CoCoSiA(ココシア)

接客が楽しくなる4個のコツ!接客が苦手な人もお客さんと仲良くなれる


接客業は、お客さんと密接に関わる仕事です。

自分の接客1つでお客さんからこちらのお店や会社に対する印象が決まってしまいますので、お店や会社の顔となる接客業はとても責任重大な仕事でもあります。

接客業は楽しいことも多い反面、大変なこともたくさんあります。

また、初対面の人に笑顔で接客するのは苦手な人もいるでしょう。

そんな接客が苦手な人が、接客が楽しくなるコツやお客さんと仲良くなれる方法をご紹介します!

▼【関連記事】接客業に向いている人、向いていない人はこちらを先にチェック!
接客業に向いている人、向いていない人の12個の特徴 →

接客が楽しくなる4個のコツ

接客は、元々人と関わることや話すことが好きな人にとっては楽しい仕事です。

仕事を通してたくさんの人と出会えますし、そこからプライベートで仲良くなることも可能でしょう。

しかし一方で、人見知りの人や、初対面の人と上手くコミュニケーションがとれない人の場合、接客業の仕事は苦痛に感じられてしまうことがあります。

とくに接客業ではお客さんの立場の方が有利になるため、時には店員や社員に対して横柄な態度をとるお客さんもいるでしょう。

また、自分のミスではないところで理不尽にクレームを付けられてしまうこともありますので、お客さんと直接顔を合わせて関わる仕事は楽しいばかりではありません。

それでも接客を苦痛に思っていると、それが態度に出てしまいますますクレームになってしまうでしょう。

さらに、仕事に行くこと自体が嫌になって精神的に落ち込んでしまうこともありますので、できるだけ仕事が楽しくなるように自分で努力をしていきましょう。

接客が楽しくなるコツを以下にご紹介していきます。

ぜひ参考にして、自分の仕事を楽しいものに変えていきましょう!

お客さんに興味を持つ


接客業にはいろいろあります。

レジで会計をするだけの仕事から、お客さんに一番おすすめのものを、話を訊いて一緒に考えていく仕事までさまざまです。

仕事内容によって、1人のお客さんと関わる時間や頻度には差がありますが、どの接客業でも必ずお客さんと直接顔を突き合わせて話をすることになります。

そのため、ほんの一瞬でもこちらの態度が悪ければ、お客さんは不快に感じてしまいます。

しかし一方で、気配りや笑顔などをきちんとすれば、お客さんはこちらを気に入ってくれるでしょう。

お客さんに気に入られるには、あなた自身がまずはお客さんに興味を持つことが大切です。

「仕事」という考えが頭にあると、どうしてもお客さんと自分との間に線引きをしてしまい、深く関わるまいとしてしまいます。

それも間違いではありませんが、線を引き過ぎるとお客さんに対する関心まで失くしてしまいます。

あくまで「仕事」と理解しながらも、その上でお客さんに興味を持ち、そのお客さんの求めるものを自分も一緒に考えていけるようにしましょう。

そうすれば自分もお客さんと一緒に、楽しんで仕事ができるようになるでしょう。

着ている服や持ち物を観察する

例えばあなたがアパレル店員だったら、来店したお客さんのどこを見ますか?

恐らく最初に見るのはお客さんの服装や全体の雰囲気でしょう。

お客さんの服装が自分のお店とマッチしていれば、恐らくお店で買い物をする気があると考えます。

そうしたら初めてお客さんに声をかけに行くというやり方をしている人は少なくはないでしょう。

また、お客さんの身に付けているものが高価なものであれば、「お金を持っているお客」と判断して、やはり積極的に声かけをしていくことがあります。

そのやり方は間違いではありませんが、どんなお客さんでも自分のお客になる可能性はありますので、見た目だけで判断しない方がいいでしょう。

見た目で買い物をするかどうか判断することも必要ですが、お客さんの来ている服や持ち物などを観察することで、そのお客さんがどんなものを買い求めているのかが分かることもあります。

そのため、お客さんの服や持ち物を観察する癖を身に付けましょう。

会話を楽しむ

もしもあなたが買い物をしている時に、声かけをしてきた店員がいかにもマニュアル通りの態度だったらどう思いますか?

恐らくは「何か買わせようとしているのだな」と感じて、早めに会話を切り上げようとするでしょう。

マニュアル通りの接客態度は、お客さんには失礼にはならないでしょう。

けれども「いかにも」という雰囲気ですので、お客さんが警戒したり、つまらなく感じたりします。

一方で、声かけの第一声こそ買い物に繋がるものであったとしても、その後の会話が「買わせよう」というものではなく、純粋に会話を楽しもうとしているものであれば、お客さんの警戒心も多少は薄れるでしょう。

そして楽しく会話が弾めば、お客さんも「こんなに感じのいい店員さんがいるのなら、ここで買おうかな」と思ってくれるようになりますので、一石二鳥になることもあるでしょう。

売ろう!とは思わない

商品やものを「売ろう!」と思うことは大切ですが、あまり「売ろう、売ろう」とすると販売意欲が表に出てしまいますので、お客さんが気付いて引いてしまいます。

接客業はものを売る仕事ですので、最大の目標はお客さんにものを売ることです。

しかし、そればかりを考えてしまうと仕事を「楽しい」と感じ難くなってしまいますし、接客態度もどんどんマニュアルに沿ったものになっていってしまいます。