CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

大切な人に伝えるべき6個の言葉


世界には沢山の人が居ます。

その中であなたは一体どれほどの人と知り合う事が出来るでしょうか。

更に、その中からあなたの大切な人は一体何人できるのでしょう。

一般的に、友人など身の周りにいる人は多い方が良いとされています。

けれど、本当に大切な事は数では無く質です。

例え多くの人と知り合い、友達になったとしても心を許す事が出来る人が一人もいなければ意味がありません。

例え友人の数は多くなかったとしても、自分の大切な人が一人でもいるのであればその方がずっと幸せな人生を送る事が出来るはずです。

だからこそ、自分の大切な人はしっかりと大事にしていきましょう。

けれど、日々を過ごしていく中で自分の周りにいる人の事についてきちんと向き合う時間はどれほどあるでしょうか。

つい居る事が当たり前になってしまいなかなかその存在の大切さに気が付く事が出来なくなてしまう場合もあります。

ついないがしろにしてしまう事によってその大切な存在をなくしてしまう事だってあるかもしれないのです。

『大切なものはなくしてこそわかる』とはよく言ったものです。

普段あまりにも当たり前にあるものは、無くなるまでその大切さに気が付かない事も多々あります。

失ったときにこそ、はじめてその大きさに気が付き後悔するのです。

けれど、それでは意味がありません。

一度失ったものはそう簡単に取り戻す事は出来ません。

人間の心はものではないので、一度離れてしまえばそれを取り戻す事はとても難しい事なのです。

だからこそ、私たちは自分の周りにいる大切な人をきちんと大事にしなければなりません。

誰しも『大切な人』と聞いて思い浮かべる人が居る事でしょう。

その人に、きちんと自分の気持ちは伝えているでしょうか。

気持ちは思っていても意味がありません。

話をしてこそ相手に伝わるものなのです。

だからこそ、自分の気持ちを改めて相手にきちんと伝える事を意識してやってみる事をお勧め致します。

大切な人はいますか?

『大切な人』と言われ、あなたはどんな人を想像するでしょうか。

恋人の人も居れば友人の人も居るでしょう。

両親や兄弟といった身内を思い浮かべる人も居るかも知れません。

どんな人であっても、あなたにとって大切な人なのであればそれで良いのです。

普段生活している中で、『大切な人』を意識する事はそうあるものではありません。

だからこそ、つい何も考えずに生活しています。

目の前にある事が当たり前になってしまうと、大切にする事すら忘れてしまうのです。

ですが、人生には何が起こるか分かりません。

ある日突然その人と会う事が出来なくなてしまう事だってあるかもしれません。

恋人などの場合には、相手が心変わりをしてしまう事だってあるでしょう。

そんな場合、自分の気持ちをもっと相手に伝えておけばよかったと後悔するはずです。

しかし、後悔したところで、過ぎた時間を戻す事は出来ません。

だからこそ、出来る事は出来るうちにしておく事が大切なのです。

いつでも言える言葉は、いつでも言う。

簡単な事のようにも見えますが、実際にはとても難しい事でもあります。

自分の気持ちを口に出して伝える事が苦手だという人も居る事でしょう。

けれど、そんな中でも自分の気持ちを意識的に相手に伝える事によって、互いの気持ちをより明確に確かめあう事が出来るでしょう。

大切な人が多いと人生が豊かになる


大切な人は、何も一人に決めなければいけないという事はありません。

沢山の『大切な人』が居るのであればその人を一人一人守っていけばいいのです。

恋人や家族・友人はそれぞれ違います。

だからこそ、多くの大切な人が居るという事はそれだけ豊かな人生をおくる事が出来ているという事の表れなのかもしれません。

多くの人と交流をもてば、それだけ多くの経験をする事が出来るようになります。

それが結果的に自分の人生をより豊かなものにしてくれるのです。

自分だけの世界だけで満足していては、刺激もなければ成長もありません。

ページトップ