世界には沢山の人が居ます。

その中であなたは一体どれほどの人と知り合う事が出来るでしょうか。

更に、その中からあなたの大切な人は一体何人できるのでしょう。

一般的に、友人など身の周りにいる人は多い方が良いとされています。

けれど、本当に大切な事は数では無く質です。

例え多くの人と知り合い、友達になったとしても心を許す事が出来る人が一人もいなければ意味がありません。

例え友人の数は多くなかったとしても、自分の大切な人が一人でもいるのであればその方がずっと幸せな人生を送る事が出来るはずです。

だからこそ、自分の大切な人はしっかりと大事にしていきましょう。

けれど、日々を過ごしていく中で自分の周りにいる人の事についてきちんと向き合う時間はどれほどあるでしょうか。

つい居る事が当たり前になってしまいなかなかその存在の大切さに気が付く事が出来なくなてしまう場合もあります。

ついないがしろにしてしまう事によってその大切な存在をなくしてしまう事だってあるかもしれないのです。

『大切なものはなくしてこそわかる』とはよく言ったものです。

普段あまりにも当たり前にあるものは、無くなるまでその大切さに気が付かない事も多々あります。

失ったときにこそ、はじめてその大きさに気が付き後悔するのです。

けれど、それでは意味がありません。

一度失ったものはそう簡単に取り戻す事は出来ません。

人間の心はものではないので、一度離れてしまえばそれを取り戻す事はとても難しい事なのです。

だからこそ、私たちは自分の周りにいる大切な人をきちんと大事にしなければなりません。

誰しも『大切な人』と聞いて思い浮かべる人が居る事でしょう。

その人に、きちんと自分の気持ちは伝えているでしょうか。

気持ちは思っていても意味がありません。

話をしてこそ相手に伝わるものなのです。

だからこそ、自分の気持ちを改めて相手にきちんと伝える事を意識してやってみる事をお勧め致します。

大切な人はいますか?

『大切な人』と言われ、あなたはどんな人を想像するでしょうか。

恋人の人も居れば友人の人も居るでしょう。

両親や兄弟といった身内を思い浮かべる人も居るかも知れません。

どんな人であっても、あなたにとって大切な人なのであればそれで良いのです。

普段生活している中で、『大切な人』を意識する事はそうあるものではありません。

だからこそ、つい何も考えずに生活しています。

目の前にある事が当たり前になってしまうと、大切にする事すら忘れてしまうのです。

ですが、人生には何が起こるか分かりません。

ある日突然その人と会う事が出来なくなてしまう事だってあるかもしれません。

恋人などの場合には、相手が心変わりをしてしまう事だってあるでしょう。

そんな場合、自分の気持ちをもっと相手に伝えておけばよかったと後悔するはずです。

しかし、後悔したところで、過ぎた時間を戻す事は出来ません。

だからこそ、出来る事は出来るうちにしておく事が大切なのです。

いつでも言える言葉は、いつでも言う。

簡単な事のようにも見えますが、実際にはとても難しい事でもあります。

自分の気持ちを口に出して伝える事が苦手だという人も居る事でしょう。

けれど、そんな中でも自分の気持ちを意識的に相手に伝える事によって、互いの気持ちをより明確に確かめあう事が出来るでしょう。

大切な人が多いと人生が豊かになる


大切な人は、何も一人に決めなければいけないという事はありません。

沢山の『大切な人』が居るのであればその人を一人一人守っていけばいいのです。

恋人や家族・友人はそれぞれ違います。

だからこそ、多くの大切な人が居るという事はそれだけ豊かな人生をおくる事が出来ているという事の表れなのかもしれません。

多くの人と交流をもてば、それだけ多くの経験をする事が出来るようになります。

それが結果的に自分の人生をより豊かなものにしてくれるのです。

自分だけの世界だけで満足していては、刺激もなければ成長もありません。

だからこそ、多くの人とかかわり素敵な関係を築いていく事が出来る人は素晴らしい人なのです。

最近ではコミュニケーションを取る事が苦手な人も多々います。

他人とかかわる事を避けて自分の世界だけに隠れてしまう人も居る事でしょう。

確かに、そうすれば傷つく事も無く平和に過ごす事が出来るはずです。

けれど、それは平和であると同時に何も起こらないという事です。

大切あな人が沢山いる事が偉いというわけではありませんが、多く居れば多く居るだけ沢山の人とコミュニケーションを取る事が出来ているという事になり、それが財産となる事は確かです。

何が自分の人生の役に立つかは分かりません。

自分の人生のメリットを考えるという意味でも、多くの大切な人が居る事は素晴らしい事でしょう。

その分悲しみも多くなる

人は、守る人が多くなると強くなると同時に弱くもなります。

人間味を増すという言い方も出来るように、多くの人とかかわり沢山の刺激を受ける事によって、感受性が磨かれていき多くの事に心を動かされるようになっていきます。

だからこそ、自分の苦手な事を頑張る原動力にすることも出来れば自分の事のように相手の悲しみを感じてしまう事にもつながります。

悲しみを共有する事は、つらい事もあるでしょう。

けれど自分が相手の悲しみを共有するという事は、相手もまたあなたの悲しみを共有してくれるという事です。

そうする事によって救われる事もあるかもしれません。

人を守る力は強さだけではないのです。

悲しい事も楽しい事を全て一緒に共有する事ができる。

それこそが本当に大切な人だと言えるのではないでしょうか。

楽しい事だけしか共有する事が出来ない人は、本当に大切な人だとは言えないのです。

永遠の別れなど

悲しい出来事の中には、永遠の別れがあります。

人間は必ず死にます。

それは、どんな人にも与えられた唯一平等な事なのではないでしょうか。

例えどんなにお金持ちの人でもそれに抗う事は出来ません。

みんながみんな同じようにいつかはかならず死ぬ運命なのです。

死んでしまうタイミングは、もちろん自分で選べるものではありません。

年齢と共に亡くなる場合もあれば、ある日突然亡くなってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、いつ亡くなるのかは自分で決める事は出来ないのです。

人によっていつ亡くなるのは分かりません。

だからこそ、いつその時が来てもいいように毎日を後悔のないように過ごすことが大切なのでしょう。

だからこそ、伝えたいと思う事があるのであれば、思い切って相手に伝えるようにしてみてはいかがでしょうか。

いつでも会えると思っていると、なかなか大切な事は言葉には出さないものです。

次は無いかもしれない。

そんな風に思って行動する事が大切なのです。

自分を犠牲にしてでも助けたいという気持ちになるか

『大切な人』というのは、何にも変えられ無い物なのです。

だからこそ、いざという時には自分を犠牲にしてでも助けたいと思うものなのです。

それこそがその人の事を大切にしているということになるのではないでしょうか。

この世の中には沢山の人が居ます。

けれど、その中で自分を犠牲にしてでも助けたいと思う人はどれほどいるのでしょうか。

だからこそ、それだけ珍しい人だからこそ大切にしたい特別な人だと言えるのでは無いでしょうか。

助けてもらうことばかり考えず助けることが大事

本当に大切な人は、自分がその人の事を助けてあげたいと思うものです。

だからこそ、頼る事ではなく助けるものが前提として行動する事となるはずです。

自分の事を助けて欲しい、支えて欲しいとばかり思ってしまうのは本当にその人の事を大切にして居ないのでは無いでしょうか。

大切な人は大事にしたいはずです。

だからこそ、自分の行動を犠牲にしてでも助けたいと思う事ができる人こそ、本当に大切な人なのです。

互いに良い影響を与え合える関係を築く

本当に大切な人とは、互いに良い関係を築きたいものです。

その為にも互いに良い影響を与える事が大切です。

良い影響と言っても色々なものがあるでしょう。

例えば、相手が何かに一生懸命になっている姿を見ることによって、自分も同じように頑張ろうと思う事が出来るかもしれません。

人は、周りの人の影響を沢山受けるものです。

良い状態の人からは良い影響を。

悪い状態の人からは悪い影響を。

それは自分も同じ事です。

自分が悪い状況にあれば、大切な人に悪い影響を与えてしまう事もあるかもしれないのです。

だからこそ、自分自身も前向きに過ごす事が大切な人を守る事にもつながるのです。

一緒に居る人に良い影響を与えたい場合には、自分が良い状態になりましょう。

相手から貰う事ばかり考えていては、良い関係になることは出来ません。

まずは自分が与えることを意識しましょう。

そうすることに寄って、やりたい関係になる事が出来るでしょう。

大切な人に伝えるべき6個の言葉


それではここからは大切な人に伝えるべき言葉をご紹介させて頂きます。

どんなに大切な人であっても、なかなか言葉を伝える事は出来ないものです。

恥ずかしいという気持ちがある人もいれば、そもそもいつも居る事が当たり前過ぎて、そんな事を伝えることすら思いつかないような人も居るかもしれません。

ですが、人間はいつどうなるかわかりません。

明日には会うことが出来なくなってしまう事もあるかもしれないのです。

そうなった時に後悔しても、それを取り戻す事はもう出来ません。

一日一日を大切に生きて生きましょう。

そうする事によって、後悔の無い日々を生きる事が出来るはずです。

ですが、いきなり大切な人に伝えるべき言葉と言われても何を伝えたら良いのか分からない人もいるでしょう。

大切だけど、改まって考えると思いつかない。

そんな事もあるはずですりだからこそ、ここでいくつかの言葉をご紹介させて頂きます。

その中で良いなと思う言葉があれば、それを相手に伝えるようにしてみてはいかがでしょう。

あなたに会えて本当に良かった

この世の中には沢山の人が居ます。

そんな数多くの中の人の中からその人に会う事が出来たという事はまさに奇跡と言えるでしょう。

例え世界的に見たら小さな国の日本だとしても、一人の人間からすればこの広さはとてつもないものです。

そんな広い国の中で出会う事が出来ただけでも奇跡と言えるでしょう。

私たちの周りには奇跡があふれています。

その奇跡を人は当たり前のように感じてしまっています。

ですが、それは当たり前の事では無くとてつもなく素晴らしい事なのです。

だからこそ、その事をこの言葉を通じて相手に伝えるのです。

普段目の前にあるものが当たり前のものだと思っていると、なかなかその大切さに気が付く事が出来なくなってしまいます。

目の前にあるものは当たり前ではない。

その事にきちんと気が付く事が出来るかどうかが大切な事だと言えるでしょう。

あなたがいるから頑張れる

大切な人がそこにいてくれるだけで、人生のやる気を出す事が出来ます。

苦手な事や、無理だと思われるような事に対しても挑戦する気持ちを持つ事が出来るようになる事でしょう。

自分の気持ちを前向きにしてくれる存在はとても素晴らしい事のはずです。

だからこそ。

その気持ちを大切にしていきましょう。

この言葉を伝えられると、相手の人はきっと自分自身の存在に自信を持つ事が出来るようになるはずです。

それはとても素晴らしい事です。

自分の価値は自分で決めるものです。

ですが、それは時に不安定でもありついつい自信がなくなってしまうものなのです。

そんな時に勇気づけてくれる存在がそばに居てくれるだけでその人もまた強くなる事が出来るはずです。

大切な人といい関係になる為には、互いに尊敬しあいいい影響を与える事が需要です。

そうした意味でも、この言葉はとても大切な言葉だと言えるでしょう。

あなたのことをいつも想っているよ

大切な人がいつもそばに居てくれるとは限りません。

人によってはなかなか会う事が出来ない事もあるでしょう。

そんな時も、この言葉を聞く事によって気持ちを強く持つ事が出来るようになる事もあります。

例え実際にはそばに居る事が出来なかったとしても、その人の優しさを感じるだけで気持ちを強くする事が出来る事もあります。

人間は、弱い生き物です。

一人ではなかなか生きていく事も出来ないはずです。

けれど、誰か一人でも気持ちをわかってくれる人に出会う事が出来れば、それだけでずっと強くなる事が出来るのです。

だからこそ、そんな存在の人に出会う事が出来る事は何よりも幸せな事だと言えるでしょう。

いつもそばに居る事が愛情でありません。

もし、なかなか会う事が出来ない事に寂しさや後ろめたさを感じている場合にはこの言葉を伝えてあげましょう。

そうする事によって、相手の人は自信を持って行動する事が出来るようになるかもしれません。

困っていたらすぐ飛んで行くから

大切な人ほど大切にしたいものです。

だからこそ、相手から貰う事ばかりを意識して行動してはいけません。

あくまでも自分が与える事を意識して行動してみましょう。

そうする事によって、その人にとって本当に大切な人になる事が出来るはずです。

例えば、自分の事を常に守って欲しいと思っている人は本当の意味でその人の事を大切に思っているとは言えないでしょう。

口では大切に思っていると言っていたとしても、結局一番大切なのは自分自身なのです。

そんな気持ちが見え隠れしてしまっていると、なかなか相手に感謝の気持ちは伝わりません。

本当に大切だと思っているのであれば、自分の事を差し置いてでも相手の事を守りたい

そう思うはずです。

だからこそ、そう思い行動する事が出来るかどうかが大切ポイントなのです。

自分の気持ちが相手になかなか伝わらないと思っている人は、知らない間に自分の事が優先になってしまっているのかもしれません。

つい自分の気持ちばかりが優先されてしまい、相手の気持ちに気が付く事が出来なくなってしまっている事もあるでしょう。

それでは意味がありません。

本当に相手の事を思っているのであれば、まず自分の事をおいておいて相手の幸せを考える事を優先する事が大切なのです。

私にはあなたが必要

大人になると、どんどんと素直に気持ちを言葉に出して伝える事が出来なくなってしまいます。

周りの目や相手の反応ばかりが気になってしまい、上手く伝える事が出来ないのです。

ですが、そんな事を気にしていても何も良い事はありません。

相手の気持ちを優先したい気持ちも分かりますが、まずは自分の気持ちを相手に思いきりぶつけてみましょう。

その結果、相手がどう出るかによってその後の行動を決めればいいのです。

あなたの事を必要と言う言葉は、なかなか勇気のいる言葉です。

もし、恋愛関係にない人からいきなり言われたらびっくりしてしまうはずです。

ですが、そこに誠意を感じる事が出来れば嫌な気持ちになる事も無いでしょう。

いかに相手に気持ちを素直に伝えるかによって相手の気持ちの動きも変わってきます。

出来れば傷つく事は避けたいものです。

出来るなら相手の気持ちがわかってからこそ動きたいという気持ちも分からないではありません。

ですが、そればかりを意識していても意味がないのです。

いくつになっても、まずは思いきり相手にぶつかってみる事をお勧めします。

そうする事によって開ける道もあるはずです。

いつもあなたに感謝しているよ

家族などの場合には、いる事が当たり前になってしまいます。

何かをしてもらう場合にも、つい感謝の気持ちを忘れてしまう事でしょう。

けれど、それは良くありません。

感謝の気持ちを忘れてしまっては、いい関係を作る事など出来ません。

悪気が無かったとしても、相手を傷つけてしまっている事もあるかもしれないからです。

だからこそ、まず自分が行っている行動を改めて見直してみましょう。

その中で、いかに周りの人に普段から助けてもらっているのかを再確認するのです。

周りにいる人への感謝の気持ちを忘れてしまうと、いつか必ず大きな後悔を生む事になります。

事が起きてから後悔しても取り返しのつかない事が多々あります。

そうならないようにする為にも、まず自分の周りにいる人がどれだけ自分にとって大切な人なのかを再確認してみましょう。

その中で、その大切さをわかった上で感謝の気持ちをのべるようにするのです。

そうする事によって、更に相手への感謝の気持ちを強く持つ事が出来るようになるはずです。

いつも感謝している事も言葉にしなければ分からない事が沢山あります。

だからこそ、その感謝の気持ちを当たり前の言葉としてではなく、改めて必要な言葉として相手に伝えるようにしていきましょう。

言葉だけでなく行動でも示そう

ご紹介した言葉の中に、良いものはあったでしょうか。

自分の心にぴったりの言葉があった人は、いますぐその言葉を使用してみて下さい。

ですが、中には言葉にする事にどうしても抵抗がある人も居るでしょう。

恥ずかしくて伝えることが出来ない人も居るはずです。

勿論、言葉で伝える事が一番大切です。

そうする事によって、互いの信頼関係をさらに作って行く事が出来る事もあります。

ですが、何も言えないでいるのであれば、まずは行動で示してみてはいかがでしょうか。

言葉で言う事が出来ない方も、行動であれば示す事が出来るのでは無いでしょうか。

そうする事によって、本当に大切な人に気持ちを伝える事が出来るかもしれません。

行動で示す事が当たり前になれば、いつか言葉で伝える事もそれほど大変な事ではなくなるはずです。

さりげなさが大事

行動で示す場合には、いくつかのポイントがあります。

その一つがさりげなさです。

相手に自分の気持ちを伝えたいからと言ってあまりにもあからさまな対応をとってはいけません。

それではありがたさが半減してしまい、かえって恩着せがましい形になってしまう事でしょう。

相手の心に届かせるためには、まるで自然な動きかのように行動に移す事が大切です。

そうする事によって、意識せずに受け止める事が出来るのです。

『良いことをしている』とアピールされてしまうと、どうしても素直に感謝する事が出来ず、心に響くことはないでしょう。

それでは意味が無いのです。

相手の気持ちに届いてこそ意味があるのですから。

だからこそ、さりげなさは大事なポイントです。

さりげなさを出す際には、自分の行動に不自然さが出ないように注意しましょう。

あくまでもいつも思っている感謝の気持ちを相手に伝えるのです。

いつもある心を出すのですから、それほど不自然にならずに行動出来るのでは無いでしょうか。

恩着せがましいのはNG

感謝は、あくまでも自分がしたいからするのです。

見返りを求めて行なう行動ではありません。

だからこそ、相手になにかを求めることは間違っています。

『自分もこれだけの事をしたのだから』そんな風に思っていると相手は嫌な気持ちになるはずです。

そんな事ならなにもしてくれなくていいと思うかもしれません。

見返りを求めての行動は、大抵相手には伝わらないものです。

そもそも見返りを求めてしまっている時点で間違っているのですから、当然といえば当然です。

相手になにかして欲しいと思うのであれば、まず自分がして欲しい行動を取ってみましょうそうする事によって、いつか自然と自分にもかえってくる時が来るはずです。

オーバーな言葉は裏があるように感じることも

これは、特に男性の方は注意して欲しいポイントです。

普段あまり気持ちを伝えない人が急に気持ちを相手に伝えるような事を言い出すと、何か裏があるのではないかと思われてしまうのです。

つまりは、浮気などのやましい事があるやうに思えてしまうのです。

勿論、相手を喜ばせたいからこその行動なので有ればそんな事は無いはずです。

濡れ衣も良いところでしょう。

ですが、女性とは疑り深いものなのです。

不自然な行動はどうしても気になってしまうのです。

せっかくの好意が疑われてしまったのでは悔しい気持ちにもなるでしょう。

だからこそ、うたがわれることのないように不自然な動きは避けるべきです。

一つの行動によってそれだけ疑われると言うことは普段からよほど気持ちを伝えていないと言うことにもなはずでず。

普段から、きちんと気持ちを伝えていないからこそ急に頑張ろうとすると疑われてしまうのです。

そうならない為にも、日頃の行いを改めてみてはいかがでしょうか。

言葉よりも行動のほうが良い場合も多い

普段気持ちを伝えてこなかった一皮ある日突然、ペラペラと愛を囁き出しからどうでしょうか。

疑う気持ちが出たとしても不思議ではありません。

良かれと思ってした行動が、結果的に喧嘩の原因となることもあるのです。

それでは元も子もないはずです。

そうならないようにする為には、言葉よりも行動の方が効果的な場合も多々あります。

人には得意、不得意があるものです。

思ってもいないような事をスラスラ口に出して伝える事が出来る人も居ればそうではない人も居ます。

そんな中で、自分があまり得意ではない事を無理してやろうとすれば、おかしな空気になってしまったとしても仕方がないでしょう。

かえって自分が無理をしない方法を取って方が、結果的にいい効果を生む事は多々あります。

誰かに憧れて同じ事をしようとしてもそう簡単にできるようになるものではありません。

自分が出来ない事を無理してやるのではなく、出来る事を意識する事の方が大切でしょう。

あまり物をあげすぎるのもダメ

大切な人だからこそ、喜んでほしい。

出来るだけ笑顔で居て欲しいと思う気持ちは多くの方が持っているはずです。

けれどその気持ちが大きくなりすぎてしまうと、かえって相手の重荷になってしまう事もあります。

本当に好きだとしても、あまりやりすぎてしまうのは良くありません。

例えば、物を渡す事もその一つです。

相手の笑顔を見たいからこそ、沢山の物を渡してしまう人が居ます。

それはあくまでも優しさなのでしょう。

ですが、あまりにも多くの物を渡してしまうと、ありがたみが無くなってしまます。

そればかりか貰う事が当たり前になり、まるでパトロンのような存在となり欲しいものを買ってくれる人という位置づけにねなってしまう場合もあります。

そうなってしまうと、それは健全な関係とは言えなくなってしまうでしょう。

こちらがどんなに好意でしている事だとしても、場合によっては相手を勘違いさせてしまう事もあるのです。

そうなってしまわないように、あげたい気持ちがあたとしても気を付けることが大切です。

相手が気を遣ってしまう

プレゼントをあげすぎてしまうと、相手がどんどんと勘違いをしてしまうという心配もあります。

ですが、そういった人ばかりではないはずです。

中には貰う事に抵抗を感じるばかりか気を使ってしまい、どうしたら良いか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

相手に喜んで欲しいからこそプレゼントを贈っているのにも関わらず相手がそれで気まずい思いをしたり気を使ってしまっては意味がありません。

だからこそ、物を贈る際には相手の反応をきちんと見極めていきましょう。

その中で、もし相手が困っているようなそぶりがあるのであればあまり多くの物を贈るのを避ける事も必要でしょう。

大切な人の定義は人それぞれ

人間の価値観は人それぞれです。

自分が正しいと思っている事が、全ての人に受けいれられるわけではありません。

だからこそ、それぞれの気持ちを理解する事が大切なのです。

『大切な人』の定義も人によって違うのも当然でしょう。

人によっては家族が一番だと言う人も居る事でしょう。

しかし、人によっては恋人がという人も居ます。

人によっては家族や友人が一番だという人も居ます。

誰もが正しく、どれが間違っているという事はないはずです。

だからこそ、私たちは自分の正しいとおもった行動を取る事が一番重要なのでしょう。

大切な人に伝えられるうちに

人はいつどうなるかわかりません。

100歳まで生きようと思っていたとしても、なかなか思うとおりには行かないものです。

明日大切な人に気持ちを伝えようと思ていたとしてもその明日が来ないかもしれないのです。

また、相手の気持ちが離れてしまえばそこですべてが終わってしまうなんても事もあるでしょう。

明日がどうなるかは誰にも分からない事なのです。

だからこそ、自分が大切だと思う人には日ごろから気持ちを伝えるようにしていきましょう。

大切な人に気持ちを伝える事は、簡単な事ではありません。

伝え慣れて居ないと恥ずかしさを感じてしまう事もあるでしょう。

何を伝えたらいいのかさえ分からないと言う人だっているかもしれません。

ですが、そんな場合であったとしても伝える気持ちを持つ事が重要なのです。

何も、人に話をする際に全てただしく伝えようとする必要はないのです。

自分が思っている気持ちをそのままぶつけてみましょう。

そうする事によって、自然とその気持ちが相手に伝わってくれるはずです。

それは言葉が上手いからこそ伝わるものではありません。

気持ちがあってこその出来事です。

だからこそ、まず伝えようとする気持ちが大切です。

私たちは今を生きています。

明日はどうなるか分からないからこそ、今この時間を大切に生きていきましょう。