「また勝手なことをして!」と怒鳴られたことはありませんか?

このように怒る時には、必ず何か悪いことが起こってしまった時です。

勝手にしたことで問題が起こってしまい、そのことで怒っているのです。

良かれと思ってやったことが、結果的には悪かったようなのです。

相手のためになると思い込んだのですが、その判断と行動が悪かったのです。

俗に言う「余計なお世話」なのです。

「こんなことまでしてくれと頼んだ覚えが無いのに、勝手にやってしまってこちらはとんだ迷惑だ」と嘆いているのです。

その勝手にやったことと言うのは、本人には何のメリットもないけれど、こちらに良かれと思ったそうです。

そんな勝手な判断がトラブルを起こしてしまったのです。

「勝手」とは、他人のことは構わないで、自分だけに都合が良いように振る舞うことです。

「勝手に動くな」「勝手に触るな」「勝手にしろ」などと、よく使われるフレーズです。

自分に都合が良いように判断して行動を起こした時に「勝手に判断した」「勝手に行動した」となるのです。

「勝手」で印象に残るのは、ドリフターズの「8時だヨ!全員集合」というバラエティー番組が人気だったころに、志村けんが生み出した替え歌があります。

「カラスなぜ鳴くの、カラスの勝手でしょ~」という歌です。

カラスが鳴くのは、誰かが鳴くように仕向けたわけでもなく、単にカラスが鳴きたいと勝手に思っただけという意味です。

カラスは他人のことなどは関係なく、自分が鳴きたいと勝手に判断しただけのことです。

この「勝手」は、人間だけに関わらず、物にも使われます。

突風で自転車が倒れた時には、「風で自転車が勝手に倒れた」とか、坂道でボールを落としたら「勝手に転んで行ってしまった」などと使われます。

人間の意志が働かなくても、勝手に起こることもあるのです。

このような性質を利用すると、「私が知らない間に、勝手にルールを変えるな!」などと怒ったり、「それはあの人が勝手にやったことです」と責任を擦り付けることもできる言葉なのです。

しかし、自分しかすることができないような仕事での不祥事なら、誰かが勝手にやったなどと逃げることはできません。

自分の判断ミスでしかないのです。

相談するには時間が無いし、すぐにやらないと間に合わないし、という切羽詰まったシーンでは、勝手に判断するしか方法はないようです。

ということは、上司に報告・連絡・相談する時間がない時には、作業を停止するか行動を止めるかしか道はありません。

勝手にされては困る時は、何らかの歯止めをしておかなければならないようです。

皆さんは勝手な判断をしていませんか?

会社の行動規定は、かなりキッチリと制定されているはずです。

通常の仕事であれば、勝手に判断するシーンはないはずです。

しかし、世の中では思いがけないことも起こるのです。

先般の北海道がその「まさか」という事故が起きてしまったのです。

地震でほぼ全道が停電になってしまったのです。

まさか北海道全域で停電が発生することなど、誰も考えなかったことです。

考えたことがある人もいたでしょうが、いとも簡単に電気の供給が止まってしまったのです。

専門用語では「ブラックアウト」に陥ったのです。

誰かが勝手に判断したのではありませんが、地震で北海道の電力の約半分を供給している火力発電所が停止し、その他の発電所も発電設備保護のために順次停止して行ったためです。

そもそもこのような脆弱な発電所の運用に問題があったと北電は反省しているようなのですが、発電を止めるにあたっては、誰かが勝手に判断した訳でもなさそうです。

もし、みなさんがこのように勝手に判断をして何かの機械の運転を止めてしまって莫大な損害を与えてしまったなら、責任問題になって損害賠償を請求されるかも知れないのです。

勝手な判断は、時には大きな迷惑をかけてしまうこともあのです。

勝手な判断は時には迷惑をかけてしまうことも

上で述べた、北海道の地震による停電事故は、社会にも多大な悪影響を及ぼしました。

このニュースは連日TVでも取り上げられましたので、よくご存じのことと思います。

いろんな関係先でトラブルが発生したようです。

交通機関も止まり、インフラも大混乱しました。

このことで、いかに電気が生活と密着しているか、電気が無ければ何もできないと言っても過言ではありません。

電気のありがたさを改めて認識したのです。

このような、大きな事故でなくても、身近な出来事でも勝手に判断してしまって、関係者に迷惑をかけてしまうことも多いようです。

勝手の意味とは?

「勝手」という意味は、いろいろあります。

①「勝手な人間だ」などという時には、他人のことはかまわないで、自分だけに都合が良いように振る舞うこと。

また、そのさまを言います。

「そんな勝手は許さないぞ」「勝手に使っては困る」などと使います。

②「この道具は使い勝手がいい」などと使う時には、何かする時の物事の具合がいいとか、便利がいいという意味です。

これらは、名詞や形容動詞として使われますが、名詞の「勝手」とは別の意味があります。

その意味とは、
①台所 「勝手道具」とは調理用品のことです。
②生計、家計、暮らし向き  「あの人は勝手が苦しいようだ」
③自分が関わる物事の様子や事情 「どうも勝手が違うようだ」
④弓を引く時の引き手  右手を差します。

なぜ勝手な判断をしてしまうのか?勝手な判断をしてしまう7個の理由


指示もしていないのに、部下が勝手な判断をして問題を起こしてしまった、というようなことはよく起こることです。

しっかりと社員教育をしている企業では少ないことですが、アルバイトやパートを採用しているお店では、指導や監督が行き届かないこともあって、とんでもないことが起こることがあります。

私の町内に寿司屋の大将が住んでいるのですが、先日ある会合があった時にいろいろと世間話をしていたのですが、先日入ったばかりの新人の板前のことで憤慨していました。

というのも、その大将が不在の時に、お客さんからゆで卵が欲しいという依頼があったのです。

そこで、生卵を殻のまま小皿に乗せて電子レンジに入れて加熱したのです。

電子レンジが「チン」という音で加熱が済んだことを示したので、小皿のまま卵をお客様に提供したのです。

お客様がその小皿をちょっと手前に動かした時に、何と卵が破裂したのです。

熱い卵の中身が飛び出してお客様の手や顔に飛び散ったのでした。

お客様は驚いてとび上がったのですが、顔や手に軽いやけどをしたのです。

そのお客様は常連客だったので、その話を聞いた大将は急いでお客様の家に伺ってお詫びをしたそうです。

新人の板前は、忙しさのあまりつい電子レンジで温めたそうです。

卵の殻や卵黄に穴を開けるということも知らずに、勝手に判断してしまったようです。

経験の少ない弟子が、勝手な判断で行動してしまうことで、大将の悩みは尽きないようです。

では、なぜこのように勝手に判断をしてしまう人がいるのでしょうか?このことについて、以下にまとめてみました。

1.当たり前だと思っているから

まずは、勝手なことをする人を観察してみてください。

普段から自分がやりたいことを思うとおりにやってきたように見えます。

小さい時から、自由気ままに育ってきたのかも知れません。

一人息子の場合には、母親の溺愛を受けていたかもわかりません。

息子の入社式にまで母親が同伴を希望する時代ですから、子供に掛けた熱意は並々ならぬものがあるようです。

つまり、これまでの生活では、かなり甘やかされてきた兆候があるようです。

多少の失敗でも怒られることがなく、もしも損害が発生しても身内の誰かが補償していたように思えます。

自分が責任を取って苦労したことがあまり無いのです。

このように、今までは見逃してくれていたことを知っているからです。

だから、何かを勝手にして問題が起こっても、誰かが対応してくれると思い込んでいるのです。

それが当たり前だと思っているのです。

会社の仕事で、自分が勝手にしたことで損害が発生しても、どうせ会社が対応してくれると思っているのです。

当事者としての認識が欠如しているのです。

それか、全くのノー天気な人間であるかです。

ノー天気な人間であればなかなか教育は難しいので、仕事を変えるか配属を変えることで今後の被害を抑えることしかできません。

2.自分のことだけを考えているから

もしも、あなたの職場に勝手な人がいたら、共同でやる作業では困ることも多いはずです。

いわゆる協調性が無くて自分のことだけを考えるからです。

チームワークも乱れてしまうこともあります。

あるサークルで、みんなで集まって何かをやろうと前向きにスケジュールの調整をしていた時に、「ちょっと待って。その日は私休みたいの!」と都合が悪いことを告げます。

「じゃあ、その翌日はどうだろう」と提案すると、「その日は友人と食事の約束になっているから、その日もダメです」と断ったそうです。

「じゃあ、結局いつならいいの?」と話を向けると、「それは、あまりやりたくないの」とボソッと呟くのでした。

結局は自分のことだけを考えている用で、自分勝手な性格と言えるのです。

こんな事例以外にも、アルバイトをしていても、当日にドタキャンする人は、周りの人のことを考えることができないのです。

自分が急に休めば誰かがその代わりに出勤することになります。

その人にも都合というものがあるはずなのですが、他人の都合のことなどはまったくどうでもよいのです。

また、他人にお願いしたり他人を利用することが得意で、頼みごとが多いようです。

しかし、自分への頼まれごとは極力避けるように振る舞うのです。

勝手な人なのです。

自分が正しいと思い込んでしまう

勝手な人というのは、自分の行動に満足しているのです。

自分はちゃんとした価値観を持っていると思っているのです。

そして、それを他人にも押し付けようとしているのです。

だから、自分がすることは自分に良いだけでなく、周りの人にも良いことだと思っているのです。

だから、自分の行動を批判されると、自分の価値観やプライドを否定されたように感じて、対話を拒否して急に怒りだしたリするのです。

自分が正しいと思い込んでいるのです。

勝手な人の特徴なのです。

3.周りのことを考えないから

勝手な人と言うのは、他人の意見を聞くことも苦手です。

自分の考えが正しいと思っているのですから、今さら他人の意見を聞くこともしないのです。

社交的な性格でもあるので、交友関係も広いのです。

以外にも、活躍の場が違っていても、勝手な人同士で話が盛り上がることもあるようです。

好きなようにしてきた人とは、波長が合うようなのです。

その中でも、何かの自慢話なんかに花を咲かせて大声で笑っている時もあるのです。

利害に関係しない立場同士では、好きなように話ができるからです。

しかし、自分が関係している分野や職場では、自慢話を聞いてくれそうにもないので、自己中心になってしまいます。

すると、周りのことを考えなくなってしまい、その場の空気が読めない人になってしまうようです。

新しい情報をしっかりと受け入れることをしないので、世間の空気も読めなくなってしまうようです。

世間一般ではどの様に感じているのか?

自分の職場では、自分のことをどのように見ているのかが分からなくなってきます。

勝手な人には、みんなは距離を置いてしまうからです。

親しい人も少ないので、それ以外の人とは形式上の付き合いになってしまうのです。

ましてや、世間一般では、自分のことをどのように思っているのかもよく分かりません。

自分のことをどのように感じているのか不安になってしまうのです。

4.自信があるから


勝手な人と言うのは、ある意味でナルシストと言えるかもしれません。

自分に自信があるから、顔や身体も含めて自分のことが大好きなのです。

誰よりも、自分が好きなのです。

だから、自分は認められて当然だと思っているようです。

間違っていないという自信を持っているから

勝手な人は誰が何と言っても、自分は間違っていないと思っています。

たとえ、相手の言い分の方が合理的であっても、だれかに説得されても、自分は間違っていないという自信を持っているからなのです。

この自信は相当強くて、簡単には覆すことができないのです。

5.積極的に行動をしてしまうから

勝手な人がこれをやろうと決めてしまうと、簡単には引き下がりません。

みんなのためにやっているんだという自負心が強いのです。

積極的に行動しろと後押しされているように思うのです。

つい、積極的に行動してしまうことになります。

そして、途中で自分の行動を振り返ることもないのです。

自分が一番と思い込んでいるので、積極的に行動をしてしまう習慣があるのです。

自分を振り返る時間があれば、自分の勝手さを知ることもできますが、立ち止まって振り返らないのですから自分勝手なことも理解できないことが問題なのです。

積極的すぎると問題も

何に関しても慎重になり過ぎて行動ができないことも問題ですが、積極的過ぎることも問題です。

間違った方向に進み始めても、それを注意するまでに先に進んでしまっているからです。

十分に考えたり周りの人の意見を聞くこともなく、勝手に進めてしまっているからです。

6.判断を早めてしまうから

時には、十分に吟味して考えることが大切です。

重要なポイントに達したと思われる時には、なおさら先輩や上司の判断に委ねることも必要なのです。

自分の勝手な判断は、時には思い込みとなってとんでもない事態を招くことになるからです。

自分の考えは正しいと思い込んでしまうと、判断を早めてしまうことになるのです。

7.言うことを聞かないから

自分が良いと思ったことは、きっとみんなにも同じように良いことだと思っているのです。

言わば、自分の価値観を強要するのです。

だから、勝手な人にいろいろと意見をしても、自分の方が正しいはずだと判断しているのでいうことを聞きません。

大事な話だと念を押しても、他人事のように聞くのです。

自分の話はしっかりと聞いてほしいけれど、人の話は聞きたくないという心境なのです。

とても厄介なのです。

勝手な判断でミスしてしまった時の4個の対処法

では、勝手な判断でミスをしてしまった時にはどうすればよいのでしょうか?

1.仕事の場合は、速やかに上司に報告する

仕事の場合は、何らかの部署に所属していて、チームとして働いているはずです。

もし、そのミスの内容が分かっている時には、そのミスによってどのような問題が発生するか、どこの部署に問題が波及するかはわかるはずです。

例えば、何かのデータの結果を勝手に解釈して報告してしまった場合には、その報告が既にオンラインで各部署に繋がっているならば、各部署宛てにメールで訂正をすることを連絡して、直ちに報告書を書き換えるべきです。

それと同時に、上司に経緯を報告するのです。

勝手な判断でミスしてしまった時には速やかに上司に報告して善後策を検討することです。

2.素直に謝る

勝手な人の特徴は、決して自分の非を認めないことです。

そして、思い通りにならない時には不機嫌になって会話も途絶えてしまうのです。

そして、最悪は他人を見下すような発言をすることです。

自分の判断を否定されたり注意されると、すぐに怒りだす始末です。

どこまでも、自分は正しいと思い込み、プライドを守るために必死に言い訳をするのです。

しかし、自分のミスでみんなに迷惑をかけてしまった事実があれば、まずはそのことを素直に謝ることです。

言い訳は禁止

自分の勝手な判断でミスをしてしまったなら、クドクドと言い訳するのは止めるべきです。

素直に謝って自分の非を認め、同じミスを繰り返さないように、次に行動を慎重に行うのです。

繰り返し同じミスをすることほど、信用を失うことはないのです。

3.ミスをカバーする

勝手な判断でミスをしたとなると、誰だって落ち込んでしまいます。

しかし、同じような作業や仕事もまだまだあるはずです。

そこで、まずは同じミスを繰り返さないように、ミスの原因と対応を考えておいて、ミスをカバーする必要があります。

同じ仕事を繰り返しているのなら、いつもの仕事に慣れてしまい、ミスをしたことに気が付かないことがあります。

勝手な判断をする時に、その仕事に慣れが生まれて注意が散漫になっているときがあるようです。

慣れと言うのは恐ろしいもので、ミスに気が付かないこともあるのです。

ミスが起こったと気が付いたなら、すぐにミスをカバーすることです。

気を引き締めてカバーすれば良いのです。

上手くいく他の方法を考える

単調な作業の中でミスが多いと、上手く行く別の方法を取り入れることも重要です。

いつまでも、同じ作業や動作をする必要もないのです。

もっと効率が良くミスが少ない方法を考えることです。

AIの進歩も著しいので、現場の作業などはロボットで対応することもできるのです。

オフィスでも、コンピューターの活用でもっと上手く行く方法があるはずです。

勝手な判断で進まないような制御もできるはずです。

4.今後はこのようなことがないことを伝えて反省する

勝手な判断でミスが起こってしまったならば、何らかの損害を被っているはずです。

そこのところは謙虚に受け止めて、今後はこのようなことがないように、対策を講じておくべきです。

会社では、同じミスを繰り返すことを嫌がります。

ミスをしっかりカバーできる対策を作成して、今後はこのようなことがないことを伝えて反省するのです。

勝手な判断をしない4個の対策法!これをしっかり守ろう!

勝手な判断をしてしまうのは、何か原因があるはずです。

そのポイントを押さえておいて、対策をしっかりと立てることです。

1.相手のことを考える

勝手に判断してしまう時というのは、マニュアルに決められていない事態が発生してしまい、すぐに次の行動を取らなければならないという時に起こるのです。

すぐ近くに、上司なり先輩がいればすぐに判断を仰ぐこともできるのですが、そんな環境にない時に自分で判断してしまうのです。

しかも、本人は自信があるタイプなので、自分の考えることはきっと正しいと思い込んでもいるはずです。

正しいから、相手や周りの人もきっと納得するはずだと思い込むのです。

しかし、ここでちょっと待ってください。

マニュアルにないことが起これば、すぐに上司に報告・連絡・相談のパターンがあるはずです。

ふたりだけのことなら、相手の事情もあるはずですが、それは確認したのでしょうか?相手のことを考えることがポイントなのです。

自分はよくても相手はどうなのか?

勝手に進める時は、まずは自分が有利になるように考えてしまいます。

嫌、相手が有利になることも考えるという時でも、回りまわって自分も有利になるはずです。

人間というものは、そんなものなのです。

勝手に行動してミスが無いようにするには、相手のことも考えておくことが重要です。

自分だけ上手く行っても、相手の方が不利になってしまえば、後味が悪いものです。

そんな時に、周りの人は「おまえは勝手だ」と非難するのです。

世間一般ではどの様にしているのか?

世間の人間は、よく見ているものです。

勝手に判断して自分が有利になるように仕向けると、「あいつは要領よくやっている。」などと評価するのです。

この裏には、「自分だけ得をしているのではないか」という疑問も持っているのです。

そんな非難を取り除くためには、相手の方に有利になるような、相手のことを十分に配慮しているような行動をとることで、信頼を得ることもできるのです。

自分も相手も公平になるように行動するのです。

2.落ち着いて行動をする

「うっかりしていて気付かなかった」とか「何気なくやってしまった」などと、ミスに気が付いた時には取り返しができない事態になっていることがあります。

誰もが経験したことではないでしょうか?その時のことを振り返って考えると、どういう訳かその時は勝手な判断をしてしまったようなのです。

何気ない勝手な判断がミスを招くことになっているのです。

何気ない判断をした時には、判断を迫られる期限がギリギリのところに来ていると判断しているようです。

自分を追い込んでしまっているのです。

振り込め詐欺も、理由はともかく急がせて相手を慌てさせることがポイントです。

すぐにお金を用意できないと大変なことになると、子供や孫を装って親に電話をかけて急がせるのです。

電話を受けた方も気が動転してしまい、落ち着いて考えたり行動する余裕が無くなっているのです。

勝手なことをしてミスをするのも、このようにあせってしまったことが大きな原因です。

ともかく、落ち着いて考えることを心がけることです。

決断を急がない

やることが山のように残っているから、仕事をはやく片付けたいと思う人は多いはずです。

そのために、効率の良い方法を駆使して頑張るのです。

しかし、その途中で不測の事態も起こってしまいます。

早く片付けたいのに、気持ちばかりが焦ってしまうのです。

不測の出来事も、早く処理してしまいたいと思う気持ちから、つい何らかの決断を勝手に行ってしまうのです。

何事もなく終えればいいのですが、ちょっとしたことから問題になってしまうと、初めて後悔をするようです。

友人に相談をする

どうしようかと迷った時には、親しい友人に相談してみることも良いかもしれません。

自分が気が付いていないことや知らないことを知っているかも知れないからです。

友人も、アドバイスをしても良いものかどうか迷っている時もあるのです。

「そんなことで迷っているなら、聞いてくれればいいのに」などと、明るく応えてくれることもあるのです。

友人としても、いらぬ口出しをして迷惑をかけてもいけないと遠慮していることもあるのです。

まずは、仲の良い友人にちょっと相談してみることです。

3.積極性を持っていても1度止まること

何ごとにも積極的に取り組むことは素晴らしいことです。

言われたことを渋々とやる人よりも、明るく前向きに行動する人が好まれます。

しかし、この積極性が裏目に出てしまうと、勝手に余計なことをするなと叱られることになるのです。

これは勝手に判断して行動しても良いものかどうか、一度止まって冷静に考えてみることです。

ちょっと冷静に考える時間を持つことで、いろんな選択肢が見えてくるのです。

積極的に動くことは良いことだが、時には止まることも大事

猪突猛進ということわざがあります。

これは、周囲の人のことや状況を考えずに、ひとつの目標を目指して猛烈な勢いで突き進むという意味です。

イノシシという動物は、まっしぐらなのです。

積極的に行動している状態は、まさしく猪突猛進です。

でも、状況も刻々と変化していくのです。

積極的に動くことは良いことですが、時には立ち止まって周りを見る余裕を持つべきです。

勝手な判断をして失敗しないためです。

4.当たり前と思わない

独自の勝手な判断で仕事を進められる状態なら、こんなに楽な仕事はないでしょう。

勝手な判断でミスをして損害を出せば、だれが責任を取るのでしょうか?自分ですか?上司ですか?

自分の判断でできる領域は決まっているはずです。

それを勝手に超えて問題が起こると、責任を取らなければならなくなるのです。

勝手にできることをあたり前と勘違いしないようにするのです。

当たり前に思っているとすき放題してしまう

もし、勝手に判断することがあたり前だと思っていたら、大きな間違いです。

もしも、あたり前だと思っていたら、きっとみんな好き放題してしまい収拾がつかなくなるのです。

組織としてのガバナンスが働かなくなるのです。

好き放題とは、自分の思い通りに勝手にすることです。

このような人達が集まっていると、統率が取れないバラバラの集団だということになります。

目標もくそも無くなります。

そんな統率が取れていない集団が、仕事で何かを成し遂げることなど到底期待できないのです。

実力があって信頼されている人間ならいざ知らず、普通の人間なら勝手に判断することは避けるべきです。

まずは、相談することから始めます。

自分が勝手な判断をしたという事に自覚を持たなくなってしまう

時には、勝手な判断でもうまく進むこともあるのです。

やっぱり自分は他の人とは違っていて、みんなもうまく行ったことを喜んでいると勘違いしているのです。

これに味を占めて、決断を迫られるような重要なシーンにさしかかった時でも、何の躊躇もなく勝手に判断をしてしまうのです。

そして、自分が勝手な判断をしたということに、自覚を持たなくなってしまうのです。

そして、もしも重大なミスを誘発して甚大な損害を被ることになった時に、やっと勝手な判断をしたと自覚するのです。

勝手な判断で何事もなく済まされるのは、本当に簡単なテーマとか事案であって、ミスもほとんど目立たないだけなのです。

勝手な判断がミスを誘発するというストーリーは、大なり小なり起こるべくして起こることなのです。

勝手な判断をしてしまいそうな時は、一度立ち止まって考えてみては?

新卒で入社した時に、先輩からいろいろと仕事の指導を受けることになります。

工場勤務なら機械の操作方法や仕事の流れについて、ひと通り教えてもらいます。

始めのうちは先輩が新人の横についてチェックしながら見ていますが、ある程度慣れてきて任せられるようになった時に、ひとりで任されてしまいます。

新人は工場勤務が初めてで、機械の操作ももちろん初めてでヒヤヒヤの連続です。

ちょっと機械の動く音が変だと思うと、先輩のところに飛んで行って、「これでいいのですね?」と念を押します。

そんなことが続くと、「そんなことでいちいち聞きに来るな」と突き放してしまいます。

そこで、確認しに行かずにこれでいいやと勝手にしていると、機械が故障してしまうのです。

すると、先輩がやってきて故障を修理するのですが、こんどは「自分で勝手に判断するな!」と怒られる始末です。

聞いても文句を言われるし、聞かなかったら何かあると怒られるし、とどうして良いか分からなくなる時があったはずです。

これに近い事例も多いようですが、勝手に判断したことによって起こり得る問題が大きいと予測できれば、上司に連絡すべきなのです。

この程度のミスなら、自分で何とか解決できると思えることであれば、勝手な判断で進めても良いのです。

自分で解決が困難なことが予想されるなら、勝手に判断して進まずに一度立ち止まって考える習慣を持つことです。