学校を卒業してから数年たった後に訪れるのが同窓会です。

久々に懐かしい友人に会えるということで心を躍らせている人もいますが、実は中には参加したくないと思っている人もいるのです。

特に学生時代にやんちゃなことをしていた人ほど参加したくないと思えるらしいです。

また、今の自分の立ち位置を考えるとみんなに見せたくないと考えてしまう人もいらっしゃるのです。

まあ、ある意味自分勝手な発想で参加したくないと思ってしまうようです。

しかし、同窓会と聞くと行かないといけないのかと言った感じにとらえてしまっている人は多いのですが、実はそんなことはございません。

参加するかどうかはあなたが決めればいいだけです。

しかし、参加しないとみんなからいい目で見られないかもしれないというわけのわからない考えから、断る理由を考えてしまうのです。

まあ、はっきりあなたが思っている人、友人や知人はあなたのことをそんなに気にしていません。

なぜなら、気にしているのは何を隠そうあなた自身だからです。

つまり、参加したくないけど、相手の目が…なんて重く考えているのはあなたであって、他人を言い訳の材料にしているのです。

たいていこのような方は、決断力のない方が多いのです。

そのため、同窓会の参加を断る上手な理由を知りたいと考えてしまうのです。

はっきり言えば、断り方はいっぱいあります。

しかし、そのどれがあなたにとってベストなものかはわからないのです。

つまり、やり方をマスターするよりも、断る時の姿勢を学んだ方がいいのです。

どんなにいい断り方をしても結局相手はあなたの姿勢を見ているのです。

つまり、断り方はただの参考資料にしかならないのです。

問われているのはあなたの姿勢です。

断る時のあなたの姿勢で相手がどう思うかです。

ほとんどの場合、参加しないんだね。

というぐらいにしか思いませんが、なぜか断る方は、参加しなかったから連絡が一生来ないかもなど、小さいことを重く考えすぎなのです。

何度も言いますが、あなたが思っているほど、相手はあなたのことを気にしていません。

まずはこのことを深く理解しましょう。

そこで今回こちらの記事では、同窓会に行きたくない人に向けて、断る方法などの参考資料となる情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

ただ、前にも述べてますが、どのやり方があなたにマッチするかはわかりません。

また、どんなにうまい方法でお断りをしても、結局、見られているのはあなたの姿勢です。

つまり、断る場合はまずは思考から作っていなかないといけないのです。

同窓会が憂鬱!そんなあなたへの処方箋


同窓会を憂鬱に考えてしまう人は、実は結構多くいらっしゃるのです。

しかし、どうも半ば強制的に参加しないといけないと思っている人が多いために、嫌々参加している人も結構いらっしゃるのです。

しかし、嫌々参加してもご自身もそうですが、相手にとってもいい思いはしませんよね。

そのような場合は、お断りをする方がマナー的に正しいのです。

しかし、なぜかお断りをする方が良くないと考えてしまっている方が多いのです。

しかし、これが大きな間違いなのです。

その考えは社会もしくは誰かが作り出した幻想にすぎないのです。

つまりは、その思い込みに支配されているから断れないで、同窓会に参加してしまっている人が多いのです。

そこで、ここからは朗報です。

最近の同窓会のデータのようなものをご紹介したいと思います。

ご紹介すると言うことは、つまり、断ってもいいと言うような情報になっていると思って問題ないです。

要はほとんどの人が、同窓会という言葉のマジックにかかっているのです。

同窓会という言葉を辞書で開いても、必ず参加するものとは一文字も書かれていません。

しかし、強制的な参加があると勘違いしてしまっている人は結構多くいらっしゃいます。

まあ、テレビや雑誌などで、同窓会の様子を映していて、楽しそうな感じと、遠くから来て参加しましたというような感じになっていることから、誘われたら参加しないといけないと思ってしまっているのです。

しかし、そんなことはありません。

これから説明する情報を素直に聞くことによって同窓会に関するレッテルやフィルターが外れますよ。

要は、知らず知らずに刷り込まされていたレッテルやフィルターが邪魔をしているのです。

そのために、同窓会を断れずにいるのです。

まずは、思考を変えるためにも、同窓会に関することをしっかり覚えましょう。

ほとんどの人は、うわべだけの同窓会しか知らないのです。

うわべだけの同窓会では本当の意味で同窓会を楽しむことができません。

つまり、まずは、同窓会とは何ぞやと言うことを知っておかないといけないのです。

それを知ることで断ることに対しても抵抗を覚えることなく、お断りをすることができますよ。

ぜひ、そうなって、主催者にも参加者にも、参加したくないと思えるあなたにとって最高の形になるのです。

同窓会に限らず知らないことで損をしている人はいっぱいいます。

ぜひ、ここは、興味がない!などの理由で、目を背けるのではなく、しっかり覚えましょう。

同窓会に参加したことがない人が増えている?!

実は、大勢で盛り上がっているように見える同窓会ですが、意外と参加者が少ないといったケースは多いのです。

単純に盛り上がっているような絵を見るから参加している人が多いと思えるのです。

しかし、それは大きな勘違いです。

年々、参加者は減ってきているのです。

つまり、同窓会に参加しないこともおかしな話ではないのです。

参加できないんだという感じに主催者も見ますよ。

つまりはそんなに重く考えなくていいのです。

むしろ参加人数の割合からすると、参加していない人の方が多い場合もあります。

そう考えると参加しない人の方が普通に思えてきますよね。

学生の時みたいになんでも多数決で決めていたことを考えれば、このように同窓会というワードのマジックに騙されているのです。

ただ、そのマジックに侵されてしまったのも、あなたが知らないうちに同窓会に関するレッテルやフィルターが刷り込まされてしまっているのです。

一度刷り込まされてしまったレッテルやフィルターを外すことは難しいですが、あなたの考え方や努力次第で十分に外すことはできます。

つまり、どうなりたいかはあなたの姿勢なのです。

今のままでは嫌だと思えば、なんでもそうですが、レッテルやフィルターを外すことは十分にできますよ。

まずは、考え方などを変えていきましょう。

まあ、ほとんどの人は参加していない人が多いことにはびっくりしたと思います。

そう考えるとあなたと同じで参加したくないと思っている人は多いと言うことです。

つまり、あなた一人だけと言うわけではありません。

普段からみんながの意識が強い人にすればこれは朗報ですよね。

さらに朗報としてはもしかしたら参加したくないと思っている方が多数派の可能性もあるのです。

つまり、参加したくないけど、参加しないといけないのかなと考えている時間がもったいないのです。

参加したくないのなら参加しなくていいのです。

ただ、他人の目を気にしてしまうので、上手なお断り方を探してしまうのです。

上手に断ることができても、あなたの姿勢を見られているので、すぐに見透かされてしまいますよ。

そうならないためにも自分がそう思ったことに関して自信を持つことが大切です。

自分を信じると書いて自信です。

つまり、自分を信じれていないから自分が思ったことに関して他人の目を気にしてしまうのです。

あなたの判断に迷うことはありません。

迷う人は決断力がない人と思われても仕方がありません。

そもそも同窓会が開催されていない場合も

成人式の時や厄年の時などに、同窓会を開催しているときが多いのですが、実は同窓会を開催していないケースも結構多くあります。

要は幹事をしたくないと思っている人が多い場合は同窓会を開催されないこともあります。

または、そもそも同窓会を開催する意志がないことも会います。

みんなが集まるからと言って必ず開催しないといけないものでもないのです。

つまりは、ここでも同窓会と言うワードのマジックに侵されてしまっているのです。

同窓会は必ず開催しないといけないものではありません。

しかし、かつて存在した同級生が集まるサイトや、FacebookなどのSNSなどによって、同窓会はしないといけないものだと言うふうにとらえてしまっているからおかしくなっているのです。

そもそも必ず開催しないといけないものではないのです。

しかも、成人式の時などは中学校と高校で分かれるので、どちらも顔を出すのは大変なのです。

つまりは、必ず開催しないといけないものでもないし、開催するのが難しい!大変な時もあるのです。

ほとんどは何かのイベントにかぶせて開催するケースが多いのです。

たまにあるのがプチ同窓会で、たまたま地元の会社の入社試験を受けたら会場に同級生と鉢合わせしてそのまま試験後に飲み会などといったこともあるのです。

まあ、いつ開催するかなども含めて、実は絶対的に定義されているわけでもないので、開催されていないケースもそんなに珍しくないのです。

よくあるのが同級生同士が結婚するから結婚式を同窓会のような感じで行ってしまうこともあるのです。

つまり、どのように開催するかはその人次第なのです。

まずは絶対的な定義があると言うわけではないことを覚えましょう。

みんな知らないうちに刷り込まされてしまったレッテルやフィルターに支配されてしまっているのです。

開催するとなると大忙し

仮に同窓会を開催するとなると、実は感じの方は大変忙しいのです。

まずは名簿を確かめたり、現住所を調べたりなど、いろいろと手間のかかる作業が多いのです。

また、開催日当日にドタキャンなどが起きることもあるので、いろいろと負担が大きすぎて幹事をやりたがる人が多くないのも事実です。

会場押さえなども大変ですし、人数確認も大変、しかも、学生の時に話したことのない人にも連絡しないといけないので、気まずさも多いのです。

そんなこんなで物理的な作業だけでなく、精神的な面もやられてしまうので、結構な重労働なのです。

そのため、幹事をしたいと思う人がいないと同窓会そのものが開催されないケースが多いのです。

ただ、みんなで集まって楽しんでいるような感じはしますが、実はそこに至るまで大変な作業がいっぱいあるのです。

また、連絡を取る際に、卒業アルバムなどに記載されている電話番号にかけたら、まさかの人違いなど、嫌々な思いをしてしまうこともあるのです。

そう考えると幹事をしたいと考える人は少ないのかもしれませんね。

それだけ同窓会と言うのは開催するのが大変なのです。

そのため、みんなが集まりやすい時やタイミングを狙って開催をしようと考えるのです。

そう考えるとそんなに大変苦労して開催してくれる同窓会に嫌々参加するのは主催者に失礼です。

参加するのではなく、素直に断れる方がマナー的に良いと思います。

深く考えると同窓会も暗黙のルールのようなものが存在しているみたいです。

同窓会はいろいろとメリットもある

嫌々な感じの印象が大きい同窓会ですが、実はデメリットばかりではないのです。

しっかりメリットもありますよ。

メリットをわかっていれば、同窓会に行くことや同窓会を開催することに関してそんなに嫌になることはないのです。

では、どんなメリットがあるのかと言いますと、大きくピックアップして3個あります。

それは、「久しぶりの再会で恋愛や結婚に発展」「ビジネスで良いつながりが生まれること」「頑張っている同級生を見てパワーをもらえる」などです。

ここからはこの3個を中心に話していきたいと思いますので、しっかり覚えましょう。

メリットなどを覚えてしまうと、断るような感じになれないのではないかと思われる方もいらっしゃいますが、そんなことはございません。

これらのメリットがないという理由で断ることもできるのです。

つまり、メリットがないなら参加しなくても良いと言うのは相手にも納得させることができるのです。

故にしっかりメリットを把握しましょう。

これまではデメリットばかり把握してきましたが、メリットもしっかり把握すべきことです。

ぜひ、把握していき、メリットのない同窓会には参加しないようにしましょう。

つまりは、理由付けを探すにはもってこいの要素なのです。

久しぶりの再会で恋愛や結婚に発展


まずもって久しぶりの再会になるので、どんなことで話になるのかわからないのです。

なぜなら、それぞれの道を歩んでいるからです。

それぞれの道を歩んでいるからこそ、それぞれの目線があるのです。

学生の頃は自分と考えが違ったり、周波数が違ったりした場合は避けたがるような感じがありましたが、大体30を超えるとそんなこともなくなるのです。

いつまでたっても自分の気に食わない人と言った感じに見ている方が情けないのです。

久しぶりに再会するのだから、積る話もあることですし、しっかり会話をすることが大切です。

また、昔の自分を知っている人なので、おいおい話をしていけば、恋愛などに発展する可能性もあるのです。

同窓会をきっかけに、付き合い始めて結婚までいったという話もない話ではないのです。

つまり、恋愛や結婚に限らず何のチャンスが埋まっているのかわからないのが、同窓会なのです。

ただ、これにも参加する前から把握することはできるのです。

なぜなら、昔からの付き合いで、連絡を取り合っている仲の人も少なからずいらっしゃるので、人づてに情報が流れてくるのです。

つまり、言ってもメリットがないとわかってしまう可能性もあるのです。

特に気になっていた人が結婚しているというような時はそうなってしまうのです。

恋愛などを目的にしている場合はそのような部分にも注目しましょう。

ビジネスで良いつながりが生まれることも

久々の再開で大体話題になるのがどんな仕事をしているのかで、その後は仕事の愚痴になってしまうパターンが多いのです。

未来を見えていない証拠です。

しかし、仕事の話をしながらもしかしたら、今自分がしていることと、同級生がしていることで何かしらのコラボができたりすることもあるのです。

つまりは、同窓会をビジネスチャンスと思っている方も少なからずいらっしゃるのです。

そう聞くと、友達を利用しているような感じに捉える方もいらっしゃいますが、そんなことはございません。

なぜなら、コラボできれば、共に進めることができるし、もしかしたら大きなプロジェクトに発展する可能性もあるのです。

そうなれば未来が見えて楽しいですよね。

ただ、この点も事前に把握することができます。

よくあるのが中学の同窓会には参加せず、高校の同窓会には参加すると言うパターンです。

もしくは逆のパターンです。

なぜかと言いますと、中学生の時期はとにかく思春期と反抗期の激しい時期なのです。

よく、荒れていた中学校の出身という方もいると思いますが、その場合だと、同級生のほとんどが、中学の時に楽しい思いをしてしまったので、大人になった時に自分の理想の人生を歩んでいないパターンが多いのです。

また、ほとんどがみんな同じ職業だったりもするので、そうなってしまうのです。

これではビジネスのチャンスだなんて思えませんよね。

このように学生時代の記憶がまざまざ残っているからこそわかる部分もあるのです。

頑張っている同級生を見てパワーをもらえる

仕事などで頑張っている同級生を見て、自分も頑張らないとなと思うことは良くある話なのです。

つまり、同じ年齢なのに、年収が全く違うと言うことはよくあります。

この差って何と思う方も多いかもしれませんが、それはいかにそこまで頑張ってきたかの差です。

よく人は勘違いします。

ものすごく稼いでいる人のことを見ると、あの人は特別な人だからとか、一部の人だとか、言う方が多くいますが、これが大きな間違いなのです。

成功している人は血のにじむ努力をしているのです。

それをしてきていないように見せているのが、まさに超一流です。

超一流は、努力を努力と思わないほど、頑張っているのです。

つまり、外から見るとものすごく頑張っている人のように見えてしまうのです。

そんな同級生を見て刺激されてしまうことほどいいことはございませんよね。

ただ、これも事前に把握できます。

先ほど述べたように学生時代にいかに頑張ってきているかどうかで見極めることができるのです。

特に高校の時に出会った人で一緒に血のにじむ努力をしている人がいたら、その同窓会にはいくべきかもしれませんが、チャラチャラしているような感じだったら、あまりおススメはできません。

かえって嫌な感じの影響を受けてしまう危険性もあるので、気を付けましょう。

同窓会に行きたくない7個の理由と心理

それではここからは同窓会に行きたくないと思う理由や心理をお教えします。

お待ちかねと言う方もいらっしゃると思います。

同窓会にはいきたくないけどなんでかわからないでいる方も多くいらっしゃると思います。

そこで、これから説明する理由や心理状態をしっかり把握することで本当の自分の気持ちがわかりますよ。

ある意味、同窓会をきっかけに本当の自分と向き合うチャンスが来たと思うといいかもしれませんね。

行きたくないけど、断る理由が見つからない。

行きたくけど、行かないと悪者のような感じになってしまうのが嫌だ。

行きたくないけど気になる人がいる。

など、いろいろな理由で断れない人が多くいらっしゃいます。

しかし、そんな中でもしっかり理由や心理状態を知ることで、うまく理由付けにつながってしまうこともあるのです。

ぜひ、ここは大船に乗ってとは言わないまでも、しっかり把握しましょう。

大きくピックアップして7個の理由がありますので、まずはあなたにとって身近なもの、もしくは読んでいてビビット来たものなどから覚えていくといいかもしれませんね。

いきなりすべてを覚えようとしても難しいので、ゆっくり焦らず1個1個丁寧に覚えていきましょう。

そんなこと言ったって難しいのではと思われている方が多くいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。

どれも簡単なことばかりです。

まずは、難しいと思うことを辞めることから始めましょう。

肩の力を抜いて柔軟に考えるようにしましょう。

なんでもそうですが、難しく考えると先へは進めませんよ。

簡単に考えて先へ進みましょう。

そうすることで、しっかり同窓会に行きたくない理由や心理を把握することができますよ。

ぜひ、しっかり把握して、同窓会に行きたくない時にしっかり断ることができるようにしておきましょう。

あなたのためでもあり、相手のためでもあるのです。

外見の衰えを見せたくない

まずはほとんどの人が考えてしまうことがこの外見の衰えです。

年齢を重ねるごとに衰えてくると言われていますが、まあ、これは仕方がないのです。

年齢にはどう頑張っても勝てないのですから、しかし、外見が衰えてしまう原因は年齢ばかりではないのです。

あなたの生活態度も少なからず影響してしますよ。

つまり、外見を気にするのであれば、まずはご自身の生活態度を見直しましょう。

特に髪の毛や肌の見た目

外見で最も気にする部分は髪の毛や肌です。

白髪だらけの髪やもしくは、禿げてしまっていたり、しわが目立ったりしていると、どうしても人に会いたくないですよね。

ただ、これに関してはあなたがそうであるのならば、他の人もそうなってしまっている可能性もあるのです。

つまり、あなただけではないですよ。

つまり、そんなに気にする必要はないのです。

まあ、恋愛を目的にしているのであれば多少は気になってはしまいますが…。

幸せな状況にないから

仕事で失敗したり、離婚したりなど、不幸なことばかりだから人に会いたくないと言う方も結構多くいらっしゃいます。

しかし、あなただけが不幸と言うわけではないのです。

ただ、今不幸だからは断る理由にはなりますよ。

不幸な人と一緒にいると不幸になってしまうと言われています。

つまり、不幸なら来てほしくないと思われているのです。

独身・離婚・子供がいないなど

特に30を超えてからの同窓会の場合は、結婚していないとなんだか嫌な気持ちになってしまう方は結構多くいらっしゃるのですが、そんなことはございません。

結婚に速いも遅いもないのです。

比べること自体が間違いです。

ただ、離婚はもしかしたら恥ずかしいことなのかもしれません。

特に自分に非がある時などは、ものすごく気まずいかもしれません。

無職・就職活動中など

仕事についていない場合は、いろいろな事情はあるとはいえ、社会的な目線で見たりすると人からすると見下されてしまう可能性もあるのです。

つまりは、みじめな思いはしたくないと言うことです。

みじめな思いをすることで、せっかく大人になったのに、なぜ学生の時ような感覚で恥ずかしい思いをしないといけないのかと思ってしまうのです。

ただ、無職でも恥ずかしくない場合もありますよ。

幸せな同級生たちを見たらショックを受けるのでは?という心理

家族を持って幸せに生活している。

会社で上司になって幸せな日々を送っていると言うような感じの同級生を見るとなんだか自分が悲しくなってしまうと言う人も多くいらっしゃるのです。

同級生だから余計に比較してしまうこともありますが、それは大きな間違いです。

同級生だろうと誰だろうと、比較する必要はございません。

わだかまりのある同級生と再会したくない

過去のにがい経験からわだかまりがある同級生とは遭遇したくないと言う方も結構多くいらっしゃいますが、はっきり言えば、もうお互いにいい大人です。

いつまでも過去にこだわっている方が間違いなのです。

しかし、一番感情の起伏が激しい時に受けたことは結構長く残ってしまうのです。

いじめや喧嘩など

特に一番問題となるのはいじめやケンカです。

いじめやケンカをしていた過去は結構まざまざと残ってしまうのです。

これはいじめられっ子でもいじめっ子でも一緒です。

また、ケンカも激しく残ってしまいます。

しかし、いいかげんいい大人なのだから過去の姿で相手を見るのは辞めましょう。

過去で物事や人を見るよりも、先のことを考えてみるようにしましょう。

過去は過去です。

それぐらいに割り切った方が楽しく生きることができますよ。

仕事が忙しくて時間を割けない

仕事が忙しくて行けないパターンは多いです。

特にサービス業の方などは、休日が書き入れ時なので、なかなか予定を合わすことができないのです。

そう、つまり、このことからもわかるように、同窓会は同じような生活をしている人しか集まらないのです。

仕事が忙しいと言うことは少なからず同窓会に参加できるメンバーとは周波数が違うのかもしれませんよ。

同窓会と仕事、どちらが大事なのかと言われたら、普通は仕事と言うのです。

もしくは、どうしても同窓会に出たい人は、その日までに仕事を終わらせて休みを取るのです。

仕事を言い訳にする人でも大きな違いは結構ありますよ。

参加会費を捻出できない

同窓会の参加費については賛否両論ありますが、結構高めに設定されることもあります。

本当に?と目を疑う額の時もあり、リアルに払えなくて参加できない時もあるのです。

確かに同窓会でよくある幹事が儲かってしまうパターンはありますが、実際そんなことないだろうと思っていてもそんなことざらにあるのです。

故にまずは同窓会の参加費をしっかり把握しましょう。

幹事もまさか裏取りなどしていないだろうと思っているかもしれませんが、そんなことはございません。

裏を取る人もいらっしゃいますよ。

かつて豪語していた職業に就いていない

俺は絶対にあの仕事をすると学生の時に言っていたのに、今その職業に就いていないことで参加したくないと思う方も結構います。

ですが、はっきり言えば、同級生でそんなこと覚えている人などそんなにいません。

つまり、気にしすぎなのはあなたの方です。

元恋人に会うのが気まずい

学生の時に付き合っていた元恋人と会うのは結構つらいことです。

いろいろと気まずいかもしれないのです。

そのために、幹事に元恋人が参加するかチェックする人もいるみたいです。

これもある意味気にし過ぎです。

納得できる上手な断り方

行きたくない心理がわかったところでここからは上手に断るやり方をお教えします。

まずは、家族の看病や介護です。

最近はこの手のことがいろいろな理由で使用されています。

また、生まれ故郷ではなく遠い地で仕事をしているとなると交通が大変なので断りやすいです。

同じように、出張や研修と重なったでもOKですよ。

仕方ないと思うので…。

さらには、分自身が病気という理由もいいでしょう。

ただ、心の病ならどうにかしろと言われてしまうかもしれません。

通院や検査入院を理由にすれば相手も納得しますよ。

その他、親戚の法事や遠くから友人が泊まりに来るなどの理由も使えますし、資格試験と重なったもOKです。

意外とやり方は単純ですよ。

でも、久しぶりに会うのも悪くないかも!

いかがでしたでしょうか。

同窓会に行きたくない理由などは、まあ、でもよくよく考えたら行くことにもいかないことにもメリットがありますよ。

まあ、その判断はご自身でお願い致します。