涙腺が弱い人は、感受性豊かで心優しい、とても素直な人のイメージがありますよね。

でも当の本人は、涙腺が弱くて困ることもしばしば…。

感情に揺さぶられて涙を流すのは、人間の生理現象のひとつ。

自然なことではあるのですが、時に泣いてはいけない場面というのもあります。

そんな時、涙が溢れて止まらないと、ちょっと恥ずかしい思いをしてしまいますよね。

そもそも、涙腺の弱さは人によって違います。

同じ映画を見ても、泣く人もいれば泣かない人もいます。

そこには感情の動きの差もありますが、同じように感動しても、涙を我慢できる人もいます。

では、涙腺が弱い人にはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は、『涙腺が弱い人の特徴』をご紹介します。

泣いてしまう理由や特徴を知れば、我慢のツボもわかるかもしれません。

今回はさらに、『泣いてはいけない場面で我慢する方法』にも触れていくので、涙腺の弱さに困っている人は、ぜひ参考にしてください。

泣いてしまう理由

涙には、3つのタイプがあります。

ひとつは基礎分泌。

瞬きをするときに出る微量の涙で、誰もに起こる現象です。

2つ目は反射性分泌。

目にゴミが入ったときなど、外部からの刺激を受けて涙が出る現象です。

そして3つ目が情動性分泌で「人が泣く」と言い表される現象です。

感情による涙のことで、涙腺の弱さにも大きく関わるのが情動性分泌。

涙腺が弱い人が泣いてしまう理由の多くは、感情が影響したものなのです。

では、涙腺が弱い人は、どんな感情をもったときに泣いてしまうのでしょうか?ここではまず、泣いてしまう5つの理由をご紹介します。

涙腺が弱い人なら共感できる部分が多いと思いますが、中には意外な原因が泣いてしまう理由になっていることも…。

まずは自分の涙腺ポイントを自覚していきましょう。

気持ちが不安定

泣いてしまう理由には、気持ちが不安定であることが挙げられます。

気持ちが不安定な状態とは、自律神経のバランスが崩れている状態でもあります。

そして自律神経は、涙とも密接に関わっているのです。

感情による涙は、自律神経のうち、特に交感神経との結びつきが強いと考えられています。

感情は扁桃体で作られると言われていますが、扁桃体のすぐ隣にある視床下部から伸びているのが自律神経です。

自律神経は自分の意思でコントロールできない神経と言われており、意思とは関係なく体の内臓機能を調整する役割があります。

この自律神経のバランスが崩れると、体に不調をきたしたり、気持ちが不安定になったりするのです。

そうなってしまう原因は主にストレスです。

ストレス過多の状態が続くと交感神経が働き続けることになり、副交感神経が働く隙を与えません。

つまり、リラックスモードになれないということです。

そして、感情の動きから交感神経が優位になり、自律神経から刺激が伝わるのが抹消にあるまぶたです。

気持ちが不安定なときは自律神経のバランスも乱れており、上手にストレスとリラックスの切り替えができないから、涙がでるというわけですね。

他人に感情移入をした

他人に感情移入をするというのも、泣いてしまう理由のひとつです。

他人に感情移入している状態とは、それを自分のことに置き換えて、まるで自分のことのように物事を感じ取るということです。

ですから、他人のことであっても同じように感情が動きます。

感情が動けば…前項でご説明した通り。

感情への刺激により交感神経が優位になり、それが自律神経を伝わり涙腺を刺激するから泣いてしまうのです。

交感神経が優位になるときというのは、言わば興奮状態です。

これは悪いことばかりではなく、仕事をするなど外で活動するときに役立っています。

ただ、いつでもすぐに動けるよう、戦闘モードになっているとも表現できますよね。

つまり交感神経が優位なときは、刺激や感情に敏感な状態でもあるんです。

他人への感情移入も、結局は感情に刺激を受け、ストレスとも似た状態が作られます。

だから涙腺が刺激され、涙がでるというわけです。

感動をした

泣いてしまう理由には、感動することも挙げられますね。

映画やドラマを見て感動したり、自分に起きた嬉しい出来事によって感動したり…。

人は様々な場面で感動し、涙を流します。

感動するというのも、実は交感神経が優位に働いている状態です。

一般的なストレスとは少し違いますが、興奮状態であることは間違いありません。

そして興奮状態というのも、長く続けば体にとってストレスになり得ます。

そんな状態を解消してくれるのも涙なのです。

泣いたらスッキリした!という経験、誰もが一度はあるのではないでしょうか。

辛いことがあって泣いても、嬉しくて泣いても、泣いた後は妙に晴れやかな気持ちになりますよね。

なぜかというと、涙にはストレス発散効果があるからです。

嫌なことがあったときほど泣くとスッキリするのは、このストレス発散効果が良い影響を与えてくれたからと言えるでしょう。

また、人はさまざまな事柄に期待感を持ち、それが実現したり、裏切られたりして感情が刺激されることが多いそうです。

期待と現実とのギャップに感情が刺激され、興奮状態になるから涙も流れるというわけですね。

興奮するから泣き、泣くことで興奮状態からリラックス状態にしようとするのが涙の役割。

感動して泣いてしまうのも、自然の原理と言えます。

気持ちが大きく動かされた

感動したり、他人に感情移入したり…。

人は気持ちが大きく動かされたとき、泣いてしまいます。

その理由は、これまでにもご説明した通り。

感情が自律神経へ伝わり、涙腺を刺激するからです。

気持ちが大きく動かされるシーンは、実にたくさんありますよね。

嬉しいとき、悲しいとき、悔しいとき、辛いとき。

日常に起きるたくさんの出来事で、常に気持ちが動かされています。

そんなとき、いずれも自律神経の状態は交感神経が優位な状態。

つまり、気持ちが揺れ動きやすい人ほど交感神経が優位になりやすく、泣くことも多くなるということですね。

ここに、涙腺の弱さの原因があると言えます。

涙腺が弱い人は、感情の動きが激しい人。

感情への刺激に弱い人なのです。

気持ちの動きは、人によって違います。

同じ事柄を体験したとしても、誰もが同じように気持ちが動くわけではありません。

そこにはもともと持っている性格や性質、価値観などが関わっていると考えられます。

後ほどご紹介する『涙腺が弱い人の特徴』では、どんな人が感情の刺激に弱いのかを解説しています。

自分がなぜ涙腺が弱いのか、その根本原因が分かるでしょう。

ホルモンバランスが乱れている

泣いてしまう理由には、ホルモンバランスの乱れもあります。

ホルモンバランスもまた、自律神経のバランスと密接に関係しているのです。

ホルモンが分泌される場所は、自律神経をコントロールする脳の部位と近い位置にあります。

ですから感情と自律神経が密接な関係にあるのと同じく、ホルモンの分泌も自律神経に影響しやすいのだそうです。

ホルモンバランスが乱れれば自律神経のバランスに影響を及ぼし、自律神経のバランスが乱れるとホルモンバランスも乱れやすくなる…。

となれば、気持ちは不安定になりやすいということ。

交感神経が優位になれば、涙腺に刺激を与えることになりますよね。

ホルモンバランスが乱れる原因は、ストレスや生活リズムの乱れ、睡眠不足などです。

ストレス過多の現代、私たちは泣きやすい状態にあるのかもしれません。

また、ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがありますが、涙は女性ホルモンが関係しているそう。

男性より女性が涙もろいというのも、女性ホルモンのひとつ、プロラクチンというホルモンが涙腺にあるのが原因だと考えられています。

プラクチンは男性にもあるそうですが、成長期以降、女性のプラクチンは男性の1.5倍に増加します。

このプロラクチンに刺激されるから、女性は泣きやすいということです。

涙腺が弱い人の4つの特徴

さて、ここまでは泣いてしまう理由を解説してきました。

人は色んな理由によって、涙腺が刺激されることが分かりましたね。

ではここからは、『涙腺が弱い人の特徴』について解説していきます。

先ほどからご説明しているように、涙は感情が高ぶる、交感神経が優位の状態のときに流れやすくなります。

感情の高ぶりは、気持ちが大きく動くときの現象ですが、誰もが同じように感情が高ぶるわけではありません。

人によって、気持ちの動き方も興奮度合いも違うのです。

その大きな要因となるのが、その人のもつ性格や性質、価値観などです。

ご紹介する『涙腺が弱い人の特徴』は、まさにこの部分。

涙腺が弱い人には、共通する性格や性質があるのです。

自分に同じようなところがあると感じた場合は、それが涙腺の弱い人になってしまう原因になっていると考えられます。

いつもの自分を振り返りながら、涙腺が弱い根本的な原因を探ってみましょう。

1.共感力が高い


涙腺が弱い人の特徴1つ目は、『共感力が高い』ことです。

あなたにも、人に共感しやすい部分がありませんか?

共感力が高い人は、他人に感情移入しやすいですよね。

他人のことでも自分のことのように、気持ちが大きく動かされやすいのがこのタイプの人です。

自分のこと以外でも気持ちが動くので、泣いてしまうシーンも人より多くなりがち。

だから、「共感力が高い人は涙腺が弱い」という印象になってしまうのです。

他人のことを自分のことのように考える

他人のことを自分のことのように考えられるのは、悪いことではありません。

人を思いやれる、優しい心の持ち主なのです。

だからこそ、涙もろい人は「情に熱い」「優しい人」など、良い人柄として捉えられているのです。

ただ、あまりに泣くことが多いと、それも困りものですよね。

自分でも泣いてばかりで疲れるし、周囲の人も、泣きすぎる人に対しては賛否両論。

他人のことで泣いてばかりいると、その共感力も度が過ぎていると思われてしまいます。

それに、他人のことで泣いてばかりいる人は、自分のことのように考えているというより他人の状況を自分に置き換えてしまっているだけの場合も…。

まるで自分に起きた事柄のように感情が動かされ、疑似体験をしているような感覚になってしまうのです。

だからこそ涙腺も刺激されやすいのですが、それが情に熱い人かどうかは別の話。

人の話を自分の話として捉えている場合は、その人に寄り添っているのとはわけが違うのです。

優しくいつも他人の気持ちに寄り添える

優しく、いつも他人の気持ちに寄り添える人は、感情移入するというよりもその人のために泣きます。

その人が嬉しかったこと、辛かった気持ちを推し量り、共感するから涙が流れるのです。

この場合は、その事柄が自分に起きたと思って泣くのではなく、その人のために泣くということ。

こういう人の場合は、情に熱い人ということになりますね。

共感力も難しいもので、人によって涙の意味も違います。

他人に起きた出来事を自分に起きたこととして泣いてしまう場合はとくに、泣いてしまう回数も多くなりがちでしょう。

自分が流す涙の意味。

それを今一度、振り返ってみると良いかもしれませんね。

2.騙されやすい


涙腺が弱い人の特徴2つ目は、『騙されやすい』ことです。

みなさんは、騙されやすい人にどんなイメージを持っていますか?きっと、「純粋な人」というイメージがあるのではないでしょうか。

騙されやすいということは、人を疑わないということです。

そして、人を信じている人でもありますよね。

そんな人は、心のキレイな目の澄んだ人という印象になります。

とても良い人柄と言えますよね。

ただ、純粋さゆえに人に騙されてしまうということは、自分の性格のせいで嫌な思いをしているということにもなります。

純粋な人はそれでも人を信じてしまうようなところもありますが、大人になると多少は疑いの目を持つようになるのが私たちですよね。

そして涙腺が弱いのも、その純粋な性格が影響しています。

騙されやすいほど人が良い人は、総じて共感力も高いし、素直に感情表現できる人。

だから涙腺も弱くなりがちなのです。

純粋な気持ちで物事を見ている

大人になっても純粋さを忘れないでいることは、誰もが理想とすることですよね。

子供のように純粋な気持ちを持ち続けていたいと願うものだし、純粋な人は周囲の人にも好かれます。

そんな純粋な気持ちで物事を見られる人は、心の赴くままに感情を受け取ります。

悲しいときは悲しい、嬉しいときは嬉しいと、感情を素直に表に出すので泣きたいときは泣いてしまいます。

泣きたいのを我慢して、感情を抑制してしまう人が多い中にあっては、大人になってもそれだけ素直に泣けるのは良いことでもありますよね。

疑う事をせずに信じてしまう

純粋に、自分の気持ちに正直に泣けるのは、恥ずかしいことではありません。

ただ、涙腺が弱いのと素直に泣くのとでは、ちょっと様子が違うときもあるかもしれませんね。

自分の感情に素直になるのはとても良いこと。

ですが、疑うことをせずに人を信じてしまい、結果騙されて泣いてばかりなのであれば、純粋な涙とは言い切れません。

この場合はどちらかと言えば、「人を信じたい」という期待感が強い人。

私を騙すはずがないという思いが強いから、疑うことをせずに信じてしまうのでしょう。

涙は、期待感と現実とのギャップで感情が動き、涙腺が刺激されて出るものだとお話ししましたよね。

つまり、騙されやすく涙腺が弱い人は、自分の感情に素直というより、相手への期待感の大きさゆえに涙を流していることになります。

涙腺が弱いことに悩んでいる人の場合は、どちらかというとこのタイプの人が多いのかもしれません。

純粋な涙を流せる人は、泣いてしまうことに罪悪感も感じないはずです。

3.頑張り屋さん

涙腺が弱い人の特徴3つ目は、『頑張り屋さん』なことです。

頑張り屋さんな人は、何事も一生懸命取り組みます。

周囲の期待に応えようと、無理に頑張りすぎてしまうことも多いでしょう。

つまり頑張り屋さんな人は、ストレスを抱えやすい人だということです。

ストレスは、交感神経が優位な状態そのものです。

それに、ストレスによって自律神経やホルモンのバランスが乱れ、ちょっと刺激されたら涙が溢れてしまうような高ぶった状態にいるということです。

だから頑張り屋さんは、涙腺が弱くなりがちなんですよね。

日頃からストレスの中で頑張っていて疲れている

ストレスを抱えやすい環境にいる私たち。

その中でも頑張り屋さんな人は、日頃からストレスにさらされながらも頑張り続けてしまいます。

頑張っているので疲れも溜まっているはずですが、それでも走り続けるのが頑張り屋さんですよね。

だけど本当の気持ちは、「もう休みたい」と思っているはずです。

だけど性格上、頑張ることを辞められなくて、本当の気持ちを押し殺して頑張っているのです。

気持ちに余裕はなく、泣きたいくらいギリギリの状態でしょう。

気持ちに余裕がない

頑張るために、いつも気持ちを高ぶらせて興奮状態。

それを続けていれば、自律神経のバランスが乱れるのも想像がつきますよね。

感情のコントロールも効かなくなり、ふとしたことで涙腺が刺激されて泣いてしまったりします。

頑張り屋さんが泣いてしまうのは、抱えるストレスを発散するため。

抑制していた感情を解放するためでもあります。

だけど頑張り屋さんゆえ、そんな自分を「涙腺が弱いダメな自分」と見てしまったりもするのでしょう。

自分でもわけが分からない何でもないようなことで泣いてしまい、涙腺が弱いと感じているときは、ストレスでギリギリの状態のときです。

そんな時は、我慢せず泣いてしまうことのほうが、涙腺の弱さ解消に繋がるかもしれません。

4.素直

涙腺が弱い人の特徴4つ目は、『素直』なことです。

先ほども少し触れましたが、素直な人は自分の気持ちに正直です。

嬉しいときは笑うし、泣きたいときは泣く。

素直に感情を表に出すから、泣いてしまうのです。

つまり素直で涙腺が弱い人は、感情が動きやすい人とも言えます。

素直に涙を流す人でも、感情が動かされなければ泣くこともありませんよね。

ただ、素直な人なら多くの人が、感情が動きやすい人と言えます。

なぜなら、素直な人は期待感を持つときも素直だからです。

大人になると、どうしても疑いの目をもってしまいます。

期待して裏切られる、そのダメージを最小限にしたいと思うからです。

だけど素直な人は、「期待してもどうせ…」と思うことが少ないでしょう。

物事に大いに期待感を抱くから、その結果によって生じる感情も大きく心を揺れ動かすものとなるのです。

喜びも落胆も、期待感とのギャップをリアルに感じ、しかもそれを素直に表現する。

だから素直な人は、泣いてしまうことが多いのです。

辛いときや嬉しいことを表にだす性格

大人になると、感情表現を躊躇しがちですよね。

なんとなく感情を表に出すのがはばかられ、自分の中にしまい込んでしまいます。

だからこそストレスを抱えやすいのですが、それでも我慢してしまう人は多いのです。

素直な人は、辛いときや嬉しいこと、それを表に出す性格だということです。

それが涙腺の弱さに繋がっているのですが、そのぶんストレスは少ないのではないでしょうか。

泣いてはいけない場面で我慢する方法6選

涙腺が弱い人には、4つの特徴がありました。

その印象は、ひとことで言えば「いい人」です。

ただ、気に病むくらい涙腺が弱い人の場合は、これらの特徴の奥に、どこか大きな期待感をもってしまいがちなのでしょう。

感情の赴くままに涙がでるだけでは、それほど心配する必要もありませんからね。

ちょっとしたことで涙腺が刺激されてしまうほど感情が大きく動くのは、やはり期待とのギャップが大きいからです。

そんな涙腺の弱い人でも、涙を我慢することができるはず。

むしろこれまでは我慢していない、もしくは我慢の仕方が分からなかったのでは?

ここからは、『泣いてはいけない場面で我慢する方法』をご紹介します。

涙腺の弱さに困っている人は、ぜひ試してみてくださいね!

1.起こりうることを想像しておく

泣いてはいけない場面で我慢する方法その1は、『起こりうることを想像しておく』ことです。

感情が動き、涙腺が刺激されることで出るのが涙。

その感情が動かなければ、涙は出ないことになりますよね。

起こりうることを想像しておくことは、感情の動きの幅を小さくすることに繋がるのです。

感情は期待感とのギャップで揺れ動かされることが多いとお話ししましたが、期待は想像と言い換えることもできますよね。

このとき、どんなことが起こるかまで想像していないと、結果に感情が動かされやすいと言えます。

想像していない分だけ思いがけないことが起きる可能性も多く、感情も動かされやすいですからね。

でも起こりうることを想像しておけば、思いがけないことが起きたときに心の準備ができています。

想像していたことであれば感情が大きく動くこともなく、涙腺が刺激されるまでには至らないでしょう。

思いがけないことが起きた時に対応できる

期待感と結果のギャップは、驚きをもって感情を動かしますよね。

嬉しいことも悲しいことも、驚きが大きいと気持ちへの影響も大きくなります。

起こりうることを想像し、驚くような結果が少なくなれば、もっと物事を冷静に見ることができるようになるはず。

これを意識しておくことで、泣いてはいけない場面で我慢することもできるようになるでしょう。

2.上を向く

泣いてはいけない場面で我慢する方法その2は、『上を向く』ことです。

これには、物理的に涙をこらえる効果があります。

上を向くと、目が見開かれるので涙が蒸発しやすいそうです。

また、下を向くよりは涙がこぼれ落ちるのも回避しやすくなりますね。

じわっと涙がにじみ出て「やばい」と思った時は、とりあえず上を向いてみましょう。

空を見るイメージで上を見上げる

空を見上げるイメージで上を向くと、涙腺を刺激する感情を紛らわす効果もあります。

涙が出そうな気持ちの時は、その気持ちに深入りしないようにすることも大切です。

外なら空を見上げて雲の様子を観察してみたり、天井を仰いで目に映るものに意識を逸らしてみたりしてください。

目線を逸らすのと同時に、気持ちからも気を逸らすように…。

また、人は落ち込んでいるときに下を、明るい気持ちのときに上を向く傾向があります。

気持ちが晴れたとき、上を向くと、もっと晴れやかな気持ちになれたりもしますよね。

このように、上を向くことには心理的に涙をこらえる効果もあるのでお勧めです。

3.口をあける

泣いてはいけない場面で我慢する方法その3は、『口をあける』ことです。

これにも、物理的に涙を止める効果があります。

人は、口を開けていると集中力がなくなるそうです。

集中して物事を考えることができなくなるので、泣きたい出来事から気を逸らすことができるわけですね。

口を開けるのは、少しで大丈夫。

大きく開かなくても効果があるそうなので、アホ面になることもありませんのでご安心を。

少しでいいので口をあける

泣きそうなときは、少しでいいので口を開けます。

口を軽く開けてみると、上下の歯も離れますよね。

人は緊張しているときや、集中しているとき、歯を食いしばっていたりします。

口を軽く開いて歯を離すと、口元もリラックス。

リラックスしていると感じれば、交感神経の高ぶりも抑える効果があるでしょう。

「泣いちゃダメ」と思うほど涙がこぼれてしまうのも、緊張感から余計に交感神経が刺激されているとも考えられます。

泣いてはいけない場面でこそ、口をあけてリラックスしてみましょう。

4.舌を噛む

泣いてはいけない場面で我慢する方法4つ目は、『舌を噛む』ことです。

これも、物理的に涙を止める効果がある方法です。

舌に刺激を与えると、自然と涙が引くそうです。

これも意識が舌の刺激に集中し、気分が紛れるからでしょう。

口元を動かすというのは、大きなアクションをせずにできるので利用しやすい方法ですよね。

優しく舌に少しの刺激を与える

もちろん、舌を思い切り噛む必要はありません。

そっと刺激を与えるつもりで、舌先に意識を集中させましょう。

状況が許せば、飴を舐めたり、ガムを噛んだりするのでもOK。

同様の効果があるようです。

刺激は、泣きたい気持ちの時、意識を逸らすのに効果的です。

刺激が無くても意識を別のことに向けることができればいいですが、どうしても泣きたい出来事には意識が集中してしまいがちです。

刺激で強制的に意識を逸らすのは、いざというときに頼りになる方法と言えます。

5.目を動かす

泣いてはいけない場面で我慢する方法5つ目は、『目を動かす』ことです。

目を動かすと、その動作に気も紛れますよね。

また、目の周りも少しリラックスするし、上を向いた時同様に涙も蒸発しやすいと考えられます。

涙をこらえようと目に力を入れると余計に涙が溢れたりしますが、目を動かすことで緊張もほぐれるのです。

眼球を上下に動かしたり、左右に動かしたり。

涙が出そうなときは、目を動かして気を紛らわせましょう。

まばたきをする

目を動かす以外に、まばたきもおすすめです。

まばたきが涙を止めるという研究結果もあるそう。

目を動かすより人前でやりやすいかもしれませんね。

瞬きにも気分を紛らわす効果があり、意識を瞬きに向けることで涙を止めることができるのです。

目を閉じる

目を動かすことやまばたきをする以外に、目を閉じるのも効果的です。

視覚情報を遮ることで、それ以上の余計な感情の動きが起きないようにできますよね。

また、このときは悲しい出来事などに集中しないようにすることが大切です。

深呼吸をして、リラックスを心がけましょう。

目を休ませてリラックスすることで、副交感神経が優位になってくれば涙腺への刺激も止まります。

目を閉じたまま泣くこともできないので、物理的に涙を止める効果もありますよね。

6.すこし微笑む

泣いてはいけない場面で我慢する方法6つ目は、『すこしほほ笑む』ことです。

涙は、感情が刺激されることで出てきますよね。

感情は外部からの刺激によって生まれますが、そのひとつに表情があります。

表情の変化は脳を騙す効果があり、笑顔を作ると、脳も「楽しい」「嬉しい」と勘違いします。

そうすると、自律神経に伝わる情報も違ってきます。

楽しい気分だと思えば、涙腺への刺激も抑えられるのです。

逆に悲しい、辛い表情をしていると、脳はストレスが与えられると思ってしまい、交感神経が活発になってしまいます。

ですから泣いてしまいそうなときは、表情を笑顔にすることで涙を止める効果があるのです。

口角をすこし上げてみる

ただ、泣いてしまいそうなシーンでは、笑顔を作れない場合も多いですよね。

そんなときは、口角をすこし上げてみるだけで大丈夫です。

口角が上がると、脳は笑顔だと判断するので、笑った時と同様の効果があります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、涙腺が弱い人の特徴と、泣いてはいけない場面で我慢する方法についてお伝えしてきました。

涙は悪いものではありませんが、涙腺が弱すぎるのも困るものですよね。

泣いてしまいそうなときは、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね!