CoCoSiA(ココシア)

童顔の人の6個の悩みと解消法!


童顔の人は、実年齢よりも若く見られます。

そのため、大人になると他人からうらやましがられたりすることも多いですよね。

でも、当の本人は童顔なことに悩んでいたりもするもので…。

「若くていいじゃん!」「可愛らしくてうらやましいよ」なんて言われるたびに、分かってもらえない苦しみでいっぱいになるのです。

そんな童顔の人の悩みを解消するために、今回は『童顔の人の6個の悩みと解消法』をお届けします。

童顔の人には童顔の人にしか分からない悩みや、悩みの根源である特徴があります。

そのため、「顔が童顔である以上どうすることもできない!」と思いがちですが、実は童顔を感じさせないようにするための方法があるんです。

まずは自分が解消したい悩みはどんなことなのか、そしてその悩みの原因はどこなのかを自覚しましょう。

そのうえで、自分に合った解消法を試してみてください。

そうすることで、周囲の人から、きっと今までと違った反応が見られるはずです♡

童顔の人の6個の悩み

童顔の人には、童顔の人ならではの悩みがあります。

なぜなら、童顔は当人が望んでいる現実ではないからです。

そのため、他人からうらやましがられようが、得していると思われようが、童顔の人本人にメリットは感じられません。

ご紹介する6つの悩みは、童顔の多くの人が抱える共通の悩みです。

この悩みがあるから童顔を良いと思えず、自分の童顔を受け入れることが出来ないんですよね。

そして、その悩みの多くは「他人からどう評価されているか」に尽きます。

童顔の人には人から「大人として見られたい」という強い欲求があり、その真逆の反応をされてしまうことが苦しみの原因になっているのです。

悲しいかな、自分が望んでいるのとは逆の印象を持たれてしまう童顔。

まずは、自分がとくにどんなことが嫌なのか、その悩みを自覚していきましょう。

1.想像より年上になる

童顔の人の悩みと言えば、まず間違いなく、他人が想像する年齢よりも年上だということです。

大人になれば、実年齢より若く見られるのは嬉しいことのように思えますが…。

童顔の人にとっては、長年の「え?嘘でしょ?」という反応にこりごり。

嫌気がさしているのです。

だって、「ほんとに?」なんて言われたら、なんだか否定されているみたいな気分になるじゃないですか。

大人になったのに大人と認めてもらえないような、年相応の経験をしてきているのにそれまでもなかったことにされるような…。

子供が大人の振りしている!と笑われているようで、悲しさや悔しさが込み上げてきますよね。

それなのに、「若く見られて得じゃん!」なんて言われたりもして、誰も悩みを分かってくれません。

童顔って本当に得?いやいや、損することばっかり!

なんて思っているのが、童顔の人なんですよね。

2.年下から年上と思われない

見た目年齢よりも若く見られてしまう童顔の人は、年下の人から年上と見てもらえないのも悩みのひとつです。

ただでさえ子供っぽく見られてしまうことを気にしているのに、年下からも同年代…もしくは年下扱いされるなんて屈辱的!

タメ口で話しかけられた瞬間、イラっとしてしまうのが童顔の人なんですよね。

童顔の人は童顔なだけで、社会経験も精神年齢も年下の人より上。

それなのに尊敬のまなざしで見られることはなく、憧れの先輩になることもなく…年下の人と同じくくりにされてしまうのです。

それってやっぱり、辛いことですよね。

とくに社会人になってからは、それなりの年齢に見られることも重要。

見た目年齢で社会経験を判断されることもあり、仕事や人付き合いにも影響してきます。

歳をとっていくと「若く見られたい」と誰もが願うものですが、童顔の人は年相応に見られるのが夢。

年齢による信頼感を得ることは、童顔の人の憧れるシチュエーションなのです。

3.大人っぽい服が似合わない

大人っぽい服が似合わないのも童顔の人の悩みです。

子供っぽい顔なので、大人っぽい服を着ると違和感があるんですよね。

童顔の人は、大人っぽい人に憧れを抱いています。

だから大人っぽく見える服を着てみたりもするのですが、それが逆効果になってしまうこともあります。

子供が背伸びして大人の格好をしているように思われるだけで、大人に見てもらえないのです。

童顔である以上、いくら着飾ってみても大人にはなれない。