皆さんは激励という言葉は聞いたことはありますよね。

でもこの激励を正しく使えていると言える人は正直そこまでいないのではないでしょうか?

激励と言うと社会に出ると叱咤激励など結構聞くことがあるかと思いますがこの激励も通常の激励と同じですよね。

今回はこの激励について分かりやすくご紹介をしていきますね。

激励の言葉6選!この様な言い方をしてみては?

激励とはあなたの事を激励します!なんてそのまま激励という言葉を使う事は滅多にありません。

激励をする場合にはその時に適切な言葉などで相手に対して激励をすることになります。

この激励をする場合に適している言葉をまずはいくつかご紹介していきますね。

聞いたことがある言葉もあるはずです。

それぞれの言葉についても分かりやすくご説明していきますね。

1.「健闘を祈ります」

健闘を祈りますはスポーツなど幅広い場面で使う事の出来る激励の言葉ですね。

漢字のままの意味で健やかに闘うや健全な姿勢で闘うということですね。

ちなみにこの場合の闘うと戦うの違いって分かりますか?

少しだけご紹介しますね。

闘うとは基本的には物理的な「たたかい」ではない時に使用します。

例えば病気とたたかう場合などに使用します。

ですともう1つの戦いは自ずと分かりますよね。

戦うは物理的な力で「たたかう」場合に使用します。

物理的な武器を持ってたたかう場合には戦うを使用するのです。

さらに精神的な物も付随して物理的なたたかいとは別のたたかいもある場合には戦闘と両方の字を使いますね。

もう少し詳しく知りたい人はまた別の機会にお話させて頂きますね。

スポーツなどではよく聞く言葉

健闘を祈るはスポーツではよく聞く言葉で今まで努力してきた結果を出すために頑張って下さいなんて意味合いもあります。

たたかうの文字が闘うになっているところにも注目したいですね。

物理的なたたかいではなくて精神的なたたかいや自分自身との闘いなど幅広い意味で使用することができます。

「立派に戦う」というような意味もあるが「頑張って」というような意味もある

ここまでに養った努力の結果を出すために立派に闘って下さい。

誰に恥じることなく誇りを持って闘って下さいという意味合いもあります。

単純に頑張って下さいという意味としてとらえても良いかもですね。

2.「成果を発揮してください」


成果を発揮するという言葉も激励の言葉として使われることがあります。

ただ、激励の言葉の中では比較的穏やかな励ましとなります。

言われた人も成果を発揮すると言われてもそこまでピンとこない人も最近では多いようです。

この言葉は常日頃の努力や練習が激しければ激しいほど心の響く言葉となります。

逆にそこまで練習や努力をしてきていない人にとっては心に響かない言葉になってしまうのです。

自分を追い込んで追い込まれて身につけるなんていった事は今ではパワハラ等と言われてしまう可能性もあり指導者も昔ほど厳しくない状況がそうさせているのかもしれませんね。

どの方法が努力や自分自身のステップアップに最適なのかは本人次第ではあります。

ですが、自分自身の限界を超える為、限界突破のための「ひとおし」として厳しい指導という方法もあるのではないでしょうか?

理不尽な暴力的指導は当然あってはならないことですが、限界突破のための厳しい指導を理不尽な始動として扱われてしまう現状もあります。

指導者と指導される側との信頼関係で成り立っている事でも状況が変わることで今までと同じ指導方法だとしてもパワハラなどとされてしまうこともあります。

コレは自分自身を擁護するための自己防衛本能も関係しているんですよね。

例えば努力をして本番で結果が伴わない場合、昔でしたら努力が足りなかった…。

もっと練習して次こそは…。

と言った感じで未来に目を向けて進んでいっていましたが、近年では自己防衛本能の方が強くなりつつあります。

本番で結果が伴わなかったのは私の努力が足りないのではなく、指導者の指導方法がダメだった…。

あんなに厳しくされたから本番で委縮してしまった…。

等々の様々な理由を探して自分のせいではなく、結果が伴わなかった保管理由を探すのです。

だれでも人のせいやモノのせいなど自分以外のせいにする事で自分擁護する事はありますよね。

ただ、この方法はあまり多すぎると前に進めなくなってしまいます。

自分の努力や練習方法など自分自身の力量が足りなかったと自覚する事が出来れば、その改善策をする事でさらに自分自身を成長させることができるのです。

ですが、自分の力量などは加味しないで他のせいにして自分擁護をしていると、自分自身の更なるステップアップは望めませんね。

だって、今の自分は正しくて最高だって思っているのですから。

そんな最高の自分の力が発揮できないのは指導者や場所、モノのせいだってね。

それでは成長なんて出来ませんよね。

過去のことを考えることは悪い事ではありません。

しかし、あまり過去の事(これまでしてきた事)にばかり囚われていると、先を見る事が出来なくなってしまいます。

本当は成長できる機会があったとしても見過ごしてしまい、後ろ(過去)ばかりを気にして過ごしてしまうのです。

過去から逃げるのは構いません。

ですが、せめて今とその先の未来からは逃げないで下さい。

今、この現状を理解して今何をすべきか考えるようにして下さい。

今できる事を見つける事が出来れば明日に繋がります。

明日につなげる事が出来るのは今だけなのです。

過去があるから今があるのです。

今を生き抜いた人にだけ明日(未来)があるのです。

自分擁護は過去の自分だけにして下さい。

今の自分を甘やかさないで一所懸命に今できる事を探して今を見据えましょう。

輝く未来が待っていますよ。

おっとスミマセン。

話しがそれてしまいましたね…。

では本題についてご紹介を続けさせて頂きます。

「日頃の成果を発揮するように・・・」など今までの努力を褒める

日頃の成果とあるように、本番に向けて常日頃から鍛錬を積み重ねて本番に合わせて作り上げてきた人にとっては、とても心に響く激励の言葉になります。

成果を発揮するためには成果を出すための根拠が必要なんですよね。

その根拠こそが常日頃の努力になるのです。

例えば、ダイエットなどでは常日頃の食生活や運動などダイエットに欠かせない努力って沢山ありますよね。

明日の為に今日だけ頑張るという気持ちで、明日も今日だけ頑張るって続けることでいつの間にか日常化されますよね。

この日常の努力こそが重要なのです。

勉強や運動などでも同じです。

殆どの場合は何か目標がありますよね。

勉強であれば試験やテスト運動であれば大会などですね。

そこに向けて勉強や運動を頑張ろうと努力をはじめるかと思います。

この時の方法として日常化する方法が一番ベストな方法になり、結果が伴る方法となるのです。

この方法が出来る人にとってこの激励の言葉は何にも代えがたき嗜好の激励の言葉となるのです。

今まで自分がしてきた努力が認められて、常日頃と同じように出来れば成果(結果)は付いてくる…そのことは分かっているよ。

今までしてきた事と同じ事が出来れば大丈夫。

と言った感じで、今までしてきた努力を認められたと素直に受け止められて常日頃と同じ状態で本番に臨むことが出来るのです。

心に突き刺さり当然結果も伴うのです。

努力を褒めてもらっていると受け止める事が出来るんですよね。

練習をして本番を迎えるような人に使うと良い

この激励の言葉は心に突き刺さる人にとっては何にも代えがたき激励の言葉となります。

常日頃から努力を積み重ねてきたからこそ、この激励の言葉の意味や重みを理解する事が出来ます。

逆に努力をしていない人にとっては聞き流してしまう程度の言葉にしかなりません。

社交辞令的な受け取り方しかできないんですよね。

行ってらっしゃい的に思っているだけかもですね…

3.「頑張ってください」

頑張ってくださいも励ましの言葉になりますが、激励と言うと先の成果を発揮すると同様に激しさは少ない激励の言葉になります。

この為激励の言葉としてはどなたにも使う事の出来る激励の言葉にはなります。

ただ…この「頑張って下さい」という言葉は励まし(激励)の言葉としては良いのですが、使い方を間違えてしまうと相手の気持ちを逆なでしてしまう危険性のある言葉でもあります。

え?どういう事?なんて思った人もいるかもしれませんが、多くの人がこの経験をしているのではないでしょうか?

例えば誰かに頑張って下さいと言われると基本的には嬉しいですよね。

しかし、既に頑張っている人に対して頑張って下さいというともう頑張っているし!なんなの!って逆効果になってしまう場合もあるのです。

こんな経験ありませんか?

勉強しなさい!って言われた時に今勉強してるし!何なの?って経験。

これと同じ感情が芽生えてしまいます。

使い方を間違えないで下さいね。

簡単に考えると今が頑張っている人に対して言う激励の言葉ではなくてこれから頑張ることに対して言う言葉になります。

これから起きる事やこれから向かい本番に対して頑張って下さいと使うのです。

日常の頑張りに対して頑張ってくださいは激励ではなくもっと頑張れ!まだまだ頑張りが足りない…という事になってしまいます。

使う場面やタイミングをあやまると激励ではなくなってしまいますので、気を付けて下さいね。

学生の人にはこれがおすすめ!

学生の人に対しては激励の言葉として頑張って下さいはおすすめの言葉になります。

激励の言葉には難しい言葉や語彙力や経験が無いと理解する事が難しい言葉も多くあります。

そんな激励の言葉では何となく励まされているのかな?応援されているのかな?と何となくでしか激励を受けとることができません。

その点頑「張って下さい」であればその言葉の意味を理解する事は簡単で素直に受け取ることができます。

また、学生の場合はこれから経験する事も多く、はじめての事やこれから経験する事に対して頑張って下さいと激励の言葉を使いやすいですね。

分かりやすくこれからはじめて経験する事の多い学生に対してはおすすめの激励の言葉なのが分かるかと思います。

様々な場面で使うことが多い

学生に対して以外でも様々な場面で使う事の出来る激励の言葉が「頑張って下さい」ですね。

誰にでもわかりやすい言葉なのが最もたる理由です。

使うシーンも限定されずに多くの場面で使う事が出来るのも多く使われている理由の一つです。

例えば、社会に出てからでも頑張って下さいはよく耳にして自分自身も使う事が多い言葉になるかと思います。

職場で新しい事を始める人に対して頑張って下さいと使う事が出来ますよね。

他にも人事異動であたらしい部署や環境へ出向く際にも頑張って下さいと使う事が出来ます。

もちろん転職などの際にも使う事が出来ますよね。

スポーツやお仕事、勉強にと様々なシーンで使う事の出来る激励の言葉にはなりますが先の注意点だけは覚えておいて下さいね。

使うタイミングや対象を間違ってしまいますと激励の言葉ではなくなってしまいます。

逆に感情を逆なでしてしまいかねません。

4.「成功をお祈りします」


お祈りしますは現在では激励の言葉としての認識は薄くなってきているのかもしれません。

使い方にもよるのですが…お祈りメールなんて言葉聞いたことはありませんか?

学生の人達が就職活動で頂くお祈りメールのイメージが強くなってきています。

選考に漏れたのですが今後の御活躍心よりお祈り申し上げます…なんてメールや書類。

多くの場合、受け取った人は「次につなげて頑張って下さい」なんていう激励とは受け取っていませんよね。

不合格なんでしょ…社交辞令で丁寧な言葉を使って結局は落ちたって事でしょ。

なんて受け取ってしまいます。

実際にほぼ同じ文言で不合格者に対しての激励の言葉として使っている場合も多いのですが、本当に今後に期待しているという意味を込めてお祈りしている場合もあります。

素直に受け取ってコレを糧にして更なる飛躍を目指して頑張ろうと思う人もいます。

この今と明日に向けて頑張ろうと激励を受け取った人と、不合格という事だけに注目してどうせ…なんて思って今と明日に向けて何もしない人とでは、明日、明後日と先の未来では大きな差が生じてしまいます。

激励の言葉として素直に受け取り、今できる事を過去の経験から学んで明日につなげていきませんか?

それができれば輝かしい未来が必ず待っています。

今を生きる人にだけ明日があるのです。

過去ばかり振り返っている今では明日になっても過去を振り返っていて何も変わることができません。

明日も明後日も今と変わらず過去に囚われて先に進めなくなってしまいます。

過去から逃げても良いです今を生きて明日につなげて下さい。

出来れば過去から学んで自分自身を成長させて下さい。

必ずあなたならできるはずです。

「◯◯になるように祈っている」という激励の言葉で祈るときはこれ!

激励の言葉として祈っている場合に使いたいのであればこの様に使うと良いですね。

例えば、最適な結果が迎えられるように「最適な結果になるように祈っています」や「モアベターな結果になるように祈っている」と言った激励の言葉ですね。

この激励の言葉には一緒に私も祈っているよ、とあなただけではなく私も一緒にいると一人では無いという思いも込められています。

個人競技のスポーツや勉強での試験など一人で闘わなければいけない本番に対してとても心強い励み(激励)となります。

先のお祈りメールではネガティブなイメージを持ってしまう人もいるのですが、本来の激励の使い方としてはこの一人ではないよという意味合いを込めた激励がベストではないでしょうか?

この激励を受けた日とは本番で辛い場面になったとしても、あの人も一緒に祈ってくれている。

最高の出来になるように祈りをささげてくれているんだ、と辛い場面でも心が折れずに最高の結果を導く事が出来る激励の言葉です。

使い方やタイミングなどによって、同じ激励の言葉でも受け取る側は様々な意味をもって捉えてしまいます。

自分自身が相手に対して激励をする場合にはどの様に相手が受け取るのかまで考えて、最適なシーンとタイミングで最適な言葉選びが出来るようになると良いですね。

5.「あきらめないでください」

あきらめないという激励の仕方もあります。

自分自身で限界を決めてしまいすぐに諦めてしまう人にとっては、最適の激励の言葉になります。

この激励の言葉は、特に自分の身近な人や愛する人などから贈られるとその効果が絶大な激励の言葉になります。

あきらめないという言葉に更に本当はもっとできるんでしょ?

や、やればできるのに、あと少しで出来るね等のその時その場所に合った言葉を付け加えることでさらに効果が増す激励の言葉です。

いつも同じところで出来なくて諦めてしまう人にあきらめないでだけでは少し弱いですよね。

そこに「あと少しだったね、次はあきらめないで」なんて激励してあげるともう少しあきらめないで頑張ってみようと思い限界を超えることができます。

あきらめないという激励の言葉には付け足す言葉が重要なのです。

相手にとって又は自分にとって、何を付け加えたら良いのかをくみ取って最適な激励の言葉を完成させて下さいね。

注意点として頑張っていると同様に諦めていなくて本当に出来ないだけな人に対しては使わない方が良い言葉になります。

あきらめているのではなく、単に練習不足などによって本当に出来ない人に対しては、激励の言葉ではなく酷な言葉になってしまいます。

それこそパワハラにもなりかねません。

できない人に対してではなくて、本当は出来るのに自分で限界を決めてあきらめている人に対しての激励となります。

間違えないで下さいね。

6.「力を出し切ってください」

力を出し切るも先のあきらめないでや頑張って、それに成果を発揮するによく似た意味の激励の言葉になります。

本番で普段通りの力を出せば大丈夫だよなんて時に使用できる激励の言葉ですね。

この意味合いでは成果を発揮するに似た使い方になります。

日頃と同じように力を出し切れば大丈夫、という安心感を与えることの出来る激励の言葉ですね。

だた、先の頑張って下さいやあきらめないでと同様に既に力を出し切っている場合には適切ではない言葉になります。

既に力いっぱいやっている人に対して浸かってしまいますと逆効果ですね。

頑張って下さいと同様に今の激励ではなくて、これからおこなう本番に向けての激励やこれから行うことに対しての激励の言葉として最適な言葉になります。

当然今迄の努力と十分に発揮できる力が備わっている人に向けての激励になります。

努力もしていなく、それなりの力が備わっていない人に対してはそもそも発揮する(出し切る)力がありません。

使い方とタイミングを間違えないことが大切です。

激励の言葉を贈るときの注意点!実はただ激励を贈れば良いというものではない?

ここまでで激励として主に使用される言葉に対して、注意点と使い方に意味などをご紹介させて頂きました。

ここまで読んで頂けた人は、激励の言葉も使い方やタイミングなど注意しなければいけないことがある事に気が付かいたかと思います。

この間違いなどについてより詳しくご紹介しますね。

間違った言葉を使用しない!

激励の言葉は非常に沢山の言葉があります。

激励を贈る相手や場面や場所、タイミングなどによっては激励とは受け取られずに逆効果になってしまうこともあります。

その場その場に適した言葉で激励できると良いのですが…経験や語彙力にタイミングなど様々な要因も加味されてきます。

畏まった場面やフランクな場面など多くの経験を積むことが最適な方法なのですが、失敗やトランブルを未然に防ぐためにもこの記事を見て頂けたらなと思います。

誰に対して激励を贈るのか

激励の言葉を贈る場合には、まず誰に対して激励を贈るのかを考えると間違いやトラブルを防ぐことができます。

簡単に自分自身と比べて激励を贈る相手が目上の人なのか等、誰に対して激励をするのかを考えると良いです。

送る相手によっては、同じ激励でも贈る言葉が異なるという事を知っておくだけで周りからも一目置かれる存在となります。

まずは相手と自分の関係性を考えましょう。

敬語などを使いこなせているのか

激励の言葉はその言葉の特性上敬語として扱う事が多いので、敬語をしっかりと使えるようにして下さい。

最近では、口語表現や略語等SNS等の普及によって、独自の言葉によるやり取りも多くなってきていますが基本的には敬語と考えてください。

社会に出ると関係性を親密にするために敬語はそこまで使わなくても大丈夫です。

口語表現やタメ語でも良いですよなんて言われることがあるかもしれません。

しかし、この言葉の意味をはきちがえてしまってトラブルになっている人も多いのが現状です。

所謂TPOってやつですね。

例えば、口語表現やタメ語でも良いと言われた場合でも、あくまで二人の間での酌み交わしに限ったことになります。

これを勘違いしてしまい、公の場や他の人がいる場所でも口語表現やタメ語で会話していたら思わぬトラブルに巻き込まれてしまいます。

折角決まていた会社やチームから外されてしまっても文句は言えませんよ。

たっでよく考えてください。

例えば、全く知らない人と初対面で話す時に、明らかに目上の人に対して口語表現やタメ語で話していたとしたら、「あ、この子はちゃんと話せない子なんだ…敬語も使えない子なんだね」と思われてしまいます。

また、決まるお仕事も決まらなくなってしまいます。

一般常識のない非常識な子と思われてしまうんですね。

これが間違いなのです。

二人の時は親密に楽しく会話できるようにフランクに対応しても良いよというだけで公の場所ではその場、その人に合った適切な言葉で対応しなければいけないという事です。

社会人なら経験したことはあるかと思いますが、会社内では上司のことを◯◯さん等と呼んでいても取引先では上司の◯◯と呼び捨てにしませんか?

他にも自分の会社を弊社等とへりくだった言い方をしたり、継承を付ける場面とそうでない場面等色々な場面に遭遇するかと思います。

これこそがTPOなのです。

その場その人その時によって適切な言葉か使えることが重要なのです。

タメ語OKって言ったのにタメ語で話したら解雇って理不尽じゃね?なんて言う人もいますが…。

それ、あなたが非常識な対応をとっていて不利益が大きいから当たり前のことなんですよ。

その辺の常識出来ていましたか?

いつでもどこでも同じ対応…それではいけませんよね。

この事に対して反論する人もいますが、よく考えてみて下さい。

全ての人に同じ対応なんてしていませんよね。

例えば家族に対する言葉と初対面の人に対する言葉、恋人に対する言葉と嫌いな人に対する言葉違いますよね。

そういう事なのです。

その人その場所その時に最適な言葉をチョイス出来ることが人間なのです。

本能のまま行動する動物とは違い、嫌な相手でも理性を持って敬語で真摯に対応できるようになって下さい。

動物ではありませんよね。

人間のあなたなら出来るはずです。

自分で人間をやめることはありませんよ。

言葉選びができているか

この言葉選びはとっても大切です。

先ほどお話させて頂きました言葉のチョイスがとっても重要なのです。

同じ意味の言葉でも話す相手によって言葉が変わるという事を知って下さい。

例えば、お礼の言葉でも「ありがとう」や「ありがとうございます」というのが多いかと思います。

目上の人が使う言葉としては「ごくろうさん」「ほめてつかわす」など沢山ありますよね。

このお礼の言葉一つとっても非常に多くの言葉があります。

部下や家臣が上司や上様に対して「ごくろうさん」や「ほめてつかわす」なんて言ったら…非常識ですよね。

言葉選び一つで時代や場所によっては命を落としかねない状況にもなってしまうのです。

最適な言葉選びができるようになって下さいね。

時には嫌に思う人もいるので注意?

激励の言葉は先の激励の言葉の例のところでもお話をさせて頂きましたが、激励をするタイミングや対象によっては激励どころか逆効果になってしまうことがあります。

言葉のチョイスやタイミング等激励の言葉をただ言うだけではトラブルにつながる危険性もあります。

言葉だけで考えるのではなく、その意味の本質や相手の事も考えて最適な激励ができるようになって下さい。

同じような言い回しをしない!

激励をする場合には普段使い慣れない言葉を使う事も多々あるかと思います。

この場合には注意しなければいけないのですが、同じ様な言い回しを繰り返さないことです。

敬語に不慣れな人は特に注意が必要で敬語を使おうとばかりを考えてしまい、同じことを繰り返し言ってしまう場合や、敬語に敬語を重ねておかしな言葉になってしまうこともあります。

中にはお侍さんになってしまう人もいるでござる。

なんてね…

何回も同じような言葉を使わない!

言い回しが同じで結局同じことを何回も言っているよね?という場合もありますが、全く同じ言葉を繰り返して使ってしまう場合も多いです。

頑張れがんばれガンバレなんて自分なりに言い方を変えてるつもりでも、受け取る相手は何回頑張れって言っているの?そんなに頑張っていないかな?なんて思ってしまうかもしれません。

もういいよ何回言うの?ってやつですね。

もちろん丁寧で相手に伝わるように激励することが大切なのですが、それと同時にあなたの激励が相手に伝わることも大切です。

不慣れな言葉でもしいが伝わればその言葉の意味をくみ取ってくれます。

激励の言葉として心にささりますよ。

「激励の言葉」は基本的に1つで良い

激励の言葉はここまでに色々とご紹介させて頂きましたが他にも激励の言葉は沢山あります。

沢山ある激励の言葉の中から相手に送る激励の言葉は一つで良いです。

激励をしたいと思ってアレもコレも伝えたいと思って伝えすぎても相手にはその真意が伝わらなくなってしまう可能性があります。

激励の言葉は一つでそこにその場に最適な言葉を付け加えるだけにした方が良いですね。

激励の言葉を贈ることってありますよね

ここまでで激励に対しての注意チェンや最適な方法等が分かったかと思います。

最後に激永の言葉を贈る人に対してお話をさせて頂きたいと思います。

誰に対して激励の言葉を贈る?

激励のことがは誰に贈るの?

誰が誰に対して激励を贈るのかで言葉のチョイスや言い方言い回しにその意味も変わってきます。

激励をする事が多いシーンをご紹介させて頂きますね。

生徒に対して激励の言葉を贈る

人生の中で激励を受ける場合、最初に受けるのが先生から生徒に対しての激励ではないでしょうか?

勉強の面での激励やスポーツ(運動や体育)にクラブ活動や部活動での激励など普段の学校生活で受ける激励も多いかと思います。

しかし、先生から生徒に向けての激励でのメーンは何と言っても卒業ではないでしょうか。

学校を卒業して新たな門出へと出発する生徒へ向けて激励の言葉を贈る。

この激励はとても心に残る激励となり、大人になっても励みとなるかけがえのない激励となる事でしょう。

この為先生から生徒へ向けての卒業の激励は一生の宝物にすらなる激励となります。

激励を贈る先生は生徒へ向けて宝物となる激励を贈ってあげて下さい。

卒業シーズンを迎えて焦らないように、卒業生を抱えている先生は激励の言葉を練りに練って心に突き刺さる最高の激励を生徒に贈って下さいね。

部下に対して激励の言葉を贈る

社会に出てからは上司と部下などの上下関係が常につきまとうことになります。

といっても個人のクリエイターなど上司と部下の関係がない仕事だよ…なんて言う人がいるかもしれません。

しかし、よく考えてみて下さい。

クリエイターの場合確かに上司部下の関係性が無い場合もありますが、作る人に対してそれを欲する人(購入者や受注者等)との関係性は必ずありますよね。

その関係性も常にあなたが上や下って言うわけではないと思います。

どちらにもなりますし必ずどこかしらで上下関係が成立しています。

コレはどのような仕事に携わったとしてもそうです。

流行りの動画配信者でも動画を見てくれている人がいなければお仕事として成立しませんよね。

という事で部下へ贈る激励もとっても大切な激励となります。

適切な言葉で激励されると、部下もやる気を出してとっても良い雰囲気となり環境が良い方向にガラッと変わることもあります。

逆に適切でないと逆に転がってしまう可能性もあります。

最適な言葉で激励をして下さいね。

激励の言葉を贈ることは誰にでもある?

激励の言葉は何も上下関係がある場合だけではありません。

お友達同士や同僚など様々な場面で使う事があります。

誰にでも激励を贈る場合も贈られる場合もあります。

最適な激励ができると素敵ですね。

励ますこと

激励についてここまでで詳しくご紹介させて頂きましたが、簡単に言ってしまうと相手を励ますことです。

落ち込んでいる人を励ます際にも激励によって励ますことができます。

様々なシーンで使う機会の多い言葉ですので最適な言葉でお互いにステップアップしたいですね。

勇気付けること

激励を贈る事は相手を勇気づける事にもあります。

先にご紹介させて頂きましたお祈りも一人じゃないと勇気付けることができます。

ここまで読んで頂けた人は既に激励マスターになっているかもしれませんね。

相手を勇気づけることは勿論ですが、自分自身も激励の意味が分かると激励された時に今までは気が付かなかったことも気が付いて勇気づけられるようになります。

この記事を読んで頂けたというだけですでに成長できているのです。

自信もって良いです。

激励の言葉を贈って相手を元気付けよう!

激励とはどんな事なのかが分かったかと思います。

単純に激しく励ますという事で間違いありません。

激励方法は様々で自分や相手に合った方法で激励をして下さい。

正しい激励は激励する方もされた方もとても気持ち良く嬉しくなりますよ。