馬が合うなんてよく聞きますよね。

この馬が合うというのは具体的にはどんな状況でどういった事なのでしょうか?

馬が合う人の特徴や逆に馬が合わない人にはどう対処したら良いのか分からないこともありますよね。

今回はこの馬が合うについて分かりやすくご紹介していきますね。

馬が合う相手の5個の特徴

馬が合う場合はどういう状況なのか具体的にご紹介していきます。

今回は数多くある馬が合う人との特徴の中から最も多い特徴を抜粋して5個の特徴を紹介しいていきます。

1.出会った途端に意気投合

こんな経験ありますよね。

初めて会う人なのになぜか意気投合して親友のような気持ちになってしまう人。

そんな人はなぜそのように思ってしまうのでしょうか?

意気投合して相手のことを信用して急激に仲良くなってしまう理由をご紹介していきますね。

とにかく話が弾む

意気投合する理由として最も多い理由がこの会話が弾むことになります。

会話をしていて同調されて会話が続くことで気持ち良くなってこの人は良い人だ。

この人は信用できると思ってしまうのです。

心理的に会話が弾む事で自分と価値観が一緒と感じる事が出来るのです。

自分と価値観が一緒という事は考え方も一緒自分と同じという事は良い人と思ってしまうのです。

当然馬が合うと思ってしまいますね。

ただ、この会話が弾むというのは詐欺としても活用されてしまう可能性があります。

会話が弾むと思ってしまうのは自分の話しと同じ内容の話をしてその話を受け入れて同じ答えを出す事で弾んでいると勘違いをしてしまうのです。

どういうこと?と思った人もいるかもしれません。

例えばあなたから話をした場合に全て同調して肯定されたとしたらどうですか?

私と同じ考えの人だと思いませんか?

でもよく考えてください。

相手は何も話をしていないことに気が付いて下さい。

あなたの話しに同調して肯定して同じ話をしているだけです。

相手はあなたに対して何の話もしていないのです。

あなたの話しに合わせて頷き話を合わせているだけなのです。

この会話術で信用させて詐欺に引き込むなんて人もいます。

注意して下さいね。

対象方法としてはあなたからの会話だけでは無くて相手の会話を待つという方法をして下さい。

あなたが待つことで会話が途切れる様では馬が合う人では無く馬が合うと思わせる人で何か悪だくみを隠し持っている人なのかもしれませんね。

騙されない為にも一方的な会話では無くお互いの会話の内容が同じくらいの比率になるように待つことも必要ですよ。

一緒にいて楽しくてたまらない

ただ、一緒にいるだけで楽しくてたまらないって言う人もいますよね。

馬が合う人なんですよね。

一緒にいるだけで楽しいと思えるのはお互いが相手のことを思いやって尊重しあえる関係性が出来上がっているからなのです。

一方的に思いやっている関係性や相手への思いだけではこのように感じることは出来ません。

お互いがお互いのことを認めあえる関係性であるからこそ楽しく同じ時を過ごす事が出来るのです。

ライバルや親友などにもなれる関係ですね。

お互い認めあえるからこそ競い合って切磋琢磨できる関係性になれます。

お互いにとってもとても良い関係性でお互いア成長しあえる関係性になります。

馬が合う人は理屈じゃないって言う場合もあります。

何でか分からないけれど一緒にいると楽しい一緒に何でも挑戦したい旅行や勉強にスポーツなどあの人がしている事はやってみたいし自分がしている事はあの人にもして居らいたいと思える関係性ですね。

この関係性は恋愛の恋と愛の関係性に似ていますね。

恋愛では好きになる理由があるのが恋、好きになる理由は特別にないのだっけれど…むしろここが嫌なのに好きって言うのが愛ですね。

馬が合うのも同じで一緒にいて楽しい理由があるわけではないのに何故か一緒にいると楽しいというのが馬が合う人なのです。

理屈じゃないんです。

一緒にいて楽しいと思える馬が合う人はただ、一緒にいることが楽しいのです。

むしろここが嫌いで嫌なんだけど…一緒にいると楽しいんだよね。

そんな関係性が出来ている人が馬が合う人なのです。

そんな馬が合う人はそうそういませんね。

もし見つかった人はその関係性を大切にして下さいね。

もっと話したいと思う

意気投合してしまう人であればもっと一緒にいたいもっと話していたいと思いますよね。

もっと一緒にいたいと思えるのが話をしていたいと思う理由だけの場合は先の会話が弾む理由でお話させて頂きました詐欺の可能性もあります。

もっと話していたいと思わせて自分の都合の良い会話へと流れて詐欺へといざなってくる可能性があります。

ある程度まで行ってしまいますと引くに引けない状況となってしまう可能性もあります。

もっと一緒にいたいと思える理由が会話(話し)だけの場合は注意して下さい。

他にも理由がある場合や会話はそうでもないのだけれどもっと一緒にいたいなと思える人が良いですね。

そんな馬の合う人は良好な関係性を築き上げることができます。

大切にしたい関係性ですね。

2.趣味が同じ


同じ趣味を持っている人は馬が合うと感じることができます。

好きなものが一緒というだけで会話はそれだけで弾みます。

好きなものについて一緒に語り合うことができますね。

同じ趣味に対しての思いやとても深い専門的なところまで突き詰めて楽しく会話することができます。

当然馬が合う良い人腑だなと思いますよね。

感性や価値観が合うことにも繋がる

趣味が同じという事はその価値観や感性などの方向性が同じ人だと認識することができますね。

という事は他の好きな物まで同じなんてことも多々あります。

そんな好きなものがたくさん共通する事で同調性がうまれてこの人とは馬が合うなと思えるのです。

人には言い難い趣味嗜好も時にはありますがそんな趣味嗜好が同じ人は馬が合うと思えますよね。

3.自然体でいられる

馬が合う人と一緒にいると自分を偽って相手に合わせて空気を読む必要がありません。

ありのままの自分でいられて好きな事や嫌いな事なども素直に言い合える関係性が出来る人ですね。

気を遣わなくていい

馬が合う人と一緒にいると気を遣わなくて良いので食事に行く際にも素直に私それ苦手と伝えることができます。

そうすると私も実は苦手なの何て相手も素直に受け答えをしてくれます。

ただ、流行っているから行ってみたかったんだよねなんて素直に行こうと思った理由を言ってくれますよね。

そう思うと私も気にはなっていたんだけれど苦手な感じだからと思っていたんだよね。

じゃぁ苦手な者同士チャレンジしてみますか?なんて気を遣わずに楽しむことができますよね。

馬が合うからこそできる苦手克服術ですね。

周囲に合わせて行っていたらやっぱり苦手で終わってしまう事でも馬が合う者同士なら楽しくアレ?意外と大丈夫かも?むしろ好きかもと思って苦手克服も出来てしまうかもしれないのです。

本当に馬が合う人とは気を遣わないで常に自然体でいても良いと思える関係性が出来る人の事なのです。

笑顔でいられる

馬が合う人とは自然体でいられるという事は喜怒哀楽も自然と出しても良い関係性なのです。

周囲に気遣ってみんなと一緒に合わせて笑って怒って悲しんでとしていると空気を読んで良い人とは思われますが、あなた自身としては複雑な時もありますよね。

馬が合う人と一緒にいる時は喜怒哀楽はあなたが思うその時の気持ちで素直に感情表現することができますよね。

ということは当然一緒にいるとこが気が楽で楽しく思えますよね。

楽しく過ごせるということは笑顔でいられる時間が多くなるということですね。

笑顔でいられる時間が多くなる馬が合う人はあなたの人生を豊かにしてくれます。

本当に馬が合う人は笑顔の時だけでは無く悲しんでいる時や怒っている時など全ての時にでもあなたを支えてくれます。

当然あなたも相手の事を支えてたいと思いますよね。

お互いが相手を尊重して助け合える素晴らしい関係性を築くことができます。

4.生まれ育った環境が似ている

馬が合う人は生まれ育った環境が似ている人が多いです。

コレも同調性が杏啓しているのですが同じ境遇で同じ環境で育ったというお互いの共通点からお互いのことを思いやり助け合いたいと自然と思える関係性ができるのです。

現状の環境は全く異なる環境でもこれまで育ってきた環境が同じ環境であると分かったとたんに意気投合してしまうこともあります。

同調性と共感がとても大きく影響しています。

同じ経験を積んできたコミュニティーの一員として考えるのです。

同じ経験をした人は仲間意識が強くなる

異なる環境の人には到底知ることができないことでも同じ環境で同じ経験をしてきた人だから共感して分かり合う事が出来ると思えるのです。

同じ経験を共にしているからこそ信用して他の人には話せない事でも話し合う事が出来る関係性を築くことができます。

同じ経験をしているという仲間意識がとても強く働きとても強い絆がうまれます。

現状知ることの出来ない経験を共有している者同士の強固な関係性が馬が合うと思える関係性を作ることができるのです。

一人っ子、片親、おばあちゃん子など

生まれ育った環境は何も過酷なものだけではありません。

一人っ子やおばあちゃん子という同じ環境があるだけでも共感はうまれます。

片親などの境遇も片親ならではの経験などを共感できて同じ環境でなければ経験する事の出来ないことで共感することができます。

初めて会う人だとしても同じ境遇や経験をしているだけで会話はスムーズに進み同じ経験を共有することができます。

この同じ経験を共有してきたという感情が同じ経験をした仲間だと思えて強い絆を感じる事が出来るのです。

仲良くなりたいアナと思える人とはこの同調できる同じ経験を見つけることが仲良くなるには一番早くて深い関係性になる方法になります。

上手に活用することで人と似関係性を良くすることができますね。

5.好みが似ている

好みが似ている人は馬が合うと感じることができますよね。

これも同調性が関係しています。

自分と同じと思える人はそれだけで良い人、信用できる人と思えるのです。

好みが似ていれば当然会話も弾み好きなことを話しているので楽しい時間を過ごすことができます。

楽しい時間を共有できる事も馬が合うと思える要因となりますね。

同じメーカーやブランドが好き

服やインテリアなど様々なもので同じメーカーやブランドが好きな人はそれだけで何だか嬉しくなりませんか?
それが自分が気になっている人ならなおさら嬉しくなりますよね。

自分が作ったブランドでなくても同じものが好きっているだけで嬉しくなるのは趣味嗜好が同じなんだ、じゃぁあの人もこれ好きなのかな?今度きいてみようなんて会話のきっかけ作りには事欠きませんよね。

この事が好きなものが同じという強みですね。

好きなものが異なる場合は相手の事が分からず会話に困ってしまいますが、好きなものが同じ人とでしたら好きなものについても当然楽しく会話できますが、それに伴って私これも好きなんだけどどう?なんて新たな会話も生み出す事が出来るのです。

相手が知らないブランドでも好きになってくれるかもしれない、好きになってほしいと思えますよね。

当然相手もこの人が進めてくれるのなら私も好きになれそうと率先して好きになる気持ちから入ることができます。

入り口から好きなんですよね。

この関係性が出来るともう馬が合う関係性になりますね。

一緒にいて楽しくて会話も弾んで持ったおっしょに痛いって思えてしまいますね。

食べ物やファッションなど


メーカーやブランドだけでなく食べ物やファッション、インテリアなども同じものが好き。

好きで無くても知らなくても好きになってしまうこともありますね。

お互いを信用して信頼しあえ尊重しあえる関係性が出来上がっているからこそできる関係性ですね。

今まで好きじゃなかったのは見ていたのもが違たからなんだ、馬が合う人にすすめられたのは全部好きだったし、今までがたまたま好きじゃないものを見ていたんだね、なんて思えてしまうのです。

本当は入り口が違うだけで同じ物を見ていたとしても好きになってしまうのです。

最初から好きって言う気持ちで観るので当然モノの見方が変わってしまのです。

えっ?どういうこと?なんて思う人もいるかもしれませんね。

例えば、同じものを見る場合でも「アレ最悪だよ見てみて」なんて言われてみてみると…

どこが最悪なんだろうと考えながら見てしまいますよね。

あ~確かに最悪だねなんて思ってしまいます。

入り口が最悪なものを見るというところから入っているからなのです。

ではこう言われたらどうでしょうか?「アレ絶対に好きになるからぜひ見てみて」なんて言われたらどうでしょうか?

どこが私が好きになるところなんだろうと考えながら見ますよね。

当然好きなところを探しながら見ますよね。

「あ~本当だこれ私好きかも」って思いますよね。

同じ物を見る場合でも最初の入り口がどういう気持ちで観るのかでこうも違いが出てしまうのです。

好きな人にすすめられることが好きになるのは必然の事なのです。

恋愛にも似ていますよね。

好きな人にすすめられることは素直に好きってはじめられますがそうでない場合は…なんてね。

馬が合う人とおっ所にいるということは人生も豊かにすることができますね。

好きなことに溢れた世界を見ることができるのです。

ただ、逆もしかりで馬が合うからこそ嫌いなものも共感してしまいますので嫌いなものは…できるだけ会話に出さないようにすることが良いかもですね。

ココだけはあなたがコントロールすると良いかもですね。

馬が合わないと感じた時の上手な付き合い方

馬が合う人もいれば当然額の馬が合わない人もいます。

何をしても目に付いてしまいやる事なす事気に入らない。

話し方も何もかも気に入らない馬が合わない人…

そんな人とも一新過ごさなければいけない時も当然人生ではあります。

そんな時には同の様に対処してラ良いのでしょうか?

馬が合わない環境を変える方法や上手に回避する方法などご紹介していきますね。

1.距離をとる

馬が合わない人を回避する最も簡単な方法の一つがこの距離をとる方法ですね。

距離をとる方法といってもいくつかの方法があります。

単純に物理的な距離をとる方法が一番手っ取り早くて確実な方法です。

馬が合わない人が見えない距離まで離れることで馬が合わない人と関係することなく見ることも会話を聞くことも無くなります。

物理的に回避する事が出来るこの方法が出来る場合は一番の解決方法ですね。

しかしそう簡単にはいかない状況も多々ありますよね。

そういった時には物理的な距離では無く気持ち的な距離を遠ざけるのです。

私はあなたと距離をとっていますよと感じさせることで相手との関係性を簡素なものにできます。

なるべく深入りしない

気持ち的な距離といってもどうしたら?と思いますよね。

簡単な事からはじめてみましょう。

相手との距離を話すためには深い関係を築かないことが重要です。

馬が合わない相手と会話をしなければいけない時には端的に用件のみとして無駄な会話はしないようにします。

たったこれだけで相手との距離は離れて今以上の深い関係性はうまれなくなります。

どの様な時にでも深入りしないで用件のみとすることで上手に付き合うことができます。

相手の事を治そうとしてもあなたがイライラするだけで帰る事は難しいです。

だってその行動や言動が悪い事だと思っていないんですから。

その人の言動に左右されないように

馬が合わない人はあなたにとってはとても傷ついてしまうことでも平気で言ってきます。

行動も当然あなたのことを気遣うことも無くデリカシーの無い事でも平気でしてきます。

そんな言動や行動にあなた自身が揺さぶられて様々な思いをする必要はありません。

馬が合わない人の言動や行動に左右されることなく全く関係ない戯言だと思ってスルーして下さい。

いちいち気にしていたら身が持ちませんよ。

距離をとって接することで上手に付き合うことができますね。

2.最低限の接し方で

先の距離を置く方法にも共通する方法なのですが、馬が合わない人は何をしても気にいることはありません。

何をしても気に入らないんが馬が合わない人なのです。

ほんの些細な事でも…ん~!って思ってしまいます。

そんな人とは必要最低限の接し方で軽くあしらう程度が良いです。

挨拶や仕事上の付き合い

最低限の接し方ってどの程度?と思いますよね。

社会人でしたら社会人としての最低限の挨拶と仕事に関係する会話のみということですね。

挨拶までも無視するのはそれはいけませんよ。

馬が合わないからという理由で挨拶をしないのはただ単にあなたが感じの悪い人となってしまうだけです。

周囲からしても挨拶の出来ない人だと思われてしまいます。

必ず最低限の挨拶はして下さい。

例え相手から挨拶が無くてもあなたから挨拶はして下さいね。

他には仕事上必要な会話は必ずして下さい。

業務連絡など伝えなければいけないことを馬が合わない人だからという理由で伝えないのはあなたが業務連絡すらまともに出来ない仕事の出来ない人間だと思われてしまうのです。

馬が合わない人に対する接し方であなたの評価が低くなってしまうのはとっても勿体ないです。

評価が低くならないように必要最低限の事は必ずして下さい。

例え馬が合わなくても必要な事ですよ。

3.いいところを探す

馬が合わない人と上手に接する方法としてはとても難易度の高い方法なのですがこの方法が出来る人はぜひしてほしい方法でもあります。

馬が合わないのには理由があります。

なぜ馬が合わないのか考えます。

馬が合わないので当然嫌な所嫌いな所はごまんと出てきますよね。

というより全てが嫌いという人ではありませんか?

ということは…どういう事か分かりますか?

好きになるところを見つける事が出来れば一気に馬が合わない人では無くなるのです。

現状好きになるところや認めるところが一つもないがために馬が合わないと思ってしまっているのです。

ただ、この方法は容易ではありません。

現状馬が合わないと思っていますのでやることなす事全てが気に入りません。

好きになる要素は皆無なのです。

当然認められることもあるはずがありませんね。

認可プロジェクトを成功させてとしてもソニ人がスゴイとは微塵も思わないですよね。

他の人やサポートがあったからできての出会ってあの人はお荷物でしかなかったなんて考えてしまいます。

場合によってはあの人がいなければもっと良くなったのではなんて考えてしまいます。

それがほんの些細なきっかけでアレ?あの人の事そんなに嫌じゃないかも?本当は良いやつなんじゃ?なんて思えるのです。

こればかりは誰かから言われたから変わるのではないのです。

あなた自身があなた自身でその人の事を認められる何かを見つけ出さなければ何も変えることは出来ません。

ドラマのような展開になるかもしれませんね。

馬が合わなかった反発からほんの些細なきっかけで認められる存在となって良い人と思えて…

好きになってしまうなんてことがあるのかもしれません。

今の状態では到底考えられないことかもしれませんがあり得ない事ではないのです。

何かのきっかけで良い所が見つかった時にはその反動はスゴイかもしれませんね。

馬が合うとは?

馬が合うとはよく聞く言葉ではありますがその語源や由来などいまいちよく分からないって言う人もいますよね。

何で馬なんだろう?馬が合う?って何が合うんだろう?

そんな語源などを分かりやすくご紹介していきますね。

語源

馬が合うの語源はその文字通りなのです。

馬と人とが合うという事ですね。

乗馬の際に馬と騎手(乗り手)との息がぴったりで上手に乗りこなせる状況の事を指した言葉ですね。

それではもう少し詳しくご紹介していきます。

乗馬に由来する言葉

乗馬に由来する言葉というのは分かったかともいます。

乗馬をした経験がある人は日本では少ないかと思います。

ですので乗馬の経験を想像して下さいと言っても難しいですよね。

馬と騎手との呼吸がぴったり合わないと乗馬は大変なことになるのです。

この大変なことになってしまう状態がまさに馬が合わない状態ですね。

呼吸が合うというのはどういう状況なのかもう少し具体的にご説明していきますね。

乗馬では馬と乗り手の息が合わなければならず、馬と乗り手の呼吸がぴったり合っていることを指した

馬に乗ってみると分かる事なのですが馬は走る際には上下運動をして走ります。

この時に馬に乗っている人はその馬の上下運動に合わせて上下しなければいけません。

馬の上下運動と乗っている人の上下運動とが合わない場合は反発しあって場合によっては振り払われて飛ばされてしまう危険性もあるのです。

自分は下がっているのに馬は上に上がってくる状態で自分のお尻に強烈に馬がぶつかってくると想像してみて下さい。

強烈な痛みと共に上に吹き飛ばされて落馬してしまいます。

ただ落馬するだけでは無くお尻が割れてしまうほどの激痛と共に落馬になってしまうのです。

馬が合わない人とではただ落馬するだけでは無く強烈なお尻の痛みと落馬の際の痛みなど単純な落馬だけでは無く余分な痛みが多く追加された痛みを伴ってしまうのです。

良かれと思って馬が合わない人に対して深入りしてしまうと危険な事は容易に想像できますね。

では馬が合うというのはどういう状況なのかはもうお分かりですね。

馬の上下運動と同じ上下運動が出来ている状態ですね。

お互いの呼吸がピッタリで乗っている人は馬のポテンシャルを最大限まで引き出す事が出来て馬は乗っている人を最速で目的の場所まで連れて行くことが出来ます。

お互いがWINWINの関係性を築く事が出来るのです。

馬が合う人と一緒にいることで相手の持っている本当のポテンシャルを引き出す事が出来て最速で目的の場所まで連れていくことが出来るのです。

馬が合う人一緒にいることはそれだけで自分自身の成長やポテンシャルを引き出すことができます。

目標に最速で行くことだってできてしまいますね。

意味

馬が合うという意味はそのままでお互いの呼吸が合ってお互いが好き。

お互いが気が合っている高め合える状態の人同士という意味ですね。

気が合う

馬と人間との呼吸が合うということは吸って吐いての呼吸。

空気ですよね。

空気の気が合うということでもありますね。

少し無理矢理かもしれませんが見た目の合っているよりも気持ちや呼吸が合う、気が合うというのはとても深い結びつきを感じることができます。

見た目を同じにするのは誰でも容易です。

同じ服を着たら見た目はある程度は同じにすることは出来ますよね。

しかしこの気が合うというのはなかなか合わすことは簡単なようでとても難しい事なのです。

昔こんな修業があったのは知っていますか?

師匠から水の入ったツボを師匠の手から奪うために師匠と同じ呼吸同じ動きをすることで師匠の動きを呼吸や気から探ってツボを奪うことに成功した修行。

この様に相手と呼吸を合わせることで相手の行動や考えていることに同調する事が出来るのです。

この事がまさに気が合うということになります。

例えばあなたが好きになれば相手もあなたの事を好きになる。

あなたが嫌いな気持ちを持っている人は相手もあなたのことを嫌いな気持ちになります。

あなたが思う気持ちと同じ気持ちになるのです。

これこそが気が合うということになります。

同調性ですね。

呼吸のリズムって自分で意図して吸って吐いてとできますよね。

リラックスする時には深呼吸をして深い呼吸をすることで心を落ち着かせることもできます。

ということは馬が合う人も馬が合わない人に、馬が合わない人を馬が合う人へと変えることもできますよね。

この事が分かれば馬が合う人を多く作って自分の人生を豊かにすることができませんか?

人生敵が多い人生よりも味方の多い人生の方が幸せで豊かな人生だと思いませんか?

ほんの些細な違いなのですがこの違いであなたの人生が大きく変わると言っても過言ではありません。

リラックスできているかどうか(まとめ)

馬が合う人はどういう人なのかここまで読んで頂けた人はもうお気づきになられましたよね。

一緒にいてリラックスできて自分のことをさらけ出しても良い人になりますね。

喜怒哀楽全て自分の思う通りに行動しても楽しく過ごす事の出来る関係性なのです。

ただ、勘違いしてはいけませんよ喜怒哀楽をさらけ出しても良い関係性ではありますがわがまま絵自分勝手人って良い関係性ではありません。

お互いが相手の事を尊重して認めあっている関係性です。

この関係性もあなた次第で増やすことができますね。

呼吸が変えられるように気の合う人も増やすことができるのです。

馬の合う人を沢山増やして人生を豊かにして下さい。

毎日が楽しく幸せに過ごすことができます。

ほんの些細なキッカケで人生は大きく変化します。

その変化を起こせるのはあなた自身なのです。

あなたの人生はあなた自身の気の持ちようでどうとでもなってしまうのです。

あなたのその気持ちで人生を今以上に豊かにしてみませんか?