。

部下の考え方のレベルにまで自らも考えを合わせて一緒になって真摯に打開策を考え合う事です。

そういった態度を根気よく続ける事によって「戦力」を一人誕生させることが出来きるはずですよ。

全ての仕事に期限を付けるよう意識させる


仕事というものは「期限」が付き物です。

それをしっかりと教え込むのです。

この原理原則のごとき考えを疎かにしている社会人が実に多いという現状を十分、教え込むのです。

ダラダラやることにメリットはない

つまり「納期」の意識です。

この発想がないと仕事をダラダラやってしまう事に対して何の違和感も持たない人間になってしまいます。

仕事には必ず「期限」というものが付き物だ、という意識を持つだけで見違えるように仕事のスピードは上がる事でしょう。

結局、この基本中の基本を入社時期にきちんと教え込んでいないのであとになって管理職が「泣き」を見てしまうように追い込まれる、という事なのです。

デキる部下を育てよう

如何だったでしょうか?

「仕事が遅い部下をデキる部下に変える」というテーマに則りまして、

・仕事が遅い、デキない人の特徴とは?
・仕事が遅い部下を変える8個の改善方法

という点に絞りましてご紹介して参りました。

管理職という立場は非常に辛いところがあります。

それは自らが「一兵卒」として現場に乗り出していけない、というもどかしさでしょう。

「兵隊」としての役割なら誰の目から見ても文句のつけようのない実績を残しているのに、いざ今度はマネジメントの役割を任されたら、これが思った通りにいかない、と嘆く方々が結構いらっしゃる、という訳なのです。

しかし、その役割を全うできないのなら「管理職失格」という烙印を押され下手をすれば「降格人事」という屈辱も待っているのです。

よって世のサラリーマンは泣き言も言わずに黙々と己の役職を全うするべく頑張っている、という事になるのです。

管理職の方が評価されるのは自らの部下を動かしてその部署の成果を挙げることです。

よって一人でも多くの「デキる社員」を養成して自らの立身出世に頑張ってもらいたいものですね。

【仕事がデキる人の特徴は、こちらの記事もチェック!】