あなたの周りに、たちが悪い人っていませんか?人を外見で決めつけたり、物事が上手くいかないと人のせいにしたり。

噂話や悪口ばかり言って周りの人を不快にさせるようなたちの悪い人って、日常のどこにでもいると思います。

そんなたちが悪い人の33個の特徴を、場面ごとでご紹介していきます。

もしあなたの周りであてはまる人がいるとしたら・・・付き合い方を考え直す必要があるかもしれません。

たちが悪い人ってムカつきますよね

たちが悪いって、辞書で引くと「物事の性質が良くないことを示す表現」と出てきます。

それを人で例えると、「性格が悪い、悪質であるさま」という意味になります。

要するにたちが悪い人は性格の悪い、嫌な人って意味なんです。

そんなたちが悪い人が側にいると、何だかイライラ、ムカムカすることが多いと思います。

たちが悪い人の言動や態度で、こちらの気分まで不快にさせられると、一緒にいるのも嫌になってきますよね。

でも、日頃からそんな相手のことを「あの人って性格が悪いよね」とは言っても、「あの人って、たちが悪いよね」とはあまり言いませんよね。

それだけ「たちが悪い」という言葉は、日常的にはあまり使われていない表現方法なのかもしれません。

たちが悪い人の特徴33個!

たちが悪い人の意味が分かったところで、実際にたちが悪い人は、

どんな場面でどんな風に周りの人の迷惑になる行為をしたり、不快にさせたりするのでしょうか。

自分の身の回りで「ちょっと嫌だな」と思う人が、実はたちが悪い人なのかもしれません。

これから挙げていく33個の例で当てはまる人がいるとしたら、その人はたちが悪い人の可能性がとても高いです。

ひとつずつ確認していきましょう。

職場

自分の働いている職場で、何かにつけて周りに迷惑をかけたり、他人を不快にさせたりする人っていませんか?どこの職場にも、必ず一人はいると思います。

会社の中では公然と本人が注意を受けることはなくても、暗黙の了解で「問題児」扱いされている人。

不特定多数の人が同じように不快に感じることが多いのであれば、その人はきっとたちの悪い人なのでしょう。

職場におけるたちの悪い人は、どんな困った行動をするのでしょう。

1.自分の手柄にしたがる

二人一組で仕事を任されたものの、もう一人がまったく仕事をせずにサボってばかり。

仕方がないので自分が必死になって仕事を終らせると、もう一人が完了報告だけを進んで上司に行い、

何もしていない相手が上司から褒められるのを見て、何だか釈然としない気持ちになる。

そんな経験が、一度はある人も少なくないと思います。

自分一人ではなく、二人で、またはグループで仕事をしていたのに、その手柄だけは自分のものにしたがる人っていますよね。

そんな人は、まさにたちの悪い人と言えるでしょう。

人の手柄を自分の手柄にしたがる人は、基本的に面倒くさがりの人が多いです。

自分では何の努力もせず、そのくせ手柄は自分一人のものにしたがる。

そんな人は、ダラダラとしながらも、よく他の人の動きを観察しています。

そして少しでも自分に利用出来そうだと思えば、その機会が来るのを虎視眈々と待っているのです。

ちゃっかり者と例えることは出来ますが、それをされる側はたまったものではありません。

2.職権乱用

職場で上司にされて嫌なことの一つに、「職権乱用」がありますよね。

「重役出勤」とも例えられるように、役職を持つと途端に出勤時間に平気で遅れてきたり、態度が横柄になったりする人がいます。

他の人にはきちっと会社の規則を守らせるくせに、自分は破ってばかり。

または、上司という立場を利用して部下に無茶を言い放題。

そんないや~な上司、どこの職場には一人はいると思います。

職権乱用をする人の口癖は皆似ています。

「俺はいいんだよ、でもお前らはダメだ」とか、「上司に口答えするのか」とか、「いいからさっさとやれ」なんて言葉は、日常茶飯事で耳にします。

役職を持てば、それだけ平社員に比べて責任のある仕事も増え、もっとしっかりしなければならないはず。

それを、「偉くなったから何をしてもいい」と勘違いしている人は、間違いなくたちが悪い人です。

人間は立場を与えられれば、ある程度それに見合った人格へと変化します。

しかし、この場合の変化は良い変化とは言えず、勘違いの果ての職権乱用は、その人の人間性の悪さが覗えます。

3.セクハラまがい

ひと昔前に比べて減ったとはいえ、まだまだ職場によってはセクハラまがいな言動が目立ちます。

女性社員が体調不良で休むと言えば「生理か?」と茶化したり、育児休暇を申請すれば「女は家事に専念できるから楽でいいよな」と馬鹿にするような発言をしたり。

中にはコミュニケーションと称して、声をかける時にポンとお尻を軽く叩くなんてこともあります。

肩を叩く程度で「セクハラだ!」と騒ぎ立てるのもあまり良くありませんが、それだけ女性にとってその相手に肩を叩かれる行為は不快だという気持ちの表れです。

例えどんなにささいなことでも、相手がセクハラだと感じた時点で、それは立派なセクハラになってしまいます。

その定義を十分に理解している上でセクハラまがいな行動を取る、たちの悪い人がいます。

そんな人は相手から「セクハラです」と指摘されても、「自意識過剰じゃないのか?」などと、反対に相手を責めて精神的に苦しめるようなことをします。

4.媚びる

自分では何の努力もせずに、人に媚びて自分の都合の良いようにしてもらう人って、職場でも時々見かけると思います。

特に女性に多く、口が達者で要領の良い人は、相手に媚びることで常に自分の立場や都合が良くなるように仕向けます。

例えば上司から面倒な仕事を任された時、利用出来そうな男性社員を見つけると、

「ねえ、良ければ私の分もお願い出来るかなぁ?」と猫なで声で擦り寄ってお願いする、

または仕事はろくにしないのに、上司にお茶を淹れてニコニコとご機嫌取りをする、など、とにかく自分が楽で有利になるように常に行動します。

周りの人、特に同じ女性からするととても見ていて不快になる行動ですが、本人はどこ吹く風で自分の好きなように振舞います。

5.簡単なミスをする

たちの悪い人は、物事に対して大雑把で、注意力も足りていない人が多いです。

一つひとつの仕事にきちっと集中して取り組まないため、簡単なミスをすることも良くあります。

そこで次からは気をつければ良いものの、自分のどこが悪いのかを考えずにそのまま行動するため、同じような簡単なミスが何度も続きます。

挙句の果てにはそのミスを他人や会社のせいにしたり、文句を言って自分のミスを認めなかったりします。

また、最悪の場合はミスした事実を他人に擦り付けて自分は知らんぷりをすることもあります。

自分一人で何度もミスをするのも会社にとってはデメリットですが、他人を巻き込むことも止めて欲しいですよね。

6.言葉を選ばない

たちが悪い人は、どんな場面においても言葉を選びません。

例え周りの空気が「黙っていたほうがいい」となっていても、平気でその空気をぶち壊すような発言をします。

意図して言葉を選ばない時もあれば、無意識に言ってしまうこともありますが、たちが悪い人は大抵が悪意を持って相手を不快にさせる発言をします。

例えば懸命に努力をしているのに、中々仕事の成果が上がらない人がいるとします。

その人が精いっぱい努力をしているのは周りの人も分かっているので、例え仕事の出来がいまいちでも、皆それとなく努力を認める言葉をその人にかけます。

しかし、たちの悪い人は「どんなに努力しても、成果が得られないんじゃあ意味ないよね」などと、その場の雰囲気が悪くなるような発言を平気でします。

その言葉が例え真実に基づいていた内容であっても、相手を気遣ったり、場の空気を読んだりはしません。

だからこそ、たちが悪いのです。

7.帰る準備が早い

たちが悪い人は、仕事でもマイペースな姿勢を崩さないため、終業が近くなると早々と帰る準備をする人が多いです。

もちろん帰る準備が早い人の全員が、たちが悪い人というわけではありません。

しかし、周りが困っていたり、全員が協力しながら仕事をしている時でも、

まったくそれに構うこともなく一人だけ先に帰ろうとすることが多い人は、たちが悪い人の可能性があります。

誰でも定時に退社したいと考えていますし、用事があれば早々と帰ることもあります。

しかし、毎日のように周りの様子を気遣うことなくさっさと帰る人は、実はたちが悪い人ということもあります。

8.休みを取ると嫌な顔をされる

たちが悪い人は、「自分は良くても相手はだめ」といった少々意地悪な一面があります。

そのため、職場で誰かが休みを申請したり、実際に休みを取ったりすると、嫌な顔をしてみせたり、「自分だけゆっくりしてきたんだね~」などと嫌味を言ったりします。

誰でも休みの申請をする自由はありますし、なにも悪いことではありません。

しかし、たちが悪い人は自分以外の人が休みを取ると、わざとらしくそれを責めるような発言をすることが多いです。

一方で、自分は長々と有休を使って旅行へ行ったり、頻繁に休みを取ったりもします。

例え忙しい時期であっても、「休みを取るのは個人の自由だ」と堂々と主張して休みを取ります。

そして繁忙期で周りが忙しさで疲れている最中、「とっても楽しかったよ~」と平気で自分の休みの間の自慢話をしてきたりもします。

もし、休みを取ることで誰かに一言文句を言われようものなら、「社畜じゃないんだから休みくらい好きに取ったってかまわないだろう!」

と声高に自分の行動を肯定し、反対にこちらを責めるようなことを言う可能性もあります。

そのくらい、たちが悪い人は自分は良くて、相手はだめという考えを持っている人が多いです。

9.理不尽なクレーム

たちが悪い人は、ことあるごとに理不尽なクレームをつけることが多いです。

例えばある仕事を部下に任せ、その部下が期限までに仕事を終わらせることが出来なかったとします。

当然それに対し部下を叱りますが、叱られた部下は反省するどころか、

「こんな仕事をそんな短期間で出来るわけないじゃありませんか!」と逆に上司にクレームをつけます。

仮に任せた仕事の内容が、本当に短期間で出来るものではなかったとしても、

それならば仕事を任された時に、「この仕事だともう少し期間がかかってしまいそうなのですが・・・」と上司に相談するべきでした。

しかし、それをせずに一方的に「無茶な要求をしたのはそちらだ」と理不尽なクレームをつけてくる・・・たちが悪い人はこのようなことを悪びれなく行うことが多いのです。

たちが悪い人のクレームは、いつも理にかなっておらず、説得力のない内容であることが少なくありません。

そしてそれを当然のように訴えてくるので、周りの人は手を焼いてしまいます。

飲み会

忘年会や新年会、歓送迎会などでは飲み会で盛り上がりますよね。

また、週末の仕事帰りや友人同士の集まりなどで、人数が揃えば自然と食事から飲み会の流れになると思います。

皆で楽しく飲んで酔って、充実した時間を過ごすのが理想ですが、そこに一人でもたちの悪い人がいると、

その場の雰囲気が悪くなってしまったり、皆で楽しくお酒を飲めなくなってしまったりします。

仲間内だけの飲み会であればまだしも、もしそれが合コンや出会いの場だったりしたら、結果は言わずもがなになってしまいますよね。

お酒の席での失敗は誰にでもありますが、たちの悪い人ではそれが恒例になってしまって、反省もせずにけろっとしている人が多いです。

飲み会では、どんなたちの悪さが問題になるのでしょうか。

10.酒乱

酒に乱れると書いて、酒乱といいます。

その字の通り、お酒を飲んで前後不覚になり、理性を失って暴れまわる人ほど、迷惑なものはありません。

飲み会は大抵居酒屋のようなお店で行いますが、店内で暴れまわると自分たちだけでなく、他のお客さんやお店にも迷惑をかけてしまうことになります。

10人で飲み会を開けば1人は酒乱の人がいますが、その人に振りまわされる他のメンバーはたまったものではありません。

時にはバーのように、ゆったりとした静かで落ち着いた空間でお酒を楽しむこともありますが、

そんなお店で暴れればその人だけでなく、一緒にいたメンバーもお店から出禁を食らってしまう恐れがあります。

もっとたちが悪いと、酒乱になった張本人は次の日にはけろっとして、自分がしでかしたことを全部忘れてしまっています。

本人が覚えていないと、周りが何度注意をしてもまったく効果はありません。

そしてまた同じことを繰り返すため、一緒に飲む人は苦労が絶えません。

11.酔い潰れる

お酒に呑まれてしまって酔い潰れる人も、中々にたちが悪いです。

酒乱に比べると一人でぐったりと潰れているため放っておいても大丈夫な気がしますが、

その状態から突然吐くこともありますし、酔い潰れて寝てしまうと、どんなに揺すっても声をかけても起きないことが多いです。

もし目を覚ましても、お酒のせいでまともな受け答えが出来ないため、解散の時間になってもそのまま放置することも出来ません。

特に潰れたのが女性の場合、危なくて一人で帰らせることも出来ません。

せっかく皆で楽しく飲んでいたのに、最後の最後に面倒をみなくてはならないため、一緒にいるメンバーは大変です。

12.ベタベタする