みなさんには“一生の友”や“親友”と呼べる人がいるでしょうか?

「この友情は一生続くに違いない!」と確信していた友情に限って、案外あっけなく崩れてしまうことも…!?

中でも女性の友情は非常に複雑で薄っぺらいらしいのですが、…一体どういうことなのか気になりませんか?

そこで今回は、“女性の友情が一瞬で壊れる7個の瞬間”や“友情が崩れそうになったときに仲を修復する方法”、“一生の友達になる人の特徴”をご紹介したいと思います!

現在そしてこれからの友情を育んでいくのに参考になる情報を沢山ご紹介していくので、是非最後まで目を通してみて下さいね。

「ずっと仲良しだよ!」そう言っていたのに女の友情って実は薄っぺらい!?

「ずっと仲良しだよ!」「私達一生友達だよね!」…そう言っていたはずなのに、実は女の友情って案外脆くて薄っぺらいとも言えるのです!

例えば、「友達より恋人の方が大事になった」とか「環境が変わって新しい友達ができたと同時に、今までの友達との付き合いが全くなくなった」なんてことも、女同士の友情ではよくある話かもしれませんね…。

特に女子は群れるのが好きな生き物なので、“その場だけ”や“期間限定”の付き合いもよくあると思います。

「学生時代の友達は一生の友達になる」とも言われたりしますが、学生時代の友達の中には、“○○の講義で一緒になる友達”とか“○年生の時だけ仲良くしていた友達”といった感じの付き合いもありますよね?

もちろん全ての友情が薄っぺらいとは言いませんが、友情とはお互いに相手の事を同じくらい大切にしないと続かないものでもあります。

さらに、損得勘定なしで一緒にいられる、というより「一緒にいたい」と思える相手でないと、一生の友達にはなれないでしょう。

なので、例え交友関係が長く続いていたとしても、どちらか片方の我慢(何らかの理由で仕方なく仲良くしている状態)によって成立している様な友情なら、それは“親友”とは呼べないかも…。

“大切のバランス”と“損得勘定なしの関係”が重要だと考えると、女同士で一生の友情を育むのは気の合う恋人を見つけるのと同じくらい難しいものなのかもしれませんね。

友情が一瞬で壊れる7個の瞬間とは?

「女の友情は薄っぺらく脆い」と話しましたが、「一生ものだ」と思っていた女の友情が崩れる原因とは具体的に何なのでしょうか…?

という訳で続いては、“女性の友情が一瞬で壊れる7個の瞬間”をご紹介します。

みなさんも以下の状況にならない様に気を付けた方が良いかも…!?

男女関係のもつれ


女同士の友情が確実に崩れる要因として、まず考えられるのが男女関係のもつれでしょう。

「友達の恋を応援すると約束していたのに、その友達が好きだった男性を横から奪った」とか「友達の彼氏と知りながら好きになってしまい誘惑していた…」など、まるで昼ドラの様なドロドロの恋愛事情…。

そういう友達を挟んだ恋愛トラブルは高確率で女同士の友情を壊します。

また、上の様な殺伐とした状況でなくても、「彼氏ができてから女友達との付き合いが悪くなった」とか「彼氏ができてから性格が変わって付き合い辛くなった」というパターンで関係が崩れる事もあるかもしれませんね。

友達よりも恋人を大切にしたい派だったり、好きな人の好みに染まりやすい友達がいる人、あるいは自分自身がそういうタイプだという人は、友達付き合いをする上で気を付けた方が良いでしょう…。

彼氏を略奪された

上でも少し触れましたが、「友達に彼氏を略奪された」というのも女同士の友情が崩れる原因になります。

友達の彼氏だと知らずに好きになってしまうのは仕方がないにしても、友達の彼氏と知っていながら手を出してしまうのは、その友達に対する完全な裏切り行為ですし最悪ですね…。

人のモノを奪うのは常識的に考えたらダメですし、そんな事をすれば相手(友達)の信頼を失うのはもちろん、周り(特に共通の友達)からの評価はダダ下がりでしょう。

それに「友達の彼氏に手を出す様な女」だと分かれば、他の女友達も被害を受けない様に距離を置くと思います。

なので間違っても、友達の彼氏を略奪する立場にはならないで下さいね?

とにかく、自分の友達に彼氏を奪われたというのは相当ショックだと思います。

彼氏を見ず知らずの女性に取られる事自体許せないのに、略奪してきたのが自分の女友達となれば裏切られた感も大きいですよね…。

どんなに心が広い人でも、裏切られた相手に対して「これからも友達として仲良くしていこう」とは流石に思えないでしょう。

仮に友達関係を続けるとなれば、その友達が奪われた彼と仲良くしている事が嫌でも分かってしまいます…。

そんなの耐えられませんよね?

だから、友達の彼氏を奪ったor奪われたとなれば、その友達との関係は確実に崩壊すると言えるのです。

彼氏と隠れて会っていた

自分の彼氏と友達が隠れて会っていた、というのも友情が崩壊する原因になるでしょう。

隠れて会うとか内緒にするということは、やましい気持ちがある証拠でもあります。

ただ、あなたに内緒で彼氏と友達が会っていた理由が、あなたの誕生日にサプライズを仕掛ける為とかだったら話は別ですよ?

そういう平和的な理由なら友情が壊れることもないでしょう。

ですが、それ以外の理由で隠れて会うとすれば、お互いに異性として意識しているから、と考えるのが妥当だと思います。

端的に言えば、浮気と同じですね…。

そうなれば、友情の崩壊も避けられないでしょう。

相手の彼氏を好きになってしまった

相手の彼氏を好きになってしまった場合も、状況によっては友情が崩壊する恐れがあります。

友達の彼氏と知っているなら恋愛対象から外すのが基本ですが、「友達の彼氏だと知らなかった」という事であれば、好きになってしまうのも仕方がないと言えます。

ですが例え知らなかったとしても、友達の彼氏だと気付いた時点で大人しく身を引くのが正しい対処法と言えるでしょう。

その友達とこれからも仲良くして行きたいのなら尚更、「好きでい続けるくらいなら良いだろう」とか「略奪しよう」などと考えてはいけません!

そうやって彼への思いを忘れて、何事もなかったかの様に振舞うことができれば、友情は崩れることもないでしょう。

しかし問題は、友達の彼氏を好きになってしまった事が相手(友達)にバレてしまった場合と、彼の事を忘れられなくなってしまった場合です。

前者の場合は、彼氏を略奪されるのを恐れて、あるいは何となく気まずくなって、相手が自分から距離を置く可能性があります。

後者の場合は、好きな人と友達が仲睦まじくしているのを知るのが耐えられなくて、自らその友達と距離を置きたくなる可能性もあるでしょう。

こうなってしまうと、友情が崩壊するのも避けられないかもしれませんね。

お金の貸し借りで揉めた

お金の貸し借りで揉めて友情が崩れるパターンもあるでしょう。

特に借りた金を返さないのはダメですね。

こんな事をされたら「どんな理由があっても、もう二度とあの人にはお金を貸したくない」と思うでしょうし、そういう約束を守れない・常識がない・信用できない人とは友達として付き合い続けるのも難しいでしょう。

逆に、「お金を借りようとしたら友達に貸して貰えなかった」とか「友達にお金を借りたら多額の利子をつけられた」といった理由で喧嘩をして友情が崩れたというパターンもあるかもしれませんね。

酔っぱらって相手に暴言を吐かれた

酔っぱらった勢いで友達に暴言を吐かれ、そこから関係がギクシャクしてしまった…というケースもあるみたいですね。

相手に悪気がなかったとはいえ、暴言を吐かれた方は良い気分はしないでしょう。

それに「お酒が入ると本音が出る」とも言われていますし、暴言を吐かれて「この人は自分に対してそんな事を思っていたのか…」と知って気まずくなってしまう場合もあると思います。

「酒は飲んでも飲まれるな」と言いますが、友情を壊さない為にも飲み過ぎには注意しましょう。

陰で悪口を言われていた

陰で自分の悪口を言う様な人とは、友達として付き合っていけないでしょう…。

悪口を言うということは、相手の事を尊重していない・見下している証拠でもあります。

それが冗談や軽口の一種だったとしても、自分の知らないところでバカにされていたと知れば、誰だって良い気はしないでしょう…。

恐らく、その相手を友達として受け入れられなくなるでしょうし、今後も「自分の悪口を言い触らす嫌な人」としてしか見れなくなってしまうと思います。

そもそも、他人の悪口を言う人間は周りからの信用も得られませんし、人の気持ちを考えられないので、一生の友達には向かないとも言えるでしょうね。

みんなの前で秘密をばらされた

みんなの前で秘密をバラされるのも許し難い行為ですよね…。

こちらはその友達の事を信じて秘密を打ち明けたのに、それを平然とバラされてしまうのは裏切られたも同然ですし、信用できない人とは友達として付き合って行けないでしょう。

自分と相手に差が生まれた

自分と相手に差が生まれると、関係がギクシャクしてしまう事もあります。

例えば、主婦と会社員といった立場の差・頭の良さの差・金銭感覚の差など。

最初は些細な差でもズレが積み重なることにより、「この人とは合わない」「一緒に居ても楽しくない…」と感じる様になってしまうのです。

話が合わなくなった

先程の「自分と相手に差が生まれる」という話ともリンクする部分がありますが、相手と話が合わなくなってくるのも友達関係が崩れる原因になるでしょう。

例えば、以前は同じ趣味の話題で盛り上がれたが、相手の趣味が変わってから話していても「楽しい」と感じなくなってしまった…となると、自然と疎遠になってしまうと思います。

ただ、環境が変わったり時間が経てば価値観が変わる事もあるので、これは仕方がないとも言えるかもしれませんね…。

仲を修復する方法


どんなに気が合う相手でも、付き合いが長くなれば1度くらいは喧嘩をする事もあると思います。

というより、相手ともっと仲良くなりたい気持ちがあるからこそ、「私の気持ちを分かって欲しい」という思いで、つい言い過ぎたりしてしまうものかもしれませんね。

だから元々仲が良い人同士の喧嘩は信頼の表れとも言えるでしょう。

「喧嘩するほど仲が良い」という言葉もありますしね。

それに、喧嘩はお互いの本音を知るきっかけにもなります。

もちろん内容や状況にもよりますが、考え方次第では喧嘩はそこまで悪いものではないのかもしれません。

とはいえ、当人達にしてみたら避けられるのがベストでしょうし、大事な友達と喧嘩をしてしまえば気分も最悪でしょう…。

きっと多くの人が「すぐにでも関係を修復したい!」と考えると思います。

でも、仲直りって意外と難しいんですよね…。

些細な口喧嘩程度なら一言謝罪すれば済むかもしれませんが、初めての喧嘩や今までとは比べ物にならないくらい大きな喧嘩をしてしまったときは、仲直りするのも一苦労だと思います。

そこで続いては、“喧嘩をしてしまった友達との仲を修復する方法”をご紹介します!

大事な友達と喧嘩をしてしまった際は、次の方法を是非参考にしてみて下さいね。

自分の悪いところを見つめ直す

まずは自分に悪いところがなかったか、振り返ってよく考えてみましょう。

仮に、「悪いのは完全に相手の方!」とか「一方的に喧嘩を吹っ掛けられた!」という場合であっても、最終的に喧嘩をしてしまったということは、こちらの対処が悪かったとも言えるのではないでしょうか?

「相手が理不尽に八つ当たりをしてきた!」と思っても、実際は相手の機嫌を損ねる様な言動を無意識の内にこちらが取っていた…という可能性もないとは言い切れません。

自分の悪いところを見つけたらしっかり反省し、次のステップに進みましょう。

謝る

自分の悪いところを見つめ直したら、次は謝る段階に進みます。

ベストなタイミング(これについては後で詳しく説明します)を見計らって、こちらから謝るのがスムーズな仲直りの仕方と言えるでしょう。

ただ、相手が全面的に悪い場合は、「向こうから謝ってくるまで、こちらからは絶対謝らない!」と思う人もいるかもしれませんね。

確かに、自分は悪くないのにこちらから謝るのは変な感じがしますし、「謝罪は自分の負けを認めるみたいで納得できない!」という気持ちもあるでしょう。

しかし、相手も自分に非があると分かっているからこそ、どう謝罪して良いか分からなくなっている可能性がありますし、「酷い事を言ってしまったし、謝っても絶対に許して貰えない」と思い込んで謝り辛くなっているとも考えられます。

そんな相手から謝って貰うのを待っていたら、いつまで経っても仲直りできないと思いませんか?

謝るタイミングが先になればなるほど、溝が深まり関係の修復も難しくなってしまいます。

だからこそベストなタイミングでこちらから謝ってあげた方が、スムーズな仲直りができるのです。

ちなみに、謝る際は「ごめんなさい」の言葉と共に、自分が何に対してどんな風に反省しているか、を相手に伝えてみて下さい。

反省の念や「仲直りしたい!」という誠意が謝罪から感じられれば、相手も許してくれるはずです。

それから、自分の気持ちに折り合いをつけてから謝る様にしましょう。

自分の中できちんと納得できていない状態だと、「どうして自分が謝らなければならないんだ…」といった気持ちが態度に出て相手にも伝わってしまい、謝って仲直りするはずだったのに再度喧嘩が勃発してしまう…なんて事にもなりかねないのです。

確実に仲直りをしたいのなら、謝罪の前に気持ちの整理をしておくのも大切という話ですね。

相手を許す

自分の悪いところを反省し謝ることも大切ですが、何より重要なのは相手を許すことになります。

相手を許せなければ自分の中で気持ちの整理もつけられませんし、許せていない段階で相手に謝られてもスッキリしないでしょう…。

なので、謝る準備ができるまでは相手となるべく接触しないのもポイントです。

それが難しいなら、謝る前の言動には十分気を付けて下さい。

喧嘩をしている最中(謝るまで)というのは、お互いに目が合ったり、相手の何気ない態度が癪に障りイライラしてしまう事もあると思います。

ちなみに、例えこちらに悪気がなくても相手がどう思うかが基準となるので、相手の機嫌を損ねない様に慎重に行動するのも仲直りへの近道と言えるでしょう。

話を戻しますが、相手の事を考えてイライラモヤモヤしてしまうのは、相手を許せていない証拠です。

もし心の底から「今後も友達として関係を続けていきたい」と思う相手でないのなら、無理に許して仲直りする必要もないのでしょう。

しかし、「今後も仲良くしていきたい」「関係を修復したい」という思いが少しでもあるのなら、相手を許さなければいけません。

「許したいのに許せない…」と思ったときは、“相手の為”に許すではなく、「“自分の為”に許そう」と考えてみてはいかがでしょうか?

相手を許すことができればモヤモヤした気持ちからも解放されますし、相手を許すことは自身の成長にも繋がるはずです。

喧嘩の内容をぶり返さない

相手に謝って和解できたと同時に、気が緩んで喧嘩の内容をぶり返してしまう人がいます。

例えば、謝った後に「実は喧嘩した時に私は納得できてなかったんだけど、もう何とも思ってないから!」と余計なことを言ったり、「今考えても、あなたが言っていた事は間違っていたと思うよ?」などと指摘したり…。

それだとせっかく仲直りしても、相手に不快な思いをさせたりその後の関係にも悪影響を及ぼす恐れがあるので絶対NGです!

仲直りをしたのなら、喧嘩の事は水に流して綺麗さっぱり忘れるのが無難でしょう。

それに嫌な事をわざわざ蒸し返すのは、相手の信頼を失うだけでなく、他の人からの評価も下がるので気を付けて下さい。

言い訳をしない

相手と仲直りをしたいのなら、言い訳をしない様にしましょう。

特に「私は悪くない…」みたいな自分の非を認めない言動は、見ていて見苦しいですし相手の怒りを煽るだけです。

謝罪は仲直りに必須ですが、その謝罪で重要なのはどれだけ誠意を感じられるかになります。

言い訳は誠意に欠ける行為なので、やはり自分の悪いところはしっかり認め潔く謝るのが大切ですね。

時間を置く

友達と喧嘩をしてしまったときは一旦時間を置き、お互いに冷静になる必要があります。

喧嘩直後に謝っても相手が頭に血が上っている状態だと許して貰えない可能性大!

仲直りはタイミングが非常に大切なのです。

ベストなタイミングは喧嘩の翌日、かつ相手が忙しくない時間帯と言えるでしょう。

まず、一晩時間を置くことで睡眠を挟むので頭の中がリセットされますし、感情も喧嘩した日に比べ確実に落ち着きます。

また、相手が仕事などで忙しくない時間を狙って謝罪することで、忙しさでイライラしている状態を避けられますし、じっくり話を聞いて貰えるでしょう。

それから「時間を置く」とは言っても、あまりに長い期間喧嘩状態を放置するのは良くありません。

上でも説明しましたが、喧嘩してから時間が経過した分だけ二人の溝も深くなりますし、仲直りできない状態が続けばお互いの心も自然と離れて行ってしまうのもなのです。

だから喧嘩の翌日、または遅くても1週間以内には和解できる様にしましょう。

一生の友達になる人の特徴は?

続いては“一生の友達になる人の特徴”をご紹介します!

周りにいる友達はもちろんですが、あなた自身がどれだけ当てはまるかもチェックしてみて下さい。

友達だけ当てはまっても、あなた自身がその相手から「一生の友達でいたい」と思って貰えなければ一生の友情は成立しません。

だから、あなた自身も以下の特徴に当てはまる必要があるのです。

「一生の友達が欲しい!」という人は、以下の特徴に当てはまる人を探してみると良いかも?

もしかしたら最近知り合った人の中にも当てはまる人がいるかもしれませんよ!
それでは早速見ていきましょう。

口が堅い

仲の良い友達同士ならお互いの秘密を共有する事もあるでしょう。

それも「この人なら私の秘密を内緒にしてくれるだろう…」と、相手を信頼している証拠だと思います。

ですが、もしその相手が口の軽い人だったら、教えた秘密を他の人に言い振らされたりする恐れもあるでしょう…。

みなさんは他人の秘密をペラペラ喋ってしまう様な人と、一生の友達でいられるでしょうか?
恐らく難しいでしょう。

もちろん友達として長くお付き合いすることは可能でしょうが、相手の事を心の底から信頼することはできませんよね?

それに秘密を共有することで絆が深まるとも言えます。

ですが、「秘密をバラされるかも…」と分かっている相手に自分の秘密は言えないので、その関係性も自然と薄っぺらいものになってしまうのです。

秘密や本音を言えない上辺だけの関係では、「本当の友達」とは言えませんよね?

そもそも一生の友達と言える関係なら、秘密を打ち明けられたとき、それがどんな内容であっても誰かに話したりは絶対にしないはずです。

一生の友達というのは、1人では抱えきれない重大な秘密を打ち明けられる様な相手。

だからこそ、口が堅い信用できる人は「一生の友達」になりやすいのです。

いつも味方でいてくれる

例え周りの人達が敵になっても、どんな状況でも自分の味方でいてくれる様な友達は一生の友達になれるでしょう。

一生の友達とは見返りを期待せず損得勘定なしで一緒にいられる友達の事。

だから、こちらに勝ち目のない不利な状況でも、こちらの味方をすることで自身の評価が下がったとしても、傍に居続けてくれるのです。

どんな状況でも自分を見捨てないでいてくれる友達なんてなかなか出会えません。

もしそういう友達がいるなら、その人の事をとても大切にしてあげて下さいね。

辛い時に支えてくれる

自分が辛い時は必ず支えてくれるのも、一生の友達になれる人の特徴です。

辛い事があって落ち込んでいるときというのは、下手に薄っぺらい励ましの言葉をかけられるより、黙って傍にいてくれる方が何倍も力になってくれるものだと思います。

一生の友達になれる人も、こちらが何も言わなくても辛い思いをしているのを察知して、何があったのかはあえて聞かず、傍に居てそっと支えてくれる様な人でしょうね。

嫌なことがあったら聞いてくれる

嫌な事があったら話を親身になって聞いてくれるのも、一生の友達になれる人の特徴です。

ネガティブな話や愚痴や文句などは聞いていてあまり良い気分はしないので、適当に聞き流してしまう人も多いのでは?

しかし、これが大事な友達の話となると、不思議と「どんな内容でも最後まで真剣に聞こう」と思えるものですよね。

きっと、それが真の友情なのでしょう。

他にも深刻な相談を持ちかた際に、自分の事の様に一緒に悩んだり解決策を考えてくれる人も、一生の友達になれると思います。

何かあったら飛んできてくれる

自分に何かあったとき、どんなに忙しくても時間を作って飛んできてくれる様な友達との友情は一生続くでしょう。

そして、辛い事も嫌な事も忘れさせてくれるのです。

みなさんにはそういう自分の為に行動してくれる友達、あるいは自身が「この人が辛い時は、傍に居てあげたい…」と思える様な友達はいますか?

もしいるなら、その人との友情を大切にして下さいね。

自分のことを分かってくれる

一生の友達になれるのは、自分のことを分かってくれる人になります。

上辺だけの付き合いの場合、友達と思っていても相手の嫌な部分を見て「耐えられない」「無理」と感じれば、自然と疎遠になってしまうものです…。

しかし、真の友達は相手の嫌なところを見ても簡単には離れて行きません。

こちらの長所も短所も理解した上で、全てを受け入れてくれるのです。

そう考えると、友達というよりは家族の様な存在に近いかもしれませんね。

お互いに好きなものや嫌いなものを把握しており、一緒に居てラクな相手は一生の友達になれるでしょう。

笑いのタイミングが合う

笑いのタイミングが合うということは価値観が合う証拠でもあります。

一緒にテレビを見ていて同じタイミングで「クスッ」ときたり、話をしていて同時にツボったり…。

友情だけでなく恋愛もそうですが、価値観が自分と近い相手の方が良好な関係を築きやすいと言われています。

つまり、友達として一生付き合っていくなら自分と似ている人を選ぶと良い、という事なのかもしれませんね。

時には叱ってくれる

一生の友達になれる人は良い事ばかりではなく、時には嫌な事や言い難い事を言って、きちんと叱ってくれます。

上辺だけの友達相手だと本音よりも建前で接してしまいますが、真の友達同士なら腹を割って本音で接することができるのです。

ダメなところをダメと叱ってくれるのは、相手の事を思っての行動ですし、「この人なら、自分の意見を聞いて直してくれるはず」と相手を信じているからこそ指摘してくるとも考えられます。

例えそれが原因で喧嘩になっても、関係がそれっきりにならなければその友情は一生ものだと思って良いでしょうね。

気を使わない

上でも「一緒の友達になれるのは、家族みたいな存在の人」と話しましたが、変に気を遣わずに自然体で居られる相手も一生の友達になれるでしょう。

例えば一緒にいる時に沈黙が続いても、それを「気まずい…」とは思わず「黙っていても居心地が良い」と感じられるのです。

そんな風に気を使わなくて済むのは、「良い友達を演じようと無理をしなくても友達関係が崩れる事はない」という自信があるのと、「この人ならどんな自分も受け入れてくれる」という相手への信頼がある証拠でもありますね。

ただ、「気を使わなくて良い」とは言っても、それぞれが好き勝手行動するのではなく、ちゃんとお互いに相手の事を大切にし尊重できるかも、一生の友情を築いていくポイントとなるでしょう。

無理に仲直りすることはない!本当に大事な友達を見つけよう

今回は“女性の友情が一瞬で壊れる7個の瞬間”や“友情が崩れそうになったときに仲を修復する方法”、“一生の友達になる人の特徴”をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

もし「この人とは合わないな」とか「関係を続けていくのは難しいかも」と感じる相手と喧嘩をしてしまった場合は、無理に仲直りする必要はありません。

合わない人と我慢して関係を続けるくらいなら、心から大切に思える友達を見つけましょう!

それから上でも話しましたが、一生の友情を築きたいなら相手に求めるばかりではいけません。

自分も相手に「一生の友達でいて欲しい」と思われるだけの人間になる必要があります。

大切な友達なら相手の事を思い遣って、より良い関係を築いていきたいものですね。