CoCoSiA(ココシア)

同窓会行きたくない7個の理由と心理!納得できる上手な断り方


学校を卒業してから数年たった後に訪れるのが同窓会です。

久々に懐かしい友人に会えるということで心を躍らせている人もいますが、実は中には参加したくないと思っている人もいるのです。

特に学生時代にやんちゃなことをしていた人ほど参加したくないと思えるらしいです。

また、今の自分の立ち位置を考えるとみんなに見せたくないと考えてしまう人もいらっしゃるのです。

まあ、ある意味自分勝手な発想で参加したくないと思ってしまうようです。

しかし、同窓会と聞くと行かないといけないのかと言った感じにとらえてしまっている人は多いのですが、実はそんなことはございません。

参加するかどうかはあなたが決めればいいだけです。

しかし、参加しないとみんなからいい目で見られないかもしれないというわけのわからない考えから、断る理由を考えてしまうのです。

まあ、はっきりあなたが思っている人、友人や知人はあなたのことをそんなに気にしていません。

なぜなら、気にしているのは何を隠そうあなた自身だからです。

つまり、参加したくないけど、相手の目が…なんて重く考えているのはあなたであって、他人を言い訳の材料にしているのです。

たいていこのような方は、決断力のない方が多いのです。

そのため、同窓会の参加を断る上手な理由を知りたいと考えてしまうのです。

はっきり言えば、断り方はいっぱいあります。

しかし、そのどれがあなたにとってベストなものかはわからないのです。

つまり、やり方をマスターするよりも、断る時の姿勢を学んだ方がいいのです。

どんなにいい断り方をしても結局相手はあなたの姿勢を見ているのです。

つまり、断り方はただの参考資料にしかならないのです。

問われているのはあなたの姿勢です。

断る時のあなたの姿勢で相手がどう思うかです。

ほとんどの場合、参加しないんだね。

というぐらいにしか思いませんが、なぜか断る方は、参加しなかったから連絡が一生来ないかもなど、小さいことを重く考えすぎなのです。

何度も言いますが、あなたが思っているほど、相手はあなたのことを気にしていません。

まずはこのことを深く理解しましょう。

そこで今回こちらの記事では、同窓会に行きたくない人に向けて、断る方法などの参考資料となる情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

ただ、前にも述べてますが、どのやり方があなたにマッチするかはわかりません。

また、どんなにうまい方法でお断りをしても、結局、見られているのはあなたの姿勢です。

つまり、断る場合はまずは思考から作っていなかないといけないのです。

同窓会が憂鬱!そんなあなたへの処方箋


同窓会を憂鬱に考えてしまう人は、実は結構多くいらっしゃるのです。

しかし、どうも半ば強制的に参加しないといけないと思っている人が多いために、嫌々参加している人も結構いらっしゃるのです。

しかし、嫌々参加してもご自身もそうですが、相手にとってもいい思いはしませんよね。

そのような場合は、お断りをする方がマナー的に正しいのです。

しかし、なぜかお断りをする方が良くないと考えてしまっている方が多いのです。

しかし、これが大きな間違いなのです。

その考えは社会もしくは誰かが作り出した幻想にすぎないのです。

つまりは、その思い込みに支配されているから断れないで、同窓会に参加してしまっている人が多いのです。

そこで、ここからは朗報です。

最近の同窓会のデータのようなものをご紹介したいと思います。

ご紹介すると言うことは、つまり、断ってもいいと言うような情報になっていると思って問題ないです。

要はほとんどの人が、同窓会という言葉のマジックにかかっているのです。

同窓会という言葉を辞書で開いても、必ず参加するものとは一文字も書かれていません。

しかし、強制的な参加があると勘違いしてしまっている人は結構多くいらっしゃいます。

まあ、テレビや雑誌などで、同窓会の様子を映していて、楽しそうな感じと、遠くから来て参加しましたというような感じになっていることから、誘われたら参加しないといけないと思ってしまっているのです。

しかし、そんなことはありません。

これから説明する情報を素直に聞くことによって同窓会に関するレッテルやフィルターが外れますよ。

要は、知らず知らずに刷り込まされていたレッテルやフィルターが邪魔をしているのです。

そのために、同窓会を断れずにいるのです。

まずは、思考を変えるためにも、同窓会に関することをしっかり覚えましょう。