私の知人に、自慢話が好きな人がいます。

特に初めて会った人には、必ずと言っていいほど昔の自慢話をするのです。

趣味の話やスポーツの自慢話など、何回も同じ話を繰り返すので、以前から彼をよく知っている人は「またあの自慢話をしている」と呆れてしまうのです。

高齢になると、同じ話を何回も繰り返すと言われますが、高齢でもないのに繰り返すのは明らかに意志があるはずです。

あえて繰り返して話すことで、自己満足に浸っているのです。

「どうだ、おれはこんなに凄いのだ」と言い聞かせているのです。

相手が聞きたいと思っているかどうかに関わらず、「教えてあげよう、自分のことに関心があって知りたいはずだ」と勝手に判断しているようです。

同じことをクドクドと聞かされる友人は、「分かった分かった」と言葉を遮るのですが、そんなことにお構いなく相手の顔を見ながら熱心に続けるのです。

まあこのように、相手のことなど全く考えずに、自分がしたいことをやってしまう人は以外に多いようです。

このような性格の人は、何事も自分勝手に進めてしまうことがあります。

そんな人の根底には、自分は正しいしみんなに期待されていると誤解しているところがあります。

別の表現をすると、自分勝手で自己中心的な人と言えます。

自分を中心にものを考えているので、他人のことを配慮することがなく、発言も同じことを繰り返します。

自己愛が強いので、自分の価値観を人にも押し付けるのです。

困ったものです。

人の気持ちを理解することができないということは、協調性がない性格とも言えます。

そして、自慢話ができないと分かると、今度は不平不満を言い出すのです。

あれはおかしいとか間違っているとか、人を見下したリバカにするような態度を取るようになります。

相手の言ったことを真剣に聞かずにすぐに忘れてしまうのです。

簡単な約束事でも無視したり、自分の都合の良いように進めてしまうのです。

しかも、思い通りにならないと、イライラして怒りだす始末です。

もし知らない人なら、とっくに離れているのですが、仕事仲間などで離れられない関係であれば、何とか付き合っていくしかありません。

そんな自分勝手な人について、どのように付き合っていけばよいのか考えてみましょう。

あなたの周りにも自分勝手な人はいませんか?

思い通りにならないと、急にイライラして投げやりになってしまう人は多いものです。

みんなで集まって何かをしようと計画している時に、急にイライラしたり怒り出す人がいるとチームワークも乱れてしまいます。

他人のことを考えないので、仲間から浮いてしまうようです。

自分の意見が通らない時によく起こす行動です。

自分の意見の方が正しいと認識しているようです。

まあ、人の話を聞くのは苦手なようで、聞く耳を持たないようです。

こんな人、あなたの周りにも必ずいるはずです。

自分勝手な人です。

自分勝手な人とは?


「自分勝手」とは、他人のことは考えず、自分の都合だけを考えることです。

このような性格の人のことを「自分勝手な人」と呼びます。

自分と関りがなければ何も気にすることはないのですが、同じ職場とか同じ地域・マンションに住んでいるとなると、ちょっと気になる人でもあります。

何かを議論する時には、その存在が気にかかるのです。

何かを多数決で決める時には、ひとこと言いそうな気がして緊張してしまうようです。

緊張だけで済めばいいのですが、その人の存在と行動が波紋を起こすことも考えられます。

自分勝手な人というのは、その場の雰囲気を壊してしまったり、それによってモチベーションも下がってしまうかも知れないのです。

チームワークが乱れると生産性や効率が低下して不利益を生じることもあります。

自分勝手な人と言うのは、その人の存在だけでもやりにくいものです。

そんなことでモタモタしていると、速く進めようと自分勝手に進めてしまうようになり、ゆくゆくはワンマンになってしまうこともあります。

仕事の世界では、厄介な存在でもあるのです。

どういう時に感じる?

「あの人は自分勝手な人だ」などと思われるのはどのような時でしょうか。

自分勝手というからには、自分のことを大事にして他人のことに関心を示さないのです。

我が道を行くというスタイルです。

その気持ちの根底には、自分は正しいことをみんなのためにやっているという自信があるのです。

そのためには、みんなとは違う次元の存在であって、みんなから一目置かれるような立場であるとも思っているのです。

特別な配慮をされて当然とも考えているのです。

だから、何かのミーティングでも自分の意見は尊重されるべきで、その意見について異議を言われることはないはずだとも思っています。

配慮されて当然だと思っているのです。

だから、何らかの配慮がなされなければ機嫌が悪くなって、そそくさと帰ってしまうこともあるのです。

「何で帰っちゃうの?自分の意見が通らなかったから?」と不思議に思うのですが、自分に対する配慮や気遣いが見られないことでイライラしているだけなのです。

仲間とのコミュニケーションが上手く行かないような時には、わがままな部分が出ているのかも知れません。

そんな時には自分勝手になっていないか振り返るタイミングなのです。

仕事をしている時

チームである目的に向かって仕事をしている時に、予想外のことが起こることはしばしばあります。

もちろん、作業マニュアルがあってそれに従って行動しているのだけれども、そのマニュアルから外れる事態に直面することもあります。

そもそも、そんな事態の時には、上司なり監督者に連絡をして対応を相談することになっているのですが、自分勝手に判断をしてしまい先に進もうとするのです。

自分勝手な人と言うのは、ある程度のキャリアと能力があるものですから、相談する時間がもったいないとか言いながら先に進もうとするのです。

もしそのために大きな失敗を招いてしまっては、会社にも損害を与えてしまいます。

だから勝手な判断はできないことになっているのに、無理に自分の判断で良いと意志を通そうとするのです。

それに反対されると、自分の感情をコントロールできなくなってしまい我慢できなくなるようです。

チームの仲間と言い争いになったり相手を罵倒したリと勝手に振る舞うようになります。

チームワークも乱れてしまい、生産効率も悪化して顧客にも迷惑をかけることにも繋がるのです。

そんな自分勝手な人間を、なだめて説得させることはとても面倒なのです。

一緒に買い物をしている時

カップルで一緒に買い物に出かけた時にも、どれかを選ぶ時にもめることもあります。

どちらかが自分勝手であれば、自分の気に入ったものを買わせようと説得を始めます。

例えば、お揃いのセーターを買う時に、まずはデザインの気に入ったものを着ることが前提であるために、色や形、配色などについて意見を出し合います。

ひとりの方がこの柄が好きだと言えば、相手もそれよりも生地の糸の材料や編み方から判断するとこちらの方が品質が良い、などと主張が異なってしまうのです。

さんざん意見を言い合っても、折り合いがつかないのです。

それで片方の人が、あなたに任せると相手の主張を尊重すると、今度はまた別の棚のセーターが気に入ったのでこれを買いたいと言い出す始末です。

さっきの議論は結局何だったのだろうと呆れてしまうのです。

こちらのそんな考えをよそに、また勝手な考えで選び始めたのです。

コロコロと主張を変えてしまうので、一緒に買い物をしている時には疲れてしまいます。

一緒に遊んでいる時

一緒に遊んでいても、食事をしている時も、自分勝手な人はイキイキしているのです。

自己中心に行動するので、スケジュールはあってないもの同然です。

遊園地で一緒に遊んでいる時でも、次はどの遊具に乗って遊ぶかは自分次第なのです。

自分勝手な人は、全て自分が仕切るのです。

相手の意見などは形式上打診するけれども、いろいろと理由を付けてこれがいいと判断してしまうのです。

こちらも乗りたいものがあるということなど、考えることもしないのです。

自分が楽しければ良いのです。

そして、自分が疲れて飽きたら、それが帰路に着く合図なのです。

「あ~、疲れた~。後はおもしろい乗り物がないからもう帰ろう」などと帰りの準備に取りかかるのです。

こちらは、「もう少し、遊びたい」と心の中で叫んだり表情で訴えても、自分勝手の人は自分の都合をもとにサッサと帰り始めるのです。

こちらに対する配慮がなくなった時に、この人は自分勝手な人だと思ってしまいます。

自分勝手な人の9個の特徴!心当たりはありませんか?


では、自分勝手な人の特徴はどのようなものでしょう。

よく考えると、あの人はかなり自分勝手だなあと気付くかも知れません。

優しい顔をして穏やかな口調で話す人でも、そっと自分に都合のいいように計画を変えてしまう人もいるのです。

従順でおとなしそうに見えるけれども、実は結構自分勝手で押し通していた人もいるようです。

外見だけでなく、中味でも自分勝手な人がいないか考えてください。

穏やかそうな人が、知らぬ間に自分勝手に段取りを変えてしまっているとか、アルバイトなら出勤の計画も好きなように変更してしまっているなどという場合もあるのです。

自分勝手な人の特徴について調べてみました。

1.自己中心的

自分勝手な人は、自己中心的な人が多いようです。

あなたの周りにも、自己中心的な友人や彼氏・彼女、さらには上司にもそれらしき人がいるようです。

自己中心的な人と言うのは、やたらとプライドが高く、周囲の目を気にする人が多いようです。

相手に対する配慮が無くて、相手に対する言葉遣いも分かっていないようです。

弱い者や心に傷を持った人に対しても、ズケズケと意見が言えるのです。

さらには、相手の欠点を見つけて批判したリ非難するのが得意なようです。

逆に、自分に非があってもそれを認識することなく、さらに勝手に判断して進むのです。

もしも、自分の勝手な判断と行動が原因で問題が発生しても、我がままに責任を誰かに擦り付けて、自分の責任を逃れようと画策するのです。

何が起こっても、自己愛が強いので相手と合理的に意見をまとめることなどする訳がありません。

自分の感情を抑えてコントロールすることはとても難しいことなのです。

2.思いやりがない

自分勝手な人で嫌なことは、思いやりが足らないということです。

一番腹立たしいことは、電車の優先席を若者たちが堂々と座っていることです。

席に余裕がある時はまだしも、混雑している時でも優先席に座り、脚が不自由なお年寄りが乗ってきても席を譲ろうとする気配が見られない時です。

こんな自分勝手な若者に道徳を説いても時間の無駄だけれども、自分勝手な人と言うのは他人への思いやりが足りないことが一番の欠点です。

多分自分の行動は正しいのであって、先に座った者に権利があると思い込んでいるのでしょう。

自分勝手な人は、すぐに「おれの自由だ」「法律に違反していない」「自分にも権利がある」などと叫ぶのが特徴でもあります。

法律に違反していなくても、社会的な常識やマナーというものがあることをご存知ないようです。

「疲れている。席が空いていたから座った。降りるまで座るのはおれの権利だ。法律には違反していない。」というのが彼ら自分勝手な人間の主張なのでしょう。

優位な人間が、弱者に対する誇りや思いやりなどというものは存在しないようです。

3.ワガママ

「ワガママ」に関しては、各界でいろんな話題があるようです。

先日もTVのお昼間のワイドショーで、ゲストのタレントが共演したワガママ女優の話をして盛り上がっていました。

映画界から称賛されて人気女優として成功するためには、当然「我が強く自己主張のできる性格」が必要でしょう。

監督の言うとおりでなく、ここはこう演じたいと演技にも注文を付けることができるようです。

その主張が強くなってくると、演技だけでなく送り迎えや楽屋の雰囲気、スタイリスト、食事の内容にまで注文を付けるようになってくるようです。

監督も、この女優を何とか最後まで起用したいと思っているのですから、多少の気ままや自分勝手なところには目をつぶっているようです。

撮影の途中でも、自分の演技に納得がいかなかった場合には、何かのせいにして怒りだしたリ、共演者の方にはけ口を求めることもあるようです。

撮影スタッフに罵声を浴びせたり、気分が悪いと撮影が残っているにも関わらずサッサと帰ってしまったりと自由奔放に振る舞うようです。

時間にもルーズだし、挨拶も受けないような常識のない女優さんもいるようです。

自分勝手でワガママ女優と呼ばれているようです。

当の本人は、それぐらいの待遇はあたり前と思っているようです。