聞く姿勢というのは傾聴と少々似ているかもしれません。

傾聴というのは耳を傾ける事という意味で、人の話を聞く事にあります。

ただ聞くと聴くでは意味合いが大きく変化してくるので、ご注意下さいませ。

聞くというのは文字通り単純に聞くだけなので、ただ耳に入れているだけの姿勢となります。

はっきり言えば耳が聞こえている方なら誰にでも出来る行為ですね。

しかし聴くというのは理解を聞くという意味になりますので、全然違った意味といっても良いでしょう。

聴く姿勢を持つためのポイントとは?そしてそのメリットに関してお伝えしていきましょう。

聴く姿勢を持つために心がけたい8個のポイント

単純に聞くだけなら誰でも出来る事なのですが、聴く姿勢を作るとなるととても難しいと思って下さい。

慣れればそうでもないのですが、どういう所に気を付けなければならないのかという点が大きいですね。

ポイントとしては集中力を上げる、真剣に聞く事を最優先して下さいませ。

これが出来るようになってくると、仕事でも指示の受けミスやケアレスミスなどを防ぐ事が可能です。

1.集中力をあげる


聴くというのは集中力が必要になります。

誰かの話を聞く時は、基本的に耳に集中していなければいけません。

そうしない限り、話が上手く聞き取る事が出来ないのですよ。

別に相手の愚痴や単なる世間話くらいでは集中力を使う必要はありません。

ただ仕事上や、相手から依頼されるような事は、集中しないと話を聞き逃してしまうでしょう。

聴くためにはまず集中する事ですね。

集中力というのは人間にとって当たり前にある能力なのですが、あなた自身の集中力はどのくらいでしょうか。

そもそも物事に対して、集中する事はできますか?

人間の集中力というのは、人によって個人差があります。

一般的には通常は7秒しか持たないと言われており、魚類の金魚ですら10秒持つと言われているのです。

はっきり言えば金魚にも劣る集中力ですね。

しかし集中力は人によって個人差があるように、1時間のみ集中できる人間や、条件次第で集中できる人間、最強にすごい人間だと24時間集中できる人間もいるほどです。

ちなみに私の集中力は調子が良くて、最高でも3時間となります。

体調や空腹時ですと集中できなくなってしまうので、万全のコンディションで行う事が大切です。

聴くためにはまず話に集中すること

集中力を付けるトレーニングをする前に、体調や空腹には気を付けましょう。

万全のコンディションを常に維持する事が大切ですよ!

何故万全のコンディションを必要かと申しますと、集中力というのは物凄く気力を使用するからです。

空腹時といっても飢餓状態が続いてしまうと、結構苦痛だったりします。

特にダイエットしている方などは、食事制限などによって食べる量が少ないため、常に集中できないんですよ!

ぼーっとしていたり、むらっけのある状態に仕上がってしまいます。

そして体調ですが、体調が悪いと集中する事が出来ません。

軽度であれば、反対に集中力をアップする事が出来る事もあります。

しかし体調があまりにも悪いと、話の内容が頭に入る事が出来ないのです。

実際私自身が体験して、これは集中できないと感じましたね。

話に集中する際の注意点としては、見くびらない事です。

心構えとしては適当に聞かないようにしましょう。

2.真剣に聴く


話を聴く姿勢として、真剣に聞くようにしましょう。

あくまでも純粋に相手の話を最優先に聴く事を、心がけて下さいませ。

当人的には真剣に聞いているつもりでも、集中力が足りないと真剣に聞く事が出来ません。

結構むらっけのある方だと、すぐあきてしまったりするんですよね。

話を聴く姿勢としては、相手の話のみに集中するようにしましょう。

真剣に聴くというのは、そういう事です。

何かしながら聴いたりしない

これは人によるかもしれません。

もちろん相手の話を聞く際は、何かを聞きながら聴くのは失礼に当たります。

よくイヤホンで音楽を聞きながら相手の話を聞く人っていますよね?

自分は良いかもしれませんが、相手からすれば話を聞く気がないと思われてしまうため、大変失礼に当たると思って下さいませ。

基本的には何かを聞きながら聴く事はないかもしれませんが、状況にもよります。

それはレストランなどのような人がたくさんいるような場所や、常に音楽が流れているような場所は集中する事が出来ません。

喫茶店やレストランに入ると、音楽って当たり前のように流れていますよね。

私自身耳はとても良い方で集中していると、他の声も拾ってしまう事があるので、正直そういう場では集中力が欠けてしまいます。

仕事場ではそういう事はないでしょうが、重要な話をする際こういう落とし穴もあるという風に頭においておくと聴く姿勢がスムーズに作れるようになるでしょう。

3.相手の伝えたいことをまとめながら聴く

あえて言いますが相手の話を全て聞く必要はありません。

どういう事かと申しますと、中には説明や話をするのが下手くそな方もいるからです。

大体お母さん世代や女性というのは、基本的に時系列で物事を話します。

時系列で物事を話されると、肝心な部分が見えにくく何が重要なのか分からなくなってしまう事が多いのです。

だたこれは相手にもよりますし全てではないのですが、不必要なワードは削除するようにして下さい。

自分の頭の中で、相手の伝えたい事のキーワードをまとめておくとスムーズにいけます。

何が重要なキーワードになるかは会話次第の為何ともいえませんが、時間や日にちや何が必要であるかという部分は聞き逃さないようにしましょう。

集中力だけではなく理解力も必要になってくるので、結構大変です。

まずは集中力のみ身に付ける事からやっていって下さいね。

頭の中で理解しながら要約していく

頭の中で理解するというのは結構大変な作業です。

仕事であればメモを取りながら理解し、要約していく事が基本となります。

しかしメモがない状況もあるので、いざという時頭の中で理解しながら要約出来るように癖を付けておくのも大切ですよ!

理解力も大切ですが、イメージが出来るようになればもっと良いですね。

イメージが出来るようになれば、どういう状況になるか簡単に判断する事が可能です。

そのイメージ内でどういう問題点が生み出されるか、どういう解決策が必要になってくるのか理解する事が出来ますよ。

単純に話を聞く事は出来ても、聴く事が出来ない人が多いというのはそういう所だったりします。

聴く事が出来るようになれば、相手の話の裏と意図が気づけるようになるでしょう。

4.自分のことばかり話さない

自分の事ばかり話すのは良くありません。

聴く姿勢が出来ていない証拠です。

別に全く話すなという訳ではないですよ。

あくまでも話過ぎるのはほどほどにして下さいという事ですね。

自分の事ばかり話すような人間って、どう思いますか?

必要最低限の事であればよいのですが、聞かれてもいないような話をべらべらと話され、自分の話を聞かないような人間というのは、相手を理解する気がないと判断されてしまいます。

こういう人間の話って大体薄っぺらくつまらないようなものが多いんですよ。

自分の話より相手の話に夢中になろう

仕事であれば良いのですが、相手の話に集中して下さいませ。

正直夢中になれるかどうか、それは相手次第だったりしますけどね。

仕事の話であれば当然夢中になるでしょう。

しかしプライベートの場合ですと、あまり聴く姿勢が出来ていない方も多かったりします。

夢中になるというのはそんなに難しい訳ではないのですが、面白いかどうかにもかかってくるのです。

ただこれがうまく出来るようになれば、間違いなく異性からモテる事が出来るでしょう。

特に女性の場合、男性は自分の話を夢中になって聞いてくれるような方を好むので、自分の話よりも相手の話に夢中になって下さいませ。

無理に相手の話に夢中になれと申しません。

興味を少しでも持てるものであれば、夢中になって聴くのが吉となります。

5.相槌を上手くする

相槌を上手くするやりかたとしては、自分が理解したというタイミングで使うのが良いですね。

そもそも相槌を打つ目的というのは何か?
それは相手に話を聞いているや、理解していますよという風に使うのです。

相槌の種類はたくさんあるのですが、上手く使いこなせているでしょうか。

たまに変な所で相槌を打つような方もいるのですが、相槌を失敗してしまいますと相手からの好感度が下がってしまいます。

単純に首を縦に振るだけの動作でもあるのですが、使い方によっては強い武器となりますよ!
ちなみに相手から鬱陶しい、もしくは嫌だと思われる相槌も存在するのでご注意下さいませ。

大体嫌われるような相槌をしている方は、本当に態度が悪い人間ですね。

相槌の種類や使い方

基本的に相槌というのは、相手の話を聞いて頷きながら聴くものです。

まず最初にダメな相槌についてご説明いたしましょう。

年配者に結構多いのですが、通常は1回で良い相槌を何回もする人いませんか?

特にイラっとするのが、ハイハイを連呼するような方ですね。

以前カフェで働いていた時、そういうお客様がいらっしゃったのですが、適当な相槌をしている人間というのは相手の目を合わす事もなく、自分さえよければ良いという感じがひしひしと伝わりました。

聴く姿勢がない所か、相手をあほにしているようにしか見えないのですよ。

ただし物凄く相手の話に同調できる時は、あえてはいを連呼する事は良しとされています。

特に女性に注意して頂きたいのが、相槌が毎回オーバーリアクションである人ですね。

男性に良く見られたいがために、わざと大げさに驚くようなリアクションをされる方もいます。

よっぽどな出来事であれば、オーバーリアクションでも問題はありません。

しかししょうもないような事でオーバーリアクションをとるような人間は、残念ながら微妙なリアクション芸人のようだとしか見られないんですよね。

正しい相槌の仕方というのは、相手の話が邪魔にならないように頷くのがベストです。

大体は話の区切りが良い部分で、相槌をとるのが良いでしょう。

相槌の言葉としては現代的に言うと、マジとかそうなんだ、わかる!がよくあるあるです。

他にもなるほどやへーもあるのですが、この言葉は頻繁に使用しすぎると心がこもっていないように思われてしまうので気を付けて下さい。

相槌に慣れていない方は、何も言わず単純に頷くのが無難かもしれません。

6.相手の目を見る

相手の目を見るというのは単純な行為のように思えるかもしれませんが、これがまた効果があるんですよ。

目を見て話すというのは、果たして出来ますか?
たまに相手の目を逸らしながら話す人っていますよね。

相手の目を見るというのは、誠意を表す行為でもあります。

ちょっと緊張してしまうという人もいますが、目は口ほどにものをいうと言われているものです。

目を見ていると何となく相手の考えや気持ちが伝わって来る事が出来ます。

相手の目を見ないと、それもわからないものですがね。

反対に相手が目を逸らすような人物であれば、話をする姿勢ではない事が伺えます。

目を見て話をするだけで違う

目を見て話しをするだけで全然違いますよ!
どういう意図や思いがあるのか伝わりますし、相手の気持ちが伝わればそれだけ同調する事が出来るのです。

人と接する事が多いと、相手が大体何を考えているのか読める事も可能になります。

さすがに心の中までは読む事が出来ませんが、不思議と伝わってくるのです。

相手からすれば目を逸らさずに自分の話を聞いてくれるというのは、ちゃんと理解しようとしてくれている、また真剣に理解しようとしてくれているという風に気持ちが伝わるので、目を見るだけでも大分変わってきます。

相手の目を見ない人もいるのですが、それでは好感度がダウンしてしまいますので、必ず相手の目を見るように心がけましょう!

7.相手の伝えたいことを確認しながら聴く

相手の伝えたい事を確認しながら聴く姿勢は、傾聴とよく似ています。

傾聴というのは相手の話に耳を傾けるというものなのですが、確認しながら聴くという姿勢は初心者向けとも言えますね。

確認しながら聴く際の注意点としては、相手の話に出てくるキーワードを上手く拾って下さいませ。

キーワードに関しては自分が気になった所で構いません。

何にでもそうですが、確認するという事はとても大切な事です。

どんな人でも確認をするようにしていますよ!

確認が出来ない人間も中にはいるのですが、そういう人は物事において過信しやすくなってしまうので大変危険です。

過信というのは一番危ない行為ですからね。

時には確認しながら聴くことも大事

確認するのは聴く姿勢にとって邪魔なことではないのか?と思うかもしれませんが、そうでもありませんよ。

確認しながら聴くというのは、相手の話を理解する事でとても大切な事だと思って下さいませ。

自分の聞き違いである可能性もあるため、確認をしながらでないと肝心な部分を聞き逃してしまうケースがあるからですね。

ここで重要なのが分からない事はスルーをせず、疑問に思って下さい!
人間は疑問を持たなければそこで終わりです。

疑問に感じた事は、相手に確認をしていかなければいけません。

もしかしたら自分の思い違いである可能性もあるので、確認は怠ってはいけないのですよ。

大体の人はまあ良いかと思うようですが、そういう人ほど後で後悔してしまうケースも多々あります。

聴く姿勢が出来ていても、確認不足は色んな所でケアレスミスを犯しやすくなってしまうので気を付けましょう。

8.質問をする

相手の会話に対して確認をする事も大切なのですが、自分が気になった事は質問していきましょう。

疑問点はそのままにせず、質問をする事で相手の理解を深めやすくなります。

質問する内容は、自分が頭の中に浮かんだ疑問で問題ありません。

自分で考えたことを質問にして聴いてみるのも、聴く姿勢の1つと言えるでしょう。

ただし質問の聴き方に関しては注意して下さい。

質問をする場合、状況に応じてはストレートに聞きにくい場合もあります。

質問する内容を誤ってしまうと、相手の心証が悪くなってしまいますからね。

そもそも質問をしていいのかわからない時は、これは自分で調べた方が良いのかどうかというレベルが関係してきます。

よく仕事で後輩に業務内容を教える際、そんな事を質問する?という気持ちになる方はいませんか?

反対に質問をして先輩や指導係にそんな事も知らないのか?と言われた事はないでしょうか?

これは聴く姿勢があったとしても、相手からすればわざわざ質問をするようなものではないと判断されてしまうのです。

相手にしかわからないような事を質問するのはありですが、ネットや本などで調べたらわかるような事を質問するようにしましょう。

何でもかんでも質問すればいいというものではありません。

どうして聴く姿勢が大切なの?

人間賛歌として有名なジョジョの奇妙な冒険という漫画で、ある有名なセリフをご存知でしょうか?

三部の主人公である空条承太郎が言ったセリフの中で、聴く姿勢について語っている部分があります。

観察するというのは見るのではなく観ることではなく聴く事であると語っていました。

当時は何の事なのか理解は出来ませんでしたが、今となってやっとその言葉が重要な事に気が付けましたね。

実際相手を観察するというのは表面上ではなく、細かな部分まで見なければいけません。

相手の話を適当に聞いて話をちゃんと聞いていない人はたくさんいます。

もし自分が相手に聞いてもらいたい事、仕事上必要な事を相手に伝えなければならないのに真剣に聞いていなかったなどを想定すると、どんな気分になるでしょうか?

やっぱりいい気分には誰もならないですよね。

聴く姿勢が出来ている人間は、好感度を持たれやすいというメリットが存在します。

コミュニケーションツールとして最適なものです。

相手との関係が良くなる

聴く姿勢が大切な理由の1番は、やはり相手との関係性がよくなる事ですね。

何故聴く姿勢が出来るだけで相手との関係性が良くなるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

聴く姿勢が出来ているという事は、相手に対して理解をしようとしているという風に見えるからです。

頭ではそれを理解できていない方もいますが、実際の所人から好かれやすい人間というのは、自分の話を聞いてくれる人間なんですよ。

大した事ない話でも、相談話でもちゃんと聞いてくれる人間の方が良いですよね?

自分の話ばかりする人間も中にはいますが、それは間違ったコミュニケーションの取り方とも言えます。

正直な話、人間というのは他者にそんなに興味がある訳ではありません。

あくまでも誰彼付けという事ですね。

自分が興味を持っている人間の話であれば、話を聴く姿勢というのが自然と出来るものなのです。

私も自分の話よりも相手の話を聴くようにしていたら、関係性はずっと良くなりました。

相手から好かれやすくなりますし、反対に自分の事も自然と知ってもらう事が出来ますよ!

お互いの信頼関係ができる

お互いに信頼関係が出来るというのは良い事ですよね。

しかし信頼関係といっても、どうやれば良いのか困っている人も多いというのはよく聞きます。

関係性が良くなるためのツールとして、相手の事を理解するのが一番です。

相手の事を理解しない限り、どういう人間かわかりませんからね。

信頼関係を作るには、相手の話を聞いて理解するのが良いでしょう。

反対に言えば信頼関係が出来ていない人間というのは、相手の話を聞けていないという事になります。

実際私の周りでも信頼関係が一切ない人物がいるのですが、よくよく考えるとその人物は自分の話しかしていません。

そして相手の話を一切聞かないため、何とも哀れであるとしか言いようがないんですよ。

信頼関係のないような人間は、そもそも話を聞く価値も話をする価値すらありませんからね。

自分の知識が広がる

聴く姿勢というのは、状況下においては簡単に身に付く事が可能です。

状況によっては自分のみに話しているだけではなく、複数の人間に話している事もあるからですね。

これは仕事上でもあるのですが、自分の知識を広げやすいように、常に聴く姿勢を作っておくと話に入りやすいでしょう。

私自身常にどんな時でも聴く姿勢が出来るようにしています。

以前いた職場の上司から、常に聴く姿勢を作っておきなさいと言われていた事がありました。

複数の仕事をこなさなければいけませんでしたので、常に聴く姿勢をとっておかないととっさの判断が出来ない事もたくさんあったくらいです。

聴く姿勢をとるというのは早めに対応が出来るようにもなり、また自分の知識も広げる事が出来ます。

知識を付けるというのは、集中していないと頭の中に入ってきません。

正確にいうと相手の話を聞いただけでは知識にはならないです。

話を聞いて気になった事をネットや本で調べるという事をしないと、知識を広げる事が出来ません。

今はネットで検索すれば、すぐに理解できるものも多いです。

調べるのが面倒くさいという方もいますが、面倒くさいと思って何もしなければ自分の知識を広げる事は一切できませんよ!

単純に相手の話を聴く程度で終わってしまうと、言葉の理解が出来ないままになってしまいますからね。

聴いていないと頭の中に入らない

当然ですが、聴いていないと頭の中に入らないです。

聞く事は誰にでも出来ます。

単純に耳に入れれば良いだけの話ですからね。

しかし聴く姿勢をとる事によって、頭の中に入れるようにしなければ、相手が何を言っていたかいざという時思い出せず対処すらできません。

そういう人間は仕事でもプライベートでも、信用される事がなく終わってしまいます。

何のための耳なのかと疑問に思われてしまうでしょう。

相手に安心感がうまれる

そもそもの問題点として、話を聞く姿勢をとっていない人間の事をどう思いますか?
話を聞いてくれないというのもそうですが、不安でしかなりません。

単純に愚痴や世間話程度であれば特に気にする人はいないでしょう。

しかし仕事の内容や、依頼した事を適当に聞かれていると、相手からすれば不安感を覚えてしまいます。

聴く姿勢をとるというのは、相手に対して安心感を与える事でもあるのです。

特に仕事において聴く姿勢のない人物というのは非常に多いですからね。

安心感を相手に持ってもらう事が出来れば、信頼関係が自然に生まれますよ。

実際聴く姿勢が出来ている人物というのは、仕事をきっちりやってくれます。

反対に仕事が出来ない人物というのは、聞く姿勢だけは出来ても内容が出来ないので、信頼関係が一切ないですね。

聴いていないと相手は不安な気持ちになる

話を聞くだけなら本当に誰にでも出来るでしょう。

しかし話を聴く事が出来ない人間というのは、相手に対して不安な気持ちしか与えません。

一緒に仕事をしていてもそれはひしひしと思いますね。

自分がお客の立場で相手が店員だと考えると、イメージしやすいのではないでしょうか?
店員が自分の注文に対してミスをしてしまった時、それはちゃんと聞けていないからと感じさせてしまうでしょう。

以前から時々ある美容室でのトラブルがこれに当てはまる気がします。

お客が髪型のリクエストをした際、美容室がそれに理解出来ず、お客を泣かせてしまったというトラブルが何件かありました。

確かに注文って曖昧なものもありますし、美容師からすればこうだろうというのを考えているのかもしれません。

しかしその店員は本当に聴く姿勢が出来ていたのか、ちょっとうさん臭さが感じられます。

聴く姿勢が出来ていないと、とんでもないトラブルを引き起こしてしまう事もあるので、注意しないと恐ろしいですよ!

理解力が身につく

理解力というのは集中力以上に、身に付くのが難しいものとされています。

知識がない人間にとっては、理解する力がないからです。

理解力がない人間というのはそもそもの話として、考える力がない事を指します。

学生時代算数や数学が苦手だった方は、理解力がないと思って下さいませ。

人間は考える事を嫌がる習性があります。

考えるというのは知識がないと、考える事すらできないのです。

知識を増やすというのは簡単な話でもあるのですが、本を読んだり自分が色んな体験をする事で身に付きます。

理解力を養うためには、本当に色んな体験をしないと話にならないのですよ。

色んな体験をしないと、相手の気持ちを真に理解する事が出来ません。

聴く姿勢というのは、相手の気持ちを察する必要があるケースもあります。

理解する事は視野を広めないととてもできないです。

相手の会話から自分で考えることができる

相手の会話から色んな事を読み取る事が出来ます。

それだけではなく、相手の表情や言葉、声のトーンなどでも色んな事が把握できるのですよ。

会話から人間性を簡単に見抜く事が出来ます。

相手の会話を聞く事で、何を考えているのかという事が把握可能です。

それらは感覚的に判断する事も可能ではあるのですが、自分で考える事が必要となります。

相手の会話でも真意を話さないケースもあるため、自分で考えない限り人間としては終わってしまうという自覚を持っておいた方がよいでしょう。

聴くという姿勢は常に考えていないといけないのです。

そのため誰もが簡単に出来る訳ではないですね。

まとめ

聴く姿勢を身に付ければ他者から好感を得られやすくなる所か、色んな人から頼りにされる事ができます。

私も聴く姿勢をとるのには苦労しました。

真剣に聞いていたとしても、相手との解釈が違うと大きく変化してくるものです。

そもそも集中力を身に付けないと、相手の話が入ってこないというデメリットもありますからね。

基本的に人間の集中力というのは、通常で7秒しか持たないと言われています。

普段集中していない人間は、7秒以下ともいわれているので、ここが大きなポイントだったりするんですよ。

聴く姿勢をとるのであれば、初期はメモを取るやり方でも良いかもしれません。

ただメモを取りつつ聴く姿勢を作るのは、仕事でないと出来ないやり方でもあります。

話を聞く事を普段していない人間にとっては、最初は頭がこんがらがる可能性が高いです。

集中力を使うというのは大切な事ではあるのですが、体力と気力を消費してしまうため、慣れない内は必要な時以外は使わない手をおすすめ致します。

情報を変換する際はイメージをしなければいけないため、事前に知識を付けておくと良いでしょう。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718